バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 政権交代の唯一の実績、「失言」しても居座り続ける「厚顔無恥」

<<   作成日時 : 2010/11/18 21:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

人は「時として不意に本音」を漏らしてしまう。そしてその言葉にその人の
性格が滲み、聞いている人は以後のその人のことを信用することはない。
大概それを「失言」というが、政治要職にあるものは「言葉」がすべてであり
その発する「言葉」に全責任を持つのが、「議員の矜持」であるだろう・・・。
誰一人辞めてない政党とは、日本の心を持つものはいるのか?。

画像


天下の名言、「何しろ、初めての経験なもので・・・」とのたまった「自然災害」時
における総理大臣だった者の所属していた政党、社会党の発言だが、流石、そ
こから漂って「民主党」にそろりと入り込んだ権力者もまた、その本音が「批判の
渦中」に飛び出して・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「非常に残念」「むなしい」「暴力装置」発言 で自衛官から失望の声
産経新聞 11月18日(木)18時41分配信

仙谷由人官房長官が18日の参院予算委員会で、自衛隊について「暴力装置」
などと述べた後に撤回した問題で、国防の第一線に立つ現役の自衛官からは、
怒りや不快感、失望の声が挙がった。
陸海空の自衛官の最高位に就く折木(おりき)良一統合幕僚長はこの日の会見
で、「国会の議論は整斉(せいせい)とやっていただいていると思うが、われわれ
としてはやることをきちんとやっていくということ」と述べ、任務に徹する考えを示した。
一方、30代の男性航空自衛官は「官房長官たる人がいくら撤回したとはいえ思
想の中で『暴力装置』だと思っていることが非常に残念。(謝罪をして『実力組織』
と)言い換えても思っていることに変わりない」と怒りをあらわにした。
50代の男性陸上自衛官は「本音の部分ではいろいろと思うところはあるが、制服
組なので政治的発言は控えたい」と前置きした上で、「国会で答弁が行われている
間も、われわれは山の中に入ったりして訓練をしている。それは何のためかといえ
ば国の平和と安全を守るためだ。命を賭(と)して国を守っている自衛隊員への発
言として、いい気持ちはしない」と切り捨てた。
陸自に所属する30代の男性自衛官も「『暴力装置』とはマイナスイメージの言葉で、
社会悪のようなイメージ。まるで自衛隊は存在してはだめだと言いたげだった。お
そらく自身の経歴からにじみ出た軍隊観だと思うが、一国の官房長官にここまで毛
嫌いされているのかと思うと、悲しいし、むなしい」と肩を落とした。
また、ある自衛隊幹部は「官房長官は『実力組織』と言い換えているし、言葉の問題
だけに目を向けるのではなく、冷静に受け止めるべきだ」と一歩引いた見方を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101118-00000620-san-pol

画像

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この政権の「失言」には、責任は伴わない「戯言」しかなく、そこに政治家としての
政党としての「限界」があるようである。
「いざ鎌倉」という緊急時、この「自分に甘い政党」では、「阪神淡路大震災」の二
の前である。



自衛隊は「暴力装置」 横暴な官房長官の言動の方が「横暴」で「独善」はないのか。

画像




国会答弁も「厚顔無恥」には、それで良しとする「無神経」なリーダー

平時から「寝ている」頭では、いざという時は「気絶」してしまうか。

画像


現場が「気概を持って働ける」意識の共有が、政権の「運営」の根本
でなくなったら、「国民の信頼は皆無」になる。




「阪神淡路大震災、自衛隊に感謝する被災者」

被災者と同じテントで生活し、懸命に復興に汗を流す現場と、上の「社会党
総理」の言動には、国民への意識が如実に現れている。
こんな政権に、何時までも任せていては、いざという時不幸を招いてしまう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
政権交代の唯一の実績、「失言」しても居座り続ける「厚顔無恥」 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる