バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 首の挿げ替えでも、露呈するいい加減体質

<<   作成日時 : 2010/07/01 12:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

首を挿げ替えて、さすれば脅威の支持率回復率を「世論操作」で応援して貰って
なんとか船出したものの、党首の「争点ぼかし」だったはずのものが、党の体質を
赤裸々に白昼、披瀝されてしまって、さあ、たいへん・・・。

画像


嘘と幻想の「マニフェスト」は、この際なかったことにして、野党の堂々とした「増税」
に乗っかり、さて支持率も安定と思いきや、内部からも異論続出すれば、慌てて
「言い訳」大臣の通名どおりの「後先考えない発言」でまたまた国民の顰蹙を買い・・・。
それでも心優しいマスコミは、なんとしても「ブーメラン政権」を瓦解させない側面援護
に余念がないと・・・。どこの国のほうどうきかんなのやら・・・。
-------------------------------------------------------------
<毎日新聞世論調査>参院選後の連立「民主単独政権」30%
6月28日21時30分配信 毎日新聞

毎日新聞が27、28日実施した全国世論調査では、参院選(7月11日投
開票)後に民主党がどの政党と連立を組むのが望ましいと思うかを質問した。
「民主党の単独政権」との回答が30%で最も多く、次いで「みんなの党との
連立」が12%で「自民党との大連立」の11%をわずかに上回った。選挙戦
では与党が過半数を維持できるかが焦点となっており、民主党の枝野幸男
幹事長がみんなの党に秋波を送るなど、与党が過半数割れした場合の「連
立組み替え」を意識した与野党の駆け引きも激しくなってきた。
連立組み替えを示唆する発言は27、28日、民主党から相次いだ。菅直人
首相が訪問先のカナダ・トロントで記者団に「(過半数割れした場合は)他党
ともいろんな形で話し合いをすることが必要になる」と語ったのに続き、枝野
氏がBS11の番組収録で「行政刷新ではみんなの党、財政健全化ではたち
あがれ日本、労働では社民党と考えは近い」と述べた。
枝野氏はさらに記者団の前でみんなの党を名指しし「政策的な判断として一
緒にやってもらえると思う」とまで踏み込んだ。仙谷由人官房長官も記者会見
で「選挙を抜きにして、みんなの党とは公務員制度改革や行政改革で共通す
る部分が少なくない。一緒に取り組めるという感覚を枝野幹事長が持つのは
無理からぬところ」と同調してみせた。
これに対しみんなの党の渡辺喜美代表は28日、水戸市の街頭演説で「バカ
も休み休み言え。みんなの党と組みたいなら、まず官公労と手を切ってから
顔を洗って出直せ」と強く反発。「みんなの党の票引っぱがし作戦。悪質な選
挙妨害だ」と記者団に怒りをぶちまけた。民主党批判を強めることで「反民
主」票の取り込みを図るのが野党側の基本戦術。公明党の山口那津男代表
も「迷惑な話だ。あらゆるところに声をかけて、政権の構図までバラマキを始
めた。節操がない」と批判した。
ただ、世論調査では「与党が過半数を維持した方がいい」との回答が52%を
占め「過半数を割った方がいい」の40%を上回った。政治の安定を望む声も
少なくない。民主党支持層では43%が単独政権を望む一方、16%がみんな
の党との連立と回答し、現在の国民新党との連立維持は14%にとどまった。
みんなの党支持層では51%が同党と民主党の連立が望ましいと回答。「民・
みん」連立への期待は双方の支持層にある。
与党を過半数割れに追い込み「第三極」としてキャスチングボートを握るシナ
リオを描いてきたのがみんなの党などの新党勢力だ。新党改革の舛添要一
代表は民主党との連携について「選挙が終わってからの話だ」と含みを残した。
【野原大輔、影山哲也、鈴木敬子】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100628-00000087-mai-pol

画像


お疲れ?菅首相言い間違え連発「G7」「イ・ミョンビャク」

・菅直人首相は27日夕(日本時間28日朝)、カナダでの一連の外交日程を総
括する 記者会見で言い間違いを連発し、慣れない外交とあって疲れをうかが
わせた。
「G7の議論」などと主要国の略称である「G8」を数回「G7」と発言。
インドやインドネシアとの首脳会談に触れる中で「エマージング・カントリー(新興
国)」と言うべきところを「エマージェンシー・カンパニー」と間違えた。
また、口が回らないのか、韓国の李明博大統領の名前を「イ・ミョンビャク」、ロシ
アのメドベージェフ大統領を「メドメージェフ」と発言した。
 http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20100628030.html

画像


民主党が参院選で訴える政策を解説するために配布している法定ビラ2種類
のうち最新のビラから「消費税」の文言が削られていることが分かった。
党内でも菅直人首相の消費税増税発言に反発が出ており、配慮したとみられる。
22日発行の法定ビラ1号には「消費税を含む税制の抜本改革に関する協議を
超党派で開始」と明記されていた。
しかし、26日発行の法定ビラ2号では「意志ある財政こそが、経済や社会保障
に好循環を生み出す」と抽象的な表現に変わっていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100629-00000007-mai-pol

画像



民主マニフェスト問答集 「これでは言い訳集」大半が弁明、おわびも
2010.7.1 01:05

民主党が配布していることが30日分かった想定問答集「参院選マニフェストQ&A」。
子ども手当の減額など衆院選マニフェストからの修正への“弁明”に大部分が費や
された。「おわび」を明言した個所もあり、マニフェスト修正への理解に躍起になって
いる姿が浮かび上がる。識者は「これでは言い訳集だ。反省してほしい」と批判している。
「現時点では現金2万6000円の『子ども手当』支給にはこだわるべきではないと考え
ている。これは09マニフェストの大きな修正であり、国民に対して率直に説明し、おわ
びをしなければならない」
想定問答集では、衆院選マニフェストで2万6千円を打ち出した子ども手当についての
批判への回答例として、「おわび」の文言を明記した。
修正への説明はあらゆる面でみられ、衆院選で打ち出したガソリン税などの暫定税率
については、「ガソリン価格の状況、温暖化対策との関係、財政状況などを踏まえ、実
質的に暫定税率の水準を維持することにした」と廃止見送りの理由を列挙。「マニフェ
ストの修正であり、国民に対して丁寧に説明するとともに、理解を求める努力を行って
いく」と修正を明言した。
農家への戸別所得補償についても「23年度からの完全実施」をうたった衆院選に比
べ、参院選は「段階的に他の品物に拡大」と後退。「この点も修正にあたる」と認めた。
問題になった普天間基地移設問題についての回答は「沖縄の負担軽減に尽力する
覚悟。沖縄県を始め地元の方々に誠心誠意説明し、理解を求める」と抽象的な描写
に終始。
衆院選マニフェストで示した政策の工程表と財源表を参院選で示していない点は、
「直近の重点政策について詳細に記載をし」「『実現できたこと』『まだ実現できていな
いこと』を客観的に記載したから」とした。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100701/stt1007010108000-n1.htm
--------------------------------------------------------------------
選挙に付き物の「政策論議」は、こういった「言い訳」集の「その場だけの謝罪」で
何とか取り繕うと、姑息過ぎる手段を選ぶ。
この体質が「政権後退」を推し進めてくれ、サッカー以外では信用も沈没へ向かう
原動力となって、そして何より「謝りつつ」も、確固たる意志を貫く政策もお持ちだが、
それは「隠したまま」押し通し、選挙後国民の「聞いてないようコール」を無視して・・・。

画像


堂々、参議院候補者も「公約」など守る訳けないと表明してるような、言い回しで
しかして「公約」でないものは、堂々政策立案して行く壮絶な脳内妄想を披露して
選挙区の有権者は、一体どう思うのだろうか・・・。

-------------------------------------------------------------------
千葉法相 夫婦別姓など「公約外でも成立」
6月30日7時56分配信 産経新聞

千葉景子法相は29日の記者会見で、選択的夫婦別姓を可能にする民法改正案
と人権侵害救済機関設置法案(旧人権擁護法案)が民主党の参院選マニフェスト
(政権公約)に記載されていないことについて「マニフェストに載っていない、あるい
はテーマになっていないことが特段問題になることはない」と述べ、参院選後も引
き続き法案成立を目指す考えを示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000050-san-pol
------------------------------------------------------------------

マニフェストは「謝罪」でお茶を濁し、「公約」外は選挙を過ぎれば、堂々政策に反映
って、これ日本の政党の「やり方」?と、疑問に思う人は、私一人ではないだろう。

画像


いくら支持母体があろうと、国益を毀損しそうな政策って・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
首の挿げ替えでも、露呈するいい加減体質 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる