バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「命の食べ方」に不遜な政権、天に唾する行為

<<   作成日時 : 2010/05/09 14:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「ベイブ」という映画があった。主役は牧羊犬になりたい「豚」の奮闘記
である。食べられるだけの「生命」に、光を当て「命の食べ方」の食育に
それなりの効果があるものだったと思う。
その「食べられるのみの生命」が、疫病によって、それも人間の怠慢に
よって「次々殺処分」されている・・・。この怠慢が招く責任は一体・・・。

画像


「生命を食べている人間」という感覚がおろそかになると、以下のような
「人間が食べるだけのために生育させている人々」は、気苦労とか愛情
の持って行き場とか理不尽な「怠慢が蔓延る農政」に、怒り心頭になる
ことだろう。まして要請に応じる「格好・ポーズ」のみに終始する政権は、
「労働対価」に対する尊敬は、全く見られない。
これが「国民の生活が第一」とのたまった政権の真の姿なのだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「ついにうちでも」「一般車両も消毒を受けて」。口蹄疫の感染疑いが確認さ
れた農場の約9割が集中する川南町で“見えない敵”との戦いに神経をすり
減らす畜産農家らが8日、宮崎日日新聞社の電話取材に応じ、感染への恐
怖や殺処分の精神的苦痛を口々に訴えた。
そうした声の一方で、外遊から帰国後、10日の来県を決めた赤松広隆農林
水産相には「今更どんな顔で来るのか」と怒りの声も上がった。
「注射を打たれた豚は鳴くんです。あんな鳴き声を聞くのは初めてで、胸が詰
まった」。感染疑いの豚が確認された養豚農場に勤める30代男性は、殺処
分の様子を切々と語った。今も畜舎の防疫作業は続くが、「(何も生み出さない
仕事を続けるのは)むなしい」と話す。別の養豚農場では埋却場所の選定が
遅れ、殺処分が始まっていない。補償を受けるには1頭ずつ評価を受ける必
要があり、それまでは豚を生かし続けなければいけない。30代経営者男性は
「処分されると分かって飼い続けている。今は餌を食べられるだけ食べさせて
あげたい。味わったことのない気持ちだ」とつぶやいた。

http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=25894&catid=74&blogid=13




口蹄疫6万匹処分 宮崎、家畜市場すべて閉鎖
2010年5月9日 朝刊

宮崎県で家畜感染症の口蹄(こうてい)疫が拡大している。殺処分される
牛や豚は計約六万匹に上り、国内で過去最悪の事態だ。感染拡大防止
のため県内七カ所の家畜市場はすべて閉鎖。各地の地元ブランド牛とし
て商品化される子牛が出荷できないなど、影響は広がっている。
四月二十日から五月八日までに、感染疑いが見つかった農家や施設は
四十九カ所。国内で初めて豚の感染疑いも見つかり、処分対象は約六万
二千匹で、うち五万匹以上は豚。農林水産省によると、過去に口蹄疫が
発生した際に処分された牛の数は一九〇八年に東京などで約五百頭、
二〇〇〇年に宮崎県で三十五頭、北海道で七百五頭。
家畜を埋めて処分する作業が追いつかず、東国原英夫知事は陸上自衛
隊に災害派遣を要請、「非常事態を宣言してもいい」と深刻さを訴える。
宮崎県は、肉用牛の飼育数は北海道、鹿児島に次いで三位、豚は鹿児
島に次いで二位。子牛は出荷先で肥育され、各地のブランド牛として店頭
に並ぶ。約四割は県外で、〇八年度は長野や三重、佐賀各県などに約三
万頭が出荷された。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2010050902000071.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
対岸の火事ではないものに対して、政権維持のためだけの「選挙」では、
国民はそんなものを望んでいるかとなれば、即座に否と答えるだろう。
国民等しく安寧・安全で一部だけが助かればでは、それは独裁的レイシスト
と相成ってしまう。それを国の大臣が行っていたとなれば、もう四の五言わず
自らその職を辞するのが日本国民としての矜持の持ち方である。

画像


http://www.maff.go.jp/j/press/index.html
【業 種】 件 数 【頭 数】 2010/05/08(+1822)
−−−−−−−−−−
 養豚 **,*24 56,438
 肉牛 **,*19 *4,085
 酪農 **,**6 **,343
 水牛 **,**1 **,*42
 種牛 **,**1 **,*16
−−−−−−−−−−
 合計 **,*51 60,924

http://www.houko.com/00/01/S26/166.HTM
「家畜伝染病予防法」



批判が集まれば、下のような「とっても遅い訪問」とかで繕う、その根性の
腐り方が「元社会党」の駄目さ加減を表している。
選挙では「一度やらせてみてください」が、この体たらくの迅速さも危機意識
もないでは、誰の目にも明らかな「怠慢」と映るものだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
10日に予定されていた赤松広隆農相の本県訪問は、
宮崎県口蹄(こうてい)疫防疫対策本部への出張が急きょ決まったため、
延期となった。本県訪問の日程は今後再調整する。
赤松農相は戸別所得補償制度の周知と加入促進PRのために本県を訪
れる予定だった。

*+*+ さきがけontheWeb 2010/05/08[22:36:55] +*+*
http://www.sakigake.jp/p/akita/politics.jsp?kc=20100508l

画像


何より担当大臣でありながら、「お外で遊んで、帰ってくれば」即現地かと
思えば、どうでもいい「後援会」出席を優先させるでは、一切大臣としての
矜持はないを現している。ましてその集会がたった三百人のものであるでは、
全国民が怒り心頭だろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

32 :名無しさん@十周年:2010/05/09(日) 09:13:20 ID:x7LK14vJ0
外遊から帰国後最初にやったは、民主党議員の選挙応援w
赤松大臣の5/8佐野市演説。
司会が「便を早めて帰国後直接ここ(佐野)に来てくださいました」
冒頭で「口蹄疫でこれから農水省に戻らなければならない」と。
口蹄疫に触れたのはここだけ。
個別所得保障やマグロ禁輸阻止と自慢話に終始だとさ。

ttp://souzui.blog113.fc2.com/blog-entry-111.html

ルーピーズはなんか擁護して見せろ。

59 :名無しさん@十周年:2010/05/09(日) 09:22:54 ID:B7TtpBuz0
■赤松は8日に帰国して栃木県で民主党の選挙応援に入っていた。

そこで選挙応援で新人議員の紹介をしてる。

富岡よしただ講演会結成大会
(参加者)
・富岡よしただ
・赤松宏隆
・谷 ひろゆき
・やなせ 進

農水相
民主党栃木総支部連合会長
連合栃木わたらせ地域協議会会長
佐野地区労働組合議長

画像


http://ameblo.jp/tomiokayoshitada/
「衆議院議員 栃木選出富岡よしただ」後援会結成大会
四月十五日現在、来賓者未定

http://www.sano-kankokk.jp/tour_guide/faclt/tg_faclt_c_003.html
「佐野市文化会館」 小ホール 収容人員3〇2人
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この栃木選出議員の議員としての「矜持」も、疑わしいものとなって栃木の
有権者の不信を買うものだろう。
宮崎の大変さを地元に置き換えれば、畜産農家は「死んでいい」では、とんだ
国会議員である。
これは参議院の選挙用だろうから、ますます「栃木の畜産」にも関心がないと
なるだろう。そのマイナスを斟酌できぬ者たちでは、議員の資格はない。
たった三百人の集まりに、この大変な時期だから辞退を勧める矜持もない
労働者とは、「自分だけよければ、後は知らない」人でなしの集団か・・・。
と、開く方もその神経を疑われるのを斟酌しなかったのだろう。
これが民主党のやり方であれば、もうどのような言葉を駆使しても、その言に
騙される国民はいなくなる。
「宮崎の二の舞」が、そこに待っているでは「とんだ国民の生活二の次政権」
になる。

画像


マスコミ対策は万全で、この「赤松口蹄疫事件」は表立って、広まっていない
で、そこに宮崎県への「押し付け」を画策するやからも出てきて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

★口蹄疫要望次々 支援団体訪問の小沢氏に

次期参院選対策のため、民主党の小沢幹事長が7日、宮崎市入りした。
宮崎選挙区に同党公認で立候補の準備を進めている
新人の元新聞記者・渡辺創氏(32)の支援団体訪問が目的だったが、
県内で猛威を振るう家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」への危機感を
強める首長や畜産関係者らが相次いで陳情し、緊急対策などの支援を強
く要請した。
口蹄疫問題では、この日、東国原知事や県市長会、JA関係者らが
小沢幹事長と次々と会談。JA宮崎経済連などは、畜産が県の農業産出額の
約6割を占めていることから、要望書では地域経済全体が大きな被害を受ける
可能性があることを指摘。収入が途絶えた農家に対する一時金の給付や、
アジア諸国と連携した感染経路の解明など計9項目を求めた。
羽田正治会長によると、同席者からも国の責任で解決してもらいたいとの
声が続出したという。羽田会長は「想像以上の病気と認識してもらえた。
今後対策を進めてもらえると思う」と期待感を示した。県に対しても近く、
殺処分した牛や豚の埋設場所を早急に確保するよう求める方針。
小沢幹事長は記者会見で、口蹄疫対策を「大変大きな県の課題」と述べ、
党として、最大限の対応策を考えるよう、政府へ求めていく考えを示した。

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/miyazaki/news/20100508-OYT8T00167.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
票に結びつく、あるいは利益誘導のみが「選挙」と思い込む浅ましさは、
結果的にレイシスト集団というイメージが固定化してしまう危惧をお持ちでない
旧来型選挙屋には、隔世の感はないらしい・・・。奇妙な政党ではある。

画像


その奇妙さは、「自作自演」を得意として以下のような「姑息なガス抜き」
に表れている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

“横粂バッシング”が過熱…小沢氏辞任要求に「新人議員が何を言う」

鳩山由紀夫首相(63)と小沢一郎幹事長(67)の辞任、執行部刷新要求を
表明した民主党新人の横粂勝仁衆院議員(28)に対し、バッシングの声が
殺到していることが8日、明らかになった。
6日に行った地元・横須賀での街頭演説で、小沢チルドレンと呼ばれる1年
生議員では初めて執行部刷新の必要性を訴えた横粂氏。だが、翌日からの
2日間で事務所へ届いた500件以上の電話やメールのうち、80%以上が
「執行部ありきの民主党だ。新人議員が何を言うんだ」「おまえが議員を辞めろ」
と厳しい声だった。
しかし、この日も街頭に立った横粂氏は、「小沢幹事長を怖いと思ったことは一
度もない。ほかの人がやらないなら自分がやる、という使命感が強い」と胸を
張った。週明けには、同党の代議士会で執行部刷新を訴える予定。賛同する
議員はまだ2人だが、「同調してくれる議員を1人でも多く集めたい」と意気盛
んだった。

スポーツ放置
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20100509-OHT1T00043.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
言うのも、批判すのも、「民主村社会」の偏狭な人々。
それで何を「釣るつもり?」なのか・・・、そこにメディアをはべらせて、
たまたま通った人が批判に拍手って、出来すぎた「三文芝居」では、
小泉健次郎の向こうは張れないぞ。

にしても、なんともな「村社会」である。
村長さん以下、これほど「無能」であるをあらわして臆しない人々は
「日本人の矜持」は持ち合わせていないらしい・・・。
真っ先にやるべきことと、どうでもいいことの選択を間違えれば、
それは「表舞台」からの退場がすべてである。


ベイブ 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]
UPJ/ジェネオン エンタテインメント
2009-07-08

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



いのちの食べかた [DVD]
紀伊國屋書店
2008-11-29

ユーザレビュー:
機能美に魅せられる圧 ...
「いただきます」は命 ...
眠くなった自分は狂っ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「命の食べ方」に不遜な政権、天に唾する行為 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる