バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「他人のせい」に出来る精神性、国会議員矜持なし

<<   作成日時 : 2010/05/27 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「これほど酷い政権とは、思わなかった」、国民の誰もがあきれ返る
民主党政権は、「自分に甘く、他人に徹底的に厳しい」それも日本国民
に限って・・・。と、理解出来ぬ行いを「無神経」に行えるとは・・・。

画像


「地獄の沙汰もなんたら」であるが、これがまた「赤松口蹄疫事件」で
「失政」を糊塗するのに通用しそう、それも「国民からの搾取」した税金で
そして「失政の責任」には、無頓着どころか「責任転嫁」に躍起になる。
ああ、「民主党の正体」見たりの「押し付け」をとんだ人も行ってしまい・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

感染拡大が続く宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、
一部の日本メディアが『口蹄疫ウイルスは中国もしくは韓国が感染経路
だった可能性がある』と報じたことに対し、中国ネットユーザーが激しく
反論している。
一部日本メディアは25日、宮崎県で確認された口蹄疫ウイルスは、中国
および韓国で発見されたO型タイプの口蹄疫ウイルスとほぼ一致すると
報道したほか、3月に中国を旅行した宮崎県の農場オーナーが中国から
ウイルスを持ち帰り、消毒せずに農場に入ったことで日本での感染源と
なった可能性があると報じた。
日本で「感染源・経路は中国、韓国の可能性」と報じられると、日本の一
部ネット上では中国に対するバッシングが始まった。
感染源・経路が断定されていないにもかかわらず、中国が感染源と断定
するような悪意のある書き込みが多く寄せられた。
日本人ネットユーザーの書き込みが中国メディアによって報じられると、
中国ネットユーザーは激しく反論、環球網の関連記事には500を超える
反論のコメントが寄せられた。(編集担当:畠山栄)

記事引用元:サーチナ[ 2010/05/27(木) 10:58 配信]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0527&f=national_0527_016.shtml

画像


★口蹄疫ウイルスどこから侵入 同型確認の韓国、中国から?

・宮崎県で感染が拡大している口蹄疫の問題で、県内でのワクチン接種作
業が本格化している。
そんな中でも、未だ明らかにならないのが、その感染経路だ。宮崎県で確
認されたウイルスは、韓国や中国で発生したのと同じ「O型」と呼ばれる種
類のものだとは分かっているものの、それがどのようにして感染したかまで
は明らかになっていない。一方、お隣韓国では、かなり径路が絞り込まれて
いる様子だ。
宮崎県は、実は2000年3月にも口蹄疫の被害を受けている。92年ぶりの発
生だったが、早急な対応が奏功し、被害を受けた農家は3軒、殺処分された
牛も35頭にとどまった。
一般的に、口蹄疫ウイルスの感染経路は(1)直接接触や咳を介して、動物
から動物に感染(2)感染した動物と接触した人間がウイルスを運んで感染
(3)ウイルス感染した動物の糞尿と接触した器具を介して感染、の3つがあ
るとされる。
このときの感染経路は(3)が有力だとされており、00年9月1日に、農水省は
感染源について「他の要因に比べて中国産麦わらの可能性が最も高い」と
発表しているが、結局は感染経路を特定するに至っていない。これをきっか
けに、飼料用わらは輸入から国産への転換が進んでいる。
この時「わら」が感染径路として疑われた根拠のひとつが、「ウイルスの遺伝
子を分析した結果、東アジアで流行したものと同じ型のものだった」というも
のだが、今回の口蹄疫についても、この構図は同じだ。
5月2日の農水省の発表では、宮崎で確認されたウイルスはO型のウイルス
であることが判明し、「O/JPN /2010」と名付けられた。さらに、このウイルス
の遺伝情報は、10年2月に香港で採取されたウイルスのものと99.2%、韓国
のウイルスとは 98.6%一致していることがわかっている。
今回問題化しているO型の感染経路は、もっと単純だ。感染源の可能性が
高いのが、感染が起こった農場のオーナーだ。(1)オーナーは3月8日から
13日にかけて中国に旅行し、帰国後消毒せずに農場に入った(2)その時
期、旅行先では感染が多発していた、というのがその理由だ。
韓国の農場で発見されたウイルスの遺伝子情報は、旅行先の中国のもの
と99.06%が一致したという。
さらに、飼料の輸送や、人工授精技術者と地元農家との会合を行ったこと
が原因で、ウイルスが周辺の金浦市、忠州市、青陽郡、忠清北道などの自
治体に広がった可能性も指摘されている。
日本国内に話を戻すと、感染径路の解明は、決して政府にとっては「最優先」
ということではない様子だ。赤松大臣の発言の中で、感染源解明について触
れているのは、5月18日の会見での「感染源がどうだったのか、感染経路が
どうなのか、専門家の方にきちっと出していただいて、それなりの答えを出し
ていきたい」という発言が最後だ。(以上)

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そもそもの原因究明には「及び腰」の政権ってのは、一体何を隠さなければ
ならないのか・・・。
そして「電波芸者」は、擁護に懸命だが、どんどん「不評が広がって」商売も
偏狭な人以外、「聞く耳を持たなくなる」だろうに・・・。
何しろ門外漢でも、口出しして「責任は他人のせい」と憚らぬでは、政権を
担う資格なしだろうが・・・。

画像


「週刊民主」なんたらで、まぁ良くぞ書いている議員さん、自己矛盾がそこここに
あっては、「人格障害」とみなされてしまうぞ。
これについての掲示板の書き込みには、憤慨する一般国民の意識が正常
なのに、安心する。それらを貼り付ける。
掲示板という性質上、「お花畑脳」や日本語の出来る外国人も参加していると
思われ、なんともな書き込みも散見出来るが、その書き込み意図が丸分かりで、
「ほんとに、ほんとにご苦労さん」とからかい、軽蔑出来る・・・。
そういったものは「無視」が最適である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
16 :名無しさん@十周年:2010/05/27(木) 11:42:36 ID:HbEJFFYM0
>>1
■10年前
 ・初動の段階で「消毒液を農家に対して無料配布」
 (初動で2000本、1カ月で10000本のビルコンが国の財源と指導の下配
られた。)
 
 ・口蹄疫は3例。「宮崎では35頭」の殺処分で解決、(全体でも740頭)

■赤松口蹄疫
 ・16例確認され、約8,000頭の殺処分があっても → 「消毒液の無料
配布無し!」

 ・★赤松、宮崎からの支援要請放置で8日間も外遊へ
 ・頑張っていたのは宮崎県と自民党の対策本部だけ


これが本当なら
どう考えても民主のせいだけどなwwwww

21 :名無しさん@十周年:2010/05/27(木) 11:43:14 ID:ZuVFQCcm0
>>1
>〜県の担当部局に危機意識と口蹄疫に関する
>十分な知識が欠如していたと言わざるを得ません〜


『今、どうですか?
例えば、鹿児島の先生方はその期間中に役所の人を呼んで
「こういった対策をお願いしたい。」って色々話をしましたよ。
 返事はなんですか?
 「政務三役のご承認を得なければ、我々の判断ではどうにもなりません。」

 あなたがいない間、そういうやり取りがなされていたんですよ!』

http://www.youtube.com/watch?v=jfdrMksMMD8#t=04m32s
2010/5/11衆院農林水産委・江藤拓(自由民主党・無所属の会)口蹄疫vol1

41 :名無しさん@十周年:2010/05/27(木) 11:45:34 ID:ZuVFQCcm0
>>1
>>〜「自民党政権であればここまで広がらずに食い止められた」
>>とは誰も言えません。


[001/012] 174 - 衆 - 農林水産委員会 - 8号
平成22年04月22日

江藤拓
http://www.youtube.com/watch?v=RmB6hAe3oPI#t=01m06s
十年前は、OIE、国際機関ですけれども、宮崎県は非常に高い評価を
得ました。ちょっと読みますと、宮崎の初動防疫は日本の畜産、獣医の
底力が世界に示された快挙である、関係機関が一体となって、延べ一
千四百人を配置した防疫態勢は世界に例を見ない、こういう評価をいた
だいたんです。この背景には、やはり国が十分にバックアップをしてくれ
るというものがあったからこういう態勢が組めたわけでありまして、
このことを御理解いただきたいと思います。


2000年3月25日の段階ではまだ認定されていない
あくまでも擬似感染
認定されたのは、英国からの検査結果が返ってきた4月4日

2000年03月25日…宮崎で口蹄疫擬似感染と思われる患畜が確認
2000年04月01日…農林水産省畜産局より、口蹄疫の疑似患畜の発生に
伴い畜産農家等への資金の円滑な融通及び既貸付金の償還猶予等に
ついて発表
2000年04月01日…口蹄疫問題で全国から獣医師が応援に
2000年04月02日…小渕元総理、総理在任中に脳梗塞で倒れ入院
2000年04月04日…口蹄疫対策で国が支援、口蹄疫擬似感染が口蹄疫
感染と断定
2000年04月05日…森内閣発足(小渕内閣から引き続き、農林水産大臣
/玉澤徳一郎)
2000年05月11日…北海道で口蹄疫感染が確認
2000年05月14日…小渕元総理死亡
2000年06月09日…口蹄疫収束

10年前の事

88 :名無しさん@十周年:2010/05/27(木) 11:50:05 ID:ZuVFQCcm0
>>21
>>41

中川義雄
http://www.youtube.com/watch?v=u42wJUB4NhA#t=01m39s
江藤隆美さんという宮崎県の政治家はりっぱな政治家でした。
擬似感染の中にあってですね、全て擬似感染、国際的に陽性か陰性かわ
からない、ごたごたごたごたしている時に

「全頭殺処分にしろ、というその経費その他については全部党が責任を持つ」
言っていたんです。

それでそこで収まってたと思っていたら、それが北海道に飛んだ
十勝の本別町というところに700頭以上の肉牛を飼っている農家でした。
当時、江藤隆美さんは私を呼んで、「すぐ北海道へ飛べ」と
「およそ、科学者だとか治験が少ないから、陰性だとか陽性だとか言って、
もたもたしているはずだ」と「みんな戸惑っているはずだ。」
当時は、陽性か陰性だとかいう判断を国際的に何週間もかけてようやく陽性
だとか陰性だとかという話がでた。
宮崎では陽性でも陰性でもないうちに殺処分して結果的に陽性ということが
あとでわかった。
北海道でも陽性か陰性かわからない擬似感染という段階で全頭処分させる。
これはたいへんなことなんです。
700頭の大きな牛を全部埋めてやることは、獣医さんもそしてまた牛も異常
に気がついて動かなくなるんです。
ですから農業大学校の生徒だとか先生あらゆる人を動因して殺処分して結果
としてこれが全部陽性であることがわかった。
擬似感染の段階で全部処分してしまった。ですから、そこで終わったんです。

当時は、立派な政治家が日本にいて、山中貞則さんて人が
http://www.youtube.com/watch?v=u42wJUB4NhA#t=07m44s
牛肉の自由化を許す代わりに
牛肉の関税を全部、畜産振興事業団に基金として預けておいて
畜産業界がたいへんなことになったらそれを機動的に使えるお金を用意して
いたからできたんです。
江藤隆美さんは、私にまず100億持って行くつもりで対処して来い!って私に
言った言葉を今覚えています。


354 :名無しさん@十周年:2010/05/27(木) 12:16:58 ID:kk7eZ/Ig0


2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)
ttp://www.youtube.com/watch?v=_bgHL44MNjU

口蹄疫をスルーした民主の発言
「ずっと謝ってろ」
「お涙ちょうだいはいらないんだよ!」
「金が欲しいのか」
「お前らだけでなんとかしろ」

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「国会」も、ここまで野卑な者達がいるとなると、どこの選挙区から
の者達か、あの「週刊民主」の議員さん並みの「村社会」の住人は、自分達
以外は「日本に住んではいけない」と言いながら、外国人参政権に賛成する
と、人格障害が酷い人々かも知れない・・・。
そんな人々を捉えて、先人達は一言で「言い表している」
以下の画像である。

画像


こういった廃れつつある言葉が、今の日本人としての矜持のない
「他人のせい政権」には、ぴたりであろう。






自己愛性人格障害 (21世紀カウンセリング叢書)
駿河台出版社
町沢 静夫

ユーザレビュー:
同じ分野のありがちな ...
もっと臨床例を書いて ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「他人のせい」に出来る精神性、国会議員矜持なし バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる