バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 増税は根本的に、これまでの常識を覆し・・・。

<<   作成日時 : 2009/11/09 00:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政権運営に四苦八苦する様は、国民の期待から落胆にいつ変るか。
そして体のよい「政権交代、景気回復」の怪しい文句は、増税の嵐として
国民に返ってきそうな雲行きに・・・。


画像



取りやすく納得がいくところから「税は徴収する」基本的な「お上根性」に
早くもそこだけはなれたらしく、これまでの政権と違って「そそくさと取りまとめ」
を済まし、それが姑息にも「健康」の常套句に囲まれて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★財務副大臣 たばこ増税目指す

8日に放送されたNHKの「日曜討論」で、来年度の税制改正の焦点となっ
ている、たばこ税の扱いについて、政府税制調査会を担当する峰崎財務副
大臣は、JTやたばこ農家など利害関係者との調整を進めながら、引き上げ
を目指す考えを示しました。
この中で、峰崎財務副大臣は「たばこは健康によくないものとして、増税して
いくという方向性は出している。ただ、JTやたばこの葉を作る農家など、いろ
んな利害関係者がいるので、十分議論したい」と述べました。そのうえで、峰
崎副大臣は「財源確保の観点で増税すると、かえって減収になることもある。
1本当たり1円を上げていく今までのようなやり方ではだめだ」と述べ、たばこ
の害から健康を守る観点で、たばこ税の引き上げを目指す考えを示しました。
(中略>>2以降に)自民党の林政務調査会長代理は「たばこ税の増税は、選
挙が終わってから突然出てきて、非常に乱暴な感じがする。急に上げると、
売り上げが減って、思ったような税収も得られないし、イギリスでは、密造や
密輸が増えていると言われている。ほかのことを全部やって、それでも税収が
足りない場合に考えることだ」と述べました。
公明党の斉藤政務調査会長は「鳩山総理大臣の政府税制調査会への諮問
に、突然、『酒税、たばこ税は、健康に対する負荷を踏まえた課税として考え
てくれ』と出てくる。
たばこ税は典型的な大衆課税であり、慎重な議論が必要だ」と述べました。
これについて、社民党の阿部政策審議会長は「国民に対し、たばこが健康に
及ぼす影響などを説明し、税を引き上げることを納得してもらわなければなら
ない。税収が増えるか減るかの問題ではなく、たばこの存在そのものを考え
る根本の議論が必要だ」と述べました。
国民新党の下地政務調査会長は「財源が厳しいから、たばこ税を上げると思
われないようにしなければいけない。目的税にして健康対策をやるというぐら
いが、わかりやすいのではないか」と述べました。
共産党の小池政策委員長は「たばこが有害であることは明らかであり、税を
大幅に引き上げて、たばこの売り上げが減り、税収が減るぐらいのものでな
ければ、意味がない。今の議論は、税収不足を補うために行っている疑いが
あり、よく考えて検討すべきだ」と述べました。
みんなの党の浅尾政策調査会長は「たばこ税の引き上げの流れは理解で
きるが、安易な増税ではなく、例えば、医療費が削減できないから、たばこ
税で継続的に賄うといった哲学が必要だ」と述べました。
NHK 11月8日 12時24分
http://www.nhk.or.jp/news/t10013640601000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういった論理なら、麻薬同様「禁止」を宣言して罰則を設ける「法案」を出し
徹底的に「国民の健康増進」に取り組み、それ以外のものは高税に処すべし。

画像


その中で、一番精神的依存症が高率なのが、下の画像の「パチンコ依存症」であるなら、
民間企業であるだけに、生存権もありだが「国民の健康増進」の名目はこういったところ
でも発揮されねばならない。そこで「パチンコ諸税」を新設して健康増進に寄与出来る体
制を創るのも一考だし・・・。

画像


http://pachinkokouryaku.fc2web.com/
「パチンコ・パチスロの真実」

あるいは、宗教に対する考え方も訂正して「お布施」は宗教団体の利益であると
規定し、そこにも「法人税」を課せば良い。

画像


http://www.hi-ho.ne.jp/yokoyama-a/syukyohoujin.htm#法人税法の考え方
「宗教法人の考え方」

幾ら宗教法人であるからといって、施設固定資産に対しては「地方税」も再考するべし。
固定資産税を取れる場所は、「お布施」同様の場所に対して、それ以外を「非課税」
としても良し、信仰に金が掛かっても「信心」は変らないものだ。
そこは良識的に「納税の義務」に当てはめるべきである。
さすれば、広く薄く徴収する「本来の税金の納め方」になるのではないか・・・。


日本の税金 (岩波新書)
岩波書店
三木 義一

ユーザレビュー:
今の日本人が絶対読ま ...
税務署の怠慢日本の税 ...
明快で痛快!三木氏の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



悪の税金学―サラリーマン税法の盲点をつく
双葉社
大村 大次郎

ユーザレビュー:
退職したら海外移住す ...
肝心の不動産事業につ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
増税は根本的に、これまでの常識を覆し・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる