バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「経済不安」で擦り寄ってくる・・・。

<<   作成日時 : 2011/10/09 16:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

誇大妄想を口にしても、経済のそれが「危うく」なれば、そんなこといって
ましたか?と、擦り寄ってくるのが予想出来ると、矜持はいう言葉は
ない・・・、いや「存在しない」もっとも恥もないのだから・・・。


画像


地図でも「誇大妄想」を発揮すれば、上の画像のように大きく見せる情けなさ
を見せてしまって・・・、そして国内経済といえば以下のようだと、再びどんな形で
擦り寄ってくるのだろうか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年、韓国内上場企業の10社に3社は利子すら返済できない「限界企業」
であることが分かった。
限界企業とは営業を通じて得た利益からは金融費用への支出も難しく、更なる
成長が見込めない企業のことを指す。
26日、中央銀行の韓国銀行によると、1491社を対象に調査した結果、今年
第2四半期の利子補償比率が100%未満の企業の割合は30.2%で、前年
同期(26.1%)より4.1ポイント増えた。
国内企業の10社に3社が限界企業ということになる。
営業利益を利子費用で割った利子補償比率は、企業が営業利益で利子を返
済できる能力で、この比率が100%に達しなければ、利益を得ても利子を返
済できないことになる。
利子補償比率100%未満の企業の割合は、09年の平均32.3%から10年
の27.3%へと減少したが、今年に入って再び30%前後に増えた。

http://japan.donga.com/srv/service.php3?biid=2011092783538
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほとんどの企業が赤字で、有利子負債がかさめば「倒産」の憂き目だろうし、
それが上場企業では、その下の中小企業は「青色吐息」が予想出来、そこに
持ってきての「金融不安」では、破綻一歩手前・・・。

画像


だからこそ「経済援助」に頼りたい下心は、日本のマスコミによって「体よい
ヨイショ」となって現れるのだが、この報道機関、精神分裂しているのか、記
事によっては、論調が逆なのは「責任を取りたくない姑息な体質」の表明か。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「日韓は1つの経済圏へ」。最近、東京にある韓国大使館がこんな資料を
作成し、 企業やメディアなどに説明を試みている。インフラを共同で各国
に売り込んだり、両国間で投資をもっと拡大したりすることがお互いの利益
になると主張。最終的には日韓自由貿易協定(FTA)を締結し、米国とカナ
ダ、あるいは欧州連合(EU)のような1つの経済圏を実現すべきだ、と唱え
ている。
今月初め、東京・千代田区のホテルニューオータニで開かれた「東京韓国
産業展」。主催した大韓貿易投資振興公社(KOTRA、日本の日本貿易振
興機構=JETROに相当)の洪錫禹社長はインタビューに応じ、韓国製の
自動車部品について自信たっぷりにこう話していた。
「この直前に名古屋で商談会を開いたが、トヨタ自動車の反応がすごくよか
った。首脳陣も顔を見せ、韓国製部品を評価し、積極的に買おうとしている
姿勢をとても感じた」
トヨタ向けの商談会はこれまで2年に1回だった。だが、トヨタ側の希望もあ
って、これからは毎年開くことが決まったという。
理由は2つあるようだ。まずは韓国製部品の品質が急激に良くなったこと。
そして、円高である。すでに日産自動車が九州にある工場を活用し、地理
的に近い韓国から部品を輸入する方針を打ち出している。トヨタも同様に、
歴史的な円高への対策で「韓国製品も選択肢」と判断したようである。
韓国産業展は名古屋商談会の成功もあり、会場が熱気で包まれていた。
主催者を代表して壇上に立った洪社長は、日韓の政府・企業関係者を前
にこう呼びかけた。「経済のグローバル化と円高を考えれば、両国を1つの
経済圏と考え、関係を深めていくのが日本、そしてお互いの利益にならない
だろうか」
政府のメッセージを広めるためだったのだろう。8月に韓国大使館がしてい
た説明とよく似ていた。
韓国はEU、中南米、米国などに続き、日本ともFTAを結びたい。
そうだとすれば韓国は今後、どんなことを日本とやっていくつもりなのか。
「1つの経済圏へ」の資料(9ページ分)を見てみよう。それによれば、(1)提
携、M&A(合併・買収)などビジネス界での緊密な連携(2)インフラの共同
受注(3)資源の共同調達による価格交渉力の強化(4)韓国の対日輸出拡
大(5)日本の対韓投資――の5項目が課題として列挙されている。
注目したいのは(4)と(5)だ。とりわけ、(4)の対日輸出は、韓国の悲願で
ある。例えば、電機メーカーとして世界最大手となったサムスン電子(売上
高ベース)は日本に対してこれまで、年間1兆円近い対日貿易赤字を計上
してきた。電子部品産業の育成が遅れ、日本の技術を使うしかなかったのだ。
だが最近、サムスンはセラミックコンデンサー、複合機の心臓部、有機ELな
どで技術力を高め、日本企業と肩を並べるか、1歩先を行くようになった。
「テレビや携帯電話を輸出しても、最後は利益を日本に持っていかれる」。
そんな反省に立ち、部品や素材産業の育成に本腰を入れ始めたからだった。
これと同じことが自動車業界でも進み、韓国産業界は日本を含めた各国へ
の輸出に自信をつけている。
FTAの議論は以前からあった。しかし、進まなかったのは、自由化で国内市
場が日本車に席巻されるのを恐れた韓国側が反対したからである。
韓国からFTAが唱えられたのなら、韓国自動車産業が警戒を解いたという
ことだ。完成車では韓国メーカーが日本のメーカーと品質面で並びつつあり、
円高もある。全体を見渡せば、日本とFTAを結ぶうえで、今がまたとないチ
ャンスなのである。
だが、日本の産業界は尻込みする必要はない。自動車では日本勢もFTAを
活用し、国際競争力を高めていける。資源エネルギーの共同調達が進めら
れれば、日本の産業界が直面している「六重苦」の緩和にもつながる。
日本は通商政策などでの遅れを取り戻さないといけない時期である。韓国
がFTAに積極的ということなら、思い切りよく議論に乗ってみてはどうか。
もちろん、胸を借りるつもりで、である。(以上、抜粋)

http://www.nikkei.com/biz/editorial/article/g=96958A9C93819499E0E2E2E09B8DE0E2E2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E2E7E2E6E0E2E3E3E2E0E1E0

画像


ドル枯渇、韓国は本当に大丈夫か  編集委員 滝田洋一

新興国が火砕流のような資金流出と通貨安に見舞われている。
資金繰り難に陥った欧州などの金融機関が、投融資の回収に走っている
からだ。
ちょっと前まで資金流入と通貨高に悩まされていたのが、ウソのようである。
ブラジル、ポーランド、インドネシア、そして韓国が9月下旬になって、相次
いで自国通貨買い・ドル売りの介入に踏み切った。
韓国はこれまでウォン安の容認で輸出を後押ししている印象が強かった。
その韓国までがウォン買い介入に乗り出したのが目を引く。
23日のソウル外国為替市場で、午前9時の取引開始直後から韓国当局
はウォン買い介入に出た。
1ドル=1195ウォンで寄り付いたウォン相場は、介入を受けてわずか1分
で1150ウォンまで急反発したものの、市場のドル買い圧力は強い。
介入額はこの日だけで40億〜50億ドルと、ソウル市場の取引高の半分に
のぼったもよう、と韓国紙『朝鮮日報』は伝える。
市場では「韓国政府は1ドル=1200ウォンを防衛ラインにしている」と読ん
でいるという。
資本流出→ウォン安→一段の資本流出という悪循環を断とうと必死なのだ。
韓国の企画財政部は同日午前、大手輸出企業の財務担当役員を政府総
合庁舎に集めた。
大手企業が輸出代金として得たドルを抱え込まず、市場に放出することを
促した。
ドル調達に困った銀行や中堅・中小企業が資金を手当てできるようにする
ための苦肉の策である。

■アジア通貨危機、リーマン・ショックのトラウマ

韓国は国際通貨基金(IMF)管理に陥った1997年のアジア通貨危機ばか
りでなく、2008年のリーマン・ショック後にも、ドル資金の不足に直面した。
ドル枯渇は韓国にとってのトラウマなのである。
ドルが手に入らないなら、円やスイスフランで資金を調達するほかない。
政府が音頭を取ったこともあって、鉄鋼大手のポスコはさっそく円建て外
債の発行の検討に入り、同社幹部が近く来日するという。
韓国の外貨準備は今年8月末時点で3122億ドル。07年当時に比べて50
0億ドル増えた。
短期対外債務の1497億ドルの2倍にのぼっている。だから大丈夫。韓国
当局はそう言ってきた。
だが、いざ資金流出が始まれば浮足立った空気が広まる。
それもそのはず。リーマン・ショック後の米金融緩和局面で、ドル建ての
貸し出しが急拡大してきたことを、企業経営者や金融関係者はよく知って
いるからだ。
貸し出しや債券投資などによるドル建ての与信額は、韓国では11年1〜3
月期までの2年間に35%も増加した。
ドル建ての与信残高は1100億ドルと、韓国の全与信額の10%にのぼる。
そのドル資金が取れなくなる事態は、悪夢以外の何ものでもない。

■新興国で急増していたドル建て与信

韓国ばかりでない。過去2年間のドル建て与信残高の増加率は、各国で
次のようになっている。
中国=112%、インドネシア=69%、香港=62%、インド=38%、ブラジ
ル=33%。
米金融緩和の追い風を受け11年1〜3月期までの2年間に、米国外での
ドル建て投融資は1.1兆ドルも増加した。米国外におけるドル建ての与信
残高は今や5.8兆ドルと、米国を除く全世界の国内総生産(GDP)の12%
にも達する。
グローバルな金融不安と景気後退懸念が広まり、これらの貸し出しや債
券投資の巻き戻しが起きている。
欧州危機が米欧の金融機関を与信回収に走らせ、新興国のドル不足を
巻き起こす。
今回の欧州危機が世界的な信用収縮の引き金を引きつつあることに、
目を凝らすべきだ。

□ソース:日経新聞 2011/9/29 7:00
http://www.nikkei.com/biz/editorial/article/g=96958A9C93819499E0E5E2E1E78DE0EAE2EBE0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;p=9694E1E2E2EBE0E2E3E2EAEBE1EA
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
金融不安は着実に「真綿で首を絞める」のだが、実情よりは楽観的
論調にせぬと「風評被害」が出てくるからか・・・。

画像


そして情報に疎いマスコミが「かの国一辺倒」になると、こんな下の記事
になるのだろうが、これでは「知っている人にはお笑い」の赤面する「パクリ」
のそれを自慢げでは、脳が「誇大妄想」のそれに洗脳されたか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「日経トレンディ2011年11月号(2011年10月4日発売)」では「『なんでも韓国化』
のなぜ」と題し、日本で増殖する韓国関連製品の実態をリポートしている。
ここでは、その一部を紹介する。

………………………………………………………………………………………

韓国のテレビ局のSBS子会社、SBSアーテックが仕掛ける、ネコ耳キャラクタ
ー「SeeU(シユ)」。ヤマハの最新の歌声合成ソフト「VOCALOID3」が韓国語に
も対応したことから生まれたキャラで、すでにファン組織の会員が5000人を超
えるなど韓国で注目されている。
ネコ耳と長い金髪が特徴的なキャラは17歳の設定。得意ジャンルはK-POPと
バラードで、歌声は11月にデビュー予定のK-POPアイドル「Glam(グラム)」の
メンバー、キム・ダヒーが担当。
「初音ミク」などの日本のボーカロイドのように歌詞とメロディを入力して、SeeU
に韓国語などで歌わせることができる。
SBSアーテックは、「韓流ブームに乗り、アジア各国や米国へ進出したい」と話す。
日本でも話題を集めそうだ。


ソース:日経トレンディネット
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20111006/1038197/?ttr
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
単に日本メーカーが各国仕様にしただけのものに、薄ら寒い「寒流」を
くっつける「何でも寒流」には、ほとほと呆れ返る。

画像


そして「仮想敵国」化している「かの国」は、こんなことをして、さて「経済援
助」をどうやって取り繕うのか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国が鬱陵島に海軍基地建設へ 独島まで1時間半

韓国与党の鄭美京国会議員は28日、竹島(独島)西北の鬱陵島に最大規模の
独島艦と最新のイージス艦を接岸できる海軍基地の建設に着手したことを明ら
かにした。
現状では対日本有事の際に韓国海軍艦艇が竹辺港から竹島(独島)に到着す
る最短時間は4時間1分だが、日本の海上自衛隊は隠岐島から竹島(独島)ま
で2時間50分、恵雲港から竹島(独島)まで3時間18分であることを指摘。
今回の韓国海軍基地の建設により、韓国海軍艦艇が竹島(独島)に到着する
最短時間は1時間35分となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110928-00000013-yonh-kr

画像


竹島周辺で爆弾3発が見つかる、「一歩間違えれば島を破壊」=韓国

韓国の国会文化体育観光放送通信委員会に所属するハンナラ党のイ・ビョン
シク議員は7日、日本と韓国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)周辺の
海底に爆弾3発が見つかったことを明らかにした。
複数の韓国メディアが、「独島の海底で放置された大型爆弾が発見された」
と報じた。
見つかったのは、腐食した黄色の大型爆弾1発と、不発弾2発。
イ議員は、爆弾処理を間違えた場合、韓国で天然記念物に指定されている
竹島の現状破壊が起こる可能性があると指摘。
爆弾の除去を早急に行うとともに、島を訪れる観光客の安全を守るための
総合的な実態調査を実施するよう求めた。
イ議員の発言を受け、キム・チャン文化財庁長は「危険であり憂慮されるべ
き状況」と述べ国防省と協議を行い爆発物を処理させる計画だと話した。
イ議員は、韓国で建設が計画されている「独島管理事務所」についても言及した。
「独島管理事務所設置のため、総理室が30億ウォン(約1億9600万円)の国費を
投入しようとしたが、文化財庁はこれを許可していない」と指摘すると、キム庁長は
「関係部署や機関と協議を行い、円満に解決するよう最善を尽くす」と述べた。

サーチナ 2011年10月9日(日)15時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111009-00000007-scn-kr
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自分で発表して、様子を見て「やらない」とかの結論を導く出す。
その手法は「狼少年」のそれで、さていつまで通用するのか。
何しろ、囁かれるのは以下の画像。

画像


論調がいつ変化してくるか。
なんにしても「観察・鑑賞・監視」のみの存在は、なんらの煽り文句
も「無視」の態度が、一番堪えそう・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「経済不安」で擦り寄ってくる・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる