バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「情報公開」という詭弁がどこかに消し飛んだ「へたれ政権」

<<   作成日時 : 2010/10/01 10:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

中共中国の「尖閣諸島」の問題が、図らずも耳に聞こえのいい「情報公開」
の詭弁を晒してくれて、隠避にまい進する「ヘタレ政権」は、統治能力のなさ
を国民に露呈して、その上「恥の上塗り」に躍起では・・・。

画像


政権の中枢を担う人物の「今更ながらの反省」には、その背後に「責任」の
二文字はなく、単に「言葉遊び」に終始して、自分の「矜持」のなさを露呈して
恥じぬ姿勢には、流石に「ヘルメット」に象徴される「あまったれな運動中毒者」
の陥る幻想が、脳内を占めていたようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
★仙谷長官「習熟足りぬ」発言が波紋

尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を巡り、仙谷官房長官が29日になって
当初段階で中国側の対応を見誤っていたことを認め、野党が国会で追及
する構えを強めている。

画像


仙谷氏は記者会見で、中国漁船の船長を除く乗組員14人を13日に帰国
させた際、状況が好転するとの見通しを示していた背景を説明。「外交ルー
トを通じてそういう情報が入っていた。『中国も理解してくれるだろう』と判断
していたが、(日中間の)司法過程についての理解がここまで異なるというこ
とを我々が習熟すべきだった」と語った。
仙谷氏の発言について、前原外相は29日の読売新聞などとのインタビュー
で、「長官の個人的な考え」とし、「14人から事情聴取するのは当然で、終わ
れば帰すのも当然だった。決して状況が好転するから帰したとは考えていな
い」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000242-yom-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
そして「情報公開」の詭弁は、政権を盗ればなきものとしているでは、情報統制
国家への道を歩んでいるようである。

画像


以下のような「亡くなった人」の損失のでかさも、マスコミによって「狂騒」させられ
た国民の「幻想」の結果ではなかったか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

昨年10月3日に56歳で急逝した自民党の中川昭一元財務相の一周忌を
前に28日、都内のホテルで「偲(しの)ぶ会」が営まれた。
政財界関係者ら約千人が参列し、中川氏の遺影が掲げられた祭壇に献花、
中川氏の遺徳を偲んだ。
自民党の谷垣禎一総裁は「中川さんが亡くなる直前に言っていた『日本が危
ない』という状況がまさに現実になっている。
残された人間は中川さんの危機感を無にしてはいけない」とあいさつした。
麻生太郎元首相は、中川氏が東シナ海のガス田開発問題に熱心に取り組ん
だことを念頭に、沖縄・尖閣諸島周辺での中国漁船衝突事件について
「中川昭一がいたら『日本を売るような話はやめてもらいたい』と大きな声で言
っただろう」と語った。

ソース 産経新聞 「中川さんの危機感、無にしてはいけない」
谷垣氏 中川昭一氏を偲ぶ会
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100928/stt1009282136014-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


そして「国内法」に触れたとする「廃棄科学兵器処理事業」の見積もりのための
見学者は、単なる「カード」とされているようで・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国政府が、中堅ゼネコン「フジタ」社員4人のうち3人を解放したのは、中国
漁船衝突事件で日中間に生じた亀裂を、これ以上拡大するのは戦略的に不
利と判断した結果とみられる。中国は今後、国内世論の動向を見極め、残る
1人も解放、関係修復に動く見通しだが、両国民間の感情対立は深刻で、日
中両政府の打つ手は限られ、短期間の修復は困難と外交筋はみている。
フジタ社員が軍事管理区に立ち入ったとされることは違法行為であり、漁船衝
突事件とは無関係のはずだった。しかし日本側への通告が、温家宝首相が追
加措置の可能性に言明、勾留中の船長の即時釈放を迫った直後だったため、
日本側は関連性ありと判断、船長釈放に踏み切る要因になったとされる。
中国政府に近い筋によると、温首相の発言は、日本が船長の勾留を続け立件
した場合、日中は敵対的関係になるとの「悲痛な危機感」からだった。
胡錦濤政権が推進してきた戦略的互恵関係が破(は)綻(たん)するとの危機
感である。
中国では近年、ネット世論が政府への影響力を強めている。漁船衝突事件後、
中国政府が、ネットの反日強硬論と相乗し、民間交流や経済関係にも影響が
及ぶ対抗措置を相次いで打ち出した理由の一つだ。
しかし日中は相互補完、相互依存の関係にあり、例えば日本ツアーの自粛で
打撃を受けるのは、日本だけではない。
中国の旅行業界は、ツアー中止により、キャンセル料を含め打撃を受け、顧
客の苦情殺到に音を上げているという。
日本側が船長を釈放した後、中国政府は事態収拾への動きを始め、フジタ
社員の解放もその一環だった。軍事管理区立ち入り事件では通例の国外退
去処分にしなかったのは、中国政府の政治判断とみてよい。
中国が関係修復に動いたのは、今回の事件への対応が、日本の反中世論
に火をつけた上、国際社会で中国脅威論が再燃し、「平和と発展」戦略の看
板に傷がついたこともあった。中国筋によると、政府部内では事態への対応
策をめぐり討議が続いているという。

ソース(MSN産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100930/plc1009302158035-n1.htm

2010/09/24
・中国メディアは「旧日本軍の遺棄化学兵器の処理事業の下見のため」には
触れず。

09/01/24←注目。
「旧日本軍の遺棄化学兵器の処理事業」凍結の理由

不透明な遺棄化学兵器問題。
・大戦終了後、旧日本軍はポツダム宣言に従ってソ連と蒋介石政権に引き渡
し帰還した。
・従ってその後の処理責任は中国ソ連側にある。
・遺棄処理された兵器には非化学兵器や、日本以外のロシア軍の兵器も含ま
れている。
・遺棄された場所や量、事業予算について確認もないまま事業に着手した。
・当初700億円と見積もられていた予算は数兆円になりかねないと危惧されて
いた。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
特使だとかの「使い走り」が、この事業の「延期ないし凍結」を申し出れば、「ピン
ハネ」に勤しむ人々にとっては、「取らぬ狸の皮算用」となって来て、慌てて解放
し、履行を約束させたのだろう。

画像


そして「問題」に便乗する似非右翼と評する団体が、みすぼらしい主張を報道
に載せて貰いたくて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
29日午後4時ごろ、福岡市中央区の福岡市役所前の路上で、中国人観光客
らを乗せた観光バスの周辺に右翼団体の街宣車十数台が集まり、約20分間
にわたりバスが足止めされる騒ぎがあった。街宣車から降りた十数人の男らが、
バスをけったり、たたいたりして、「降りてこい」などと叫んだという。警察官が現
場にかけつけ、バスは無事出発し、けが人はなかった。
市などによると、現場には福岡市中心部で買い物などをした外国人観光客が集
合し、バスに分乗してクルーズ船の待つ博多港に帰るところだった。ツアーには
約1300人が参加しており、大半が中国人客だったという。
街宣車はバスの進行を防ぐ形で次々と停車し、拡声機で「尖閣諸島は日本の領
土だ」などと叫んだ。
さらに、男たちがバスに近づき、罵声(ばせい)を浴びせるなどしたという。
福岡県警によると、この日は1972年に日中が国交正常化した日にあたり、九州
各県の約50の右翼団体から約160人、街宣車約60台が中国総領事館がある
福岡市内に集結。尖閣諸島の衝突事件に対する中国の対応を批判していたという。
一部が市役所前を通過した際、中国人観光客とトラブルになったという。
友人3人と初めて日本を訪れた上海工程技術大の周晨さん(22)は、街宣車を横
目で見ながら、「私たちは単なる旅行者。悪意は何もない」と困惑した様子だった。

ソース 朝日新聞
http://www.asahi.com/national/update/0929/SEB201009290013.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
報道とのコラボで、「右翼」は危険を周知徹底させる。
その主張が愛国心の「模倣」だから、真に主張するものまで貶す結果を期待して
「領土問題」でも、「竹島」では沈黙してしまうその姿が、すべてを物語っている。

画像


http://www.geocities.jp/uyoku33/
「右翼の正体」

情報工作が横行し、マスコミも「印象操作」に勤しむと、まさに「正しい情報公開」
が急務の日本には、今の政権ではその「正確な情報」は期待するだけ無駄であろ
う。結果的に「自己責任」で情報を各自で吟味するしか方策がないのは、開かれた
政府の開かれない議員の矜持のなさが国民の不幸であろう。


東アジア「反日」トライアングル (文春新書)
文藝春秋
古田 博司

ユーザレビュー:
不当な要求には断固N ...
イスラエル・パレスチ ...
「反日」は止まらない ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東アジア「反日」トライアングル (文春新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



覇権の終焉 (Voice select)
PHP研究所
中西 輝政

ユーザレビュー:
覇権は終焉しているの ...
学者先生の論文 読み ...
鍵は歴史の中にある「 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 覇権の終焉 (Voice select) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「情報公開」という詭弁がどこかに消し飛んだ「へたれ政権」 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる