バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 国民も嫌気がさす「強引・強権的な手法」

<<   作成日時 : 2010/02/23 18:25   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

長崎県での敗北には、地方であるという弁解を述べつつ、相当な焦りが
感じられ、その選挙期間の「政権与党」の言動がつぶさに伝えられれば、
誰の目にも「民主党のマニフェスト違反」に対する批判が渦巻いている
と読み解くべきだが・・・。


画像



それでなくとも「政治不信」を招いているリーダーからして、「知らぬ存ぜぬ」
は通用しないものなのに、いくらマスコミが叩かないとはいえ日本の最高機関
の議員の矜持ではない。
そして負けが濃厚になれば、応援と称した「恫喝・利益誘導」では、政権交代の
意味がまったくないことになる。いやむしろ最悪の政治状態に陥れている。
その自覚は全くなく、その代わり「自己保身」は見苦しいほど言い放ってしまう。
これが「言葉による詭弁」の最も足るもの・・・。
それに加えて政権与党の議員には、さながら「レイシスト」もいて、地域差別を
口にして憚らない。それらが唱えた「国民の生活が第一」は絵空事を行動で
示している。
掲示板の批判書き込みも引用して・・・。

----------------------------------------------------------------
「税金を払っていなかったわけではない。税金を払っていなかったこと自体も
全く知らなかったことで、分かった瞬間に納税の義務を果たしてきたつもりだ」
鳩山首相は22日夜、母親から巨額の資金提供を受けながら申告せず、自ら
の資金管理団体の偽装献金事件の発覚後に修正申告で約6億円の贈与税を
納めたことについて、語気を強めてこう説明した。
首相官邸で記者団が「税金を払っていなかった首相を税金で支える国民の気
持ちをどう考えるか」と質問したのに答えたものだが、税金が未納だったから
こその修正申告に対する首相の“強弁”には、異論も出そうだ。

(2010年2月22日21時44分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100222-OYT1T01223.htm?from=top

画像


民主党の石井一選挙対策委員長は22日、都内で開かれた同党参院議員の
パーティーであいさつし、「鳥取県とか島根県と言ったら、日本のチベットみたい
なもので、少し語弊があるかもわからないが、人が住んでいるのか。
牛が多いのか。山やら何やらあるけど、人口が少ない所」と述べた。
差別的な発言と批判を浴びる可能性がある。

2月22日21時30分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100222-00001270-yom-pol

022 名無しさん (2010/02/22(月) 23:30:17 ID:LBTAI5auFQ)
麻生政権時に自民閣僚がこれ>>1を言った日にゃ
大谷や鳥越や古館がもう・・発狂しかねんばか
りに罵詈雑言のオンパレードで、口を極めて、
口角泡を飛ばしまくりでw安部政権時に「女は
生む機械」といっただけで驚天動地の騒ぎだっ
たもんなぁ。そのときの100分の1も言わな
いよ多分。いつにも増して五輪報道に力を入れ
るから。

011 名無しさん (2010/02/22(月) 12:04:04 ID:tgVhi.9mu6)
>10
国民を「誘導」したのはマスごみ。しかもテレビならNHK、TBS、テレ朝などの左翼系。
愚かなのは歴史的にみても「腐敗」ありきの思想なのに 何を勘違いしたのか
はたまた国民を騙してでも「革命」したかったのか、民主党=クリーンを旗印
の一つにして民主党擁護キャンペーン報道した事。
なんせ小沢一派は自民党の左翼一派、それが自民から分裂したまでの事。マスごみは
野中広務率いる橋元派が自滅(正しくは中国に吸い取られ捨てられただけ)してしまった
ので残った小沢に「革命」の舵取りを託したかったのだろうけど、民主党のイメージを
でっち上げ、朝青龍を叩き、国母を叩いてまで小沢個人を守る方向に動いてしまった。
つまり「マスごみが勝手に作った民主党イメージと小沢を無理に同一化しようとした
のがそもそもの失敗なのだ」w さぁマスごみのみなさん戦略の立て直しを早めに
始めないとズルズルと民主党は失速しますよ。ちなみに「誰かを叩いたり、脚を引っ張る
という左翼の得意技」は止めたほうがいいと思いますねw

画像

----------------------------------------------------------------------------

同じ党内には、その地域からの選出議員もいるだろうに、それらの地域がまるで
僻地で限界集落と言わんばかり・・・、そこも国民が住んでいるとすれば「国民の生活が
第一」政党は、「命を守りたい」を実践すべきである。
票が出ない地域は「切り捨て」を表明していては、国の政策がとてつもなく偏ったものと
なり、政権の趣旨と相当な隔たりだと感じる、ましてその貶されたところの議員は、地元
への心配り等微塵もなく、ひたすら取り組むのが選出された県民にも「ハタ迷惑」な
「永住外国人参政権」では、県民は貶されその上なのだからこれこそ「踏んだり蹴ったり」
なものである。「後悔先に立たず」とはよく言ったものである。

----------------------------------------------------------------------

民主・川上氏、外国人参政権で「議員立法も」 亀井氏「絶対できない」
2010.2.22 21:15

民主党の川上義博参院議員は22日、都内で開いた自身の会合で、永住外国人への
地方参政権付与法案について「閣法(政府提出法案)でいく大方針だが、これが放棄され
たら議員立法で提出し、ガンガン議論できるよう準備している」と述べ、独自に法案を用意
していることを明らかにした。
この会合で国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は、参政権法案について「賛成
しない。巨大な民主党といえども(国民新党の反対で)成立させることは絶対できない」と
強調。千葉景子法相が推進する選択的夫婦別姓制度導入を柱とする民法改正案につい
ても「身も心も一緒になりたいと結婚するのに、姓が別なんておかしな話はない。国民新党
が(連立から)さようならと言えば法案は通らない」と反対した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100222/plc1002222115019-n1.htm

画像


http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E4%B8%8A%E7%BE%A9%E5%8D%9A
「川上義博」

10 日本を背負って立つ虎 (09/12/10(木)11:30 ID:Qd440pcAA)
外国人参政権成立後

第一段階 対馬(沖縄)へ大量移民
第二段階 数の力で議会を乗っ取る(岡崎トミ子のような議員を大量選出)
第三段階 市(県)所有の土地を韓国(中国)籍の企業に売却
      税制を外国籍に有利に設定し、更に移民を流入しやすくする
第四段階 日本国籍の島民が生活上(インフラの朝鮮・中国化)、
      精神衛生上(数々の圧力)居辛くなり本土へ移住し、島民の日本人割合が減少
第五段階 友好行事と称し韓国(中国)軍を招き入れそのまま常駐化
第六段階 外国籍の住民数と土地所有の高割合を盾に日本から離脱宣言

最悪のシナリオは、いきなり第一、二段階として、東京都政を掌握すること

現在でさえ、特別永住外国人は驚愕の特権を得ていますが、外国人参政権が成立すれ
ば今以上に日本人が差別され、彼らは特権を強化し続けることは前例を考慮すれば明
らかです二度と「日本」には戻れません
日本人は、二度と立ち上がることもできません
------------------------------------------------------------------------
正常な日本人気質からすれば、異常な政策を推し進める民主党を応援するのは
「正気の沙汰」というものである。
なんら景気対策すら立てられずに、やることは「無駄削減」ではなく、手っ取り早い「増税」
マニフェストを強引に推し進めて、「三万出せ、一万やるから」の恐喝政治では、
行く末が案じられる。
手懐けられたマスコミは国民の視線には立たず、より自己益の方向へ神経が行っていて
「イメージ・アップ」の道具と化して、厚顔無私さを曝け出している。
「悪貨は良貨を駆逐する」が、そこに働くパワー・バランスは悪貨の自滅を示唆している。
そのパワー・バランスこそ、国民の声「世論」であろう。


データの罠―世論はこうしてつくられる (集英社新書)
集英社
田村 秀

ユーザレビュー:
内容は浅く厚みに乏し ...
調査結果は鵜呑みにし ...
何気ない数字から多く ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



群衆心理 (講談社学術文庫)
講談社
L・ギュスターヴ・ボン

ユーザレビュー:
決して道徳的ではない ...
内容は古典とは思えま ...
群衆心理について、ま ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国民も嫌気がさす「強引・強権的な手法」 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる