バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 拡張主義を阻止出来るか、柔な政権で・・・。

<<   作成日時 : 2010/02/24 00:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

膨張する経済を支えなければならないエネルギー政策、強引な外交を展開する
中国に対して、「遺憾の意」程度の外交努力は、無いに等しい・・・。
それを裏付ける発言も飛び出して、大議員団の「参勤交代」を挙行して媚びへつらう
政権与党は、エネルギーさえも自前の手当てが出来ない体たらくに追い込まれ・・・。


画像



拡張主義を貫けなければ、失速する中国経済である。
そんなことは誰の目にも明らか。
その上、環境対策はおざなりだから、よりひどい状況が現出してしまう。
「腐海」とでも言っていい大陸内部から海洋へは、これまでの世界の広がりから
見ても、そちらに移行してくる。と、なると領土問題と共に「排他的水域」の問題も・・・。
それらに対して、軟な政権は「断固とした態度」が取れるだろうか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国政府・外交部の馬朝旭報道官は18日、東シナ海のガス田「白樺(中国側呼称は
『春暁』」について、「日本と共同開発という取り決めは存在しない」と主張した。
日本の岡田外相が17日の中国・楊潔〓部長(外相)との会談で、中国が一方的に生
産に踏み切るなどすれば「しかるべき措置をとる」と述べたことに、反発した。
(〓は竹かんむりに厂(がんだれ)、下に「虎」)
馬報道官は「中国は春暁について主権を有している。(これまでに達成された)原則面
での共同認識は、『日本側は、中国の関連法律にもとづき、出資と開発の協力に参画
できる』だ。 共同開発とは本質的に異なる」と主張した。
馬報道官は、「中国は東海(東シナ海の中国側呼称)の正当な権利の維持をしっかり
と行う」と述べ、楊外交部長の言葉として「慎重かつ妥当に東海問題を処理することは、
両国関係と地域の安定のために大きな意義を持つ。この問題では日本側との接触を
続ける」との考えを紹介した。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0119&f=politics_0119_003.shtml



中国がウイルス入りデジカメ贈り、機密情報収集
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100201-OYT1T00546.htm?from=main4
-------------------------------------------------------------------------
【ロンドン支局】中国の情報当局者が、パソコンから情報を盗み出す「スパイウエア」が
入った電子情報機器を英国企業のビジネスマンに贈って機密情報を得ているなどとして、
英国内の諜報(ちょうほう)機関、国家保安部(MI5)が警戒を促す文書を作成したと、
1月31日付の英紙サンデー・タイムズ(電子版)が報じた。
文書は昨年、ロンドンの企業幹部ら数百人に配布されたという。
同紙によると、「中国スパイの脅威」と題した文書は14ページ。英国の防衛やエネルギー、
製造業関連の企業を狙って、中国の人民解放軍や公安省の当局者が貿易フェアなどで
接近し、ウイルス入りのデジタルカメラなどを贈っているとしている。


■ <環境汚染> 耕地の5分の1が重金属汚染 ― 中国  2月5日18時37分配信
Record China

> 2010年2月3日、中国の耕地面積の 約5分の1が重金属汚染の影響を受けており、中国
政府は汚染の拡大を防止するため 「土壌汚染防治法」の公布準備をしていることが分かった。
中国新聞社が伝えた。
武漢大学環境法研究所の王樹義(ワン・シュウイー)教授によると、中国の土壌汚染の状況
は、すでに食品の安全や人体の健康に影響を与えるほど深刻になっている。 土壌汚染の面
積は拡大を続けており、中でも最も深刻なのは 重金属類による 汚染だと指摘する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000022-rcdc-cn

先の日中外相会談で岡田外務大臣が、東シナ海白樺ガス田を中国単独で
開発を進めるような事があれば、対抗措置を取らざるをえないと述べた事について
中国政府は、楊外相が主権は中国側にあると反論したと強調した。
東京で17日行われた日中外相会談で、岡田外務大臣は中国の楊外相に対し、
日中両国が共同開発することで合意している東シナ海の白樺ガス田について、
共同開発に向けた具体的な協議を始めるよう求めたうえで、中国単独で開発を進め
るようなことがあれば、日本としても対抗措置を取らざるをえないという考えを伝えた。
これについて中国外務省の馬朝旭報道官は、17日付けで談話を出し、
「楊外相は、外相会談の中で、このガス田の主権は中国にあり、日本側は中国の法
律に基づいて共同開発を行うことができると強調した」として、中国として反論したこ
とを明らかにした。
今回の中国政府の発表には、東シナ海のガス田をめぐる問題で日本側に譲歩した
という印象が国内に広がらないよう対応しておきたいという判断があったものとみらる。

http://www.nhk.or.jp/news/k10015063751000.html


政府が自民にガス田写真提供を拒否 政府内で責任なすり合い
2010.1.27 21:32

東シナ海のガス田開発問題をめぐり、自民党が日中両国が共同開発で合意している
ガス田「白樺(中国名・春暁)」などの現状写真の提示を求めたところ、政府が「今後の
情報収集に支障をきたす」として公開を拒否していたことが27日、分かった。
石破茂政調会長は記者会見で「写真は民間でも入手できる。政府は日本の国会議員と
外国のどちらに顔を向けているのか」と批判した。
石破氏によると、26日の党の内閣、外交、国防の合同部会会合で、外務省の担当者が
拒否の理由を「平野博文官房長官と岡田克也外相の最終判断で提供しないと決定した」と
述べた。
一方の平野氏は、27日の記者会見で「外務省から(公開は)『慎重に』という話があり、
私としても『了とします』とした」と述べ、外務省サイドの意向に同調しただけだと強調した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100127/stt1001272134013-n1.htm


画像



【北京時事】中国外務省の馬朝旭報道局長は19日の定例会見で、
日本政府が日本最南端の沖ノ鳥島など離島の保全を目的とした新法案を
通常国会に提出することに関し、「日本が沖ノ鳥島を基点に管轄海域の拡
大を主張することは国際法に合致しない」 と反対の立場を改めて強調した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100119-00000097-jij-int

画像


4 匿名ユーザー (10/01/21(木)00:09 ID:G6uPZ1T7U)
548年 東魏の降人侯景、南京(建康)を陥落、徹底的に破壊され大虐殺。
589年 隋、陳の南京(建康)を陥落、徹底的破壊。大虐殺。
618年 隋の煬帝、南京(江都)で殺害され、南京大虐殺。
907-960年 十国五代時代 戦乱で南京(金陵)大虐殺続発。
1273年 元軍、南京(建康)攻略略奪、南京大虐殺。
1368年 朱元璋、南京(金陵)攻略、南京大虐殺。
1645年 清軍、南京乱入略奪、南京大虐殺。
1842年 英軍、南京突入、南京大混乱。 
1853年 太平軍、南京乱入。腐敗清軍南京略奪。
1862年 ウォードの常勝軍、南京(金陵)乱入。南京大虐殺。
1864年 曾國軍、南京乱入。南京大虐殺。
1911年 辛亥革命、南京略奪。
1927年 国民党の国民軍、南京占領。南京事件。
1937年 現中国共産党政権が捏造し主張する、日本軍のいわゆる南京
大虐殺(南京事件)
1949年 中共の私兵人民解放軍、南京乱入、資本家の財産強奪、国民
党員金持ちを大虐殺。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
経済までも強国に移りだせば、エネルギー問題解決のもっとも安上がりな手法は
あるものを奪い取るが、手っ取り早い・・・。
それに対抗する「すべ」は、画像のように・・・。

画像


ストローを壊せば、簡単に解決。

画像


そのストローにそっと鯨攻撃を仕掛ける。
たまたま当たってしまった「鯨」なら、仕方がない。
それでも駄目なら・・・、勇ましく・・・。

画像


告げるだけの「度量」は、日本の政治家にあるだろうか・・・。






日本と世界の実力がわかる資源の本 (PHP文庫)
PHP研究所
世界博学倶楽部

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
拡張主義を阻止出来るか、柔な政権で・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる