バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「沈没」するほど後退していく「政権与党の主張」

<<   作成日時 : 2010/10/22 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「政治主導」とかの言葉と裏腹な「官僚頼み」の答弁に終始しながら「国会
法改正案」を断念するとかの「お笑い」に、以下の変化は的を射て・・・。

画像


「ブーメラン政党」とはよく言ったもので、まさしくすべて自分達の主張の裏へ
真っ直ぐに進んでいく政策に、国民も口あんぐり・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党、官僚答弁禁止を断念 国会法改正案は廃案へ
産経新聞 10月21日(木)18時24分配信

民主党は21日、小沢一郎元代表が主導した国会改革の一環として進めて
きた内閣法制局長官を含む官僚答弁の禁止を断念する方針を固めた。
内閣法制局長官の答弁禁止は、衆院で継続審議になっている国会法改正
案に盛り込まれているが、自民党など野党が反発しており、衆参ねじれ国会
での成立は困難と判断した。国会法改正案は廃案になる見通しで、政策面
での「脱小沢」の象徴といえそうだ。
民主党は、国会法を補完する衆参両院規則も改正し、官僚答弁を認める政
府参考人制度を廃止する方針だったが、国会法改正の断念に伴って、両院
規則の改正も行わない。
官僚答弁禁止は、民主党政権の「政治主導」の柱として、小沢氏が実現にこ
だわっていた。しかし、自民、公明両党は「国会論議には専門家の官僚の知
識も必要だ」「国会の議論を制約することになる」などと批判的で、共産党も
「官僚答弁を禁止すれば官僚の不正を追及できない」として反対していた。
国会法改正案には、副大臣と政務官の増員の規定も盛り込まれていた。
民主党はこれについては実現を急いでおり、増員規定は国家戦略室の「局」
への格上げを柱とする政治主導確立法案に加える方針だ。
副大臣、政務官の増員規定を政治主導確立法案に移すことは、公明党が主
張してきたアイデアで、民主党が公明党に歩み寄った形だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101021-00000592-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「国民の生活が第一」の前には、「日本をあきらめない」という意味不明とも
とれる標語には、今となっては・・・。

画像


そして批判のそれも「ズレ」る姿勢では、いかんともしがたい・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自民党の三原じゅん子参院議員が21日の参院厚生労働委員会で、子宮頸
がんにかかって子宮を摘出した経験に触れ、「女性にとって最も大切な、子
供を産むという機能を失ってしまった」と述べた。
与党委員は「女性は子供を産むためにあるような表現で不適切だ」と批判。
与党理事は近く三原氏に注意するよう野党理事に求める。
三原氏の事務所は「自分の体験に基づき、自分のことを述べただけ。
女性全般に対して言ったわけではなく、不適切とは思わない」と反論している。

http://mainichi.jp/select/today/news/20101022k0000m010025000c.html

画像




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
不適切な発言は政権政党の「お家芸」なのに・・・。
そんなだから、以下のような「揶揄される」

画像


もっともそれがあっているから、「揶揄」でなく・・・。
円高は更に進んで行き・・・。



民主党大不況(カタストロフィ)―ハイパー・インフレと大増税の到来
真正保守主義の会
中川 八洋

ユーザレビュー:
亡国の民主党政権、で ...
民主党を第2共産党と ...
日本人エリートに素直 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主党大不況(カタストロフィ)―ハイパー・インフレと大増税の到来 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「民主党不況」を生き抜く経済学
PHP研究所
森永 卓郎

ユーザレビュー:
今の経済状況が良くわ ...
読むに値しない駄本本 ...
被害者を騙るのは常に ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「民主党不況」を生き抜く経済学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「沈没」するほど後退していく「政権与党の主張」 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる