バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「歪曲」を旨とするマスコミのお得意ネガ・キャン

<<   作成日時 : 2010/03/16 19:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

貶す・蔑むといったネガティブな「遠まわしな差別」においては、その言を持って
丹念にそれも悪辣な手法で持って、読む人をそれとない「不快感」に導き、結果
的に書いたものに対する印象を嫌悪のものとするという、「ペンの暴力」を如何なく
発揮する報道が、取り上げたのが「在日特権を許さない会」のデモなのだが・・・。


画像



これまで「なんちゃって右翼」を、その様相と直結させて、まんまと「悪印象」を染み込ま
せて「右翼は恐い」を定着させ、そのくせ自分達の過去のものに対しては「無反応」を
貫き、自分達が是とするだけが評価の対象としていたから、そこから離れた「国民運動」
に慌てふためいて、例の如くな言い回しで「得意の印象付け」に邁進している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
警官隊に制止されながら、100人を超す男女が、日の丸を手に叫び声をあげる。
「日本から出て行け」「ゴキブリ」「キムチ」
各国の外交施設が集まる東京都港区。2月21日、韓国大使館領事部や在日本大
韓民国民団の入るビルの前で、「行動する保守」を名乗る人々が、インターネットで
呼びかけた街頭デモがあった。
この翌日は、日本と韓国が領有権を争う竹島(韓国名・独島)について、世論を喚起
しようと島根県が定めた記念日。
「軍事力を含めた手段で竹島を奪還せよ」。横断幕に太文字の主張が躍る。
「攘夷」。参加者が持参した旗や看板にも、いかつい言葉が並ぶ。新聞にそのまま書
けない、 在日韓国・朝鮮人を犯罪者扱いする表現もある。
彼らが「反日」と見なすものすべてが非難の対象だ。看板には民主党や中国、北朝鮮
を批判する文言も。 材する記者にもヤジが飛ぶ。デモの後、人々は近くのオーストラ
リア大使館に移動して拳を上げた。 「(捕鯨問題で)日本を侮辱する白人と開戦するぞ」
バス停に立ち、遠巻きにデモ隊を眺めていた一般の女性が記者に聞いてきた。「あの
人たちって右翼なの?」
彼らは「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などここ数年に結成された保守系市
民団体の集合体だ。黒塗りの街宣車や特攻服に象徴される、従来の「右翼」と呼ばれ
る政治団体とは異なる。参加者に声をかけた。デモのために日の丸を買った中野区の
女子大生(19)、 「報道は偏っている」と話す横浜市青葉区の外食チェーンの男性管理
職(49)、 拉致問題の「救う会」に入っていたという茨城県つくば市の化学会社の男性社
員(36)……。

画像


口々に「周辺国に、日本人はなめられている」などと答える。「これまでは『愛国運動』と
言えば右翼。 私たち普通の市民が参加できる運動がやっとできた」とも。
参加団体の中で最大の在特会は2006年末に結成された。ネット上の登録会員はこの
1年でほぼ倍増し8千人になり、3月から全国に23支部を置いた。この日、名古屋や福
岡でも、外国人参政権反対などをテーマに街宣を行った。
特に関西で活動が先鋭化する。「キムチ臭い」。昨年12月、
日本の小学校にあたる京都の朝鮮初級学校前に集まり拡声機で騒いだ。
学校が隣の公園を運動場代わりに使っていることに対し、朝礼台やスピーカーを公園から
撤去する実力行使に出て、互いに刑事告発する事態になっている。
京都弁護士会は、在特会側の行為を「公園使用の批判を超え、差別を助長する嫌がらせ」
と非難する声明を発表。右翼団体「一水会」顧問の鈴木邦男さん(66)は2月発売の著書で、
彼らの活動を「右翼以上に過激」「右翼は乗り越えられた」と評した。
東京都港区のデモが終わった夕方、参加者は、日の丸や段ボール製の看板をカバンにしま
い、地下鉄に乗って家路についた。
前橋市の男性行政書士(54)は家族に活動を「差別的」と非難されているという。
名刺をくれた後、「話を聞いてくれてありがとう」と頭を下げて、立ち去った。
罵声を浴びた民団では、在日本大韓民国青年会の会合が開かれていた。在日3世の金宗
沫前会長(33)は「こっそりとした差別はあっても、憎しみを直接ぶつける市民デモなんて以
前はなかった」と戸惑う。
「興奮したサッカーのサポーターが騒いでいる感じ。近所に暮らす、普通の人だと思うと怖い」
民族主義的な主張や外国人の排斥を、公然と唱える新たな保守団体が現れ、勢いを増す。
どんな人々なのか。(西本秀)

画像


【同志社大の板垣竜太准教授(朝鮮近現代史)の話】
在特会の主張は『マンガ嫌韓流』や類書がベースだ。誇張や事実のつまみ食いで、朝鮮半
島や在日の人々を批判し、植民地支配を正当化する主張は、今やネットに蔓延する。
「韓国併合」から100年たっても、日本社会の下地で朝鮮人蔑視が続く。さらに拉致問題で
北朝鮮批判があふれ、関係ない在日への攻撃を黙認する雰囲気が広がる。
フランスでは移民排斥を唱える極右に、市民団体が「私の友人に手を出すな」と呼びかけて
対抗した。在特会だけが問題ではない。日本が、多様性に開かれた社会になれるか問われ
ている。(おわり

朝日新聞
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001003150010

画像



2月下旬のデモの様子を、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)はインターネットの
動画サイトで生中継した。
全国から同時にアクセスした視聴者は1千人を超す。「マスメディアは無視する。我々の
武器は動画だ」
在特会の桜井誠会長(38)はマスコミが報じない自らの主張を広めるため、ネットを自前
の「放送局」にした。
街頭活動に撮影隊が同行して中継するほか、録画を「ニコニコ動画」「You Tube」など
動画サイトに投稿し、常時閲覧可能にしている。抗議相手や警官とのもみあいなど偶発
的な事件が話題を呼んでアクセスが増えると、次の動員につながる。
昨年12月に京都の朝鮮学校前で騒いだ動画は、早回しの映像に軽快なBGMが付いた、
音楽ビデオのような導入で始まる。この3カ月で計9万回以上閲覧された。
「嫌韓流」をテーマにした本の執筆者でもある桜井会長は「私の演説は一種のエンターテ
インメント。テレビの演出と一緒」と語る。約10分の「You Tube」画像の中で、「寄生虫」
など外国人をののしる表現を差し挟むのがコツという。
相手が留守でも、画像を撮るために「抗議」を演じることもある。
千葉県浦安市の社会保険労務士の男性(32)は「最初は強烈。でも、繰り返し見るとオレ
もあれくらい怒ってもいいと思った」。
いま男性は街宣でマイクを握る。「国賊」「反日マスコミ」。1月に東京・有楽町で声を張り
上げた。

画像


ネット発の危うさと軽さ。在特会は、街頭活動を「祭り」と呼ぶ。ある話題で一斉に盛り上
がるネット用語と同じノリだ。
名古屋のデモには、ネットで見た岐阜の中学生5人組が、「売国奴」と書いた手製の看
板を手に加わった。
不透明な点もある。桜井会長の名はペンネームで、本名や職業は取材に明かさない。
事務所や活動費は寄付で賄っているという。
会員には、参院選に候補を擁立する保守系政治団体など既存団体の関係者も交じる。
街頭デモの際は、警察への届け出や街宣車の手配など、手慣れた彼らが指南する。
警察も活動を注視する。警察内で購読されている雑誌「治安フォーラム」は2月号で、
民族主義的主張を打ち出す新たな市民運動を「過激な傾向を示す」と指摘した。
在特会の主張は、在日韓国・朝鮮人らが日本に滞在し、普通に暮らすこと自体を、
ほかの外国人と比べて「特権」と批判するものだ。生活保護の受給や外国人犯罪と、
在日との関係を強調し、社会に潜在的にある差別意識や、生活不安をくすぐる。
現在、朝鮮学校への助成廃止などを求め、自治体や地方議会への働きかけを狙う。
幹部は語る。「過激な映像や批判的報道で、名前が売れた。次は行政との交渉力を
つける番だ」

画像


【北海道大大学院の中島岳志准教授(政治思想史)の話】 
政治はここ10年、既得権たたきに躍起だった。規制緩和や郵政民営化、公務員改革、
事業仕分けなど、国民の「自分より得しているヤツがいる」というねたみをあおり、支持
を得る。ワイドショーも対立構図に乗った。

画像


在特会の「特権」という発想や、ネット動画の中で運動を演じるのも、劇場型政治の戯
画だ。経済政策の選択の幅が狭まり、政治の対立軸として、夫婦別姓や死刑、外国人
参政権など「価値観」を問う問題が前面に出てきた。「左・右」ではなく、「好き・嫌い」で
政治を判断する時代になっている。

朝日新聞 ルポ 新「保守」(中)
http://mytown.asahi.com/aichi/news.php?k_id=24000001003160005
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ようは「危険」な団体へと追いやりたくても、それなりの手続きもまた一般国民も混じって
しまっている抗議団体だから、その扱いに「迷っている」のか、どこぞで似通った意見を
吐いてくれる学者を連れ出し、なんとか「印象」を好ましくしたくないと頑張っているのだが、
ネットでの工作員の「悪辣な手法」も出来なくなり、まして「書いてある文字」を信じるか、
それとも挿入した画像を信じるかと問われれば、さて「画像」の強烈なものの方が・・・。
といった印象操作を繰り出してみたが、この団体を取り上げるなら、下の団体も取り上げ
るべきだろう。
何しろ天下の「日本放送協会」を批判しているものである。

画像


浅からぬ因縁の相手である。
ここは自分達が信じる正義を、振りかざして「ジャーナリスト宣言」を華々しく・・・。
戦前だったら、下のような開催を後押ししたのだから・・・。
忘れちゃ駄目ですよ。

画像



そうそう、忘れちゃ駄目って言ったら、下のようなことも「ちゃんと説明」してやらないと、
これからの人達が「歴史認識」を誤ることもあるから・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10 :名無しさん@十周年:2010/03/16(火) 01:09:43 ID:cWKMBPPI0
事大主義者の朝鮮人は、無気力でプライドの無い民族であるが、
時折「古来から大朝鮮帝国はアジア全域を支配していた」などと
生意気な誇大妄想を口走る癖がある。

そんな朝鮮人の気質を見抜いていた清の太宗は、妄想がちな朝鮮王に
己の立場を思い知らせるため、9回頭を地面に叩きつけて土下座する
「九叩三拝(または三跪九叩)」という“くどい礼儀作法”で忠誠を表すように
強制した。

また、後世に朝鮮人が歴史を歪曲できないように、この「九叩三拝」の
事実を記した碑文を3種類(モンゴル語版、満州語版、漢語版)も用意し、
ソウルに建てた。

   ∧∧
  / 中\
 (  `ハ´)    ∧ ∧
 ( ~__))__~)  <`Д´ >,,  ノ ))
 | | |   (( l|lll|lll| (⌒,)
 (__)_)  と<   とノレ
          ∨ ∨ Σ ガンガンガン
画像


これが有名な、「三田渡碑(サムジョンドビ)」である。

1945年、太宗の懸念通り、朝鮮人は三田渡碑を埋めて証拠隠滅を
謀ったが、1963年の洪水で碑が再び地上に姿を表すと、天罰を怖れた
朝鮮人たちによって戻された。

ちなみに、この恥辱的な石碑について韓国人は、「朝鮮と清が同盟を
結んだことを記念して、清王から贈られた」と、相変わらず歴史を歪曲して
観光客に説明している。

http://nandakorea.sakura.ne.jp/html/nikkanrekisi.html
「日本と朝鮮、因縁の歴史」

http://www.geocities.jp/uyoku33/
「なんちゃって右翼の正体」
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「都市伝説」でないものだけど、「さて、これを信じるも、信じないも、あなた次第」です。
そして・・・。

画像


                               



モンスター新聞が日本を滅ぼす
PHP研究所
高山 正之

ユーザレビュー:
犯罪朝日新聞観察記録 ...
アンチ向け朝日新聞の ...
もっと読んでもらいた ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



歪曲(わいきょく)報道
PHP研究所
高山 正之

ユーザレビュー:
この本が真実ならずっ ...
どうも何でも軽いんだ ...
本当に「過去を直視」 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「歪曲」を旨とするマスコミのお得意ネガ・キャン バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる