バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「革命ごっこ」に腐心する政権与党

<<   作成日時 : 2010/03/04 18:44   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

政権与党の政策には、これまでの風習とか伝統を打破したい思惑が滲む
ものが多いが、それらのものの主張する具体策が「今一」理解しづらいもの
ばかりで、日本を解体したい「意志」だけは、読み解けるのだが・・・。


画像



祝日のあり方も、一概に「行楽」の範疇だけで論議できようもないが、そこらは
表に出さず、殊更「遊び暮らせ」、日本的文化は衰退させる思惑を隠して、単に
便利だからと、まるで「あなたのためだから」のお仕着せというものには、斟酌
は及ばないようで、政府内部に入り込んだ思想は、ほとほと呆れるものばかり
を創作してくる・・・。

-----------------------------------------------------------
・政府が検討しているゴールデンウイークなどの休暇を地域ごとに分散させる
方法の具体案が、日本テレビの取材で明らかになった。
検討案では、ゴールデンウイークと秋のシルバーウイークとしてそれぞれ土日
を含めた5連休を作り、「北海道・東北・北関東」「南関東」「中部・北陸信越」
「近畿」「中国・四国・九州・沖縄」の全国5つの ブロックごとに時期をずらして
取れるようにする。時期をずらす範囲は、5週間と2週間半の2つの方法が検
討されている。
全体の休日の日数は増やさず、5月の憲法記念日、みどりの日、こどもの日、
7月の海の日、9月の敬老の日、10月の体育の日は休日ではない記念日となる。
こうした案について、政府は3日、産業界から意見を聞くなどして議論を進める。
祝日法の改正も必要で、実現するのは早くても再来年以降となる。
 http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn/20100302/20100302-00000040-nnn-soci.html

画像



選択的夫婦別姓制度導入に向け、政府が今国会での民法改正案提出の動きを
本格化させる中、賛成派と反対派が3日、東京・永田町の国会議事堂周辺で集
会を開いた。賛成派は「姓を同じにするか別にするかは自由にすべきだ」と訴え、
反対派は「夫婦別姓は『夫婦解体』『家族解体』の入り口」と強く反発した。
賛成派は、憲政記念館で「民法改正を求める!3・3決起集会」を開き、民主党
の小宮山洋子衆院議員や公明、社民、共産党の議員、大学教授らが出席。
「結婚で慣れ親しんだ姓を捨てるのが苦痛に思う人が多い」「真の男女平等のた
めに不可欠」と強調した。千葉景子法相らのメッセージも紹介された。
一方、反対派は参院議員会館で「日本女性の会」を開いた。高市早苗衆院議員
ら自民党議員、旧皇族で慶応大講師の竹田恒泰氏らが出席。「選択的別姓では
家族の絆が壊れ、世の中がバラバラになる」「日本人にとって家族とは何かを問
う問題だ」と反発し、民主党がマニフェストに掲げなかったことも批判した。
また、不倫などで生まれた非嫡出子の相続問題でも賛成派は「子供に罪はない」
と、嫡出子と同じ財産分与を認める法改正に賛同したが、反対派は「現行法の方
が、コツコツと家族で家の財産を築くことにプラス」と法改正に反発した。
民法改正案については、千葉法相が「今国会での進展を目指したい」と表明して
いるが、与党内にも反対の動きがあり、議論の行方が注目される。
ttp://sankei.jp.msn.com/affairs/trial/100303/trl1003032014009-n1.htm
--------------------------------------------------------------
この夫婦別姓も、マイノリティーの人々にとっては戸籍同様、忌み嫌うもの。
それがすんなり表に出て来る「政権交代」は、無駄と言い募り、無駄を蔓延らせる
精神の幼稚性が、どこかこれまでの根付いている伝統・文化の破壊を画策にしか、
思えないものだ。
そして「命を守りたい」政権は、金で「人の幸福」を計るのだが、この「子供手当て」
もあるいは「高校無償化」も、人間的応援とは到底思えない。

画像


以下のような実態に即せば、単に「金を恵んでやる」で解決するものではないのは
誰でも分かりそうなもの。
しかし自分達は財政的に窮地に追い遣ってでも、言ったことを実行したい。
「命を守る」というフレーズが、これからこのバラマク金によって、変容してくるのは
明らか・・・。言葉のみの「お為ごかし」は寒々とした国に変貌させるか。
それも国民が「選択」した結果であるには、理不尽な気持ちが湧き起こるが・・・。

--------------------------------------------------------------
相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件
読売新聞 03月04日16時10分

子どもに食事を与えないなどのネグレクト(育児放棄)は、奈良県桜井市でも3日、
5歳の長男に約2か月にわたって十分な食事を与えず餓死させたとして、両親が
逮捕されるなど相次いでいる。
警察庁によると、全国の警察が、昨年1年間に摘発した児童虐待事件は過去最
多の335件。
虐待で死亡した子どもは前年より17人少ない28人だったが、被害者全体で見る
と最多の347人に上った。このうち、最も多かったのは身体的虐待の234件で、
性的虐待の91件が続き、ネグレクトは10件だった。
大阪市では昨年5月、9歳の女児が極度に衰弱しているのに医師の診察などを受
けさせず、わずかな飲食物しか与えずに死亡させたなどとして、母親と内縁の夫が、
保護責任者遺棄致死容疑などで逮捕されている。
http://news.biglobe.ne.jp/social/517/ym_100304_5173703937.html


★「ストレス解消のためのサンドバッグ」

・愛知県春日井市の小学6年の男子児童(12)が同級生から現金9万円を脅
し取られた事件で、恐喝の疑いで補導された同級生3人のうち1人が「(男児は)
ストレス解消の ためのサンドバッグだった」と話していることが4日、愛知県警
への取材で分かった。
県警によると、同級生は「抵抗しないのでやった。痛がるのが楽しかった」とも
話し、日常的にいじめや金銭の要求をしていた。
男児は昨年4月ごろから、同級生3人に金を脅し取られるなどのいじめを受け、
今年1月、30万円を要求されて家出した。春日井署が保護し、恐喝が発覚した
とされる。
男児が通う小学校が1月、6年生にアンケートを実施したところ、ほかの同級生
も「男児はいじめを受けていた」と記述しており、いじめを把握できなかった学校
側の対応も問題になりそうだ。

http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20100304-602450.html


【拡散希望】子供手当が在日外国人の母国に残した子供にも出る?!

ttp://www.asyura2.com/10/senkyo81/msg/161.html

【子供手当が在日外国人の母国に残した子供にも出るって】
恥ずかしながら最近そうだと友人から聞いて唖然としてしまいました。
それでも信じられず厚生労働省に電話で聞いたのですが、実子は当然、養子でも
要件(書類など)さえ整えば貰えるそうです。平均月収が2万円、3万円って国もあ
りますよね。少し前に聞いた時は「日本に住んでいる子供だけ」って言ってたのに…
そういえばフィリピンパブの経営者が、従業員のフィリピン女性を健康保険に加入さ
せて自国で出産したとして一人当たり35万円の出産還付金を請求して、総額2800
万円の詐欺をしたってニュースがありましたね。
全部、私達の税金からなんですよね。

-----------------------------------------------------------------
子供手当ての要件には、上のような事案も含まれてくる。
これが「税金の使い道」として妥当か・・・。
日本国民の血税は、「命を守る」という高尚な精神で、どんどん消費され「還元」という
本来の「納税の精神」は、どこかに飛んで行ってしまう。


日本の税金 (岩波新書)
岩波書店
三木 義一

ユーザレビュー:
今の日本人が絶対読ま ...
税務署の怠慢日本の税 ...
明快で痛快!三木氏の ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



国債を刷れ!「国の借金は税金で返せ」のウソ
彩図社
廣宮 孝信

ユーザレビュー:
マスメディアが流す日 ...
様々な常識が打ち砕か ...
マスコミの嘘わかりや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「革命ごっこ」に腐心する政権与党 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる