バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 失政のツケ「感染拡大」 赤松口蹄疫終息セズ

<<   作成日時 : 2010/06/11 19:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際機関の「要請」を断りながら、自分達の「失政のツケ」を払わされる
ことになる「国民」という構図は、さながら「国民の生活が第一」の裏を行く、
「国民虐殺」を意図しているという「悪意の解釈」も出来る「政権交代」が起
こったばっかりに、国民は「塗炭の苦しみ」を味合う羽目に・・・。
「私を信頼して」が、むなしく響く「感染拡大」である。

画像


対策としての「ワクチン」接種も効き目がなく、「拡大し続ける」疫病対策
に、無能の人々を信頼しなければならない国民では、「政権交代」は凶で
あったになって来る。
何より県を飛び越えてしまった「感染拡大」を、なす術は国際機関への
「協力要請」であったものを、「断る」間違った判断をしたのは、いかがした
ものか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
都城の牛3頭は陽性、208頭殺処分 日本有数の畜産地域に“飛び火”
6月10日9時53分配信 産経新聞

宮崎県は10日朝、同県都城市で見つかった口蹄(こうてい)疫とみられる症状
があった牛3頭は、動物衛生研究所(東京都)の遺伝子検査の結果、「陽性」だ
ったことを明らかにした。同市で感染疑い例が確認されたのは初めて。
県は同じ農場のすべての牛208頭を殺処分した。
同市の平成18年の肉牛や豚の生産額は全国1位で、隣接する鹿児島県も畜
産が盛んだ。これまでに感染が見つかった2市5町とは接しておらず、日本有
数の畜産地域に感染が“飛び火”したことになる。
県は9日夜、よだれなどの症状から同一場所で飼育していた6頭を含む計9頭
を感染疑い例と判断。遺伝子検査の結果を待たず、10日未明に殺処分を終えた。
農場が所有する近隣の農地で、埋却作業を進めている。
県はこの農場を中心に半径10キロの家畜の移動制限区域と同20キロの搬出
制限区域を10日中に設定する。県によると、この農場の近隣には、数戸の畜
産農場が点在する程度だが、半径10キロ圏内には約7万頭の牛や豚を飼育
する大規模農場がある。県はこの農場限りで被害を食い止めたい考えだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100610-00000523-san-soci

都城の牛3頭、遺伝子検査で口蹄疫と確認 208頭処分
2010年6月10日10時40分

家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)の問題で、全国屈指の畜産地帯・宮崎
県都城市の農場で新たに見つかった、口蹄疫特有の症状を示した牛3頭に
ついて、同市は10日早朝、採取した検体を動物衛生研究所海外病研究施
設(東京都小平市)で遺伝子検査した結果、陽性だったと明らかにした。
農林水産省と同県は9日夕、遺伝子検査の結果を待たずに症状で口蹄疫の
疑いと診断。都城市によると、検査結果が出る前の10日未明、症状が出た
3頭を含め同じ農場で飼われていた計208頭の牛の殺処分を終えた。
同県は10日、家畜を動かすことが禁じられる移動制限区域(発生農場から
半径10キロ)と、家畜を運び出せない搬出制限区域(同20キロ)を設定する。
移動制限には都城市、小林市、宮崎市、高原(たかはる)町の3市1町、搬出
制限には三股(みまた)町、綾(あや)町、国富(くにとみ)町が入る。
都城市と接する鹿児島県曽於(そお)市も一部が搬出制限区域に含まれる
見込み。農水省によると10日朝の段階で、この農場周辺でほかに症状を示
す家畜がいるという連絡は入っていない。
だが農水省と宮崎県は、周辺農場に口蹄疫の症状を示す家畜がいないかの
調査を10日午前から実施。もし確認されれば、移動制限区域など一定の圏
内で接種後の殺処分を前提としたワクチン接種を検討している。ワクチン接
種はすでに県東部の川南町を中心とした地域で実施されている。
今後、周辺の複数の農場で症状が出るなど拡大が懸念される状況になった
ら、ワクチン接種を待たずに一定地域の家畜を処分する予防的殺処分の可
能性もあるという。
山田正彦農水相は10日、「都城はえびの市と同じように早期に抑え込まなけ
ればいけない。いま調査をしているが、燃えさかる状況じゃない。2、3例出て
きたらまた考える」と話した。
10日、農水相に就いた山田前農水副大臣の後任となった篠原孝農水副大臣
が宮崎入りした。政府の現地対策本部長として陣頭指揮を執る。
隣接する都城市での口蹄疫発生を受け、鹿児島県の伊藤祐一郎知事は同日
午前、都城市からの抜け道をすべて封鎖し、物流を県道など幹線道路に限定
した上で全車両の消毒を徹底することを検討する考えを明らかにした。
宮崎県では4月20日の1例目以降、口蹄疫の発生は東部の川南町を中心と
した一帯と南西に約70キロ離れたえびの市に限られていた。都城市は同県
西部に位置し、今回発生した同市高崎町の農場は両地域から30〜40キロ
離れている。
都城市の2006年の農業産出額は肉用牛151億円、豚225億円で、いずれ
も市町村別で全国1位という有数の畜産地帯。鹿児島県も畜産県として知ら
れており、影響は大きい。
これで感染確定・疑い例は計280例、発生に伴う殺処分対象は約18万6千
頭となった。

     ◇

宮崎、鹿児島両県で今後、移動・搬出制限区域となる見込みの市町は
次の通り。
【移動制限区域】宮崎県都城市、小林市、宮崎市、高原町
【搬出制限区域】同県三股町、綾町、国富町、鹿児島県曽於市の一部

http://www.asahi.com/national/update/0610/TKY201006100006.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「感染拡大」は、完全に「人災」である。

画像


それでありながら、「不信任」を否決しておきながら、その副大臣をその
ポストに当てはめ、更なる「殺処分」が加速していては、もう「執政者」としての
度量はないに等しい、ここは「国際機関」への「感染経路」および「感染源」追及
を迅速に行い、大規模な「戒厳令」でも強いるしか、終息への道はない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「地に足」山田農相に期待…宮崎の畜産関係者
読売新聞 06月10日14時51分

菅内閣が発足した8日、農林水産相には口蹄疫(こうていえき)問題で現地
対策本部長として指揮を執ってきた山田正彦・前副大臣が就任し、宮崎県
の畜産関係者からは、施策の着実な実行を求める声が上がった。
山田農相は8日未明、取材に対して、口蹄疫ウイルスを抑え込む決意を新
たにし、「本当は宮崎で口蹄疫(対策)をやりたかった。でもそういうわけにも
いかない」と、理解を求めた。
発生が集中する川南町のJA尾鈴の小山哲也・養豚課長は「家畜の補償費
などを国が全額負担すると明言してくれた。打ち出したことをきちんとやって
ほしい」と注文した。
飼育する牛約300頭がワクチン接種を受け、殺処分を待っている木城町高
城の農家篠原邦光さん(59)は「現場を知る人だから、良かったと思う」と期
待を寄せた。宮崎入りした当初は「恨んだ」というが、問題に取り組む姿を見
て、「地に足がついている」と感じるようになった。「実情を知ってもらった。
『日本の農政は自分に任せろ』という気概でやってもらいたい」と要望した。
発生農家から半径10〜20キロ圏内で、早期出荷を待つ国富町の農家男性
(71)は「近くに感染の疑い例は出ていないが農家はヒヤヒヤしている。
畜産は一人ではできず、地域全体で作っていく産業。しかし、被害はあまりに
大きすぎる。終息後の対策をどう進めるかが問題」と、ため息まじりに答えた。
県庁にある国の現地対策本部には約30人が詰めて対策にあたっている。
ある職員は「ここの態勢は今後どうなるのか」と語り、情報収集していた
http://news.biglobe.ne.jp/social/495/ym_100610_4957947682.html


何故か宮崎よりも迅速:五島市及びJAの迅速な口蹄疫対策

韓国における口蹄疫(牛)の発生について
2010年4月14日
五島家畜保健衛生所から、韓国における口蹄疫の発生について対策の
徹底依頼があっております。
前回発生した口蹄疫ウイルスの血清型(A型)とは異なる血清型【O型】の
ウイルスによる口蹄疫発生が確認されました。
次の対策の徹底についてご協力をお願いします。
1.韓国の畜産農家への訪問を自粛する。
2.畜舎や器具の清掃・消毒、農場への人や車輌の出入りの制限等、飼
養衛生管理基準の遵守を徹底する。
3.本病を疑う異常家畜を発見した場合は、直ちに家畜保健衛生所に連
絡する。

口蹄疫発生状況.tif

五島市農水情報 |
http://www.gnsn.city.goto.nagasaki.jp/info/2010/04/post-110.html

276 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 10:00:26.83 ID:3GsdGOKX0
>267

残念ながら、その部分は今回の問題以降削除されてしまっているようだ。

ソース魚拓のURLはここに貼らないから、ソース欲しい人はキーワード検索
でググってくれ。

http://megalodon.jp/2010-0526-0806-46/www.yamabiko2000.com/modules/tinyd0/index.php?id=1

削除された部分↓

1972(昭和47)年 有限会社鬼岳牧場を設立。
将来は牛だけでなく、中国の青島から子牛を輸入して日本の食肉基地としての
”大牧場”を志す。
       ↓
1972(昭和47)年 牧場を設立。
日本の食肉基地としての”大牧場”を志す。(数年後、牧場は売却)

35 :名無しさん@十周年:2010/06/10(木) 19:04:52.59 ID:N2LbM6P40
http://twitter.com/nodakuniyoshi

口蹄疫が都城市に飛び火したというニュースを聞いて震撼させられました。
初期の封じ込めが何より重要です。
宮崎県ガ三週間ほど見逃した事が一番大きかった、残念です!
約2時間前 Keitai Webから

今回の鳩山総理辞任から菅代表選出は、民主党からすれば、最高の流れ
だった、と思います。
下がり続けた支持率もこれで上昇するのではないでしょうか。
野党の皆さんにとって、一番恐れていた事が起こた。
7:03 PM Jun 4th Keitai Webから

民主議員ってこんなのしか居ないのかww
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


このような「夢物語」を披瀝しる現在も、「現実」は刻々と最悪な状態に
向かっているを「認識」していれば、問題解決に「国際機関」の依頼を
すべきである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
将来的には東アジア共同体を構想していきます。中国とは戦略的互恵関係
を深めます。韓国とは未来志向のパートナーシップを構築します。日露関係
については、政治と経済を車の両輪として進めつつ、最大の懸案である北方
領土問題を解決して平和条約を締結すべく、精力的に取り組みます。
ASEAN諸国やインド等との連携は、これを、さらに充実させます。
今年開催されるAPECにおいては、議長として積極的な役割を果たします。
EPA・広域経済連携については、国内制度改革と一体的に推進していきます。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100611-00000556-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


何しろ、初期対策がおろそかであったから、こうまで拡大した「人災」の
意識を、「言論統制」では、やり込められないのは自明だろう。
以下に、「感染源」やら政府の「不作為」を上げ連ねたものを再掲載する。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
宮崎の牛1例目 口蹄疫と断定、感染経路を調査
宮崎県で家畜伝染病「口蹄疫(こうていえき)」に感染した疑いのある牛が相
次いで見つかった問題で、農林水産省は23日、最初に見つかった同県都農
(つの)町の畜産農家の牛が口蹄疫に感染していたと断定した。国内では20
00年以来、10年ぶりの感染確認となる。
同省によると、動物衛生研究所で遺伝子を調べたところ、ウイルスの血清型
がO型と判明したため、口蹄疫だと断定した。現在韓国で感染が広がってい
る口蹄疫もO型で、同省は感染ルートを詳しく調べている。

(2010年4月23日 読売新聞)
http://kyushu.yomiuri.co.jp/news-spe/20100519-313851/news/20100423-OYS1T00738.htm

「偏見にゅーす」 ある畜産農家の日記
http://blog.waioi.com/dnews/kiji/10887.html

公務員組合「全農林」
http://www.zennorin.jp/index.html

1 :はるさめ前線φ ★[]:2009/09/20(日) 15:29:03 ID:???
日本向け豚肉輸出を今月末から再開、9年ぶり

【ソウル20日聯合ニュース】農林水産食品部は20日、2000年に口蹄疫
(こうていえき)や豚インフルエンザなどの発生で中断された対日豚肉輸出
を今月末から9年ぶりに再開すると明らかにした。

輸出する製品は、豚インフルエンザ清浄化判定を受けた済州産豚肉と、
内陸地域の承認済み熱処理輸出作業場2カ所で生産された加工品。
それぞれ今月28日の来月中に船積される。同部関係者は、今回の輸出で、
韓国・欧州連合(EU)自由貿易協定(FTA)など対外市場開放で苦境にある
養豚産業の安定発展基盤が設けられると評した。

 政府は豚肉輸出5億ドルを早期に達成するため、2014年まで内陸地域の
豚インフルエンザ清浄地域化を目指すとともに、2015年までに1500トン規模の
熱処理加工施設22カ所を育成する計画だ。また、輸出に必要な行政手続と
輸出商談サービスを提供する輸出専門家委員会の運営、輸出戦略型技術を
開発する研究開発(R&D)の支援なども予定している。

聯合ニュース 2009/09/20 12:09 KST
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2009/09/20/0200000000AJP20090920000500882.HTML

「口蹄疫ウィルスの農産物および副産物における、生存期間と危険度分類」
http://www.s-tvc.co.jp/technical/kouteieki03.pdf

1 :可愛い奥様[sage]:2010/05/04(火) 19:51:20 ID:SKgqarrW0
「25行」でわかる現政府の「口蹄疫」感染対策

4月20日:宮崎県にて10年ぶりに口蹄疫感染が確認。農水省、日本産牛肉の
輸出を全面停止
政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部の設置
赤松大臣、宮崎選出の外山いつきから消毒液などが足らないことの報告を受ける
4月21日:政府からの指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬等は現地の組合
が用意したが、数が不足
4月22日:政府、副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」
4月23日:国産モッツァレラの「チーロ・エスポージト」の牧場で口蹄疫の感染を確認。
子牛を含む全ての水牛の殺処分が確定
4月25日:新たに4頭の感染が確認。殺処分の対象は1000頭を突破、過去100年間
で最多を記録
4月27日:東国原宮崎県知事、赤松広隆農水相や谷垣禎一自民党総裁に支援を
要請
4月28日:国内初の「豚」への口蹄疫感染疑いを確認
約70km離れた宮崎県えびの市からも感染が疑われる牛を確認。移動・搬出の
制限区域を鹿児島県の一部にも拡大
自民党口蹄疫対策本部長である谷垣自民党総裁、現場を視察
4月29日:農林水産副大臣が宮崎県に出張。ただし現場には入らず生産者への
面会もなし。27日の知事が上京した時にした話を再び聞く
4月30日:自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目にわたる対策要請の申し入れ
対応を予定していた鳩山由紀夫総理・赤松農水相は、当日になって予定を
ドタキャン 夕刻、赤松農水相、コロンビア・キューバへの外遊へ
民主仕分け組:口蹄疫の発生により被害を受けた畜産農家に融資を行う(社)
中央畜産会を仕分け
自民党口蹄疫対策本部、党本部で記者会見
「10年前の感染の際は、ただちに100億の予算が確保され、対策がなされた」
「ところが、この段階になっても、国から宮崎県には、一箱も消毒薬が支給さ
れていない」
「この状況で農水大臣が外遊するとは、自民政権時代からすれば前代未聞」
「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、
まったくの誤報」
5月1日 宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。家畜の殺処分は8000頭超へ
5月2日 宮崎県、1例目の農場から南に約8km離れた農場で15例目の感染確認
5月3日 宮崎県、感染例17例目確認 殺処分9000頭突破

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

読売新聞の四月二十三日づけの記事にあるように、「感染源特定」が、
いつの間に「うやむや」になって二ヶ月である。
「政権交代」が吉でなく、凶であったは、この事例が示している。
これで「大規模災害」が突如として起これば、更なる「不作為」が起こらないとも
限らない。
「私を信頼して」という、言わなければならない言葉の空虚さに気付くべきで
あり、もう「民主党政権」は、国民を守らないが立証されてしまった。
「目を覚ますべき」時ではないのか・・・。




狂牛病と口蹄疫 (時事叢書 世界の食料・農業問題)
農林統計協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



ポケット図解 ウイルスと微生物がよーくわかる本
秀和システム
夏 緑

ユーザレビュー:
簡潔に面白い、バイオ ...
生化学を学ぶ人にとり ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
失政のツケ「感染拡大」 赤松口蹄疫終息セズ バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる