バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 予算は他人任せ、政治活動費は遊興に・・・。

<<   作成日時 : 2009/09/30 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

予算編成をゼロベースで見直し、「今から再度の積み上げを計れ」と命じれば、
それでやったつもりで、政治主導とは笑わせる・・・。
その「丸投げ方式」だけは受け継ぎながら、「キャバクラ」で祝杯では、脱官僚
でなく、口だけ政策立案能力と「元気な下半身」な「なんちゃって議員」の集団


画像



政策の生むを吟味するでなく、見もせずに「ゼロペース」とか言えば、それで政治主
導と勘違いしているようで、「時間の無駄」「コストの無駄」は省かれてしまう矛盾は
「無駄をなくす、無駄使い」と呼ばれてしまう結果が待ち受ける。

--------------------------------------------------------------
概算要求「白紙」、15日までに再提出
9月29日14時33分配信 読売新聞

政府は29日午前の閣議で、2010年度予算編成に関する基本方針を決めた。
各省庁が麻生内閣当時の8月末に提出した概算要求を白紙で見直し、子ども手
当や高校授業料の実質無償化など民主党の政権公約(マニフェスト)や与党3党
の連立政権合意に沿った施策に優先的に取り組むのが狙いだ。
予算編成作業は年内に終える方針で、鳩山首相は全閣僚に対し、10月15日ま
でに新たな概算要求を再提出するよう指示した。
首相は閣議で「予算をゼロベースで見直す。(閣僚は)査定大臣にもなっていただ
きたい」と述べた。
基本方針では、麻生内閣が7月に決めた概算要求基準(シーリング)は廃止し、
新規施策実現のため、すべての予算を組み替えると明記した。ばらまき批判に配
慮し、〈1〉財政規律を守り、国債マーケットの信頼を確保していく〈2〉既存予算に
ついてゼロベースで厳しく優先順位を見直し、要求段階から積極的に減額を行う
――なども盛り込んだ。
首相はすでに09年度補正予算について、不要不急の事業を洗い出し、10月2日
までに報告するよう全閣僚に求めている。
約4・3兆円を計上した46の基金の一部や、庁舎の建て替え、国立メディア芸術総
合センター(アニメの殿堂、117億円)の建設中止などが盛り込まれる見通しだ。
総額約14兆円の補正予算の中から約3兆円を確保したい考えだ。
民主党マニフェストの新規政策の実現には総額7・1兆円の財源が必要とされるた
め、残り約4兆円については、概算要求を絞り込むことで工面する考えだ。
このため、国家戦略室と行政刷新会議が各省庁の要求内容を再点検し、無駄な事
業を極力排除する。
戦略室では、予算編成の在り方そのものについても、「年度内に予算を使い切る慣
習の見直し」や「予算編成過程の透明化」などの抜本的見直しを行い、10年度予算
から導入する方針だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090929-00000664-yom-pol

概算要求白紙化・再提出…10年度予算編成方針
9月28日21時16分配信 読売新聞

政府は28日、与党の党首クラスで構成する「基本政策閣僚委員会」の初会合を
開き、2010年度予算編成の基本方針を決めた。
麻生政権下で各省庁が8月末に提出した概算要求を白紙に戻し、10月15日ま
でに新たな概算要求を再提出するよう求め、年内編成を目指す。
29日に閣議決定する。
鳩山首相のほか、菅国家戦略相、福島消費者相(社民党党首)、亀井金融相(国
民新党代表)、藤井財務相、平野官房長官の5閣僚が出席。基本政策閣僚委を週
1回程度の割合で定例化することや、政府税制調査会に社民、国民新両党から阿
部知子、下地幹郎両政審会長がオブザーバー参加することで合意した。
鳩山政権初の予算編成にあたって、連立与党3党で緊密な連携を取る必要がある
と判断したとみられる。
政府税調は29日の閣議で正式に設置を決める。財務相が会長、戦略相と地方税
を所管する総務相が会長代行に就き、税調委員は各省副大臣で構成する方向だ。
10月上旬にも初会合を開いて、予算の財源捻出(ねんしゅつ)のため、租税特別措
置の見直しなどの議論を開始する。
首相は28日夜、首相官邸で記者団に「国民は無駄をなくすのを期待している。
公共事業中心、『箱モノ』中心を見直して一人一人の命を大切にする予算を組みた
い」と語った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000938-yom-pol
---------------------------------------------------------------

箱物の無駄と、時間とコストの無駄を秤にかけりャ、ランニング・コストの方が重い
世の中で、友愛の語句の元で「むざむざな経費」が掛かる。
そして何より「予算編成」につぎ込んだ官僚の時間に対して、そこには頓着しない
鈍感さは、まさしく「馬鹿殿様」の浪費体質を体言しているようだ。
コスト意識の低さが、なにごとも「新たな政策」でもないだろうに・・・。
積み上げた政策やら予算額を、どれだけ検証出来るだけの能力をお持ちか未知数
何しろ、「ヤバイ経費」は宛名に姑息な手段を選びながら「下半身の満足」を政治活動
とぬかす議員では、そこから先は進まないものだろう・・・。

画像


新たな予算を構築する段になって、不正を告げる報道機関もなんとも思惑含みに
見られなくもないが・・・。

-----------------------------------------------------------------
<民主5議員団体>クラブ、キャバクラ…政治活動費で飲食
9月30日2時30分配信 毎日新聞

全国江田五月会が「政治活動費」として支払いを計上していた東京・西浅草の
キャバクラが入居するビル(一部画像を処理しています)
政権交代を受け、毎日新聞が要職に就いた民主党議員の政治資金を調べたと
ころ、江田五月参院議長(岡山選挙区)=会派離脱中=や川端達夫文部科学
相(衆院滋賀1区)ら5議員の政治団体が、女性従業員らに接客される「キャバ
クラ」などへの支払いを「政治活動費」として計上していたことが分かった。
支出は03〜07年に計500万円超。支出した政治団体には党本部からの寄付
を主な収入源とする団体もあり、原資には国庫から支出される政党交付金が含
れ、使途の妥当性を巡って議論を呼びそうだ。
【キャバクラ、スナック、ニューハーフショー…支出例の図入り】民主5議員団体:
「行きたいという後援者がいて…」
毎日新聞は民主党の閣僚や主要幹部について、昨年公開された07年分政治
資金収支報告書からさかのぼり、過去5年分の報告書を調査。支出先の会社
名などを基に調べたところ「クラブ」「キャバクラ」「ラウンジ」「ニューハーフショー
パブ」など風営法2条2号で定められた店への支払いを、5議員の計7団体で確
認した。
江田氏の資金管理団体「全国江田五月会」は東京・西浅草のキャバクラなど計1
1店で27件、計237万円余を支払った。同会は07年、選挙対策費として党本部
から2000万円の寄付を受け、これは同年の全収入の半分。川端氏が代表の
「民主党滋賀県第1区総支部」と同氏の資金管理団体「川友政治研究会」、政治
団体「達友会」は東京・赤坂のクラブや新宿のニューハーフショーパブなど6店で
14件、計114万円余を支払った。
ほかにクラブなどへの支出が確認されたのは、直嶋正行経済産業相(参院比例)
の秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」で3店8件、計146万
円余▽松野頼久官房副長官(衆院熊本1区)の資金管理団体「政治システム研究
会」で2店3件、計51万円余▽松本剛明衆院議院運営委員長(同兵庫11区)の
資金管理団体「松本たけあき後援会」で2店2件、計34万円余。
民主党は03〜07年に計約548億円の政党交付金を受け、これは党本部の全収
入の約8割。同党が所属議員に配る「政党交付金ハンドブック」は、交付金から酒
を伴う飲食費の支出を禁止している。【政治資金問題取材班】
▽江田事務所の話 議員は(接客飲食店での会合に)参加しておらず、会員や支持
者、秘書らが参加した。(不適切との)指摘にかんがみ、支出のあり方を(五月会の)
役員会で検討してみたい。
▽川端事務所の話 法に基づいて正確、適切に記載している。それ以上は答えられ
ない。
▽直嶋事務所の話 収支報告書の記載通りで間違いない。それ以外は答えられない。
▽松野氏の代理人弁護士の話 いかがわしい風俗店とは違い、打ち合わせの場所
として活用している。不適切とは思わない。
▽松本事務所の話 このような費用は個人負担せよとのご指摘はごもっとも。
議員から相当額の寄付を(返還分として)受けることを検討したい。

 ◇ことば 風営法2条2号
風営法2条2号は「客の接待をして遊興または飲食をさせる営業」を規定。女性従業
員らが同じフロアで接客する「クラブ」「キャバクラ」などがこれに当たるとされる。
主にカウンター越しで接客する「スナック」でもフロア接客する場合は同様。毎日新聞
は、該当するとみられるケースを集計した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000006-mai-pol

民主党議員の政治団体が政治活動費としてキャバクラやクラブへの支出を計上
していた問題で、各団体の政治資金収支報告書に店名ではなく経営者の個人
名や運営会社名を支出先として記載しているケースがあった。
店名にある「クラブ」などの文字が記載されていないものも多く、記載事項だけで
は大半がどんな形態の店への支出か分からない。
議員側は「受領した領収書通りの記載」と説明するが、識者は「国民が見て支出
先が分かる記載にすべきだ」と指摘している。
川端達夫文部科学相が代表の「民主党滋賀県第1区総支部」は05〜07年の収
支報告書で女性従業員が接客する「ラウンジ」と呼ばれる店など2店、5回の支出
先を、女性経営者2人の個人名で記載。
資金管理団体「川友政治研究会」の04年の収支報告書にも、うち1人と同じ女性
経営者名での記載が計3件あった。
こうした記載について、会計責任者は「適切に報告している」と繰り返した。
江田五月参院議長の資金管理団体「全国江田五月会」では、03〜07年の収支
報告書に記載があった11店すべてに、本来は店名に含まれる「クラブ」などの文
字がなかった。これとは別に、クラブやキャバクラの運営会社名での記載も3店あ
った。江田氏の秘書は「(店の形態を)隠す意図はなく、領収書の記載通りに書い
ただけ」と話した。
また、直嶋正行経済産業相の秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後
援会」も06、07年、クラブの運営会社名を記載。
同様の記載は松本剛明・衆院議院運営委員長や松野頼久官房副長官の資金管
理団体の報告書にもあった。
3氏の事務所や代理人は「店側が発行した領収書(通りの記載)で、こちらから(運
営会社名での領収書を)要求したわけではない」と説明する。
こうした記載について、政治資金制度に詳しい岩井奉信・日大教授(政治学)は
「そもそも政治資金で飲食費は支出すべきでないと思うが、仮に計上するとして
も国民が見て分かりやすい記載をしなければならない。
経営者名や会社名で計上しても違法ではないが、店名・屋号を正確に記載するの
が望ましい」と話している
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090930-00000061-mai-soci
----------------------------------------------------------------

結果的に「遊興」に浸るのにも「税金」を使わなければならない「議員」さんの潔癖な
性格は、「ケチ」な経営者を凌駕する。
もっとも経営者は、自己責任で稼いで「キャバクラ」を利用している。
方や「議員」さん、税金で遊興をしてしまう節操のなさは、この国の「無責任体質」が
染み付いた結果なのだろう。
税金に群がる「ハイエナ」に、せっせと納税する庶民は、「アリでキリギリスにはなれ
ない」、またキリギリスにはなりたくないから、その気概を失ったら・・・。
流石に「国民の生活が第一」の政党は、アリには「甘い言葉」が誘いには有効を知っ
ている・・・。


アリとキリギリス―イソップ物語 (にいるぶっくす すまいるママめいさくステッチ)
ヴィレッジブックス
すまいるママ

ユーザレビュー:
キリギリスが愚かだっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
予算は他人任せ、政治活動費は遊興に・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる