バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「火付盗賊改方」という特別な部署も必要かも・・・。

<<   作成日時 : 2011/12/26 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「靖国神社」が放火されたらしい・・・。

画像


朝鮮半島の不穏な雰囲気が、何かの「合図」のそれか、それとも「単に錯乱
した人物」の暴挙か・・・。
なにやら「犯行予告」も報じられているが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
26日午前4時10分ごろ、東京都千代田区九段北の靖国神社で、「門に火が
つけられた」と警備員の男性から110番通報があった。警視庁麹町署が調べ
たところ、境内にある神門の一部が焼けていたが、警備員がすでに消火器で
消し止めており、けが人はなかった。
境内の防犯カメラに、男が火を付けるような様子が写っており、同署が放火容
疑で調べている。
同署によると、神門は第二鳥居と本殿などの間に建てられている門で、木製の
扉が幅約数十センチにわたって焦げており、油をまいたような跡があったほか、
近くに灯油を入れていたとみられるカップ酒の容器2つがあった。
防犯カメラの男は黒ずくめで、110番通報の直前、神門に液体をまき、火を付
ける様子が写っていた。

画像


インターネットの簡易ブログ「ツイッター」上には、外国人問題に関連して「靖国
神社を、放火してやろう」などとする書き込みがあり、同署が関連を調べている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111226-00000518-san-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
このツイッターの書き込みが、靖国の放火犯人は定かでないが、いかにもな論
理の「迷走さ」だけは読み取れる。
精神分裂気味の文章からは、「危なく痛い人」が想像出来るが・・・。

画像


歴史的建築物に対する「文化財的畏怖」は、これの消失でないと見て取れるが、
そこでもやはりキーワードが「火」となれば、お国柄・・・。

画像


なんにでも「火付け」の伝統は、批判のパフォーマンスとして、あの「狂ったよ
うな悲観した泣きの演技」と共に、あちらの文化そのものなのだろう。
だがしかし、その特許のような行為も、自国あてにされれば、「火病」を発症する
のだから、なんとも・・・。
そして何事も「他人のせい」にしないと、自己実現が出来ない「性格に欠陥」が
あるのか、どうにも「人間として、信頼が置けない民族」を一スポーツマンまでも
披瀝していては・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アジア大会・テコンドーの予選で台湾の楊淑君選手が失格になったことで、
台湾では反韓感情が激化した。馬英九総統の自粛要請にもかかわらず、
台湾では韓国の国旗を侮辱する行為が続出した。一方の韓国でも、怒りの
声が高まった。
台湾では馬総統や楊選手が反韓行為の自粛を要請。しかし、過激な行為は
収まらず、韓国の大統領府のホームページを攻撃したり、台湾にある韓国学
校に卵を投げつけたりするなどの嫌がらせが続いた。
楊選手の失格判定後、台湾では韓国国旗(太極旗)が燃やされる事件が発生
した。その後、一部のインターネット・ユーザー韓国国旗の中心部にある「太極
」の図案を「大便」や「豚」に置き換えサイトに掲示。韓国メディアは
「台湾のネットユーザーが、ゲームを楽しむようにして太極旗を侮辱」と伝えた。

画像


自国国旗が冒涜(ぼうとく)されたとして、韓国では怒りが爆発。
韓国ヤフーが実施したアンケートでは「政府レベルで抗議すべきだ」との考えを
示した回答が、全体の62.2%を占めた。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1124&f=national_1124_067.shtml

画像


23日、大田市内のカフェで会った金泰均は、日本での挑戦を投げ出したことに
ついて「全く後悔はありません。今は本当に幸せ」と言った。
記者が「まだ納得できないファンが多い」と言うと、金泰均は重い口を開いた。
「地震は日本を離れることになった理由のごく一部です。僕はただ、ずっと好き
だった野球が嫌になりそうで、それが怖かった。こう言うと、またいろいろ言う人
がいるでしょうが、入団契約後、初めて日本の空港に着いた瞬間から息が詰ま
りました」
「僕は自由に楽しむタイプ。僕とは全く違う日本の野球のムードに慣れるのは難
しかったんです」。金泰均は日本での1年目に4番打者で打率2割6分8厘、21本
塁打、92打点を上げた。
1年目としては無難な成績だ。前年リーグ5位だった千葉ロッテは、その年の日本
シリーズで優勝も果たした。しかし、金泰均は優勝の感激を全く感じなかったそうだ。
「(チームで)誰も僕に『よくやった』『苦労したな』と肩をたたいてくれる人がいませ
んでした。傭兵はチームの成績に関係なく、とにかく自分の成績で結果を出さな
ければなりません」
このころからストレスが雪だるま式に増え始めた。
「野球をしていて、いつも『チームの成績は個人よりも優先』と考えてきましたが、
それを一瞬にして変えるのは簡単ではありませんでした」。打席でも楽しさを感
じなかった。
日本の選手がホームランを打つとコーチたちがハイタッチを求めてくるが、自分
が打つと「傭兵だから当然」とでもいうように手も出さなかったという。
「僕はとても気が小さく敏感な性格なので、小さな音が聞こえても眠れません。
小さなことが積もり積もって、僕のすべてをささげた野球がだんだん嫌になりま
した」

記事全文
http://news.livedoor.com/article/detail/6148018/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

夢想するに、来年は以下のような「喜ばしい」事象が起これば・・・。

画像


                天変地異があっておかしくない2012


朝鮮半島201Z年
日本経済新聞出版社
鈴置 高史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 朝鮮半島201Z年 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「火付盗賊改方」という特別な部署も必要かも・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる