バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 前代未聞「公民権停止」される閣僚・・・。

<<   作成日時 : 2011/03/04 17:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

国会中継も見ているものだ。
四人の閣僚が、なんともな「献金」にそして、完璧な「違法献金」を受ける
者が判明して、いくら「報道の自由」があるマスコミも「国民に伝える」を
無視することも出来ない?。

画像


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
前原外相、外国人から違法献金 政治資金規正法に抵触

前原誠司外相は4日午後の参院予算委員会で、京都市内に住む外国籍
の男性から献金を受けていたことを明らかにした。
自民党の西田昌司氏の指摘を認めた。政治資金規正法は外国人または
外国法人から政治的寄付を受けることを禁じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110304-00000563-san-pol



★「恥の意識」と無縁の政権 有権者をサル視か

米国の文化人類学者、ルース・ベネディクトは『菊と刀』で日本について
「恥の文化」と指摘し、欧米の「罪の文化」と対比した。その論の正否は
別として、恥の意識は日本人が言動を判断する大きな基準と言えるだろう。
恥を気にして失敗を恐れるとの意見もあるが、謙譲や潔さといった日本人
の美徳の背景に、恥の意識があるのはまちがいない。
国際連盟の元事務次長で、『武士道』の著者として世界中で知られる新渡
戸稲造が1900年に英語で同書を著したのは、ドイツ留学中にベルギーの
法学の大家、ド・ラヴレーに「日本には宗教教育がないというが、どうやって
子孫に道徳教育を授けるのか」と尋ねられたのがきっかけだった。
米国人の妻にも同様のことを聞かれた彼が行き着いたのが、幼少時から教
え込まれた武士道だった。身の処し方などその精神が、恥の意識に強く裏付
けられているのはいうまでもないだろう。
翻って、1年半前に多くの国民の熱狂的な支持を受けて誕生した民主党政権
はどうか。違法な“子ども手当”問題でシラを切り、政権運営は迷走、最近は
米海兵隊の「方便」発言で世間を呆(あき)れさせた前首相。自身の政治資金
規正法違反事件で国民の声とはかけ離れた理論を振りかざして党の混乱に
拍車をかける元代表。不祥事が発覚しても開き直って居座る閣僚や幹部も負
けていない。
現首相は目玉公約の子ども手当を「聞いたときはびっくりした」と宣(のたま)い、
“金科玉条”のように奉(たてまつ)っていたマニフェストをいとも簡単に見直して
政権にしがみつこうとする。支持率が20%を切り政権担当能力を失っても、職
を辞する潔さも解散に踏み切る胆力もない。上から下まで政権・党のどこを見
ても、恥の意識とは無縁だ。
考えてみれば、恥を恥と思わない、恥ずかしいと感じないことほど手に負えない
ものはない。
保守の論客だった故・会田雄次京大教授が第二次大戦での捕虜体験を綴った
『アーロン収容所』には、英国軍の女性兵士が捕虜の日本兵の前で恥ずかし気
もなく裸になって着替えや化粧をする様子が描かれている。彼女たちは負けた
日本兵や植民地の黄色人種をサル程度に考えており、裸を晒(さら)しても羞恥
(しゅうち)を感じないというわけだ。
そうしてみると、現状について恬(てん)として恥じることなく、居座りを決め込む
民主党政権の有り様は、有権者をサル程度にしか見ていないという証しなので
はないか。(編集局長 片山雅文)
(以上)

■ソース(産経新聞)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110304/plc11030414060009-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110304/plc11030414060009-n2.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^〜〜
恥の概念が欠落していようが、「税金で碌を食む」者達は、法を遵守する気概
位はあるだろう。
その法を犯してまで、しがみ付くでは・・・。

もっとも国会中継など、見ていない国民も多いだろうから、マスコミの「報道の自
由」とジャーナリストの矜持はさて・・・。
とても面白い展開になり、「信頼が揺らぐ」報道各社は、どこまで矜持を保てるか
それとも巷間言われる「乗っ取り」されて、日本の魂を売り飛ばしたか・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前代未聞「公民権停止」される閣僚・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる