バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「支援」という名の先送り負債

<<   作成日時 : 2010/03/12 19:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

さすがな「数の暴力」で欠陥品である「子ども手当て」を委員会で強行採決し、
可決してしまう「蛮行」を犯す政権与党は、後々欠陥が「歳入」「歳出」にダメー
ジを与える明らかになれば、いつもの手で「そんなこといってましたっけ?」の
逃げ口上・・・、いや「逃走」を図ってしまうかも・・・。


画像



どこまでも「責任逃れ」がその政党のイメージになってきているから、法案が
可決されただけで、過剰に反応するのは、まったく選挙前と選挙後での態度の
変化が著しくて、信用出来ない「嘘つき」が露になったからだる


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

子ども手当法案、衆院厚生労働委で可決
3月12日15時34分配信 読売新聞

衆院厚生労働委員会は12日午後、子ども手当法案を与党と公明党などの
賛成多数で可決した。
民主、公明両党と社民党による修正で、〈1〉児童養護施設の入所者など支
給対象にならない子どもへの支援〈2〉11年度以降の子育て支援策の拡充
――が付則に盛り込まれた。
与党は同法案を16日の衆院本会議で可決、参院に送る方針だ。
最終更新:3月12日15時34分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100312-00000787-yom-pol

画像



★子ども手当“悪用野放し”採決 参院選向け見切り発車

・鳩山政権の看板政策「子ども手当」支給法案が12日、衆院厚生労働委員会
で可決され、成立する可能性が高まった。支給を待ち望む声は多いが、一方で、
(1)日本在住の外国人が 母国に残した子供にも支給(2)日本人の子供でも両
親が海外在住の場合は不支給−といった問題点は放置されたままだ。
「きちんとチェックする仕組みがなかったら、どんどん(国民の)税金が出ていくこ
とになる。  それでいいんですか!」
12日の衆院厚労委員会。自民党の河野太郎議員は法案の危険性を訴え、長
妻厚労相にこう詰め寄った。
長妻氏は「大きな金額になるので要件確認を厳格化したい」などと答弁したが、
法案自体を見直すことは否定した。
子ども手当は初年度、1人月額1万3000円(2011年度からは同2万6000円
の予定)が支給される。所得制限はなく、養子や婚外子も対象となる。参院選直
前の6月支給がほぼ確実となった。
ただ、日本の少子化対策だったのに、法案では「(親が)日本国内に住所を有す
るときに支給する」とだけ規定したため、冒頭の問題点とともに、「一夫多妻制国
の親が日本に住所を持ち、母国に何十人もの子供を残している場合はどうなる
のか?」「孤児などを多数養子縁組した外国人が日本に在住する場合は?」「北
朝鮮など国交のない国の出身者は?」といった疑問が浮上した。
実は、どのケースも申請時に条件が合致し、違法性などが確認されなければ全
額支給となる。仮に、子供10人ならば初年度で年間156万円、20人ならば同
312万円。100人の孤児と養子縁組した場合、同1560万円という大金が懐に
入るわけだ。
制度を悪用される恐れもある。元警察官僚の平沢勝栄衆院議員(自民党)は「問
題山積だ。海外で養子縁組を斡旋する シンジケートや、証明書を偽装するブロ
ーカーが出没しかねない。歯止めをかけないと」と警告する
このため、ネット上では、子供て手当への批判や鳩山内閣に対する批判や憎悪、
嘲笑の言葉が飛び交っている。
「どこが少子対策なんだ」「舐めてるな。日本人の税金が日本に住んでない子供
に支給されるなんて、日本人って働きバチじゃん」「国民の生活が第一? 国民
でも何でもないヤツに金出すなよ」
矛先は「平成の脱税王」にも飛び火。「総理は脱税で逮捕されず、少子化対策だ
と増税されて納めた税金はザル法案で外国へ。誰がこんな国に真面目に納税
するんだよ…」「誰だよ民主に 投票したの」「他人の金で御大尽、鳩山、鳩山で
ございます」と言いたい放題なのだ。
国と地方を合わせて1000兆円もの借金を抱える日本。鳩山内閣は今年度、
過去最大44兆円という国債(借金)を発行したが、来年度から子ども手当を倍
額支給するには、約5.4兆円もの予算が必要となる。
悪評紛々の子ども手当について、鳩山首相は「国民から『こういう人まで(支給
するのか)』という思いも出てくるかもしれない。議論する必要がある」といい、見
直しも含めて検討する 意向を示したが、検討は11年度分以降で、初年度は
このまま見切り発車する。
これでは「露骨な選挙対策」とのそしりを免れない。参院選での単独過半数獲
得を目指す鳩山内閣にとって、大ブレーキになるのではないのか。
政治評論家の有馬晴海氏は「制度上の不備があちこちに出てきた。それでも
大風呂敷を広げた以上、目玉政策の子ども手当は6月に支給して参院選に臨
まなければ、もっと批判を受けるという危機感がある。ただ、国民を裏切る形で、
ごまかしの政権運営が続けば、取り返しのつかない事態になる」と警告する。
これに対し、政治評論家の浅川博忠氏は「企業・団体献金の廃止など、目先を
変えてポイントを稼いでくるはず。(子ども手当の)影響は少ないのではないか。
法案が成立すれば、いろいろな批判を受けても、『法案に賛成したのは民主党
だけではない』と責任を分散できる」と語る。
果たして、国民はどんな審判を下すのか。(以上、一部略)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20100312/plt1003121620009-n2.htm

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分達で「暫定税率廃止」、ガソリン値下げ隊なる徒党を組み、さて選挙後は「笑
ってごまかす」作戦では信用がた落ちだし、揺らぎが物の本質などと「たわけ」たことを
言っていては、この国を死を持って支えた先人に対して、どの面下げて「慰霊」出来
るのだ。
そして外国人にも「手当て」が行く方式になれば、そそっと擦り寄る政党の「いやらしい
ほどに矜持のなさ」を露呈して、現世利益追求の「独りよがり」では将来を語る友もなく
朽ちていく日本の「国家」だろう。
と、財政的に理不尽な法案を「強行採決」する発破者達に対して、以下のように国家」
の存亡に神経を向ける女性達もいる。


画像


旧来の日本は男社会だったと思っている人が多いが、そんなことは全くなく「控えめだ
が芯のある女性」が日本を強く、そして豊かにしてきたのである。
特攻兵の最後は、誰でも最終的に「母さんありがとう」という絶句になるのは、深い愛情
をそれだけ理解していた若者達であるから・・・。
そこから学ぶ若者が、また飛躍して国家を豊かにしてきたのである。
それとは対照的な「子ども手当て」というスネカジリが「命を守りたい」といってしまうと、
「何言ってんだ、この馬鹿」と、誰からも見下されるものである。
従来の概念が古いととか言い出す人もいるが、生を受け死んでいく「暮らし」というものは
どこまでも普遍であり、営みに「喜びを見出す」のも、人間の最大限の「幸福」である。
現世利益やらという極個人的喜びと、「自己犠牲」という崇高な精神性では、どこをどう見
たって「自己犠牲」の上に喜びを見い出す精神性が尊いは、日本人なら誰もが認める
ものだろう。
その「自己犠牲」の上に立つのが「出産」というものであり「育む」という崇高な精神性が
幼い者を賢い一人前の人間にして行くものだろう。
そんな大事業といっていい「子育て」を、労働と捉えれば「自己犠牲」は陳腐なものになって
しまうが、そうでない人々の力が押し上げてきた日本の力の源泉だろう。
「おかしいものは、おかしい」という日本的基準からの逸脱に言葉を発する女性の存在が
これからの「正常化」への道程には、ぜひとも必要な力ではないのか。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 永住外国人への地方参政権付与や夫婦別姓に反対する女性を中心とした団体
「日本の子供の未来を・守る会」(本部・福岡県)の近畿支部が9日、発足した。

会員は約300人で、女性が約9割を占める。同日、
大阪市内で記者会見した坂田和子支部長は「草の根で活動し、日本をよくしていきた
い」と話した。
今後、主要駅などで街頭活動を行うほか、各市町村に陳述書などを提出していくという。
同会が行ったアンケートによると、国会議員で外国人参政権に賛成しているのは4%、
夫婦別姓は6%で、全国の知事の賛成はないという。

ソース 産経新聞関西 (2010年3月10日 11:12)
http://www.sankei-kansai.com/2010/03/10/20100310-021411.php

画像


民主、社民両党が法制化を目指す選択的夫婦別姓と永住外国人の地方選挙権に
反対する市民団体「日本の子供の未来を・守る会」の北海道支部が設立され、道支
部の代表が9日、札幌市役所で会見した。
10日から街頭で反対署名を集めて国会に提出するほか、
道内180市町村議会に反対の意見書の提出を求める陳情書を送る。
同会は2月、福岡県で発足。選択的夫婦別姓で家族の一体感が薄れ、子供の健全
な育成に問題があると指摘し、鹿児島、茨城など全国的に支部が発足している。
道支部のメンバーは約100人おり、9割が主婦。
札幌市議会の宮村素子副議長(自民、清田区)が顧問を務める。
支部長に就いた伊藤溶侑子(ようこ)さんは「子供たちを守らなければいけないと思
い立ち上がった。
おばさんパワーを発揮して声を出していく」と語った。【仲田力行】

毎日新聞 2010年3月10日 地方版
http://mainichi.jp/hokkaido/shakai/news/20100310ddlk01040229000c.html

画像

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

衆愚政治まみれの「思惑」を排せれば、まっとうな日本人の、まっとうな心情が
見えてくる。
もっとも「捩れてしまった根性」を叩きなおすには、相当な時間と精神力が必要
ではあるが、こういった団体の運動は応援したいものである。
そうでないと、あの空気より軽い言葉で、「選挙目当て」の甘言で票を取れば、
その後は、「そんなこといいましたっけ?」の恥もない人がぞろぞろと国会議員
を務めるおかしな国になってしまう。





心を抱きしめると子育てが変わる―ガマンの日々にさようなら
主婦の友社
萩原 光

ユーザレビュー:
母親失格と責めてしま ...
泣いてる息子が愛しい ...
育児にホッとする本読 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



民主党の正体?矛盾と欺瞞と疑惑に満ちた、日本人への恐怖の罠(OAK MOOK 305 撃論ムック)
オークラ出版

ユーザレビュー:
民主党酷いな、小沢党 ...
外国人参政権成立へ! ...
どちらに政権をとらせ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「支援」という名の先送り負債 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる