バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS コンクリからアスファルト「遵法精神」どこの国?

<<   作成日時 : 2010/02/07 15:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

露骨なまでの利益誘導型凍結解除に見られるのは、旧来型の「道路予算」
執行・・・、不起訴の影響が偏った政策を推し進める結果、コンクリから人で
なく、材質コンクリからアスファルトでは、如何とも・・・。


画像



利権構造のスライドを図っただけの構図には、公言したものとのギャップを感じる。
これが高い理想論と現実の「格差」なのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
凍結候補の国道、6割に予算 地方要望に政権応じる

2010年度予算案の概算要求時に「建設凍結」候補となっていた主な国道約130
路線のうち、少なくとも6割の78路線に予算が配分され、「凍結解除」となることが
朝日新聞の調べでわかった。 判明分では、地元の民主党都道府県連が重点要望
した道路はすべて、凍結を解除されている。
民主党政権は、道路政策の重点を建設から維持管理へ移すことを掲げ、原則3年
以内に完成しない道路は「凍結候補」とし、概算要求額は「0〜1億円」とした。
凍結解除はこの歯止めを緩め、10年度以降も造り続ける道路を増やすことを意味
する。 解除された78路線の10年度の予算額は計約100億円だが、すべて完成さ
せようとすると、 総事業費は約3兆円にのぼる。

http://www.asahi.com/politics/update/0206/TKY201002050588.html

画像


 民主党の山岡賢次国対委員長は5日午前、国会内で開いた党国対正副委員長
会議で、 自民、公明、みんなの党の野党3党が提出した石川知裕衆院議員に対
する議員辞職勧告決議案について、「審議するにあたらない」と述べ、衆院本会議
に上程せず、採決に応じない考えを示した。
山岡氏は、理由として「(小沢一郎氏の)秘書の時の事件であり、国会議員としての
問題ではない」と指摘した。
これに対し、自民党の大島理森幹事長は同日午前、党本部で記者団に「(石川氏は)
だれのために働いたのか。小沢(民主党幹事長)さんのためだ。
倫理観がまったく欠如している」と山岡氏の発言を批判した。
自民党など野党3党は、小沢氏の資金管理団体による土地購入事件で元秘書の石
川議員が起訴されたことを受けて4日夜、辞職勧告決議案を衆院に共同提出した
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100205-00000032-mai-pol

民主党が地方に示した公共事業配分案を入手
2010/02/06 18:59 日本テレビ

民主党が国会の予算審議より前に「個所付け」と呼ばれる公共事業の配分案を地方
に示していた問題で、日本テレビは地方に配られた資料の一部を入手した。
「部内限り」と記された資料は、民主党が先月、地方に配ったもので、来年度に見込ま
れる公共事業の場所や事業費が具体的に書かれている。
備考欄に「知事や県連から要望あり」とされた事業のほとんどは事業費が概算要求時
より増えていた。事業費が示されていなかった岩手県の胆沢ダムは「県連の要望あり」
で「185億円」となっていた。
自民党は「国会を無視している」などと批判し、予算委員会に資料を出すよう求めたが、
政府は拒否した。 前原国交相は「党から地方に流れたことは極めて遺憾」としている。
http://www.news24.jp/articles/2010/02/06/07153063.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
何より「事業仕分け」のパフォマンスを繰り広げ、裏ではこっそり利権に結びつく「事業費」
を予算も成立しない時に流せる姿勢に、有無を言わせぬ体質が滲む。

画像


掲示板の書き込みにあるように、一極集中のその一極が失脚すれば大変。
あの国会議員という立法の最高機関の議員の「カルト臭」の原因がここらにあるようで、
すべからく「長いものには巻かれろ」のヘタレぶりが現われていて・・・。

004 名無しさん (2010/02/06(土) 22:35:01 ID:w6/FNHiN4E)
事業仕分けをしている裏で 民主党は>>1のような公共事業配分を作成していたん
だぜ?
しかもそれを完成させて地方に配ってるし。
予算審議の始まる前に。
どんだけだよ?
005 名無しさん (2010/02/06(土) 22:37:24 ID:rAIfMTbOKY)
これからは幹事長室を通さないと地方は何も出来ない
公共事業費を削り50万社ある建築関連の会社を半分以下にする
生き残りたい企業は小沢閣下にお金と土地を差し出す
民主党のために票をかき集め
逆らう者は新しい法律で取り締まる
そして友愛の闇へと消えていく
006 名無しさん (2010/02/06(土) 22:44:52 ID:w6/FNHiN4E)
要望陳情はオザワが一括して引き受けていたんだよな?
全部小沢の鶴の一声で予算組まれるんだからすごいもんだ。
本当に小沢帝国になっていくのか・・・


こういった構図は、政権交代前から予想の出来たもの。
日本の将来云々でない「利権獲得」に血眼・・・。
そして土地利殖・・・、願わくば「代議士の妻」にこそ、その捜査を向ければ、
面白い「お話し」がゴロゴロ出てきそうだが・・・。

画像


利殖に励む人達の「金の出所」には、格段の注意が・・・。
まぁ、国税庁が「最後の拠り所」になるのは、アルカポネの時代と変わらぬ
進歩のなさだが・・・。


脱税のススメ―バレると後ろに手が回る
彩図社
大村 大次郎

ユーザレビュー:
タイトルは奇抜ですが ...
タイトルと内容は少し ...
手法的にはちょっと幼 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



脱税の決算書 田中角栄〜堤義明の逃税学
徳間書店
立石 勝規

ユーザレビュー:
決算書とはいうものの ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンクリからアスファルト「遵法精神」どこの国? バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる