バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 超迷惑な「汚染国」からの訪問者

<<   作成日時 : 2011/02/18 23:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

近づく記念日について、超迷惑な隣国の「超然的汚染」された土地の者達が
何のためらいもなく「抗議」のためにやって来るという・・・。
相当に「消毒」を施して、そして「伝染」の危惧のため「誓約書」でも取ってくれ
ないと、おいそれと「訪問」されても・・・。

画像


パフォーマンスしか「能のない」民族は、自国の超汚染に晒されているのに、
自粛とか「他人の迷惑」は眼中にないのだろうが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
独島守護連帯“‘竹島の日’日本抗議訪問”

「独島(トクト)守護全国連帯」が来る22日に日本で開かれる「竹島の日」記念
行事に抗議訪問する予定です。
独島守護全国連帯は「日本が独島を竹島という地名で自身の土地だと言い張
って、これを強固にする目的で『竹島の日』の行事を大々的に開いている」とし、
これを阻止すると明らかにしました。
独島守護連帯は来る22日に島根県民会館の前で糾弾大会を開いて、島根県
に抗議書簡を伝達する計画です。

キム・ヘジョン記者

ソース:KBS(韓国語) 入力時間2011.02.18 (15:57)最終修正2011.02.18 (16:26)

http://news.kbs.co.kr/society/2011/02/18/2244902.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
同じ「伝染病の流行」を体験した者であるなら、自粛的行動を取るのが「人類」
皆兄弟の精神なのだろうが・・・。
そんな危惧は、いや「迷惑」をかけることに関しては、全く斟酌しないのだろう。
単に「金のためのパフォーマンス」なのが、なんとなく伺えるものだ。

画像


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「口蹄疫は、人間や馬、犬、猫などに感染しないが、人間の靴や自動車のタイヤ
などに病原菌が残って、ウイルスを運ぶ可能性があり、移動制限を受けたり消
毒を課されたりします。
口蹄疫は家畜の伝染病の中では最も伝染力の強い疾病でもあり、感染動物か
らの体液、分泌物、糞便との接触だけでなく、病原体が付着した塵により空気
感染もするので、感染地域の周辺では厳重警戒がなされます。
空気感染では水疱が破裂した際に出たウイルスや糞便中のウイルスが塵と共
に風に乗るなどして、陸上では65km、海上では250km以上移動することもある
http://www.perkeno.com/kouteikei-keiro.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こういった「強力な伝染病」の大流行の上に、処置方法が以下のような「杜撰」
さであれば、自国政府の対応の拙さに「徹底抗議」で向かわなければ、自国の
農民の「苦しさ」をそっちのけで「パフォーマンス」では、呆れてしまうが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
口蹄疫が猛威をふるう韓国で、ずさんな殺処分が原因とみられる苦情が住
民から相次いでいる。
埋められた家畜の体液が土中にしみ出し、地下水や土壌を汚染しているの
が深刻とみられている。
全国で埋められた牛や豚は335万頭以上。韓国政府は、被害を食い止め
ようと必死だ。
韓国政府は15日、口蹄疫や鳥インフルエンザのために家畜を埋却した場
所が全国で4632カ所に上っており、2月末までに埋却地の点検を徹底す
る、と発表した。
韓国メディアは連日、「水に血が混じって変な味がする」「埋却地から鼻が
曲がるほどの異臭がする」といった周辺住民の声を大きく取り上げ、行政
の適切な対応を促す。
政界では野党も政府の無策ぶりを糾弾。民主党国会議員は、埋められた
全ての家畜の体液の総量を人口で割ると、国民1人あたり1.2リットルに
あたる量が予想されると警告した。
汚染の原因は様々挙げられているが、あまりの殺処分頭数の多さに家畜
を安楽死させる薬が底をついたことも指摘されている。
政府は中国から急きょ薬を輸入したものの成分が弱かったことなどから、
家畜を生きたまま埋却するケースが各地で相次いだという。
李万儀・環境相は11日に出演したラジオ番組で「家畜が完全に死んでい
ないまま埋めれば、二重に敷いたビニールシートもツメや口で破れる恐れ
がある」と語った。 (以下略)

朝日新聞
http://www.asahi.com/international/update/0217/TKY201102170413.html

画像


口蹄疫事態で党・政府・青瓦台(チョンワデ、大統領府)が超緊張状態だ。
青瓦台の対処レベルも最高水準に上がっている。

李明博(イ・ミョンバク)大統領は14日、首席秘書官会議で、「中央部処と
地方自治体が一致協力して、責任感を持って総合的かつ完ぺきな対策を出して
対処しなければならない」と強調した。「住民が不安を感じないように最善を
尽くしてほしい。大韓民国はこうした問題を解決できる力を十分に持つ国」という
言葉も述べた。
李大統領が「住民不安」 「十分な力を持つ国」という表現を使ったのは、
口蹄疫問題の深刻性を感じているためと、青瓦台の関係者は説明した。青瓦台の
関係者は「今回の問題をきちんと解決できなければ手の施しようがなくなるおそれも
ある」と危機意識を表した。
青瓦台は先週末、金大棋(キム・デギ)経済首席を団長とする口蹄疫タスク
フォース(TF)を設置した。農水産食品秘書官室を中心とした従来の対応体制では
足りないと判断したのだ。青瓦台の関係者は「農林水産食品部・環境部・行政安全部は
もちろん、国土海洋部までが口蹄疫問題に取り組むよう措置を取った」とし「青瓦台も
一日一回以上会議を開き、何を支援できるか考えている」と述べた。
政府は15日、口蹄疫中央災難安全対策本部で、約4000カ所の埋没地に対する
中・短期管理・モニタリングシステムを発表する。この席には農林水産食品部・行政
安全部・環境部の関係者が出席する。
青瓦台と政府は口蹄疫発生初期段階から対応策を用意したが、まだ口蹄疫を解決
できずにいる。最近では水質・土壌汚染など環境問題までが懸念される状況を迎えた。
青瓦台の関係者は「畜産問題、畜産農家の問題から今では私たち全員の問題になり、
各地域の民心も深刻だ」と口をそろえている。
ハンナラ党の判断も同じだ。先月開かれた政府・与党会議で、洪準杓(ホン・ジュン
ピョ)最高委員は「政権の無能までが国民に明らかになり、誰かが責任を取るべき
ではないのか」と述べた。8日には企画財政部の難色にもかかわらず、金武星(キム・
ムソン)院内代表が「口蹄疫総合対策に必要な財源を用意するため、必要なら追加で
補正予算を検討する」と話した。
民主党は口蹄疫国政調査を要求するなど大々的な攻勢に出ている。鄭範九(チョン・
ボムグ)議員は「全国的に牛・豚を含めて900万頭が埋められており、春になって
土が解ければ全国の土壌からにおいがするはず」とし「現在の口蹄疫事態は‘官災’だ。
李明博政権でのみ起こる大型災難だ」と主張した。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=137434&servcode=200§code=200

画像

「家屋や河川と隣接していない場所に埋め、鋸屑を十分に入れ、
排出口は適当に作れ」

「家畜伝染病予防法」を基盤に環境部が制定し、全国の畜産農家に配布した
「口蹄疫緊急行動指針」(09年10月制定)、「鳥インフルエンザ(AI)緊急行動
指針」(09年12月制定)に出てくる内容だ。
口蹄疫、AIの拡散など緊急事態時、畜産農家と自治体の公務員が徹底遵守
すべきマニュアルだが、具体的な内容は殆どない。
専門家によると、指針の随所に「十分に」と「適当に」が多く、一体どうしたらい
いか分からないという。口蹄疫の牛を埋める埋没地の随所で「2次環境災害」
が懸念される理由も、他ならぬ政府のずさんな「家畜埋没マニュアル」にあると
いう指摘が多い。
本記者が行動指針を分析した結果、埋没地選定項目は、「家屋、水源地、河
川と道路、集団居住地に隣接していない場所で、人と家畜の接近を制限でき
る場所」となっているのみだ。正確に何メートル離れた所、何平方メートル内外、
傾斜何度の平らな場所などについての内容は全くなかった。最近、河川の周
辺、山岸、排水路など埋め立てが不適切な場所での埋没行為が発生し、流失、
崩壊や浸出水の拡散など環境災害の可能性が大きくなっている。
埋没方法の項目の場合、「埋没の窪みは埋没数量を考慮し、死体を入れた後、
死体の上の部分から地表まで2メートル以上、底のビニールから土1メートル、
死体の高さ2メートル」だけが書かれており、何平方メートルに牛何頭、鶏何羽
など具体的な指針がないことが分かった。この他、「天幕やビニールで鋸屑を
『十分に』包装し固定」「排出口は、地面から『適当』な間隔で突出させ」など曖
昧な表現も多かった。しかし、農林水産食品部側は、「規定そのものは完璧だ」
という主張を崩していない。

ソース
http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2011021114788

画像


17日京畿道利川市と豚農場主たちの話を総合すれば、先月28日に豚2000頭余
りを埋めた利川市、戸法面、珠美里で4日後の去る1日、農場埋却地が裂け豚
の死体7〜8体が土地の表面に飛び出してきて、4日に埋め戻した。
だが、6日後の10日にこの埋却地から再び死体5〜6体が表面に露出し、利川
市防疫事後対策班が緊急出動し再度埋めた。

http://news.livedoor.com/article/detail/5351495/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自国政府の「不甲斐無さ」では、日本の政権も「同じく」なもので、国民の食に対
する「真摯な対策」は皆無であるなら、倒閣運動が活発でなけりゃオカシイだろう。

画像


もっとも日本の場合、伝播してきた国、発生源・汚染源の特定をさせないが為の
政府の行動であったは明白であったが・・・。

画像


そんなに大切にされたのに、恩をあだで返す・・・。
計り知れない「恩知らず」は、足元から「崩壊していく」のが見えてくる。
にしても、迷惑な行動パターンは、どんどん嫌ってしまう人を日本国内に
増やす役目を担っているのかも・・・。
そして「超流行の口蹄疫」は知らせなくとも、「抗議活動」を仔細に報道する
日本のマスコミだったら、汚染の類いは「口蹄疫」よりも深刻かも・・・。


竹島は日韓どちらのものか
文藝春秋
下條 正男

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 竹島は日韓どちらのものか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
超迷惑な「汚染国」からの訪問者 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる