バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ああ哀れ日本国民」税金の「海外バラマキ」を重視する国会議員

<<   作成日時 : 2011/04/14 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「日本国最大の国難」であるはずの大震災からの「復旧・復興」には相当の
膨大な「費用」が掛かるだろう。
その時「税金の配分」に「イチャモン」をつける国会議員もいて、「絆」とかの
「みんなでがんばろう日本」のキャッチフレーズは「国民の生活が第一」の同
一の「幻想を夢見させる」まやかしか・・・。

画像


海外支援の援助資金も、この大震災の「ありよう」であれば、海外でも「義援金」
を募ってくれているをみれば、削減されたからといっても「無理にたかる」国も
そうそう存在するとは思えぬだが・・・。
そして「私営賭博場」は話題には上げずに、自販機のみの批判に「擁護」で反論
する大臣も、一部の利得者への「利益供与」に邁進しているとも取れる・・・。
まさに「国民の税金」を差配する者たちの「たちの悪さ」は与野党を超えて存在
しているようで・・・、知れば知る程「哀れな日本国民」となってきそうだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主、自民両党など超党派の有志議員が14日午前、国会内で会合を開き、
東日本大震災の復興に向けた平成23年度1次補正予算案の財源として検
討されている政府開発援助(ODA)の2割削減への反対で一致した。
同日中にも菅直人首相あてに再考を申し入れる。
会合は自民党の中村博彦参院議員が全国会議員に呼びかけ、同党と民主、
公明、みんな、たちあがれ日本、新党改革の各党から約20人の議員が参加。
中村氏は会合後、 「復興支援はやぶさかではないが、ODAが人道上、大切
なのは復興と同じだ。一銭たりとも削減できない」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000523-san-pol

画像



003 萬朶の櫻花 (2011/04/14(木) 12:44:36 ID:Ak2EnWKjN6)

中村博彦参議院議員(自由民主党)

・徳島県
・比例区
・日韓議員連盟
・外国人材交流推進議員連盟 事務局長

画像


蓮舫節電啓発担当相は13日の衆院内閣委員会で、東京都の石原慎太郎
知事が節電のため自動販売機の不使用を求めていることに言及し、「石原
氏がどういう思いで言ったのかは分からないが、節電と経済効果への支障
を最小限に抑える知恵は、同時進行で取り組むべきだ」と反論した。

画像


両氏は事業仕分けで廃止判定とされたスーパー堤防や、節電をめぐる花見
自粛論などで対立している。
石原氏は「軒並み自販機が並んでいるバカな国は、世界中にない。便利か
もしれないが自分の家で冷やせばよい」と自販機設置を強く批判している。
一方、蓮舫氏は内閣委で「清涼飲料業界は主要19社で4・5兆円の売り上
げがある。自販機での売り上げは1・9兆円で42%を占める。自販機をなく
すのか。そこで働いている人もいる」と、石原知事の批判に反論した。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110414-00000506-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
批判に対する「口げんか」だけは、それなりに言を立てても、私営賭博場
への批判には、「一部の利得者」という存在があり、また「恣意的返金率」
という「思うままのバクチ」に対する批判も含まれていて、公営ギャンブル
並みの「寺銭二割五部」後は「払い戻し」という公平性がないからを理解
していないのかも・・・、いや「献金」に弱い「しがらみ」が公僕としての矜持
を失わせてしまっている・・・。
みえて来る「この腐りきった一部の者の利益確保」に狂騒する国会議員群
「成りすまし」という悪魔の行状は、醜悪な性根を見せているようだ・・・。

そして以下のような「悲惨な状況」に追いやられてしまった日本国民がいる
と知れば、大概の日本人は「税金を補償に当てよ」と告げるはずである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
画像


福島第1原発事故で「計画的避難区域」に指定される福島県飯舘村は13日、
村内で説明会を開き、菅野典雄村長らが住民に政府の考えや避難までの準
備について話した。
村民からの「避難区域の設定前に自主的に避難した場合はどうなるのか」と
いう質問に、門馬伸市副村長が「補償対象にならないと聞いている」と答えると、
「ふざけるな」と怒声が飛んだ。
菅野村長が懸命に説明したが、住民の怒りは収まらなかった。

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110413/dst11041322460063-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
国民と国会議員の「意識の乖離」は、一体どうして・・・。



「国難」に立ち向かう日本人は、「痛みを共有」しているというのに・・・。


私の不平不満百八つ―国会議員らにモノ申す
文芸社
石塚 四郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 私の不平不満百八つ―国会議員らにモノ申す の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ああ哀れ日本国民」税金の「海外バラマキ」を重視する国会議員 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる