バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 著作権「無罪」と横暴無神経記者

<<   作成日時 : 2009/10/11 01:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ファイル共有ソフトの開発者に控訴審で「逆転無罪」の判決が出た。
これは考えるまでもなく著作権法違反で、取り締まるのが開発者では
いささかお門違いであり、無罪は当然だと思うが、この裁判には尾ひれが
ついて、そちらの方が低俗な日本放送協会の姿を晒していて「笑える」


画像



著作権侵害の意図なし・・・。
そりゃそうだろう、でなかったら「ユーチューブ」などは、その最も足るものになってくる。

-------------------------------------------------------------------
ウィニー開発者に逆転無罪…「著作権侵害の意図なし」
10月8日10時22分配信 読売新聞

ファイル共有ソフト「Winny(ウィニー)」を開発、インターネットで公開し、ゲームソフト
などの違法コピーを手助けしたとして、著作権法違反(公衆送信権の侵害)のほう助
罪に問われた元東京大大学院助手・金子勇被告(39)の控訴審判決が8日、大阪高
裁であった。
小倉正三裁判長は「被告は著作権侵害をする者が出る可能性を認識していた」としな
がら、「著作権侵害の目的に使うようネット上で勧めてウィニーを提供したという積極的
な意図は認められず、ほう助罪は適用できない」と述べ、罰金150万円(求刑・懲役1
年)とした1審・京都地裁判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。
2006年12月の1審判決はほう助罪成立の判断基準について、「ウィニーの利用状況
と、それに対する金子被告の認識、さらにウィニーを提供する際の主観的態様」の3点を
示したうえ、「利用状況では、大半が違法ファイルをやりとりしており、金子被告もその現
状を知りながら、開発・改良を重ねた」としてほう助罪の成立を認めた。
しかし、小倉裁判長はウィニーを「有用であり、また著作権侵害にも用いられる価値中立
のソフト」と位置づけ、「ウィニーの現実の利用状況を把握するのは困難で、どの程度の
利用状況があればほう助犯が成立するのか判然としない」などと指摘。さらに、「著作権
侵害行為に使われることを認識しているだけでは足りず、侵害行為をするようネット上で
勧めてソフトを提供する場合に成立する」との新しい基準を示した。
この基準に照らし、金子被告がウィニーを開発・公開した際に「違法なファイルをやり取り
しないようお願いします」と記していたことなどを挙げ、「著作権侵害のみに使用させるよ
うネット上で勧めて、ウィニーを提供したとは認められない」と判断した。
太田茂・大阪高検次席検事の話「無罪判決は意外であり、極めて遺憾。判決内容を精
査し、適切に対応したい」
◆ウィニー=不特定多数のパソコン利用者間で音楽や映像のファイルを共有するソフト。
サーバーを介さずにパソコン同士でやり取りする技術を使用する

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000372-yom-soci
-----------------------------------------------------------------------
で、これは検察が面子をかけるか・・・、だげのもので最終的に「諦める」方向に行くのでは
ないだろうかと思う。
そしてそれに伴った日本放送協会の思い上がった記者の記事が、下のもの。


画像


ウィニー裁判で記者が「弁護妨害」 NHKが弁護団に謝罪
http://www.j-cast.com/2009/10/08051318.html

面倒くさいので「リンク」を辿ってお読み下さい。
にしても、公共放送の柱であるべき日本放送協会も、とんだ記者や画像のような者を
養っているものだ。
これでは「良質な番組」も出来ず、民放並の低俗な番組構成も納得してしまう。
もっともほとんど見ていないので・・・。



NHK―問われる公共放送 (岩波新書 新赤版 (947))
岩波書店
松田 浩

ユーザレビュー:
市民社会の問題として ...
読む人の年齢によって ...
今考えたい公共放送の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
著作権「無罪」と横暴無神経記者 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる