バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「選挙」しか頭になく、国民の生活は置き去り・・・。

<<   作成日時 : 2009/07/02 21:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

このところ極端に「選挙」の二文字が、新聞紙面やテレビの報道バラエティーに
踊っているが、これはマスコミの焦りの表れと共に、折角擁護しているのに、
自分でコケててしまう民主党の不甲斐なさを、国民に知らせたくない現われか・・・。


画像



画像は「嘘つき」を英語にして検索掛けたら出てきたもの。従って書いている内容とは
無関係です。ただ直訳すると「私の嘘」が、下の記事にぴったり来るので・・・。


----------------------------------------------------------------
鳩山代表招致、自公が要請へ 虚偽記載問題

自民党の大島理森、公明党の漆原良夫両国対委員長は1日午前、国会内
で会談し、民主党の鳩山由紀夫代表が資金管理団体の政治資金収支報告書に、
総額2200万円分を虚偽記載していた問題で、鳩山氏を政治倫理・公選法改正
特別委員会に参考人として招致するよう求めていくことで一致した。
この問題を追及するため、両党でプロジェクトチーム(PT)を午後に発足させること
も決めた。
大島氏は「なぜそんなことをしたのか、鳩山氏は全く説明していない」と批判した。
漆原氏も、「政権交代を叫ぶ政党の代表が、2代にわたり偽装献金をしていたのは
大きな問題だ」と指摘した。

中日新聞 2009年7月1日 夕刊
http://www.chunichi.co.jp/article/politics/news/CK2009070102000244.html

画像


自民が鳩山代表の招致要求=民主は拒否−虚偽記載問題

自民党は2日午後の衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で、政治資金
収支報告書への虚偽記載を認めた鳩山由紀夫民主党代表の参考人招致を求めた。
次期衆院選を控え、与党は「重大な犯罪行為」として徹底追及する方針で、民主党
のイメージダウンを図り、与党への逆風を和らげることを狙う。
これに対し、民主党は招致に応じない考えだ。

特別委は、政党助成法改正案など与党提出2法案の審議のために開かれ、
民主党は「与党が委員会を開いたのは、静岡県知事選(5日投開票)に役立
てるのが狙い」などとして欠席した。自民党の江渡聡徳氏は質疑で「疑問は
深まるばかりだ。説明責任を果たしてもらいたい」と鳩山氏の参考人招致を要求。
公明党の大口善徳氏も「2代続けて民主党のトップが偽装献金で問題となっている」
と民主党を批判した。
自民党各派の総会でも偽装献金問題で発言が相次いだ。伊吹派の伊吹文明元幹
事長は「本人が堂々と衆院政治倫理審査会に申し出て質問に答えてほしい」と述べ、
高村派の高村正彦前外相は「動機が全く明らかになっていない」と指摘。古賀派の
谷垣禎一元財務相も「他人に厳しく自分に甘い体質が明らかになった」と批判した。
一方、民主党の山岡賢次国対委員長は2日の記者会見で、参考人招致について
「(衆院)選挙に役立つように揺さぶっているのだろうが、そんなこと(招致)はあり得な
い」と拒否する考えを示した。 

7月2日18時17分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090702-00000114-jij-pol



衆院政治倫理・公選法改正特別委員会は29日午後の理事懇談会で、
民主党提出の政治資金規正法改正案について協議した。
自民党は30日の趣旨説明を提案。民主党が「準備ができていない」と難色
を示したため、7月1日の審議入りを再度提案したが、民主党は持ち帰った。

(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090629/plc0906292028016-n1.htm
---------------------------------------------------------------
責められると二言目には「国策捜査」だの「選挙のため」だの、早く選挙がした
ければ「要求」に応じたり、粛々と議会を執り行えばいいものを、最後の記事には
ほとほと呆れる。
自分達で法案を提出しておきながら、審議に応じるどころか「準備が出来ていない」
と、持ち帰ってしまうとは一体どういうことか・・・。
「国会議員」の仕事が拒否で、挙句の果ては「選挙」とは、仕事もせず金を貰い、
その上で再び巨額の税金をかけて選挙をしろ・・・。
このご時世、そんな金があるなら、やったつもりの「選挙」で、その掛かる経費を
国民に還元しろ、どうせろくに仕事もせず、そのくせ「国民の生活が第一」と寝言を
こくのだから、そうやった「バラマキ」の方が何ぼましか・・・。
「選挙」を早期に望むのがマスコミと、変な思惑の人々くらいで、国民は景気対策
の強化が望みだろう。
で、マスコミは狂ったように「与党分裂」とか、どうにかして国民世論の喚起に躍起に
なっているようだが、冷静に考えれば「政権交代」したとしても法案が成立するまで
期間は長いのである。
明日の米に困っているのに、そこだけ悠著にされていては、国民の「政治不信」に拍
車がかかる。
まして政治資金規正法のあるべき姿を、政権交代を目指す党が自分で提出したものを
引っ込めるとはどうしたことか。これでは自分達に「不都合な真実」は隠避し、自分達の
行動は絶対視させ、意見を挟ませない、とっても「怖い政治」を国民に押し付けるで、
標語が「国民の生活が第一」では、正に「言ってることとやっていることが違う」話だと
思うのだが・・・。
そしてその政治資金規正法、もそっとしっかり「説明」をしておかないと、後々自分の口を
締める結果が待っているだろうに・・・。




関西のテレビ局のものらしい放送・・・。
ピント外れのパチンコ広告宣伝を垂れ流さず、関東の局も問題は問題とし
て国民に提議しないと、偏ったままの放送局は、国民から見放される。
いい例が視聴率に現われているではないか・・・。





「麻生首相」の擁護をするネットの動画だが、施政者として「ボロクソ」に叩かれる
ほどの失政なのだろうか・・・。
怖いのは「叩く動機」にありそうで、マスコミのその腹黒い思惑に戦慄を覚える。



反日マスコミの真実 2009−メディアの情報支配へ反乱が始まった! (OAK MOOK 264 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
アメリカの不正義には ...
このままでは亡国一直 ...
マスコミの情報を鵜呑 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「選挙」しか頭になく、国民の生活は置き去り・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる