バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 同じ奏者でも、これでは「音」以外で聞くのを「勘弁して」だろう

<<   作成日時 : 2011/10/17 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

女性楽器奏者という「演奏以外」のビジュアルである程度認知され、人気に
なるものだが、ただその言動が「痛い」ととんだ顰蹙者として認知されてしま
うと、果たしてその後、聞いて貰えると思う?。

画像


まずは大人気として報道された人の記事。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾で最も有名な日本人アーティスト
<小林香織(アルトサックス奏者)>
「美人サックス奏者」として台湾で大ブレーク中だという。

「日本のオリコンのようなチャートで、AKB48(14位)に迫る総合15位、
ジャズ部門だけ見ると、なんと1位、2位、3位を小林のアルバムが独占
しています。8月末に行ったイベントでは予定外のファンが押しかけ、会
場に入れない観客があふれたとか。なんだか、日本での韓流騒動を見
る思いです」(芸能記者)
もともと、日本国内よりアジアでの知名度が高かった。今年4月には「ユ
ーチューブ」に投稿された動画が400万回再生を超え、台湾とタイにフ
ァンクラブがつくられた。ようやく日本のテレビも注目し、日本テレビの
「スッキリ!!」やNHKの「さらさらサラダ」などに取り上げられた。
今はもう一段上のステージに上がったらしい。
1981年10月、神奈川生まれ。父は写真家、母はピアノ教師という家
庭で育ち、3歳から母にピアノを習った。中学でフルートに転向し、高校
2年で“運命の楽器”アルトサックスに出合った。
クラシックよりジャズにひかれ、大学は「ジャズ科」のある洗足学園音楽
大学に進んだ。この頃からすでに「プロ」になることを強烈に意識してい
た。あるインタビューでこう語っている。
「プロにならなければ、やる意味ないですし、やるからには超一流を目
指そうと思ってました。高い学費も払ってますから、学生時代はどうや
ったらプロになれるか必死でした」
<アルバム「ジャズ部門」では1〜3位独占!!>
 結局は大学4年の時、同級生とバンドを組み、ライブのビデオをレコ
ード会社に送りつけた。
これがきっかけとなって卒業の翌年(05年)、「Solar」でデビューした。
その後もコンスタントにアルバムをリリース。ご覧の美貌から「ジャズ界
のアイドル」と注目され、07年から1年間は「小堺一機のすうぃんぐ人
生」(BS朝日)の司会を務め、08年には「みゅーじん」(テレビ東京)に
も取り上げられた。
そんな小林が特にアジアで支持されているのはなぜか。
「キーワードは“インスト”と“ビジュアル”でしょう。インストとは楽器のた
めの曲、つまり歌や歌詞がないこと。言葉がない分、日本人には伝わ
りにくいが、そこが海外の人にはハンディにはなってない。
次のビジュアルとはそのまま見た目。選択の基準が歌以外の要素とな
れば、一番ストレートなのは演奏の素晴らしさはもちろん、やっぱり見
た目です」(音楽関係者)
しかし、本人は「これで満足」とは思っていないだろう。
別のインタビューでは「スターになりたい」「サックスプレーヤー=ライブ
ハウスという枠を超えたい」と言っている。
台湾での人気を日本に引き戻すにはどうしたらいいか。
「これまで受けたインタビューを見ると、真面目すぎる気がしますね。
聞き手の問題かも知れませんが、音楽性とか奏法ばかりが強調されて
いる。今年30歳を迎えるとはいえ、もっと“アイドル路線”を前面に押し
出した方がトクでしょう」(前出の記者)
腹をくくれば、「美人奏者」の先輩、川井郁子や村治佳織らと同一線上
に並ぶはず。

(日刊ゲンダイ2011年10月13日掲載)
http://tv.jp.msn.com/columns/column.aspx?articleid=730024


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
台湾という「超」が付く友好国とすれば、ある程度は「好印象」になり、
そしてビジュアルの良さも加味されるから・・・。

画像


上とは逆に、演奏以外で「顰蹙」ものの物書きで印象が悪くなってしまっては
それだけで「演奏」さへも聴いてもらえなくなるのに・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^〜〜
ジャズサックス奏者の矢野沙織さん(24)が福島県産農作物についてブログに
書いた内容が物議を醸し、謝罪する事態になった。
2011年10月13日付けで「非国民」というタイトルの記事を掲載した。

画像


「放射能を含んでいる可能性のある作物の一切を口にはしたくない」

記事によると、少し前、沖縄県那覇市の国際通りで、物産展が開かれていた。
夕飯の買い物をしようと、電話をしながら露天を見ていたら「福島物産展」のノ
ボリが見えたので、思わず電話口で「あ、福島産だったわ」と言ってしまったの
だという。
これに、店員の「おじさん」が「おい、ガキ、ちょっと待てや」と言ってきた。矢野
さんも「あ、すみません。でも『福島産だった』と言っただけですよ。それにして
もガキっちゅう物言いは気に入らないんだけど。どうかした?」と反論。
すると、店員が「作った人の気持ちなんか解らないだろう」。再び矢野さんが
「お百姓が可哀想だから一億総被ばくをしないと非国民かい?そんな思考は
まるで某大戦中だな」と言い放つと、店員はバケツを蹴飛ばしてどっかに行っ
てしまったという。
矢野さんは「放射能を含んでいる可能性のある作物の一切を口にはしたくな
い意志を持っている」のだそうで、福島県産米が出荷可能となったことについ
ても「『米からの放射性物質は検出されませんでした。』と。いや、正直それ嘘
だろ、普通に」と書いていた。
放射能の恐怖のため、東京出身にも関わらず5月に沖縄に移住したのだという。
過去には「放射能恐怖は正義」とも書いている。(後略)

http://www.j-cast.com/2011/10/14110049.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
まさに「病的」な発言では、落ち着いて聞いていられることはない。
そこらへんは「音楽演奏」でも人格が優先されるのは致し方ないだろう。

画像


超が付く友好国と入えども、一部には「とんだ人も存在」している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
靖国神社への抗議行動で祭祀(さいし)業務を妨害したとして、警視庁公安部は
11日、台湾の高金素梅・立法委員(45)=国会議員=を威力業務妨害と礼拝
所不敬、傷害などの容疑で東京地検に書類送検した。海外の国会議員の立件
は極めて異例だが、高金立法委員を巡っては05、06年にも同様の行動で強制
排除に発展した経緯があり、警視庁は「再犯の可能性が高い」と判断した。
海外在住のため、現実的には刑事責任を問うのは困難とみられる。
送検容疑は、09年8月11日午前9時半ごろ、東京都千代田区の靖国神社で、
男女数十人とともに、「(台湾先住民族戦没者の)合祀をやめろ」と書いた横断
幕を掲げ、「英霊を返せ」と叫んで行進。正当な理由なく礼拝所に押し入ろうと
するなどして神社の祭祀業務や一般客の参拝を妨害したとしている。
制止した職員1人が軽傷を負った。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110811-00000037-mai-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜^
もっとも「日本にもトンデモさん」は存在して、それがたちの悪いことに
「マス・メディア」の中にいるのだから・・・。

画像


こういった「デモ」は、相当の妨害と誹謗・中傷が多いもだが、正すものは
正すの気概で頑張って貰いたいものである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
同じ奏者でも、これでは「音」以外で聞くのを「勘弁して」だろう バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる