バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 言うだけなら、どうとでも言える。

<<   作成日時 : 2012/07/07 16:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣の問題も、足元まで浸水してきた政権は「人気取り」に躍起となって、
将来的方向性を持たずじまいでも、とりあえずは言ってみる態度が見え見え
だと「見透かされる」のではないかと、他人事ながら心配してしまう・・・。

画像


どんどん追い詰められた者が「藁にもすがる」思いが、パフォーマンス得意の
政党の「離れ業」で、言ったはいいが党内からの異論で「前言撤回」は日常茶
飯事、さて今回は・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
野田政権は、東京都が購入を検討している沖縄の尖閣諸島について、国境の
島を守る責務は国が果たすべきだとして、国が島を購入する方向で島の地権
者と具体的な交渉を進め、買い取った場合の活用方法の検討も始めているこ
とが、関係者の話で明らかになりました。
沖縄本島の西方に位置する尖閣諸島は、主に5つの無人島からなり、国有地
の1つの島を除く4つの島は個人が所有する民有地で、平成14年度から国が
賃料を払って管理していますが、領有権を主張する中国や台湾との間で、活
動家が上陸したり、調査船が周辺で海洋調査を行ったりする事案などがたび
たび起きています。
こうしたなか、ことし4月、東京都の石原知事が「本来は国が買い上げればい
いが、外務省が『中国は怒るのではないか』とびくびくしている。尖閣諸島は
東京都が守る」と述べ、都が地権者から島を購入する意向を明らかにし、交渉
を進めています。
石原知事の動きを受け野田政権は、東京都と情報交換を進めるとともに、国境
にある尖閣諸島の平穏と安定を守る責務は国が果たすべきだとして、国が島を
購入する方向で島の地権者と具体的な交渉を進めていることが、関係者の話
で明らかになりました。
さらに関係者によりますと、政権内では、国が島を買い取った場合の活用方法
についても検討を始めているということです。
国が購入を決めれば中国などの反発は避けられない見通しですが、野田政権
としては次の衆議院選挙も見据え、外交・安全保障の分野で毅然とした態度を
打ち出すねらいもあるものとみられます。

(以下略 7月7日 4時2分)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120707/t10013412451000.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どこぞの「クセ」を見せ付けられると、いった言葉の信頼性は今一強固でなく
「そんなことは言ってない」とかで、再び物笑いの種になる。

画像


これまでの地方の活動に賛辞を送り、サポート的役割で「後に国有化」の
暗黙の了解事項とすればいいだけだから、上の発言などせずにいればいいものを、
だから以下のような感想に誰もが頷いてしまう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
石原知事「黙って見ていてくれ」 都として尖閣購入方針

産経新聞 7月7日(土)12時10分配信

政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化する方針を固めたことについて、東京都の
石原慎太郎知事は7日、政府から国有化方針を伝えられたことを認めた上で、
「結構なことだが、これまでの経緯もある。黙って見ていてくれと伝えた」と話し、
あくまで都として購入を進める考えを示した。
石原知事は「都庁に長島昭久首相補佐官と副官房長官が来て、『国が買うこ
とにしました』」と言って来た」と説明、地権者と交渉してきたいきさつなどを挙
げ、「いったん都が買うと答えた」とした。
また、地権者からも電話で連絡があったことを明かし、「(地権者は)『国から
買いたいという話がきたが、石原さんにしか売りませんから、安心してください』
ということだった」と語った。
記者団からなぜこの時期に伝えられたと思うか、と問われると、石原知事は
「単なる人気取りじゃないか」と一蹴した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120707-00000532-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この問題は地方に任せて、現政権は早急に「解散総選挙」が民意を汲んだ
決断である。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
言うだけなら、どうとでも言える。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる