バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「考える」を止めた考える人・・・。

<<   作成日時 : 2009/07/24 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

兎角公共放送から逸脱していると批判が集まる日本放送協会だが、またも
批判を浴びる事態が・・・。
史上最大の訴訟を起こされる番組枠のものが、パクリ疑惑とは・・・。


画像



画像は日本放送協会のシンボルとでも言うべき「有名なポーズ」に、コンセプトが
詰まっていた時代のもので、今はとてもおこがましいと思える。
考えることをやめてしまった「考える人」とでも言うべき事態に、劣化していく日本
の映像媒体の腐食の実体が現われてきた・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★受賞Nスペ「似ている」、番組製作団体が質問状

・番組制作会社の最大の団体「全日本テレビ番組製作社連盟」(ATP)は
23日、NHK設立の財団法人「放送文化基金」が5月に選出した放送文化
基金賞について、受賞作品が別の制作会社による5年前の番組と似ている
と指摘、選考の意図を問う質問状を同基金に送った。
指摘されたのは、テレビドキュメンタリー部門本賞に選ばれたNHKスペシャ
ル「解かれた封印」。
質問状では、この作品は、別の制作会社が手がけ、2004年度のATP賞優
秀賞など3賞を受賞した番組「原爆の夏 遠い日の少年」(BS−TBSで放送)
と同じ人物を題材にし、構成や描き方も似ているとした上、「審査委員が5年前
の作品を見ていないと推察され、批評性を欠く」と批判。
選考の意図を問うとともに、再発防止策に共同で受賞作品をデータベース化す
ることを提案している。
放送文化基金は「指摘には事実と違う点がある」と反論している。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000089-yom-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この受賞自体、自分ところで作り、自分達が表彰では、どこかの国のやり方踏襲
で、創生期の自社テレビマンは、穴があったら入りたい心境だろう。
何しろ東京朝鮮放送と揶揄されるところのものの、パクリ・・・。
って、考えてみたら同胞の製作したものを再利用と思っているとすれば、なんら批判
も理解していないかも・・・。
ただ、天下り先とはいえ「放送文化基金」という公益法人なのだから、ちったあ選定
するにしても、過去の作品も見ておくべきだった。
にしてもこの「放送文化基金」、ろくなことをしていない。
文化と評しておかしな催し物を昨年も開いている。特亜に傾注していては、放送文化
でなく特亜傾倒文化基金とでも名を変えたらいいものを・・・。
あの「台湾」の番組もだが、公共放送に変な思想を持ち込むと、やたら変な番組が出
来上がり、それが批判の対象になる。
もっとも政権が移った時点で、やりたい放題になりそうで、この国のマスコミの凋落が
加速度的に「崩壊」して行き、公共という日本語も死語になってしまうかも・・・。
それでもそれを日本国民が望んだ結果なら、それはそれで納得しなければ・・・。



誰も知らない教育崩壊の真実−日本をダメにした狂育を断て! (OAK MOOK 205 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
恐るべし!!教育現場 ...
問題は日教組だけでは ...
日狂組とは名指しはし ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「考える」を止めた考える人・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる