バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 醜態をいつまで晒す「国民の生活が一番」党

<<   作成日時 : 2010/01/16 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

政党としての「自浄作用」は、もはや独裁体制を引かれた者達には「怖く」て口に出来ず
擁護に縋りつくその姿勢に、国会議員としての矜持は微塵もない。
これが「政権交代」こそ「景気回復」とぬかしていた政党の「哀れな姿」なのだろう。

画像


野党時代は「国策捜査」とかぬかし、与党になれば「古臭い官僚主義」と叫んでも、
法律違反という犯罪に対する「立法府」の見識は微塵も感じられない。
挙句は「それも含めて国民は投票した」の他人のせいまで飛び出せば、矜持のなさは
底なしで「議員を辞めろ」と叫ばれても致し方ない連中の「戯言」といえそう。

--------------------------------------------------------------------
★石川知裕議員を逮捕 東京地検特捜部 
・民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が土地取引をめぐり、
政治資金収支報告書に4億円以上を記載していなかった疑惑で、東京地検
特捜部は15日、政治資金規正法違反の疑いで、衆院議員で同会の会計事
務担当者だった石川知裕容疑者(36)を逮捕した。
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100115/crm1001152207038-n1.htm

画像


★池田光智元私設秘書も逮捕 東京地検特捜部
・民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入し
た土地をめぐり、政治資金収支報告書に4億円を記載していなかったとして東
京地検特捜部は15日夜、政治資金規正法違反(不記載)の疑いで、小沢一
郎民主党幹事長の元私設秘書、池田光智容疑者(32)を逮捕した。
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/100115/crm1001152249040-n1.htm

・東京地検特捜部は、小沢民主党幹事長の公設第1秘書大久保隆規容疑者
らの逮捕状を取った。
 http://www.topics.or.jp/worldNews/worldFlash/2010/01/2010011501001073.html

画像


★鈴木宗男氏「検察正義は間違い」 批判に沸く民主党大会

新党大地の鈴木宗男代表は16日の民主党大会であいさつし、小沢一郎民主
党幹事長をめぐる収支報告書虚偽記載事件で、衆院議員の石川知裕容疑者ら
を逮捕した検察側の対応について「検察が正義と思ったら大間違い。間違った
権力とは断固戦っていこう」と批判、会場を沸かせた。
民主党代表の鳩山由紀夫首相には「堂々と権力に立ち向かってもらいたい」と要望。
小沢幹事長にも「自信を持って幹事長としての役割を果たしてほしい」と強い口調でエ
ールを送った。
鈴木氏は東京地検特捜部に受託収賄容疑などで逮捕された自らの経験を紹介。
「(特捜部は)終戦直後に闇物資摘発のためにスタートした組織で、今の時代に合って
いない」と指摘すると、会場からは「事業仕分けしろ」と賛同の声も出た。

■ソース(共同通信)
http://www.47news.jp/CN/201001/CN2010011601000495.html
--------------------------------------------------------------------
「事業仕分け」されるべき認識なき国会議員、小沢私兵と呼ばれる態度には「税金」を
恵んでやる資質はない。
犯罪に対する真摯な態度はなく、「陰謀」だの「捏造」だの野党時代の姿勢を踏襲しても
現に「不正」があるとなれば、それに対する姿勢は凛として、釈明すればよいだけ、
そして誤解を与える言動を真摯に詫び、辞職するのが「潔さ」であり、国を思う議員の矜持
である。
疑惑の真っ只中で「自殺」していった国会議員もいる。
それより大層悪質でも、懸命に擁護するとは「思考停止」したロボットの群れなのか・・・。


画像


そして「印象操作」に騙された国民にも責任の一端はある。
その反省の上に立って、投票をしなくては・・・。

------------------------------------------------------------
・地元有権者の関心も高い。幕別町の主婦(66)は「若手の石川さんには期待し
ていただけに残念。強制捜査にまで発展すると、何か隠しているのではないかと
思ってしまう。石川さんの供述もよく分からず、本当のことが分からない」と漏らす。
 帯広市の無職男性(85)は「あんな形で取り調べに入ったのはがっかり。中川
昭一さんが亡くなり、石川氏もいなくなったら、十勝から政治家がいなくなってしま
う」と不安を口にした。 市内の小売業者(62)は「はっきりしていないが、石川さん
には期待が大きいだけに反動もある。18日から国会が始まるが、国内外には多く
の課題がある。この機会にうみを出し、早く平常な国会運営を望みたい」と語る。
士幌町の60代の農家は「報道では石川さんの供述があいまいなことが問題に
なっている。そんなことで十勝の代表を託せるのか不安。やましいことがないなら
有権者の前で真実を言えるはず」と厳しい目を向けた。
石川知裕氏の出身地・足寄町でも、支援者の間に驚きや不安の声が広がった。
石川氏は11日の安久津勝彦町長の新年交礼会に出席した際、「地域と協力しな
がら町の発展に寄与したい」と語ったばかり。安久津町長は「驚いている。状況が
分からないが何事もなければ良いが」と語る。
町内の会社員の男性(45)は「何年も前のことで詳しいことは分からないが、身近
に接していて本人の謙虚な姿勢を知っているので、信じている」と語った。(抜粋)
 http://www.tokachi.co.jp/news/201001/20100114-0003995.php
---------------------------------------------------------------
地域地元に対する姿勢と、国政の姿勢が違ったら、それは「優柔不断」のそれであ
ろう。有権者の矜持も痛感させられる、古臭い「政治と金」の旧態然とした犯罪には
厳しい目をむけ、おかしな言動の政治家から「断罪」するのは当たり前で、法律にの
っとった捜査に対する不遜さは、無政府運動と意識が一緒の危険極まりない態度だ。
そのことに気を配れる矜持もないでは、それこそ国会議員の資質はない。
「潔い辞職」が日本の国益に叶う行為である。
「事業仕分け」とかぬかす議員は、自らをその観点から「事業仕分け」され、国会を
さられるべきである。



日本人の矜持―九人との対話
新潮社
藤原 正彦

ユーザレビュー:
上質な対話日本人とし ...
良い本でもありますが ...
品格から誇りへ ・・ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
醜態をいつまで晒す「国民の生活が一番」党 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる