バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 無茶な削減目標は「人口削減案」か?

<<   作成日時 : 2009/09/08 01:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経済一流、政治三流と言われて久しい日本だが、それでも経済の足を引っ張る
政策はこれまでそうそう行われることはなく、資源依存の国力を鑑みれば「経済」
牽引が日本を豊かにしてきたのは、間違いないところである。
そこに「政権交代」という三流の政治世界が「変革」をもって・・・。


画像



見栄えの良い・聞えの良い「政策」を公約にした政党が、それしか訴えてこなかった
「政権交代」が現実のものとなり、打ち出す政策の「突拍子さ加減」に国民はより不安
が拡がりそう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
温室ガス25%減、鳩山代表が明言
9月7日13時29分配信 読売新聞

民主党の鳩山代表は7日午後、東京都内で講演し、日本の2020年までの温室効果ガス
の削減目標(中期目標)について「1990年比で25%削減を目指す」と述べ、衆院選での
同党の政権公約(マニフェスト)通りに実行する考えを表明した。
鳩山代表が中期目標について衆院選後に明言するのは初めて。民主党の公約の「25%
減」には経済界から「省エネの進んだ日本には過大な負担。経済に悪影響を及ぼす」との
強い反発が出ており、今後さらに論議を呼びそうだ。
鳩山代表は今月下旬の国連の会議で新政権の温暖化対策について表明する方針。
この日の講演で鳩山代表は「(25%削減は)我々の政権公約であり、政治の意思としてあ
らゆる政策を総動員して実現を目指す」と明言した。さらに「我が国のみが削減目標を掲げ
ても気候変動を止めることはできない。すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意
が我が国の国際社会への約束の前提となる」と述べ、各国にも高い目標による削減行動
を促していく考えを強調した。
中期目標を巡っては、麻生首相が6月、「2005年比15%減(90年比8%減)」を表明して
いた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090907-00000586-yom-soci

画像

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
地球温暖化での「二酸化炭素削減」、思い切った数字を上げているが、この政策と「高速
道路無料化」の政策、そして「子供手当て支給」とか農家個別保障とか、前提になるのが
「税収」、経済活性化による「景気に下支え」された税収アップが政策を支えそうなのたが、
環境指針と「経済活動」「内需拡大」と「家庭排出二酸化炭素」と、生活が豊かになれば、
この排出量は増えこそすれ減ることはない。
一般個人一人一人が、道路無料化で乗り回せば世帯当たりの排出量を押さえられない
これを押さえるのは車に乗らないこと。すると無料化の経済波及効果も前提が崩れて
数値目標は違ってくる。
と、統計を盾にしても土台が揺るげば、「捕らぬ狸」になりそう・・・。
矛盾した政策をどう整合させるのだろう。
下のようなサイトの方策も参考になる。

http://www.tek.co.jp/p/thesis/ajer0502.html
「日本経済復活の会」

そして「二酸化炭素」の排出権というまやかし、これを加えて削減を言い募ると
コストは製品に跳ね返り・・・。

http://www3.keizaireport.com/report.php/RID/42304/
「二酸化炭素、排出権売買」

画像


そして無謀な「友愛精神」も、相手側からの警戒もされてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 民主党は「東アジア共同体」を目指しています。

一体いつどこで、我々日本国民が、中国や韓国その他の東アジア諸国
と運命共同体になることについて説明を受け、合意したというのでしょうか?
ほとんどの国民がそのメリットもデメリットも理解していない現状で、勝手に
目指されても困るというのが私の本音です。
もっとも緩やかな共同体なら、関税を撤廃するなどが考えられますが、民主
党は、コメなど農産物については関税の撤廃はおろか引き下げすら認めな
い方針ですから、すでに自己矛盾が生じています。最終的に、ユーロ圏のよ
うに通貨統合を目指すなら、日本が「円」を捨てるという選択をし、日本が独
自に金利を決められない状況になるわけです。これがどういう意味を持つのか、
鳩山さんご自身が理解されているのかどうかも疑問です。
たとえば、現在のように、中国はバブルといわれ金融引締が求められる一方、
日本は戦後最悪の失業率で金融緩和継続が求められているようなケースで、
金利をどうするつもりでしょうか?
中国に押し切られて域内の金融が引き締められれば、日本は不況下で金利
や物価が上がるという最悪のスタグフレーションの状況に陥り、国民生活はさ
らに困窮を極め、失業者もさらに溢れかえるでしょう。中国が日本に妥協する形
で域内で緩和的な金融政策を保てば、中国のバブルが膨張し、やがてバブル
が破裂したときに、サブプライムショックの様に域内すべてに悪影響が及ぶで
しょう。ユーロ圏でもかつて、好景気のスペインと不況のドイツが対立し、結局、
思い切った金融緩和策がとれなかったため、ドイツの不況が長期化し史上最悪
の失業者数を記録するほど追い込まれた時期がありました。
日本が、自分の国のことさえ20年間も建て直せていない状況において、安易に
共同体構想を掲げ、それが人類の目指すべき理想郷であるかのような幻想を抱
くのは(そして国民に幻想を抱かせるのは)非常に危険だと私は思います。
(執筆者:為替王 編集担当:サーチナ・メディア事業部)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0904&f=business_0904_013.shtml

「鳩山政権」に向けた民主党と中央省庁との準備作業は、3日から官僚による党
幹部への説明が“解禁”されたものの、手探り状態が続いている。
 ◆岡田幹事長、引き継ぎに不満にじます◆
鳩山氏は2日に政権移行協議の「窓口」に岡田幹事長と直嶋政調会長を任命した。
民主党が官僚からの説明を本格的に受け始めたのは、予算、外交、危機管理など、
政権発足後に直面する課題の整理をしておく必要があるからだ。
麻生内閣側では漆間巌官房副長官が3日の次官会議終了後の懇談会で、各省次官
に「政権移行協議では民主党に協力するように」と指示した。
 早速、藪中三十二外務次官と河相周夫官房長が3日、民主党本部に岡田、直嶋両
氏を訪ね、9月下旬から目白押しの外交日程などを説明した。
 ただ、岡田氏はこうした引き継ぎ作業に不満をにじませている。周辺に「新しい大臣
が説明を受ければいい。協議は今日で終わりだ」と、これ以上、詳細な説明を受ける
ことに消極姿勢を見せたという。
岡田氏周辺は「自ら提唱した政権移行チーム構想が消え、へそを曲げてしまったの
ではないか」と心配顔だ。
 岡田氏の構想とは、代表当時の2005年8月に策定した「岡田政権500日プラン」
に基づくものだ。
円滑な政権の移行に向け、「『政権移行委員会』を発足させ、首相予定者、幹事長、
副総理格、官房長官・副長官予定者等を招集」と明記している。
鳩山氏も当初はこの手法に前向きと見られる発言をしていたが、衆院選の民主党圧
勝が決まると、「閣僚予定者」によるチーム作りを明確に否定した。
 ◆「鳩山命令、誰が…」霞が関の戸惑い◆
ただ、その後、中堅議員を中心に、政権移行作業に関与しようとする「政権移行チ
ーム」を自称するグループが複数現れ、霞が関の官僚たちを戸惑わせている。
いずれのグループも4〜5人規模で、あるグループは3日、財務省を通じ、全省庁に
09年度補正予算の執行状況を報告するよう求めた。
別のグループは同じ日、都内でひそかに会合を開き、09年度補正予算の執行を全
面停止することを決めたが、それがあたかも党の“方針”のように霞が関に伝わった。
 官僚たちは「誰が鳩山代表の命令を受けてやっているのか分からない」「小沢代表
代行が認めなければ、決まらないのではないか」
などと、各グループの動きに神経をとがらせ、党内の力関係の把握に力を注いでいる。
 ◆経産省出身者はずし?の動き◆
 衆院選での圧勝予測が強まったころから、政権公約(マニフェスト)に盛り込まれた
「国家戦略局」などの制度設計を描く中心人物だとして注目されてきたのは、松井孝
治、鈴木寛両参院議員だ。
両氏は経済産業省出身で省庁の内情に詳しいうえ、5月の民主党代表選などを通じ、
鳩山氏の厚い信頼を得ていると見られているからだ。
松井氏らが「政権移行チーム」に入るとの見方もあったが、政権移行チームが立ち消
えとなり、“自称・政権移行チーム”には、経産省出身者を意識的に外そうとする動き
さえ見られる。 民主党には官僚出身の議員も多いことから、出身省庁別の議員の動
きに、霞が関が一喜一憂する場面も見られる。
ある総務官僚は「もう少し民主党内の力関係を見定めないと、どの議員を信頼して
いいか分からない。今あるチームは、猟官運動かもしれないし」と、戸惑いを隠せない
でいる
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090904-00000197-yom-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

脱官僚とか聞えはいいが、実際に立案出来る能力が国会議員にあるのだろうか。
「口ではなんとでも言える」事柄だが、いざ数字としてまとめる能力と知識があるとは
思えず、事務仕事の煩雑化は「計画を遅らせる」結果へと繋がる。
どだい「政権交代」しか、叫んでこなかった議員さんに、絵空事はいえても経済対策
経済政策は「荷が重い」、そして公約の履行も結果的になし崩しに「出来ない事態」
へと追い込まれていく・・・。
政権の宣伝広告でない実体経済、マクロとミクロのバランス感覚があるのか・・・。
こんな官僚擁護の書き込みにも肯くのは、実際に働く人々の苦労を垣間見ていると、
とても「政権をとった能無し議員」を評価出来ないからだ。
それこそデスクが書類で山になり、忙しく動く人を見ていると、同情したくなる。
そういった一部の官僚もいるのだ・・・。
一概に当てはめる「悪」、あの小泉政権の「郵政民営化」で出た矛盾を、再び繰り返して
いては、国力は下がる一方、要するに士気が落ちるのは、日本経済にマイナスでしか
ない。
-------------------------------------------------------------------
:名無しさん@十周年:2009/09/04(金) 08:58:08 ID:luU3YrER0

民主党は、具体的に何をすべきなのか、何から手をつけてよいのか全く判らず、
ただただ右往左往している様にみえるし、今後もその状態がずーっと続くだろう。
そして、さんざん悪者扱いされた官僚は、それを内心ほくそ笑みながら傍観し、
決して助ける事はないだろう。
やがて、財源も確保できずろくな予算も組めないで八方ふさがりになった民主党は、
政権を手放さざるを得なくなる。
それによって日本経済が一時的に大きなダメージを受けても、
官僚政治打破を公約に掲げた民主党に100%の責任があるのだから、
肉を切らせて骨を断ち、民主党が二度と政権を握られないようにするに決まっている。
なにしろ、どこかの比例区で間違って受かってしまったフリーターの中年女をはじめ、
その女と大差の無いド素人グループを大量に当選させて省庁に送り込んでも、
権謀術数に長けたキャリア官僚に徹底的にバカにされ、
実力が圧倒的に不足した己の身の程を知り自信を完全に喪失するだけ。
まるで、中学の軟式野球部と大リーガーが戦うようなものだ。
半年で新政権をぶっ潰すと言った官僚がいたらしいが、そんな事は赤子の手をひ
ねるよりも簡単な事だろう。
「官僚の夏」の様に、いまだに私利私欲を忘れて安月給で真面目に国家に奉仕し
ている官僚も山ほどいるし、 終戦後の日本をどん底から救い、先進国のしかもトッ
プに近い位置まで引き上げてくれた功績の間違いなく半分以上は身を粉にして働
いてくれた官僚のおかげだ。
もちろん、功罪は常に相半ばするものではあるし、不平不満を口にするのは簡単
だが、日本国民であるなら、自国のために一生懸命に働いてくれた優秀な官僚に
真摯に恩を感じる人間でありたい。
それを「お上が悪い」と十把ひとからげにこきおろしてプロパガンダに弱い庶民を煽り、
戦いをふっかけた民主党の、その救い難い幼稚さを思い知らされるのももうじきだ。
----------------------------------------------------------------------




こういった動画が、そのうちしみじみと実感させてくれるかも・・・。


正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために
誠文堂新光社
赤祖父 俊一

ユーザレビュー:
踊る地球温暖化問題  ...
最近このことに関心を ...
正しき地球温暖化への ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



科学者の9割は地球温暖化CO2犯人説はウソだと知っている (宝島社新書)
宝島社
丸山茂徳

ユーザレビュー:
専門外にも手を出そう ...
191ページのうち9 ...
誰も共感しなさそう単 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無茶な削減目標は「人口削減案」か? バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる