バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 秩序破壊目的「デモ」と、「メディア批判デモ」の埋まらない溝・・・。

<<   作成日時 : 2011/09/12 11:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

原発事故自体の終息も覚束無い時期に、「脱原発」とかでのデモを挙行して
しまう人々に対して、それよりは・・・、と口でも挟もうものなら「鉄拳」が飛んで
来る火病を患ったかの「デモ」の様子を映像で見てしまうと、そして・・・。

画像


昨日の「脱原発デモ」の参加している人々の「むしろ旗」にはね見事に「日本国
旗」が一つもたなびいていないのだから、日本の安寧を願った「脱原発」という
よりは、騒乱やら秩序破壊やらを主目的にしてしまう「やからの跋扈」としか思え
ないものとして認識すれば、それが面に表れて・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^〜
東京・新宿で11日に行われた「脱原発」を訴えるデモで、警備中の機動隊員
に暴行を加えるなどしたとして、警視庁は同日、デモの参加者の男11人を公
務執行妨害の疑いで、デモを主催した「素人の乱」の二木信容疑者(30)を都
公安条例違反の疑いでそれぞれ現行犯逮捕した。
発表によると、男らは11日午後、東京都新宿区の路上で、警備中の機動隊
員らの顔を殴るなどした疑い。二木容疑者は規定に反し、車道で行進してい
たデモの隊列を歩道にまで広げた疑い。
JR新宿駅周辺で行われたこのデモには約2200人が参加し、「原発はいら
ない」などと訴えた。

読売新聞 9月12日(月)0時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110912-00000004-yom-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
早速動画も投稿されている「デモでの逮捕者」の様子だが、そこには「警察権力
による弾圧」とかが掲げられているのだが・・・。



そんな「弱気者たち」のデモには日本国旗はたなびかずに、以下の画像のように
おいおいここは日本で、他言語は必要ないはずと・・・。

画像


日本の「原子力爆発」による「脱原発」であり、そして「警察による弾圧」を糾弾
するわりには、参加者は「思惑絡みの騒乱者」の側面も見え隠れ・・・。
以下のようなストレートな文章と相通じてしまうと、さて「日本民族の安寧」を願った
脱原発デモとは、言い難くなって・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
民主党が「韓国企業」繁栄に尽力する真相
民主党の実態は“半島政権”だ

菅氏と李大統領の「共闘」――。  韓国の原発推進による電力コストの低下。
日本の原発放棄による電力料金の高騰。法人税引き下げを強行した韓国に
対し、日本は法人税引き下げを棚上げした。  
重電機械メーカー幹部が悔しがる。 「菅首相が原発輸出見直しを叫んだとき、
われわれはやられたと思った」菅氏はいきなり原発輸出見直しを表明、トルコ
やベトナムなどで日本追い落としを図る韓国勢を勢いづかせた。
韓国側の動きは素早い。李大統領側近が大統領親書を携えトルコ政府を訪
問するなど、日本の退場宣言を契機に猛然と巻き返しに出た。 「まるで日本
政府と気脈を通じたような韓国側の攻勢ぶりで、トルコ政府も戸惑うほどだ」
(大手商社の担当者)という。
技術者にも誘いの手は伸びている。 「日本の原発企業の衰退を尻目に優秀
な国内技術陣に韓国からヘッドハンティングの誘いがかかっている」と重電メ
ーカーの関係者は打ち明ける。
韓国の原発技術は日米仏ほどの国際的な評価を受けておらず、日本の原発
技術の争奪で一気に形勢逆転を目論む。  
まさに’90年代、日本の電機メーカー技術者がサムスンなど韓国メーカーから
ヘッドハンティングされ、グローバル市場で逆転された悪夢が再現されようとし
ている。 「日本経済の危機感が政府に伝わらない」と経済界首脳はいらだち
を隠せない。
これに対し民主党幹部は「政権交代した意味がわかっていない」と口にしてきた。
公安機関の担当官が解説する。 「日本が主役の自民党政権から日本を踏み
台にする朝鮮半島主役の政権に交代した、という意味だ」
米国大使館関係者も同様の分析だ。 「民主党政権の真相は、 韓国を繁栄さ
せるためにできる限り日本叩きをするという“半島政権”だ」  
22兆円の市場を占有するパチンコ業界の影響が強い政治家が民主党に多く、
その政策は日本の競争力を削ぎ落とし「日本を潰す」ことが眼目だ。
日本の政党とは仮面であり、ホンネは朝鮮半島の利益のために破綻戦略を忠
実に実行するのだ。
「菅政権は十分韓国の国益に貢献した」と李大統領に近い在日関係者は最近、
満足そうにこう語った。
さらに、次の民主党政権をどう手なずけるかだ。 「菅政権に続く次期首相に民
主党の誰が就任しようと、われわれは次のストレステストを課す」(在日関係者)
と警告する。  
李大統領を支えるハンナラ党の 洪準杓代表は8月中旬、竹島に韓国軍海兵
隊を常駐させるよう要求した。これは、対日刺激に武断外交を打ち出し次期民
主党政権から新たな譲歩を勝ち取るストレステストなのだ。
竹島は単なる島嶼領有だけの問題ではない。「日本海のメタンハイドレートが
狙いです」と資源エネルギー庁の担当者は韓国の本当の狙いを指摘する。
竹島を韓国軍が握れば、日本海の豊富な海底資源を配下に収め、韓国は日
本に代わり資源大国の道が切り開かれる可能性もある。  韓国は竹島に軍事
拠点を築き、国際地図の「日本海」の名称を、朝鮮半島の東側を意味する「東
海」に塗り替えようとする。
それこそ海底資源を日本から奪う魂胆だ。 日本の民主党政権はここでも「亡
国戦略」を推進する。政府は太平洋側のメタンハイドレート試掘を急ぐ方針と
いわれるが、本当の狙いは日本国民の関心を太平洋側にそらし、資源化しや
すい日本海側のメタンハイドレートを韓国側に温存する狙いがあるとの指摘も
囁かれている。 「独島(竹島)の実効支配を進めればよい」  
在日を 代表する著名人、姜尚中東大大学院教授はこう韓国人を鼓舞する。
ソウル中心の東アジア共同体の建設を説く氏は、日本企業に「日韓連携」を進
める韓国のエージェントとの指摘もある。姜氏は日本の左翼メディアに「説教師」
として君臨し、「日韓連携と反原発」の鼓吹に余念がない。

http://www.e-themis.net/feature/read.php
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今更な文章だが、日本国土に巣食う「やから」には、日本経済の恩恵を受けながら
「感謝知らず」を全面に出してしまう「恥知らず」の存在をクローズ・アップしてくれる
のは「大変」に良いことである。



「脱原発」の前にやるべきは、人災の程度への「追及糾弾」


画像


韓流工作員実在の明白な証拠を発見
http://hissi.org/read.php/mnewsplus/20110730/QnAxaisrSUgw.html

〜女子高生編〜
357 :名無しさん@恐縮です[]:2011/07/30(土) 00:21:13.19 ID:Bp1j++IH0
韓国に過剰反応しすぎよね私の高校ではk-pop流行ってるょ
なんでこんなに叩かれるのか分らない><

〜サラリーマン編〜
688 :名無しさん@恐縮です[]:2011/07/30(土) 02:38:23.93 ID:Bp1j++IH0
>>585
俺の職場でも流行ってるよおかしいのはこいつらと高岡 高岡謝罪しろ

〜パート主婦編〜
931 :名無しさん@恐縮です[]:2011/07/30(土) 02:40:54.02 ID:Bp1j++IH0
チョングンソク最高!ってあたしのパートの同僚言ってるわよ
おかしいのはお前らネトウヨじゃないのかしら

〜OL編〜
393 :名無しさん@恐縮です[]:2011/07/30(土) 03:05:2785 ID:Bp1j++IH0
ネトウヨって恐ろしいわね私の職場では韓国大ブームなのに ネガキャンも大概にせいよ

〜在日一家編〜
900 :名無しさん@恐縮です[]:2011/07/30(土) 03:41:38.97 ID:Bp1j++IH0
私の親戚の在日の方凄く優しいわよ 日本人よりよっぽどですわ

画像




「テレビ・メディア偏向糾弾デモ」
観光バスに乗り合わせた「台湾の人々」からの声援。

画像


工作やら偏向やらでない「事象」を広く日本国民に知らせて、そこでの判断
が尊重されるべき「国民の意思」・・・。
どこか変になった日本は「国旗」への敬意が「デモ」でも如実に現れる。


右翼と左翼 (幻冬舎新書)
幻冬舎
浅羽 通明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 右翼と左翼 (幻冬舎新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
秩序破壊目的「デモ」と、「メディア批判デモ」の埋まらない溝・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる