バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「友好」の怪しさを理解している若年層

<<   作成日時 : 2010/11/01 22:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「友好」という怪しい言葉に踊らされて「裏表」のありありな民族と親睦を図る
意図には、それなりに「美味しい思い」を受ける人にとっては素晴らしい言葉
となりそうだが、それ以外の人にとって「友好」に対する気持ちは・・・。

画像


特に「特亜」に対する「友好」ほど、言葉と雰囲気の乖離の甚だしいものはない
だろう。一方的な「配慮・譲歩」が友好な訳はなく、それは「弱腰外交」のそれで
ある。さすれば「友好」の言葉と実体があまりに「ズレ」ている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国船が衝突「はっきり確認」 尖閣ビデオ、国会議員に公開
産経新聞 11月1日(月)15時45分配信

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件の様子を海上保安庁が撮影したビデ
オ映像の視聴が1日午前、国会内で行われた。政府関係者を除くビデオの公
開は初めて。約30人の国会議員が視聴し、中国漁船が海保巡視船2隻に体
当たりする様子が映し出された。
ビデオ映像は、巡視船「よなくに」(1349トン)と「みずき」(197トン)が9月7日、
漁船「●晋漁(びんしんりょう)5179」(166トン)に衝突されたときに撮影した
映像を那覇地検が6分50秒に編集、10月27日に衆院に提出した。
議員の話を総合すると、午前10時15分から3分20秒間、●晋漁とよなくにの
様子が映し出された。●晋漁は当初、よなくにの左前方部で、エンジンを切った
まま網を巻き上げていた。よなくにが右側を通り過ぎるところで、エンジンをかけ
て左へ急旋回、よなくにの左舷後方に向けて突っ込んできた。その際、海保職
員らが「衝突してきた!」などと叫んだ。
続いて同56分から3分30秒間、●晋漁とみずきの様子に移り、みずきの右側
で並走していた●晋漁が急接近し、まもなくみずきの右舷へ衝突した。海保職員
は絶えず中国語で「停船せよ」などと呼びかけたが、●晋漁の甲板上の乗組員ら
は悠然と巡視船を眺め、★其雄(せんきゅう)船長とみられる男はたばこをくわえ
ていた。
船長が拘束されたときの様子はなかった。中井洽衆院予算委員長は視聴後、
記者団に「漁船が(巡視船に)ぶつかってきた様子がはっきり確認できた」と述べた。

●=間の日が虫

★=擔のつくり
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101101-00000116-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この問題も「真相」を明らか知るのは、両国間での「友好」にとっても、善悪を
はっきりさせることで、互いの「行き過ぎ」是正に有効となるし、自国民に対して
の「情報公開」の政府の人気度が上がるというものだが・・・。

画像


そして記憶にある「北京オリンピック、聖火リレー」の長野での混乱と中国人
の横暴からは、「友好」的雰囲気とは程遠いものであった。
さすれば、それを身近で見ていたもの、それも若年層にとっては「暴力的」中国
人の集団となって、「毛嫌いの対象」となるもので、以下のような指標は当たり前
で、それを「勘違い大人」が理解していないと、なりそうである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
無料で中国を訪問できる長野県須坂市の中学生中国訪問事業が、参加希
望者が少ないため中止になった。
希望者の定員割れが原因の中止は2回目。市が中学生対象に行ったアン
ケートでは、「行きたくない」などと中国訪問に消極的な回答が88%に上り、
市は「隣国への理解が足りないようだ。今後も訪問事業は続けたい」としている。
市教委学校教育課によると、友好都市の吉林省四平市を訪問して交流する同
事業は、1993年から2004年までは毎年、以降は隔年で行っている。
今年は7月29日〜8月4日の日程で、12人の中学生を4月から募集した。
保護者同伴で生徒は無料とする条件だったが、5月末までの正式申し込みは
1人だけ。中学生の訪問事業は2006年も応募者が少なく中止となり、08年は
四川大地震や中国製冷凍ギョーザ中毒事件の影響で急きょ取りやめており、今
回で3回連続の中止となった。
希望者が少ない原因を探るため、市教委は、中学生100人にアンケートを実施。
「四平市に行ってみたいと思わない」「行きたくない」と答えた生徒の割合は88%
に上り、理由を複数回答で聞いたところ、「時間がない」(26・4%)、「中国に関心
がない」(25・0%)などが目立った。
「中国が嫌い」「どちらかというと嫌い」と答えた生徒の割合は66%。理由は「偽物
を作るから」の41・4%が最多で、「治安が悪そう」「清潔感がなさそう」がともに1
8・9%だった。

画像


同課は「父母の休みが取れないとの意見もあった。次は、生徒だけで参加できる
ようにするなど、改善したい」とし、三木正夫市長は「中学生は昔のイメージを引き
ずっている。よく知ってもらうことが大事」と話している。

読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101101-OYT1T00004.htm?from=area5
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
イメージ゙を引きずった大人が、情報に明るい「若年層」に無理強いをして「友好」を
演出していては、参加人員は「友好」と裏腹な「いやな思い」だけでの印象になって
しまうだろう。
第一、若年層に対して世界への視野を広めるなら、もっと素晴らしい国はあまたある
ものであり、自分達の「面子」に拘るものではないだろう。
若年層の将来に寄与する「経験」を与える事業に、変なこだわりはいらないし拘るなら
若年層のプラスになるものに対して拘るのが本来であろう。

画像


過去の「文化大革命」なるまやかしの「粛清」という虐殺に拘るものが政権中枢にいる
から、国民は政権政党の限界を思い知るのである。




中国に夢を紡いだ日々―さらば「日中友好」
論創社
長島 陽子

ユーザレビュー:
日本人の典型的パター ...
中国を知るために読ん ...
同じ思いのかたが多い ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 中国に夢を紡いだ日々―さらば「日中友好」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



「日中友好」は日本を滅ぼす! 歴史が教える「脱・中国」の法則
講談社
石 平

ユーザレビュー:
メディアの嘘日本は、 ...
歴史的文明論に育つ可 ...
歴史に学ぼう!本書は ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 「日中友好」は日本を滅ぼす! 歴史が教える「脱・中国」の法則 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「友好」の怪しさを理解している若年層 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる