バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「身を粉にして・・・」言葉の意味を知っている?

<<   作成日時 : 2010/06/01 19:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

どうにも体験や経験不足の露呈が顕著で、批判もその言動の曖昧さに
あるものを、直視出来ないのかそれとも「すらっトボケている」のか、
まさに「軟体動物」じみた政権は、リーダー自ら「身を粉にして」と、
言ってしまい、国民のため息・絶望を誘っている・・・。

画像


ましてその「空中浮遊」体質が部下であるべき大臣にも伝播して、「ニヤケ
顔」以外出来ぬ「ボンクラ」なのに、身内から批判も出ずだから、その怠慢を
信任してしまうという、議員の矜持もなく「民主党」全体が、その責任を被る
気もないのに、とりあえず「反対」、その「反対」のみで「政権交代」しただけに
「今更オロオロは、とても醜く、国民の失望」を加速されてくれる・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主、国民新の与党などは31日夜の衆院本会議で、
宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で「初動の遅れが混乱を招いた」として、
野党が提出した赤松農相の不信任決議案を反対多数で否決した。

(2010年5月31日22時52分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100531-OYT1T01010.htm?from=top

画像


首相の宮崎入り「勝手に来て勝手に帰る」地元反発

「今さら何をしに来たのか」。

宮崎県の口蹄疫(こうていえき)発生から40日余りを経て、1日午前、初めて
現地を訪れた鳩山首相に、地元では期待よりも不満や疑問の声が渦巻いた。
予定では、現地滞在はわずか2時間半。連日の対策に追われる農家や自治
体関係者らを県庁に集めて懇談するだけの訪問日程に、「現場を見なければ
我々の苦しみが分かるはずがない」と批判の声も上がった。
首相は、県庁入り口の消毒マットで入念に殺菌し、2階応接室で東国原英夫
知事や2人の農家代表らと懇談した。
冒頭、「発生農家のみなさんが苦労されていることに対し、遅ればせながら感
謝申し上げたい」と神妙な面持ちで切り出した。
その後、感染拡大防止のためには全頭殺処分という厳しい対策を取らざるを
得ないことを強調し、農家の理解と協力を求めた。
これに対し、懇談した農家代表の一人、川南(かわみなみ)町の養豚農家、河
野宜悦(かわののりよし)さん(48)は、終了後、「首相には現場に来て、空に
なった畜舎を見て、肌で何かを感じてほしかった」と淡々と語った。
同町は、県内全247の発生農家のうち75%が集中し、最も深刻な被害を受
けている。
河野さんの農場は、被害農家で最多の約1万5000頭が殺処分の対象。
首相には、被害農家への損失補償や子どもの学費援助などを求めた。
一方、牛の殺処分を進めている同町の50歳代男性は「参院選へのアピール
としか思えない。被害は今も拡大の一途だ。
大金をかけて宮崎に来るぐらいなら、作業員増員への費用に充てた方がいい」
と切り捨てた。
4月20日に1例目が確認された都農(つの)町の河野(かわの)正和町長は、首
相との懇談にも呼ばれなかった。「訪問の狙いがよくわからない。もっと早く来
てほしかった。
県庁だけでなく、防疫作業をしている農場で畜産農家や作業員の声を直接聞
くべきだ」と残念がった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100601-00000586-yom-pol

画像


<口蹄疫>宮崎県が農家補償に426億円 補正予算案を発表

宮崎県は31日、口蹄疫対策のため殺処分を前提に、未感染の牛や豚に
ワクチンを接種した農家の損失補償を盛り込んだ総額426億円の一般会
計補正予算案を正式発表した。6月県議会に提案する。
ワクチン接種を受けた家畜の補償353億円▽半径10〜20キロの搬出制
限区域内からの早期出荷に伴う枝肉価格の低減分補てんや保管に67億円
など。対策を決定したのが政府であるため、県は「財源は全額国庫で賄われ
るべきだ」と話している。
5月31日21時3分配信
毎日新聞【石田宗久】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100531-00000081-mai-soci

画像



首相、1日に宮崎視察=口蹄疫対応で知事と会談
5月31日16時48分配信 時事通信

平野博文官房長官は31日午後の記者会見で、口蹄(こうてい)疫の被害
状況などを把握するため、鳩山由紀夫首相が1日に宮崎県を訪問すると
発表した。東国原英夫知事と会談するほか、県庁内にある政府の現地対
策本部を視察する。畜産農家の視察などは予定されていない。
首相は30日、訪問先の済州島で「地域の皆さんが不眠不休で苦労されて
いる。政府として(対策に)万全を期していくというメッセージも伝えたい」と
宮崎訪問に意欲を示していた。「初動対応が遅れた」と野党から批判を浴
びたことから、首相は対策に全力を挙げる姿勢をアピールしたい考えだ。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100531-00000081-jij-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
さながら誰かのアドバイスという「あやつり」で、動くパヘット並みの行動力
では、とても「命を守りたい」の所信声明は、偽りとなりそうである。
この言行不一致のさまが、沖縄でもどこでも「不評」のよりどころになっている
のにも関わらず、「身を粉にして」と、ことわざだけは知っていて、それをどの
口がほざくのか・・・。
そして批判が集まれば「逆風」が吹いていると、まさに自分達で起こした「失
政」という自覚が全くない。
それでありながら保身は「全力」で、やたらめったら「アリバイ作り」に熱中して
後は「マスコミの編集まかせ」では、どうにも・・・。

画像


信任されてしまう「ボンクラ」に、人間の矜持があれば「自ら責任を問い」の
姿勢があるだろうが、この政権は「無責任」が身上らしく、批判もやり過ごせば
いい、まして「社会主義」的思考法は、執政に失政はない。
違っているのは「国民が悪い」と、罵ってしまうと、もう完全に「狂っている」としか
思えない・・・。
そんな者が来られても迷惑なだけだろう。
まして「殺せ、殺せ」の大合唱提唱者としては、現場の能力など委細承知せず
で、ただ単に「殺せ、殺せ」と喚けば、その通りになるある意味これも「お花畑」
脳を有してだから、救いようがない馬と鹿である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★農相 宮崎入り 口蹄疫 駆け足訪問、地元不満

「何のために来たのか」。宮崎県の「口蹄疫(こうていえき)」問題で、30日
に宮崎入りした赤松広隆農相に対し、現場は冷ややかな視線を送った。
滞在わずか6時間の“駆け足訪問”。被害が集中している川南(かわみなみ)
町長には、面談の要請さえなかった。県庁では被害拡大への謝罪の言葉を
述べ、全面支援を約束した農相だが、地元からは「もっと現場の声を聞いて
ほしかった」と憤りの声が相次いだ。
「農家は涙を流して(牛、豚にワクチンを)注射している。この思いを受け止
めてやってください。それだけです。大臣、お願いします」
県庁で東国原英夫知事らと会談後、赤松農相が訪れた新富町役場。土屋
良文町長は、農相が「ここが南の防波堤。何とか(感染を)止めてほしい」と
話す言葉をさえぎるように、声を詰まらせながら訴えた。
赤松農相は2回目の宮崎入りだが、2市5町の感染発生地訪問は初めて。
その唯一訪れた新富町でも、町長と15分程度意見交換しただけで引き揚げた。
「せっかく来るなら関係する首長を集めて、特措法を直接説明してほしかった」。
面談の打診もなかったという川南町の内野宮正英町長は憤る。県庁で農相は
「与野党一致して特措法を成立させた」と胸を張ったが、連日対策に追われる
内野宮町長は「法律はできても、実務は市町村。物事を進めるには農家の理
解が必要なのに、痛みが分かっているのか」と突き放した。
赤松農相は新富町入りする前に、ワクチン接種を終えた宮崎市の畜産農家
に立ち寄り、現状や要望を聞いたという。
高鍋町の畜産農家の男性(57)は「いまさら来て何になるのか」と痛烈に批判。
「農家は無念でならないんだ。現地に入るなら、一人一人に声を掛けてくれな
いと心は通じない。たくさん言いたいことがあったのに…」と悔しさをにじませた。
(以上)
=2010/05/31付 西日本新聞朝刊=2010年5月31日 00:10
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/175173

【口蹄疫 養豚場からの投稿(6)】殺処分にあたって、赤松農水大臣は
物理的に不可能な要求をしました…

【宮崎県川南町の養豚場からのメール報告(6) 5/31】

みなさん、お久しぶりかと思います。口蹄疫発症44例目農家の丸一です。
以前に最後のメールと言いながら、またメールさせていただきます。
5/30再び、宮崎県に赤松農水省大臣が来県し、宮崎県知事と口蹄疫の現状
について話し合われました。現在の口蹄疫発生で殺処分対象の家畜は約16
万頭に及び、殺処分され埋却完了が終わったのは、全体の約66%です。
残りの6万頭近い家畜を、殺処分するにあたって、赤松農水省大臣は、
「来週中に終わるように、1日に1万頭殺処分を目標にてください 」
と、物理的に不可能な要求をしてました。未だに、現状が把握していないのだ
なと唖然と致しました。なぜ、不可能なのか。普通に考えれば分かりそうなこ
とだと思います。
まず、1万頭分を埋却できる穴を掘らなければなりません、その穴を掘るのに
どのくらい時間がかかるのでしょう?私の家で例にあげれば、幅6m 深4m 
長約40mの穴を掘るのに2日かかりました、この大きさで1000〜1500頭分で
はないでしょうか。
この時点で、1万頭分の穴を掘るのに約十倍の20日間かかります。重機1台
での作業効率ですので、数台入れればまだ短縮はできるとは思いますが1カ
所に全ての家畜は集中していません。対象家畜を1カ所に集めて、殺処分し
埋却する等すればまた短縮はできるとは思いますが、その集合地点までの
運搬時間は?運搬車両に積み込む時間は?といった少し考えれば様々な
問題点が出てきて、1日に1万頭の殺処分は不可能と判断できます。
私は父や母に言う 「大臣とか官僚とかになる人って、勉強ばっかりしてきて
大学出て頭のいい人なのに、なんでこんなに馬鹿な発言しかできないの?」
と、父や母は笑います。どうでしょうかみなさん、私の考えがおかしいのでしょ
うか?学のない者が難癖つけて批判しているだけなのでしょうか?(以下略)

ソース:共同通信 2010年5月31日
http://www.47news.jp/47topics/e/160403.php
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
やっとのことマスコミの一部では批判を上げるが、マス・メディアとして即効性
を有しているテレビ・メディアは、統制されたかのような以前、相当な批判を
していた「護送船団方式」を、ちっがり踏襲して、見事なまでに「原因究明」へ
の言がない。
だが、そろそろ「潮目」が変われば、遅まきに小出しで出てくるか・・・。
その前に、国民はそんな「マスコミ」にも、呆れているが・・・。

画像


仲良く「酔っ払っている」場合ではないのに、我等がリーダーは、自分の首
延命させるのに汲々として、縄が掛けられて初めて気付くのだろうが、以下の
迅速な発言は、完全見誤っている・・・。
どうせいなくなるのだから、ここは「国益大事」で、その口をあけなければ良かっ
たものを・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国軍と物品役務を相互提供 首相、李大統領に提案へ 

鳩山由紀夫首相は29日に韓国・済州島で開かれる李明博大統領との会談の際、
自衛隊と韓国軍の間で部品や輸送作業などを融通できる物品役務相互提供協定
(ACSA)締結を提案する方針を固めた。
複数の日韓関係筋が27日、明らかにした。
2010/05/28 02:02 【共同通信】

http://www.47news.jp/CN/201005/CN2010052701000920.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなものは、とてもではないが「敵対行為」をする国と、結ぶ神経が疑われる
ものだ。
にしても、国会で「旨く運営」出来ないと、当たり屋稼業も出っ張ってくるし・・・。

画像


画像


その思考法に、あちらの思考法が再現されたと読み解けば、毒された政党
の成れの果ては・・・。
以下のようなさまざまな「国民の意思」が、反映されるだろう。

画像


今更になって「慌てて」いても、「信頼」は取り戻せない・・・。
そういった「人心」の掌握術は、煽りや「捏造」では、簡単に「メッキは剥がれる」
ものである。


安心社会から信頼社会へ―日本型システムの行方 (中公新書)
中央公論新社
山岸 俊男

ユーザレビュー:
糸井さんがオススメし ...
信頼する人は損か?得 ...
安心VS信頼、ではな ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



強欲社会主義 中国・全球(グローバル)化の功罪 (小学館101新書)
小学館
遊川 和郎

ユーザレビュー:
日本のメディアでは知 ...
日本式社会主義(官僚 ...
「強欲経済」と「国家 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「身を粉にして・・・」言葉の意味を知っている? バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる