バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「友好」の名の下に言葉通りの国と、陰険な火事場泥棒国

<<   作成日時 : 2011/04/19 00:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「友好」という地域間の「間柄」の諍いを繕う便利な言葉を、それこそ文字通りの
「親善」を旨として「大災害」に見舞われた国を揺れいる民族もあれば、言葉と
裏腹な「火事場泥棒」と資質が似通った民族もあって、比較するとどこまでも
その「民度」の違いには、唖然とさせられる・・・。

画像


画像は先の大戦前の日本の領土であるが、そこに含まれていた地域での「震災」
時の「動き」には際立って違いが現れ、いにしえの言葉「非常時に見える相手の
性格」を良く体現しているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<台湾>震災支援、突出の謎…親日派多く企業のメンツも

東日本大震災で台湾からの義援金が今月13日までに48億5374万台湾ドル
(約139億円)になり、1人当たりでは恐らく世界最大とみられる。日本への支
援の背景には、日本好きの国民性や、企業のメンツなどがありそうだ。
台湾の人口は2300万人で1人当たりの義援金は約600円。人口約4900万
人の韓国が聯合ニュースの集計で計556億ウォン超(約42億円超、4月中旬
現在)、人口3億人の米国で同国赤十字社に寄せられた義援金が1億2000万
ドル(約99億円、3月末現在)であるのに比べても台湾の突出ぶりが目を引く。
台湾は1895〜1945年まで日本が統治した。李登輝元総統のような日本語
教育を受けた世代が今も活躍し親類関係も多い。経済的な結びつきも深く、長い。
対日貿易総額は中国に次ぐ2位、日本からの輸入額は1位だ。「台湾企業は日
本のおかげで大きくなれたという意識が強い」(外交関係者)。義援金は恩返し
の意味を含む。また、寄付は実名公表が多く、企業のメンツもあって額が増えた。
昨年の訪日者数は、韓国、中国に次いで多い約127万人。人口の5・5%が日
本に行ったことになる。3時間前後で気軽に行ける日本は、身近で治安が良く、
漢字が読めて便利なのだ。昨年1月の世論調査では、52%が「最も好きな国」
に日本をあげ、2位の米国(8%)、3位の中国(5%)を大きく引き離した。
台湾(中華民国)は72年に日本、79年に米国と外交関係が無くなった。
しかし、経済や安全保障の面で日米は特別な存在のままだ。重要性と親近感
から海外ニュースは日本や米国関連ばかり。地元テレビ局と同様にNHKも見
られる。東日本大震災の当日、台湾人の多くは深夜までNHKの生中継を見て
いた。
台湾の世新大学放送管理学部の羅慧※助教授は支援拡大の背景を、台湾で
も地震が頻発することによる日本への共感のほか▽情報発信力の高い芸能
人によるチャリティー番組▽台湾メディアの特徴でもある扇情的な報道−−が
影響し「日本を助けなければ、と感情的に揺さぶられた」と分析する。民衆の反
応を受け、馬英九総統ら政治家たちが熱心に支援したのも効果的だった。
中国の存在感の陰に隠れがちな台湾にとって、人道支援は国際社会で存在感
を示す重要な機会でもある。今年2月のニュージーランド地震の際は、日本より
先に救助隊を現地に派遣した。 【台北・大谷麻由美】

毎日新聞 4月18日(月)11時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110418-00000020-mai-int
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういった「台湾謝謝」な善意も、「変態とされる報道機関」は、その内部に巣食う
あらぬ人々によって、「善意も悪意に取る」という離れ業をみせて、読者の顰蹙を
買うという「自滅」記事にしたためてしまう。
それでも世界最大の「義援金」を伝えるだけ、善しとしてやらねば・・・。
ただメンツではないのではないのかは、以下のような記事の存在ではっきりする。

画像


変態と揶揄される報道機関は、以下の内容をどう考えるのだろう・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
福島第一原発で懸命の復旧作業が続いています。依然予断を許さない状態が
続いているですが、震災発生直後に現場で作業に当たっていた作業員50名の
存在は、海外でも注目されました。
当時「最後の砦の50人」と言われながらも、その名が明かされず、米紙ニューヨ
ーク・タイムズなどの外信では、勇敢と称えられていました。
その彼らと家族宛てに、台湾のとある企業が、1億5000万円を寄付をしていたの
です。この事実は、3月19日付けの台湾版ヤフー「Yahoo!奇摩」で報じられていた
ものです。それによると、この日、テレビでチャイティ番組が行われており、番組
の司会者の沈春華さんは、番組開始早々に次のように伝えました。
「今、秘密の募金をお知らせします。この匿名の善意は、人に知られないように、
自分の名前を公開しないように求めていますから、誰かは言えませんが、匿名
での募金です」として、「彼は、自分の生命の危険を顧みず、発電所の中に入っ
た50人の勇士のために、この寄付を勇士の家族に寄贈しました。
この寄付によって、彼らが自らを守ることができるように、5000万元(1億50
00万円)を寄贈しました」。
寄付先についての説明は掲載されていないのですが、50人のもとに届けられる
ことを願います。

http://rocketnews24.com/?p=88683
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
捻くれた「根性」だけでは説明出来ないものでも、以下のような「民度」を見せられ
れば、そこの意を汲んだ報道機関なら、素直に「記事も書けない」と、ある程度は
気の毒な面も見られるが・・・。

画像


「商売人だなぁ」と、それも何でも「手前勝手にこじつけ」て、ほとほと呆れる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本の独島(ドクト)教科書わい曲に対し、韓国の小売商も怒った。

最近ツイッターには、江南(カンナム)高速ターミナルの商店に貼ってある案内
文を、撮影した写真が上がってきた。
写真の中の商店の看板には、「日本の独島(ドクト)妄言、教科書わい曲で日
本のタバコ、マイルドセブンは販売しません」という案内文が書かれている。
別の商店もこのような案内文を掲載した。
これを見たネチズンたちは、「概念商店だ」、「どれくらい腹が立ったら商人ま
でもが・・・」、「物を売らなければならない商人の立場で容易ではない決定。
素晴らしい」などの反応を見せている。

ソース:中央日報(韓国語)
http://joongang.joinsmsn.com/article/aid/2011/04/18/5023101.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
抗議して「販売しない」とか、そうではなく「日本の販売店」にもない商品が
どうして「海外に優先的に配給」されようか・・・。
生産が出来ずに「完璧な品薄」商品だというのに・・・。
こういった「ポーズ」をとっていれば、国内で批判も浴びないだろうが、これを
知った日本人にすれば、その「醜悪な性格」に反吐が出てくる。

画像


もっとも以下のような「原始的商売」を、強力に「やらせろ」の羞恥心のかけらも
ない「デモ」をやらかすのだから・・・、関心を持つ方が疲れるか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ソウル・永登浦(ヨンドンポ)駅前の性売買業者事業主と女性など200人余り
は15日の午後、永登浦タイムスクエア広場で2日間集会を開き、『取り締まり
反対』のデモを起こした。
デモ隊は集会に引き続きタイムスクエア広場一帯で行進を行い、一部の参
加者は上着を脱いで百貨店に侵入しようとしたが、警察と衝突を起こした事
が伝えられた。
永登浦警察署は先月に事業主らに取り締まり方針を伝えた後、今月1日から
性売買を集中的に取り締まっている。
(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=277&aid=0002591391
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
世界に輸出する基幹産業でもあるから、どこまでも強気に出ていられるのか。

画像


そしていよいよ「火事場泥棒」と変わらぬ提案までも出てきて、「対外赤字」の
輸入をこの期にばかりの「部品・素材」の誘致では、何をかいわんやである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東日本大震災後、韓国政府が被災で操業停止などに追い込まれた日本企業
の工場を韓国に移転するよう促す案を、日本政府に非公式に打診していたこ
とが17日、明らかになった。韓国では、主力企業のサムスン電子や現代自動
車などを生産面で支える部品・素材産業の高度化が課題となっており、日本企
業誘致のため造成した工業団地への進出を改めて訴えている。

jiji.com: 2011/04/18-02:34
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc&k=2011041700165
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これで「提案」が蹴られれば、以下のような「火病」になるのか?

画像


同じような境遇であった民族でも、その後の教育は醜さと、その民度の違いを
まざまざと「嫌われるものと好かれるもの」を分けてしまうを、分からせる・・・。


台湾に生きている「日本」 (祥伝社新書149)
祥伝社
片倉 佳史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 台湾に生きている「日本」 (祥伝社新書149) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



無敵の台湾
アスペクト
まのとのま

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無敵の台湾 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「友好」の名の下に言葉通りの国と、陰険な火事場泥棒国 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる