バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「公僕」がすること・・・、劣化したまま「他人のせい」政権

<<   作成日時 : 2011/03/26 00:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

甚大な被害が広がる日本に、援助する国々の「好意」がほっと和ませる
報道のある中で、国内の「善意」も広がっている・・・。
しかるに「劣化一途」の政権と、支持母体は何をしている?。

画像


画像は「格差」を端的に一枚の写真に投影しているが、それくらいの国力の差の
ある国の「善意」は、そして一企業の英断は「政権」とそれの支持母体には響か
ないのだろうか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東日本大震災に対して世界各国からの支援が相次ぐ中、親日国モンゴル
(人口約270万人)の政府が全ての公務員を対象に給料1日分の募金を呼びか
ける異例の対応をとっている。これが一般国民や企業の自発的な募金運動に発
展し、すでに1億2500万円以上が集まった。モンゴルは24日に100万ドル
(約8100万円)の義援金を日本に送ったが、この募金を元に救援物資または
追加の義援金による支援を検討している。
在日モンゴル大使館は日本への募金活動について「日本はモンゴルが市場経
済に移行した1990年代、政府開発援助(ODA)で一番支援してくれた。国民み
んなが感謝している」と語っている。
一方、同胞が被災した日本でもさまざまな募金活動が進んでいるが、
日本政府が「公務員の給与を募金に」と呼びかける兆しは今のところない。

産経新聞 3月25日(金)22時9分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000669-san-pol

画像


ロート製薬は25日、東日本大震災で両親を亡くした震災孤児らを支援する
ため、「震災復興支援室」を新設した発表した。支援室の運営費は、吉野俊
昭社長ら取締役11人が報酬の一部を自主返上して工面する。
公募によって選んだロートの社員5〜7人を専任で支援室に配置する。
被災して身寄りをなくした子供の数は不明だが、生活や勉学支援が不可欠に
なったケースがあるみて、CSR(企業の社会的責任)の一環として体制を整えた。
具体的な支援計画は現状を把握したうえで検討する。当面、支援対象は、高校
生以下の孤児を想定している。
支援室の新設にあわせて、常勤9人、非常勤2人の計11人の取締役がそれぞ
れ4月から1年間、月例報酬の10%を返上することを申し合わせた。これにより
約4千万円の運営費を作る。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000598-san-bus_all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「好意」は、日本の公務員には「恥ずかしい」と映るのだろうか・・・。
そして一企業の「提案」は、どうだろう・・・。
物議を醸す雑誌表紙の「国旗」は苦悩する日本人とも取れる。
それも「公僕」と呼ばれる公務員のそれと想像すれば、動きの遅いそれらに
対する「侮辱」であってとも取れる。要するに瀕死の日本の行政は「国民を
守らない」、いやその方策も思いつかない・・・。

画像


それどころか「詐欺標語」で日本の責任を担ったはずの政党は、あくまで「自分の
判断」は出来ぬらしい・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
菅直人首相は25日の記者会見で、福島第1原発周辺の住民避難の範囲拡大
の可能性について「退避範囲は原発の状況、放射性物質の拡散予測、各地域
のモニタリングの数値を中心に、原子力安全委員会が分析、判断したもので、
専門家の判断を尊重した対応だ」と強調した。

産経新聞 3月25日(金)20時13分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110325-00000640-san-pol

東京電力の武藤栄副社長は25日午後5時すぎ,記者会見し,
東日本巨大地震発生直後に米国の支援申し出を断ったのではないかとの質問
に対し,「米軍の申し出を東電が断ったとは認識していない」と否定した.

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110325-OYT1T00761.htm?from=main1
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この下の報道の「マスコミ」の問いかけは、あまりの愚だろう。
他国の軍隊が「政府の意向」を無視して、他国に打診するはずもなく、そこは国の
政府間の「やり取り」だろう。
さすれば「断ったのは政府」で結論が出ている。
犯人探しの様相を見せても、一企業の申し出で「他国の軍隊」が動けるものではな
いのは、誰のにも分かる常識だと思うが・・・。

画像


こういった団体は、モンゴルの行為を真摯に受け止め、日本を背負って立つ
気概を見せ、自ら「二割の給与削減」を寄付にまわすくらいの矜持を見せろ。
まぁ、そんな意識が在れば「被災地に物資が届かない」なんてことは、こんなに
時間が掛からなかったろうが・・・。
政権の劣化に、支持母体の体たらく・・・。

      政権交代は悪夢である。それが鮮明になる報道群である。


           

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「公僕」がすること・・・、劣化したまま「他人のせい」政権 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる