バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 生活保護という「税金の搾取」をする者は・・・。

<<   作成日時 : 2011/02/13 00:32   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

クローズアップしている「税金で暮らす人々」の素行の悪さ、相互扶助の
名の下に「ぬくぬくと勤労意欲を殺ぐ」報道を見るに付け・・・。

画像


相互扶助とは言い難い人々の不正受給に対して、「公務員」の弱腰が
以下のような「悪を蔓延らせる」のであろうが、まさに必要としている人に
扶助されずでは「国民の生活は二の次」の今の政権と似てしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
滋賀県栗東市の暴力団組員が市から生活保護費を不正に受給していたと
して、県警が詐欺容疑で立件する方針を固めたにもかかわらず、市側が被
害届を出さない方針であることが9日、分かった。支給総額は約400万円
に上るが、市は「暴力団組員だからといって不正とはいえない」などとして組
員に返還も求めておらず、市の姿勢が問われそうだ。
市や捜査関係者によると、不正受給の疑いが持たれているのは指定暴力
団会津小鉄会系組織の60代の幹部組員。平成21年2月に生活保護を申請、
3月から22年9月まで受給していた。
組員は以前、別の会津小鉄会系の組織に所属していたが一時脱退。
21年5月に現在の組織に加入した。県警は22年4月に組員を別の恐喝容疑
で逮捕。捜査の過程で生活保護を受給していることを把握、7月に市に連絡した。
暴力団組員の生活保護受給については、厚生労働省は18年に、暴力団の
資金源となる可能性があるとして、原則、申請を受け付けないとする適用基準
を各自治体に通知している。
市は、組員に事情を聴いたところ、「暴力団組員は生活保護を受けられないと
を知っていた」などと説明。また、組員が求職活動を装う虚偽の書類を市に提
出していたことも判明、市は22年9月を最後に組員の生活保護費支給を停止
した。組員は現在、所在不明という。
県警は大津地検とも協議し、少なくとも虚偽書類の提出以降の受給額約140
万円分は詐欺罪に問えると判断。市に被害届を提出するよう求めたが、市は
応じなかった。詐欺罪は、通常は告訴や被害届を受けて立件される。
被害届を出さない理由について、栗東市の担当者は「市側は警察から通報を
受けるまで暴力団組員であるかを本人に確認しておらず、組員であることを隠
して不正に受給したとはいえないと判断した」と説明。そのうえで「行政としては
確実に不正か判断する必要がある。不正であると判断すれば(返還などにつ
いて)適切に対応する」としている。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110209/crm11020914180020-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110209/crm11020914180020-n2.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
喚き散らす体力がある人が「生活保護」を受給して・・・。

画像


身動きとれず「おにぎり、食べたい」と言い残して餓死する人は・・・。
日本人としての相互扶助もなく・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
住所を偽り、大阪府和泉市から生活保護費約270万円をだまし取ったとして、
府警捜査4課と和泉署は10日、詐欺容疑で、山口組系暴力団幹部、金子勲
容疑者(37)=大阪市中央区松屋町=と母親の山口美代子容疑者(67)=
和泉市肥子町=を逮捕した。2人は平成16年以降、和泉市から総額約1千
万円の生活保護費を受け取っており、府警は大半が不正受給だったとみて
調べる。
逮捕容疑は22年1月、金子容疑者が山口容疑者と和泉市内で同居すると偽
り、市役所に生活保護の受給変更を申請。同年2〜10月、引っ越し代や生活
扶助費など計268万円をだまし取ったとしている。
府警によると、山口容疑者は16年5月から、金子容疑者は20年12月から生
活保護を受給。
金子容疑者は21年8月から、大阪市中央区の家賃月額31万円のタワーマン
ションに居住していたが、2人は和泉市内のマンションに他の同居人らと住ん
でいるとうそをつき、月30万円以上の保護費を受給していたという。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110210/crm11021019150029-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
制度の欠陥でなく、その制度運用における「卑劣で姑息」な者たちの悪用に
立ち向かえぬ「行政の弱腰」が、今の有様なのであろう。
それは日本の全般に蔓延る「手前勝手な理論」を後押ししてしまうマスコミと
偽善を謳い文句にする人権博愛の行き過ぎた妄想、そこに悪知恵の「怠け者」
が絡めば、「働くことなく生活が出来る」日本人の矜持の・・・、いや人間の品格
欠落者が民族的血は争えぬとなってきているようで・・・。
それらが叫ぶ「生きる権利」には、どだい空虚な「恥知らず」が張り付いている。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ドクターZは知っている(現代ビジネス):円高は悪くない?―【私の論評】日本のマスコミの勉強不足はこれだけにとどまらない!!

ブログ名:「Funny Restaurant 犬とレストランとイタリア料理」
こんにちは。確かに生活保護に関しても問題ありです。本当に必要な人には、支給されず、必要もない人に手厚い保護が施されているなどというバカな例が後をたちません。ところで、現代ビジネスのコラムで「ドクターZは知っている」というコラムがありますが、最近、通貨当局が「実質実効為替レート」という数字を出し、勉強不足のマスコミがわけのわからぬ記事を書いていることを指摘し、当局の親切な解説と専門用語には、くれぐれもご用心と結んでいました。私も、これには同感です。しかし、マスコミの勉強不足はこれだけにすみません。少し考えただけでも、いくつものミスを犯しています。しかし、このミスを喜ぶのは誰かといえば、特に、財務・金融関連の高級官僚OBです。マスコミのこと、特に経済関係では信用してはなりません!!それに、経済記事に踊る馬鹿な総理大臣や、閣僚や、議員も!詳細は、是非私のブログを御覧になってください。
yutakarlson
2011/02/13 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
生活保護という「税金の搾取」をする者は・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる