バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 困った時の「遠い昔の被害」、焚き付ける日本人の浅ましさ・・・。

<<   作成日時 : 2013/01/04 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

尖閣の問題も、古文書が出てきて「にっちもさっちも」行かなくなった中共中国は、
なんでもアリの「個人的攻撃」も臆面もなく焚き付けて・・・。

画像


攻撃的な戦略なら何でもござれの「見っとも無い大国」の姿に、尊敬をする
国があるのだろうか、ましてその国の民は「幸せ指数」はいかほどか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中国国営・中国新聞社は4日付で、日中戦争中の成都空爆の被害者男性が
安倍晋三首相に「きちんと歴史を正視してほしい」とする書簡を出したと報じた。
書簡を出したのは、1941年7月27日の成都大空襲の被害者という文仲さん。
3日夜に日本人弁護士の一瀬敬一郎氏に、安倍首相の手元に渡るよう託した。
文さんは今年、76歳になる。1941年7月27日の大空襲では、避難所に逃げたが
左耳の鼓膜が破れるなどの負傷をした。成都市は1938年から44年にかけて、
日本軍によって20回以上、爆撃された。文さんの母親は今年100歳になるが、
防空訓練などで警報が鳴り響くたびに、震えがとまらなくなるという。
日本軍による重慶や四川省のへの爆撃の被害者は2006年から、日本政府
に謝罪と賠償を求める訴訟を起こしている。第1−4次の提訴で、原告は188人
に達した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130104-00000023-scn-cn
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
戦った軍も「戦後処理」は既に終わっていながら、なぜか自国政府へでなく
日本へと向かうのは、やはり日本人がそう仕向けるからこその「被害」なのだろう。
その筆頭が以下の「アサヒる」報道機関なのだが、「果てしない歴史の賠償」を
この報道機関は、自分に向かったらさて、いかがするのだろうか・・・。

画像


その「ゴロマキ・マスコミ」の典型は、伝播して「アメリカ」にも同じような報道機関
が存在して「内外からの攻撃」という形で行うも、信頼が失った報道機関の情け
なさは簡単に「裏読みがされてしまう」ことだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米紙ニューヨーク・タイムズは3日付朝刊の社説で、

「歴史を否定する新たな試み」と題し、
旧日本軍による慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」に関して、
有識者による再検討の必要性に言及した安倍晋三首相を「重大な過ち」と強く
批判した。
社説は、12月31日付産経新聞1面などに掲載された安倍首相へのインタビュ
ー記事を引用し、安倍首相について、「右翼の民族主義者」と決めつけ、
「朝鮮などの女性を強姦、性奴隷にし、第2次世界大戦で侵略したことへの謝罪
の見直しを示唆した」と非難した。
また、「戦争犯罪を否定し、謝罪のトーンを弱めるどのような試みも、韓国や中国、
フィリピンなど、戦時中の日本の野蛮な行為で苦痛を受けた国々を激怒させるだ
ろう」とした。
最後に、「安倍首相の恥ずべき衝動は北朝鮮の核開発など地域の重要な協力態
勢を脅かす恐れがある。
こうした修正主義は、日本にとって恥ずべき愚かなことだ」としている。
ブッシュ前政権の国家安全保障会議(NSC)でアジア上級部長を務めたマイケル
・グリーン氏は、ニューヨーク・タイムズなど一部米メディアによる「安倍たたき」につ
いて、「安倍氏を危険な右翼だと憎む朝日新聞や一部毎日新聞の見立てを輸入し
たものだ」との見解を示している。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130104/amr13010410070004-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この中国の個人的問題も、膨らませていけば「自国不利」の巡る犯罪行為の
世界的視線わ無視していると、逆に脚光を浴びるのは「不衛生・人権無視」
の体質ではとなりそう・・・。






それでなくとも「経済成長」の鈍化は、政権の命取りになりそうなのに・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
困った時の「遠い昔の被害」、焚き付ける日本人の浅ましさ・・・。 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる