バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本停滞の要因に「マスコミの僻み」が相当影響しているようだ。

<<   作成日時 : 2012/12/19 16:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

投票後の結果が、余程自分達の意に添わないものだったのか、政権が誕生
していないのに、もう「注文という文句」を垂れるマスコミの発狂ぶりは、
日本停滞に、これらのネガティブな暗い性格が反映していると見て取れる。

画像


これまで遅々として進んでいない「復興庁」の不甲斐無さと政権与党の議員の
障害がなくなり、一気に風通し良く進めば、これまでの行政手腕はなんだった
のかと、またまたブーメランが頭に突き刺さるのに、口を開けば「出来もしなか
った苦労を口にし、能力のなさを自覚していない」のだから、国民から見放されて
も仕方ないだろうに・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「安倍(晋三)総裁は復興庁が何をやってるか、現地のこともよく分かっていない」。
平野達男復興相(参院岩手選挙区)は18日の閣議後会見で、次期政権を担う
自民党に厳しく注文を付けた。
選挙戦で安倍総裁が繰り広げた復興庁への批判に「復興庁をどうこう言ってる
程度では、とても復興はやれない」などと反論した。
平野氏は「総理大臣になったら被災地に足を運び、しっかり見てほしい。
まずは状況を認識することからだ」と強調し、「課題などお願いすべきところは引
き継ぎ、次の態勢につなげる」との考えを示した。
衆院選では復興副大臣と担当政務官の計3人が選挙区で敗れ、2人は比例代表
でも復活当選を逃した。
民主党大敗を平野氏は「がくぜんとする思いだ。
マニフェストや分裂によって党への信頼を損なってしまった」と分析し、
「結果を真摯(しんし)に受け止めなくてはならない」と述べた。

河北新報 12月19日(水)6時10分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121219-00000008-khks-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
震災後の「大混乱」の様は、危機対処の処方も覚悟もない者たちにとっては、
「手柄は自分、ミスは他人のせい」とかを体現してしまっては、国民は以下の
少女のような「感想」しかない。

画像


また「地方紙のトンデモ頭脳」は、文句垂れだけ長けていても、では自分なりの
方策を提唱はないのだから、やはり上の少女の言の対象となろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
形容詞がお好きな方なのだろう。かつては「美しい国」。今度は「新しい国」。
イメージ先行で中身が 見えなかった前の文句と比べたら、少しは取っつき
やすいかも▲

と思ったら、それほど新しくない。次期首相の座が確実な自民党の安倍晋三
総裁が、月刊誌 「文芸春秋」1月号に「新しい国へ」の題で政権構想を起稿
している。躍る文字は見覚えのあるものばかり▲

たとえば経済政策だ。さも秘策があるぞと気を持たせたデフレ退治の主軸は、
教科書レベルのような 金融緩和である。物価上昇率の目標を定めるインフ
レターゲットの導入は20年ほど前から待望論があり、 目新しさはない▲

きのう安倍総裁はあらためて日銀に緩和を要請した。既に似たような策は施
されているのに、腰の重い日銀を動かすと格好だけはつく。打つ手に困ると
日銀悪玉論を広げ、公共工事に頼るのは政治家の悪い癖。新しくない▲

お金をじゃぶじゃぶ回してインフレを起こせば景気がよくなるというのも本来は
順序が逆の話。仮に景気が上向いても気前よく給料を上げてくれるか。
新政権が財界との関係を見直せば新しいのだが▲

肝心なのは金融緩和の効果を高める新しい工夫。出回るお金の量ほどに時
間は有り余ってはいない。
まして厳しい批判が猶予される「ハネムーン期間」などないと心得て。
安倍総裁の権力との「再婚」は前途多難。

http://www.ehime-np.co.jp/rensai/chijiku/ren018201212195340.html

画像


二人の「声」に心を揺さぶられた。一人は福島のお母さん。もう一人は震災で父
を失った岩手県の少女だ

▼遺児を支援する「あしなが育英会」が母子家庭を対象に行ったアンケートに、
五十歳の母親が記している。
<原発事故の中、子どもたちを買い物・水をもらいにかりだしてしまった。
当然放射能を浴びている。五人のうち 一人は甲状腺にしこりがある検査結果
が出ています>
▼<大丈夫だと福島医大では言っているが、これから先何年後にもそういいき
れるのか疑問…。長女は特に、 福島県外の人とは結婚できないよね、とつぶ
やきました>

▼岩手の高校三年生は、大学の看護学部への進学を目指す。被災生徒を支
援するNPO法人「若草リボン基金」への申請書に、書いた。<父を亡くした精
神的ダメージは大きく、誰かが亡くなったという話を聞いても ショックをうけなく
なった。実際、震災後に祖母が亡くなった時も平然としていた。私は死を軽く感
じるように なったのかと怖くもなった>

▼<しかし、誰しも死をむかえるということを私が実感したのだと気付いた。
死が万人に訪れるとしても、その死を少しでも安らかなものにしたい>。
だから、患者と家族に寄り添う看護師になりたいのだ、と

▼こういう声に、どう応えていくのか。本当に見たいのは当選者の笑顔ではなく、
お母さんや子どもたちの笑顔だ。

http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2012121702000090.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この震災直後からの政権与党の混乱振りを見ていれば、とても今更書くことでも
ないのは誰でも分かりきっている。
余程「火病」に近い精神疾患がおありで、論理的文章が思いつかず単に感情に
よってのみの「作文」を報道するその態度は「物凄いプロの技」で穴があったら
入りたいと、書いて自分で読み返せば自覚するか・・・。
それも出来なければ、慰めの一曲として以下の曲を捧げよう。



「みんな夢でありました」
何しろ言葉を尽くしても、以下のような経済に寄与することのない駄文では、
読む人に感銘も感動も与えない。なにより気分を害する人が増加では、「かの国」
の宣伝広告と同じで嫌悪感だけが増幅していってしまう。

画像


テレビ・メディア同様、規制強化が望まれるのが、トンデモな日本のマスコミなのは
衆知の一致するところだろう。


博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」-
オークラ出版
島津義広

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 博士の独り言 -マスコミが絶対に伝えない「日本の真実」- の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



大マスコミ 疑惑の報道
飛鳥新社
三橋貴明

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 大マスコミ 疑惑の報道 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本停滞の要因に「マスコミの僻み」が相当影響しているようだ。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる