バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「内外で揺れる」日本の政治の混迷度合いは、思いの欠落

<<   作成日時 : 2011/11/10 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

環太平洋うんたらの「自由貿易」とかの交渉のテーブルにつくかどうかで議論
が伯仲しながら、予めの意思の「演出」とも取れる議論も、簡単に口する「国際
公約」同様、あっさりと会議で参加を表明しそうな「政治主導」の面々に政権交
代の悪夢は続く・・・。

画像


楽観させるような「論旨」もある参加・不参加だが、「関税自主権」を放棄する
姿勢には、「いつか来た道」を再びトレースしているようで・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
9日午後5時半から始まった会合には、これまでで最も多い百数十人の議員が
参加している。
執行部としては、野田首相の判断を縛らない形での提言を9日中にまとめたい
考えだが、山田前農水相ら慎重派の議員は、交渉参加見送りを求める提言に
するべきだと、徹底抗戦の構えを見せている。
出席議員の1人は、「慎重意見が7割、推進意見が3割」と述べ、慎重派の意見
が大勢を占めているもよう。
出席議員らは、深夜食を用意して長期戦に備えており、提言取りまとめの議論
は、夜遅くまで続くものとみられる。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20111109-00000237l

画像


TPP交渉参加「慎重に」判断を…民主提言決定

読売新聞 11月9日(水)21時34分配信

民主党は9日、経済連携プロジェクトチーム(PT、鉢呂吉雄座長)の総会を
国会内で開き、環太平洋経済連携協定(TPP)の日本の交渉参加に関する
提言を決めた。
提言は、党内に慎重論が多いことを指摘したうえで、野田首相に「慎重に判断
することを提言する」とした。首相は交渉参加に踏み切る方針を変えず、12、
13の両日に米ハワイで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会
議への出発を前に、10日の記者会見で参加を表明する方針だ。
提言は「より幅広い国々と高いレベルでの経済連携を戦略的かつ多角的に進
めていく」と経済連携の必要性を強調する一方、「PTの議論では『時期尚早・表
明すべきではない』と『表明すべき』の両論があったが、前者の立場に立つ発
が多かった」と慎重派に配慮する表現が盛り込まれた。鉢呂座長は9日のPT総
会で、慎重派による文言修正の要求に応じ、当初は「以上のことを十分に踏まえ
た上で判断することを提言する」とされていた文案を、「慎重に判断することを提
言する」と修正した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111109-00001030-yom-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
与党の「慎重」が、執行部には「アリバイ作り」と選挙公報とかに映る「あざとさ」
を感じるのは、これまでの政権与党の考えられない「行動様式」のそれだからで、
規定路線を踏み外す「決断」は、官僚に取り込まれた「国民の生活が第一」の
皆様には、抗し得ない事柄だから・・・。

画像


「経済奴隷」でも善しとするのであれば、精神のみでも「自立」しないと、かの国
の人々が締結後に気付いて「騒いでも」後の祭りの国際的契約は破棄出来ない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米韓FTAデモ隊が国会に進入、67人逮捕

米韓自由貿易協定(FTA)に反対するデモ隊が警察の阻止線を突破し、国会
に入った。 67人が逮捕された。
デモ参加者は警察が北門を封鎖した後にも塀を越えて国会に入った。国会周
辺で待機していたソウル市警所属の機動隊63個中隊およそ2200人はデモ
隊を連行し、追加で進入を試みたデモ隊には高圧放水砲を発射した。
デモ参加者は「米韓FTAは1%のための、故障した米国式経済制度を移植す
る超憲法的不平等交渉だ」とした。

http://japanese.joins.com/article/090/145090.html?servcode=200§code=200
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
痛みを伴う「改革」とかの国内でのそれと違って、こちらは未来永劫「種を買い
続ける」種を作り出す創意も自由に出来なくなるのだから・・・。

画像


何より時には「独裁」と呼ばれても、国民益を熟慮する者に対しては、それで
善しと「独善の決断力」も必要になることもある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪市長選に打って出る橋下徹・前大阪府知事に対して、役人、大政党、財
界、記者クラブ、そして週刊誌メディアまでが十字砲火を浴びせている。週刊
新潮は「今やヒトラーにもたとえられるほどの大権力者」とも評した。
橋下氏は、辞任前に公務員改革の基本となる「職員基本条例案」を提出した。
能力主義人事の導入や信賞必罰の人事評価を細かく定め、怠慢役人のリスト
ラ基準を明文化した。これには大阪府庁、大阪市役所の役人が猛反発。この
ままでは職員の5%がリストラされるなどと危機感を募らせている。これに対し、
“役人天国”として知られる大阪市役所の職員も反発した。
「前門の虎」が役人なら、「後門の狼」は関西電力を中心とする関西財界だ。
大阪市は関西電力の9%の株を握る筆頭株主で、橋下氏は関電に脱原発を要
求し、市長になれば株主提案権を行使して「電力自由化」を進める方針を掲げ
ている。それが関西財界の怒りを買った。
関西の自民党議員が語る。
「橋下は完全に関電の『虎の尾』を踏んだ。関西の大企業は関電から格安で工
場の電力供給を受け、工事の発注でもつながりが深い。関西の財界人は普段
は選挙にかかわりたがらないが、今回ばかりは『若造の橋下が何をいうか。
絶対勝たせるな』といってきた」
自治労や日教組など左派を支持基盤とする民主党と、財界の支援を受ける自
民党が手を組んで「橋下阻止」に回っている構図である。気色悪い与野党相乗
りだが、共通するのは、どちらも既得権益集団の意を受けて改革阻止を至上命
題としていることである。
橋下氏を、「独裁者」「ヒトラー」と呼んでいるのは、いずれも改革で既得権を奪わ
れる人々であることとも無関係ではない。

http://www.news-postseven.com/archives/20111108_69121.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これの結果によっては、既成政党では日本の有り様に変化がなく、まして先人が
杞憂した「矜持」は見るも無残になって・・・。

画像


空の上から「嘆いて」いるか。
そして以下のような「ジワリと追い詰められた者」は、絶望しか・・・。



政権交代の皮肉な実りの集大成は、経済減退・大増税・国土荒廃
なんとも「幻想を作り出したマスコミ」の罪作りな頑迷ぶりには、今更ながら
に「流されやすい気質」を突いていたを思い知る・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「内外で揺れる」日本の政治の混迷度合いは、思いの欠落 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる