バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「喉もと過ぎれば・・・」を実証する「かの国」

<<   作成日時 : 2011/04/06 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世の中には、自分が嫌われているを自覚出来ずにいる人がいるものだ。
そういう人に限って偽善の「行為」の認識もなく、「寄付」は「見返りがある
もの」と錯覚してしまう・・・。だから人は口に出さなくとも、心底そういう人を
「嫌らうものである」を理解出来ないのは、とっても哀れ、そんな民族も存在し・・・。

画像


どこまで行っても「精神構造」を理解出来ぬ。いや「恩をあだで返す」そういった
資質しかない民族というものを、この大災害は「きっちり日本人」に見せてくれる
ようで、それはそれで「同じアジア」の国々でも、まっさか民族性は違うをの対比
にはもってこいで、そんな民族は尊敬も浴びず「嫌われる」は自業自得ではと
思える・・・。まぁ、そんな国は「彼の国」しか存在しないが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
竹島抗議で震災募金を中止
韓国中部の忠清北道槐山郡は6日、日本の中学校教科書検定で合格した社会
科公民や地理の教科書に竹島が日本の領土として明記されたことに反発し、東
日本大震災の復興支援のための募金活動を中止したことを明らかにした。
郡職員らを対象にした募金で、全額を返還する方針。
同郡によると、募金では各部署や郡議会から約450万ウォン(約35万円)が集
まっていた。同郡の関係者は募金中止の理由について、日本の領土権侵害を
挙げた上で「韓日の友好関係を一気に冷ました日本の対応は、理解できない」
と批判している。(共同)

[2011年4月6日12時44分]
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20110406-757669.html

画像


【ソウル31日聯合ニュース】日本で東日本大震災が発生してから約1週間にわ
たり増え続けていた被災地への義援金が、21日以降は著しく減少したことが分
かった。28日までの募金額が19億5000万ウォン(約1億4600万円)に上る国際
非政府組織(NGO)ワールドビジョンの場合、15日から1日平均2億ウォンを超え
る募金が寄せられ、21日までの合計は16億3000万ウォンに達した。しかし、22
日は6800万ウォンと1日当たりの募金額が減り始め、23日は3700万ウォン、2
4日は1700万ウォン、25日は2200万ウォンにとどまった。
支援団体のうち最多となる213億4000万ウォンの募金が集まった大韓赤十字社
も、1日当たりの募金額が15〜17日は1日当たり25億〜34億ウォンだったが、2
1日以降は10億ウォン台後半に減少した。社会福祉共同募金会などほかの支援
団体も状況は似ている。
募金額が減ったのは、震災被災者に対する関心が時間とともに薄れている上、
日本政府が独島領有権を主張する内容を盛り込んだ歴史教科書を採択すると
のニュースが伝わったためとみられる。
大韓赤十字社関係者は、義援金の受け付け開始から最初の1週間と比較すると、
個人の寄付件数は大幅に減少し、今週に入ってからは日本に巨額を支援する
ことに抗議する電話も寄せられていると話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110331-00000006-yonh-kr



韓国による日本支援に、日本社会は謝意を示した。
韓国に感謝する日本の気持ちは本心だと信じる。
しかし、 だからといって、日本が教科書問題で譲歩すると期待したとすれば、
甘すぎる考えだ。
韓国と日本の社会の気質は、意外にも大きく異なる。韓国では「表と裏が異
なる」というのは致命的な悪口だ。しかし、日本は本音と建前を当然視する。
日本にとって 、韓国による災害支援と教科書問題は別なのだ。

http://www.chosunonline.com/news/20110331000036
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
一丁前のあちらのマスコミも、民族性の違いと言いたげであるが、残念ながら
民族性とかでなく「人間性の欠落」、いやそれが民族性か・・・。

画像


第二次戦前、同じような待遇にあった「台湾」は、人口比から言えば半分程度
だが、募金金額はアメリカをも上回る数字になって、上の国との民族性の違い
がそれこそ顕著である。
「たかり」体質は、心底人間の性根を腐らすようである。
苦しくとも「昔の恩」に報いるその人間性はまた「復興した暁」には、より友好の
絆は深まるものだろう。
「喧伝と捏造」のみで、これまで嘘八百の民族の特異性が日本国民に広く知れ
渡るのはいいことである。
そして日本のマスコミの「偏向」ぶりが、この台湾の「大いなる善意」を取り上げ
ないところに現れて、その中でもテレビ・メディアの情けなさは群を抜いている。
いくら「捏造人気」を煽ったところで、上のような気質を見せられれば「寒流」の
人々の「そんなに嫌いならなぜ日本に媚を売る」と誰でも疑問が上がるという
のに・・・。
台湾には「感謝」を、そしてタイにも「大いなる感謝」を・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【台湾からの支援概要】 2011年 3月 31日更新
1.人的支援
  ◎台湾各地の消防士からなる台湾救援隊(28名)の派遣(3月14〜19日)
15日、宮城県に入り、16〜17日、現地にて捜索活動、19日、離日。なお、救
援隊には駐日台北経済文化代表事務所職員1名、交流協会本部職員1名が同行。
  ◎その他、台湾NGOが被災地にて救援物資の提供等の活動している。

2.物的支援
総量約400トンの支援物資の提供(台湾外交部が官民より集荷した支援物資
を駐日台北経済文化代表事務所が順次被災地に送付)

(1)宮城県に対する供与
3月16日送付分:@発電機292台、A毛布50箱、B寝袋50箱、Cスリーピン
グマット5D保温ジャケット910箱、E防寒着 2000着
3月19日送付分:@毛布595箱、A寝袋441箱
3月25日送付分:@食品8.8トン

(2)福島県に対する供与
3月20日送付分:@カイロ150箱、A毛布80箱、B寝袋827箱、C防寒衣31
箱、D食品2トン E発電機20台、F石油ストーブ300台。

(3)岩手県に対する供与
3月23日送付分:@ 発電機:278台、A石油ストーブ600台、B食品5.7トン
3月25日送付分:@寝袋271箱、Aスリーピングマット186箱、Bセーター41
箱、Cマスク54箱D衣服70箱、Eジャケット214箱、Fオーバーコート155箱

※以上の他 約250トンを送付予定

画像


3.資金援助
(1)台湾当局からの資金援助
   3月12日、外交部、1億台湾ドルの資金供与を表明。

 (2)台湾官民の義捐金
(イ)交流協会在外事務所での義捐金受付
   3月21日より、交流協会台北・高雄事務所において義捐金を受付開始。
(ロ)台湾官民からの義捐金
外交部によると、外交部等の機関と民間団体を合わせた義捐金は、30日現
在、35億1,324万台湾ドル(≒98.8億円)。

http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/Top/6BE18444C925CE364925785C00299F24?OpenDocument

画像


東日本大震災の被災者に向けてタイ国民が義援金など多くの支援を提供して
くれたことに対し、バンコクの日本大使館は31日、地元英字紙ネーションなど
2紙に感謝を伝える半ページの広告を出した。
大使館の広報担当者によると、新聞社側の善意で広告費は無料だったという。
広告は、両国の国旗とともに、日本語やタイ語、英語で「日本国民への温かい
ご支援・ご声援ありがとうございます」と書かれている。4月1日以降も数社が
掲載する予定だが「どの社も広告料はいらないと言ってくれた。
タイ国民の寛大さに、さらにスペシャルサンクス(特別な感謝)です」と同広報
担当者。親日国のタイでは、3月27日にバンコクで被災者支援のチャリティ
ーマラソンが開催されたほか、有名歌手らも「涙を拭いて、歩き続けよう」「が
んばって」と、タイ語と日本語で歌う応援ソングでエールを送っている。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/110331/asi11033121000001-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

画像


これじゃ「妄想国家」の人々は、カルチャ・ショックで精神分裂を起こすわなぁ・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「喉もと過ぎれば・・・」を実証する「かの国」 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる