バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 沈没寸前でも「援けない、教えない、関わらない」は、国民の安寧・安全の鉄則

<<   作成日時 : 2013/07/18 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経済不安が治安に及ぼす災難は、社会的不満の鬱積の爆発としての
「加害で鬱憤晴らし」へと展開して、それによる被害から自国民を守る
のは外交手段としての基本であろう。

画像


海外渡航の「警告」を出すべき雰囲気が醸成されつつある「かの国」に
団体でのツアーがあるとすれば、そこは警戒を促す「自己責任でいってらっし
ゃい」と、しなければ後での訴訟の危惧が・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国南西部の光州市で9月に開幕する「光州デザインビエンナーレ」に歌手
のBoAさんや人気グループ東方神起のユンホさんが参加することが決まり、
日本や中国のファンからも関心が集まっている。
光州ビエンナーレ財団は17日、ユンホさんが9月5日の開幕式で行われる名
誉広報大使の委嘱式に出席すると明らかにした。
国内外のファンから開幕式チケットの予約に関する問い合わせが相次いでい
るという。
BoAさんもビエンナーレのテーマソングの制作に参加しており、ユンホさんと
共にPRに一役買っている。
旅行会社も日本や中国のファン向けのツアーを企画。
開幕式やユンホさんの特別展「My Favorite Gwangju」の観覧、
同市出身のユンホさんが卒業した学校訪問などを計画しているとみられる。
日中のファンのために日本語と中国語の案内冊子の作成も検討されている。
今年の光州デザインビエンナーレは9月6日から11月3日までの59日間、
光州市内一円で開催される。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2013/07/17/0200000000AJP20130717003500882.HTML
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
企画ツアーも不調だからこその「宣伝」なのだろうが、それは「日本人狩り」
という野蛮な人々の待ち受ける国だったでは、取り返しが付かない。

画像


だけに警告的報道は、しっかりしないと安寧や生命危機に危惧が生まれる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国が治安崩壊に近づいている。経済危機から失業者やホームレスが急増し、
治安が急激に悪化。一部の若者は武器を持って「日本人狩り」まで始めている
うえ、詐欺をしてでも国外脱出を図る人々も続出している。最大野党の報道官は、
朴槿恵大統領の暗殺危機まで示唆した。ジャーナリストの加賀孝英氏が、隣国
の悲惨な現状に迫った。 
韓国経済は今、瀕死の状態だ。株価急落、失業率の急増、輸出頼みの経済破
綻、観光客の急減、そして中小金融機関の相次ぐ倒産…。朴大統領は有効な
手立てが打てず「国内の不満がいつ爆発するか」ビクビクしながら青瓦台(大統
領府)にいる、といっていい。
その韓国で今、日本人が戦慄すべき目に遭っている。
以下、私(加賀)が、韓国在住の複数の日本人から得た最新情報だ。
じっくりとお読みいただきたい。
「今年2月に朴政権が誕生して以来、景気が一気に悪化した。釜山などの地方
都市にホームレスがあふれ、治安がみるみる悪くなっている」
「3、4人の『日本人狩り』の若者たちが、バットなどを手にして街を徘徊(はいか
い)している。見つかれば『竹島はどこの領土だ?』『慰安婦をどう思うんだ』と必
ず絡んでくる。怖くて街を歩けない」「レストランでも、日本人だと分かると店の態
度が急に変わる。あげくに客の韓国人が議論を吹っかけてきて罵倒する。
とても暮らせない。日本人の韓国脱出が始まっている」
まさに治安崩壊だ。さらに許せない蛮行が大学などの教育現場で起こっている。
「悲惨なのは留学生だ。日本人とみると、韓国人教授が歴史問題で質問してくる。
韓国の意に沿わない答えを言おうものなら、それが正しくても絶対に単位をくれ
ない。屈服しなければ切り捨てられる」「ある大学院生は教授と歴史問題で議論
になった際、教授の態度が急変、『お前はスパイだ。当局に告発するぞ』と本気で
脅かされ、一目散に日本に逃げ帰った。韓国に学問の自由などない。異常だ」
そしてあろうことか、韓国人自身までが国外脱出を始めている。旧知の韓国人ジ
ャーナリストがこう明かす。
「今、300万円ぐらいを抱えて、フィリピンなどに脱出する韓国人が急増している。
韓国では生活できない。希望がないからだ。カネは金融機関から借りまくって、
自己破産を偽装して用意したものだ。明らかに詐欺だ」「香港上海銀行が今月5日、
韓国人への個人融資業務の中止、韓国にある全支店の閉鎖を発表した。踏み倒
されるからだ。それに朴大統領が一役買っている。朴大統領は国民の歓心を買う
ために徳政令を出している。それが見事に悪用されている」
実は、こうした治安崩壊を背景に「朴大統領の暗殺」が懸念されはじめている。
今月11日、韓国の最大野党、民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)院内報道官が突然、
朴大統領を次のように罵倒した。
「朴大統領の父親は、韓国を裏切って日本と手を結んだ『鬼胎(=生まれてきては
いけない人間)』の朴正煕元大統領だ。鬼胎の子孫が大統領の座についている」
日本と手を結んだとは、1965年に佐藤栄作政権と朴正煕政権が調印した日韓基
本条約を指す。洪報道官はこう続けた。
「朴大統領を支えているのは南在俊国家情報院長(元KCIA長官)だ。今では、どち
らが大統領か分からない。その南国家情報院長は第2の金載圭になる」
外事警察幹部がこういう。
「金載圭は元KCIA部長で、79年に朴正煕大統領を暗殺した犯人だ。要は『朴槿恵
大統領の暗殺事件はいつ起きてもおかしくない』と言っている」
「韓国の政府与党は『発言はデタラメだ』と批判した。しかし、各国情報部の反応は
全く違う。なぜか。否定できないからだ。
実は、水面下では何度も朴大統領暗殺情報が流れていた」
「アジア版サッチャー」。強い女性大統領。それが朴大統領のイメージだ。
だが、この韓国の悲惨なありさまはどうだ。政権基盤は激しく揺らいでいる。

■加賀孝英 ジャーナリスト。1957年生まれ。週刊文春、新潮社を経て独立。
95年、第1回編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム大賞受賞。週刊誌、月刊誌を
舞台に幅広く活躍。月刊「文藝春秋」で「尾崎豊の遺書・全文公開」を発表し、
大きな話題となった。(以上、一部略)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20130717/frn1307170728000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これからの時期は、より経済的危機が加速していくはずである。
こういった警告文は、しっかり取上げねば「泣きを見る人」が出てしまう。

画像


もっともネットで目にする「差別主義の蛮行」の画像を目にしていれば、そりゃ
以下のような人々を生み出していく。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
最近、若い女性の間でも右寄りの思想に傾倒する女子が急増している。

「K-POPや韓流ドラマは絶対視ない!」、「韓国は国ぐるみで間違った歴史を
教えて、日本を悪者に仕立てている。
 許せない!」、「尖閣諸島や竹島は絶対に日本のもの!」、「中韓とは断固
国交断絶!」「広告代理店やマスコミが朝鮮人と結託して、日本人に親日的
な感情を植え付けようとしてる!」……などと語気が荒く語る女性が少なから
ず存在するのだ。
しかも、彼女たちはいわゆる”普通の女子”。流行やブランド品を好む、 “スイ
ーツ系女子”の相田多喜子さん(仮名・33歳・会社員)はこう話す。
「韓国製のコスメや食品はもちろん、韓国と業務提携、協賛している日本企
業の製品も購入しないようになった」
発端は知人に紹介された「2ちゃんねるまとめブログ」だという。
「それまで2ちゃんねるに関心がなかったのですが、中国や韓国の実態を伝え
る書き込みを初めて読んでショックを受けました。韓流芸能人が韓国で日本を
悪く言っていること、韓国の性犯罪率の高さ、商品にウジが混入するといった
企業の衛生管理のずさんさなどを知り、さらにネットで勉強するように。
日本のマスコミが偏った報道しかしないことを知りました」
2ちゃんねる経由でこうした思想に傾倒する女性は多く、ほとんどが、昨年7月
の「高岡蒼甫ツイッター事件」がきっかけだったと話す。
昨年起きたテレビ局への抗議デモに参加した竹中さちこさん(仮名・29歳)もそ
の一人だ。
「正直、政治経済や歴史や社会にまったく興味の無いお花畑な自分でしたが、
もう違う。ツイッターで自然に知識が増えていっています」と語る竹中さん。
現在では尖閣諸島・竹島の領土問題のデモにも熱心に参加するようになった
という。
彼女たちの多くが、ネットを通して”真実”にたどり着き、日頃感じていた矛盾
が解決したと語る。
それは、いわゆる「ネトウヨ」とは違うのか……? 
「違います。私たちがしているのは日本人として当たり前のこと。許してはいけ
ないことを許したくないだけ」(竹中さん)(抜粋)

http://nikkan-spa.jp/312054


改善の兆しが見られない日本と韓国の外交関係ですが、経済や文化交流
にも影響が出始めています。
韓流ブームに沸いていた店からはお客さんが急に減ってきています。
そして、韓流スターの来日を巡る日本の政治家の発言に本人が反論する
事態にもなっています。
韓国料理店や韓流ショップが数多く並ぶ東京・新大久保の焼き肉店。
週末の夜7時頃、普段なら、いっぱいになる客席には空席が目立っていました。
「やっぱり、いらっしゃるお客さんたちが減った。2〜3割以上だと思う」(従業員)
店員によりますと、客が減り始めたのは1週間ほど前から。ちょうど日本政府
が竹島の問題について国際司法裁判所へ提訴する方針を決めるなど、日韓
関係の悪化が大きく報じられた頃です。
「予想してなかったですね。正直あまり、ここまでは」(従業員)
イ・ミョンバク大統領の竹島上陸や野田総理大臣の親書を韓国側が返却した
問題などを受けて悪化した関係が、身近なところにも影響を及ぼし始めています。
韓国のゴルフボール製造会社ボルビックは、日本のスポーツ用品会社に輸出
する予定だった600万ドル、およそ4億7000万円の契約について、日本側
から急きょ、輸入を保留するという連絡を受けました。
「『今は韓国製のゴルフボールを売るのは難しそう』だと言われたので、輸入を
暫定的に停止すると言われた」(ゴルフボール製造会社 ボルビック担当者)
 一方、日本で韓国旅行を中心に扱う旅行代理店では、8月の売り上げが去年
の同じ時期に比べて3割ダウンしています。
「9月〜10月の入れ込みが弱い状況で、通常ではありえないです。
稼ぎ時なので、かなりの打撃ですね」(スカイプロジェクト 村上 隆 代表取締役)
こうした中、山口外務副大臣による発言が波紋を呼んでいます。山口副大臣は、
先週金曜日のテレビ番組の中で、次のように発言。
「ソン・イルグクさんという俳優が泳いで竹島へ行った。申し訳ないが、これから
日本に来るというのは難しくなるでしょう」(山口 壯 外務副大臣、今月24日)
これに対し、当のソン・イルグク氏がインターネットのツイッター上で反論しました。
「何と言っていいか、言葉もない。私の3人の息子の名前でも呼んでみます。
『大韓・民国・万歳』」(ソン・イルグク氏)
山口副大臣に発言の真意を聞いてみますと・・・「(Q.ソン・イルグク氏について
の発言の真意を?)ノーコメント」(山口 壯 外務副大臣)
韓国の街の人は・・・
「日本と聞くと、否定的な感情がわきます。震災のとき、韓国は日本を支援した
のに頭を後ろから殴られたような感じです」(ソウル市民)
 「竹島(独島)問題から来る政治的な反日感情は置いておいて、文化的なこと
などは別として考えた方がいいと思う」(ソウル市民)
日本の韓流ファンの多くは、文化的な交流にまで壁ができることに懸念を示し
ています。
「活動休止とかになったら嫌なのです、ごく深刻だと思う」(新大久保を訪れた人)
「(韓流スターが)入国できなくなったりすると、ファンはすごく悲しくなると思うので、
国と国がもめちゃうのはすごくつらいですね」(新大久保を訪れた人)
客足の減った韓国料理店でも・・・
「僕も韓国人なんだけど、日本にいるので関係が良くなればいいと思います」
(「韓太郎」従業員)
時間が経つにつれて影響の広がる日韓関係の悪化。改善の兆しは見えていま
せん。

TBS系(JNN) 8月27日(月)20時19分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20120827-00000047-jnn-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
改善の兆し
それは歴史認識でなく、歴史の事実を認め合うという相互理解であって、
脚色してしまったファンタジィーではない現実的改善というものだが、そりゃ
自分達の自己都合に合わせろでは、反発が出るのは当然である。

画像


こんな大統領も存在してしまう「かの国」の態度にね日本国民がどんな目で
みているかは、徐々に数字に現れてくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
李明博(イ・ミョンバク)大統領の竹島上陸や天皇陛下への謝罪要求により日韓
の対立は深まりをみせる一方だが、このような問題は韓流ブームにどのような
影響を与えているのだろうか?
韓国メディアの分析によると、韓国を訪れる日本人観光客数や韓国商品の売上
げは、対立が深まっ た後も増加をみせている。
多くの日本人が、「韓流」と「政治」とを切り離して考えているためだ。
韓国紙ソウル新聞は、21日付の「韓・日葛藤の中で観光客増加…経済影響は
未だ“微風”」とのタイトルで、一連の問題による日本国内の影響について伝えた。
それよると、韓国を訪れる日本人観光客数は、8月10日から15日までのお盆期
間中に7万8000人余りに達した。これは前年度より17%増加した数値だ。
対象期間を8月1日から15日まで広げてみると、日本人観光客数は16万7000人
余りと前年度より14%増加しており、日韓関係が悪化し始めた10日以降の方が
むしろ増加傾向にあることが分かった。(韓国観光公社調べ)
このような結果を受けて、ソウル新聞は「日本人は両者を別に見る傾向がある」
と分析している。
実際、韓国観光公社の関係者は、「K-POPや韓流に対する日本人の好感度が
それだけ大きいということ」と近年の韓流ブームの人気に自信を見せ、駐日韓国
大使館の関係者も日本国内の韓国商品の売上げは増加しているとし、その背景
に日本人の韓流と政治問題とを切り離す考え方があるのだと話した。
しかし、記事によると、日本で韓国料理店や輸入業を営む韓国人たちは、事態が
長期化すれば少なからず影響があると考えている。
特に在日本韓国人連合会や在日韓国人飲食業協会といった組織は、日本の右
翼団体によるデモや日韓の若者同士による突発的な事故が発生するのではな
いかと警戒感を示しているという。
日韓の葛藤が長期化した場合、どのような影響が出るのかはまだ分かっていない。
韓国メディアによれば、今のところ一連の問題により訪韓する日本人観光客数
が激減したり、韓流 商品の売上げが低迷するなどの影響は見られないようだが、
対立関係がこのまま数年も続くようなら、「韓流」と「政治」を切り離して見ていた
人たちも考えが変わってしまう可能性はある。

韓フルタイム
http://n.m.livedoor.com/f/c/6880260

韓国の李明博大統領が、ロンドン五輪男子サッカーの日本と韓国による3位決定
戦に合わせたように竹島に上陸。
それをきっかけに韓国内における反日感情が高まっているという。もちろん日本で
も反韓感情は高まっている。
今回の“事件”を、日本の韓流ファンはどう思っているんだろうか? 韓流の聖地、
東京・新大久保に足を向けてみた。
韓国料理や韓流グッズの店が立ち並ぶ大久保通りは、記者が訪れた日は竹島
問題なんてなかったかのような賑わいで、どの店も相変わらずの混雑ぶり。
でも、そこにいた韓流ファンの女性に話を聞くと、彼女はにわかに表情を曇らせた。
「これまでは夫も私のK-POPのコンサート通いに“しょうがないな”という感じで理
解を示してくれていました。ところが今回の騒動が起きた後、“まさか、まだあんな
国のタレントの追っかけをするんじゃないだろうな”といわれてしまって。
“それとこれとは別でしょ”って反論したら大げんかになっちゃいました。コンサート
には行くつもりですけど、秋の韓国旅行はさすがに夫には切り出せません」
(50代・主婦)
また、今回の騒動をきっかけに、ネットなどで韓流スターたちが過去に韓国内でや
っていた「反日行動」が話題になっていることに、困惑しているファンもいた。
「嫌いになったわけじゃないけど、正直、がっかりって感じがあるんです。
“韓国好きだ〜、応援するぞ〜”って張り切ってたら、ハシゴを外されたというか。
たしかに、彼らは日本のファンの前では日本が大好きみたいな態度だし、実際
にいっぱい日本のよさも知っているはずなのに、韓国国内で“日本はいい国で
すよ”という人はいませんからね」(40代・女性)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120823-00000015-pseven-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
どんどん明らかになる「反吐が出る国民性」に、輪を加えての妄言を国の
トップが堂々と告げていれば、急速に「嫌悪感」は広がるものである。

画像


その上、新たなリーダーも、後ろ向きさ加減が尋常でないと来れば、もう
振り向いてくれることもなく、ましてその「国民の世論」が政治に反映される
のは、その国の独立性として当たり前の態度である。
何よりその昔の性質そのままで歴史が流れているみたいな人々では、
相容れないのは自明であろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
虚言、詐欺、相互不信、空理空論、無恥、卑屈、臆病…これが「半万年の歴史
を持つ偉大な韓民族」の正体だ−。

裏切りと不信の国民性
韓国の李明博大統領の竹島上陸と天皇に対する非常識な発言に、日本人が怒り、
抗議の声が広がっている。
嫌韓感情の高まりというよりも、「この国はだめだ」という諦感が定着し始めている
のは、ごく当たり前のことだ。
戦後、日韓基本条約を結んだにも拘らず、歴代の韓国大統領は日本に対し「謝罪
と反省」を執拗に求め続けてきた。
一方の日本がいくらそれに応じて謝罪を行事化し、明文化をくりかえしても、韓国
の反日感情は収まらない。
金大中、盧武鉉両大統領の2代10年にわたる親中、親北、反日、反米の左翼政
権から商人出身の李明博大統領の代になって、本人も「韓日の過去」のいざこざ
に終わりを明言し、日本もこれで両国関係は正常化に向かうと期待していた。
だが、李明博の8月以降の豹変ぶりと異常な言動にまともな日本人は愕然とし、
「また裏切られた」という念が強い。
「李明博までも」という韓国人への不信感は募る一方である。
戦後、半島の北も南も、エリート層にしか使いこなせない漢字を全廃し、ハングル
のみ国字にしたのは、民族を育てていくのに必要不可欠なことだった。
だが、結果としては、漢字廃止後の「ハングル世代」と呼ばれる世代は真の国史
を知ることができなくなり、「捏造」「創作」の国史しか知らないという状況を生み出
した。
「韓国半万年史」の中で、高句麗史、渤海史以外には、真実の記述が乏しく、人物
としては朴正煕しかいないというのが、中立な私の眼から見た韓国である。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/121018/bks12101803010000-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日本で育ったリーダーでも、末期は「姿勢を翻す」を厭わないカメレオン的
変態を取ってしまう。

画像


国内的のにも「批判を浴びる人々」を、意味もなく擁護する人は存在してしまうが
ただ「批判されるのに我慢出来ず」で、行動に移せば「犯罪行為」となるのは
法冶国家なら当然であり、自由のための民主主義であろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
日韓国交断絶などを訴える政党候補者の選挙ポスターが次々に破られていると、
ネット上で騒ぎになっている。疑われた「レイシストをしばき隊」メンバーは、関与を
全否定しており、今のところ真相は不明だ。

画像



参院選公示から5日目となる2013年7月8日、維新政党・新風代表の鈴木信行候補
はブログで、選挙ポスターをビリビリに破られるケースが数件あったと明かした。
もちろん、ポスターを破れば、公選法違反(自由妨害)になる。鈴木候補は、「これ
は犯罪なのにね」と漏らし、警察に被害届を出したと報告した。翌9日のブログでは、
政党ホームページまでも何者かに壊されたと明かしている。
一方、何らかのポスターを破ったと頻繁につぶやくツイッターユーザーがネット上で
話題になった。

画像


嫌韓ヘイトスピーチへの抗議活動をしている「レイシストをしばき隊」のメンバーとみ
られる男性だ。
「レイシストのポスターびりびり破きなう」。この男性は11日にこんなツイートをすると、
連日のようにポスター破りの報告を繰り返した。
「俺のレイシストポスターびりびり破きは、スーパーパーフェクトテクニック」
「本日もレイシストポスターびりびり破き、皆さまお疲れさまでした」…
そのツイートは、20件ほどもあり、複数が関わっているようにも読める。
そして、鈴木候補が14日、コリアタウンとも言われる東京・新大久保で街頭演説に立
つと、翌日には、ツイートの男性を含めたしばき隊のメンバーが集まったと2ちゃんね
るのスレッドに写真つきで書き込まれた。
スレでは、鈴木候補のポスターが実際に破られている写真が数点アップされ、この
男性らによるものではないかと次々に非難の声が上がった。
実際、鈴木候補のポスターはどのくらい被害に遭っているのか。
維新政党・新風の広報担当者は、取材に対し、公示日の翌日から被害が出て、これ
までに都内全域で200枚近くが破られたことを明らかにした。
1日平均十数枚が破られているといい、ホームページ被害も含めて、所轄の警察署
にその都度届けているとした。

画像


犯人像については、こう答えた。
「うちのポスターだけが狙われているようですので、政策に反対している人が犯人で
はないかと思っています。
男性のツイートについては、『不愉快なので、通報した方がいい』と支持者からよく
電話がかかってきます。
しかし、犯人については、憶測で申し上げることはできません」
ヘイトスピーチで批判されている在特会については、「組織が違いますので関係な
いです」と言う。
街頭演説などでしばき隊から非難されたことには、「韓国批判が気に入らないので
は。日の丸を持っていれば一緒に見えるのでしょうが、どこが差別になるのか聞き
たいぐらいです」と話した。
一方、ツイートの男性は2013年7月17日、自らのブログで「僕は断じて選挙ポスター
を破いたりしていない」と関与を明確に否定した。
在特会会長やヒトラーなどを含め、レイシストとするポスターを「家でびりびり破いて
ただけ」だとした。
警察などにもそう説明したといい、ネット上の非難については、「その気になれば、
名誉毀損で法的対処できる」とも言っている。

http://www.j-cast.com/2013/07/17179599.html?p=all
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こういった下劣な行為をして恥じない性質は、さてどんな犯人がやることなのだろ
う、もつとも選挙権のない人々の「外国人としての態度」に憤りを感じるからの
選挙人の主張に、表立って支持表明しなくとも、日本国民なら「賛意」を込めて
その上で選挙違反としての「ポスター剥がしの蛮行」には、強い憤りを感じる。

画像


画像は先頃発刊された本だが、これのアマゾンでのネガティブ・コメントが
なんとも分かり易い「日本語ならぬ日本語」という微笑ましいダメさ加減
だが、その甲斐もなく本自体は売れている・・・。
そして当時の日本の実体といえば、以下のような「対処に苦慮」していた
政府の苛立ちが残されている。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
16: 日本@名無史さん 2010/09/12(日) 17:46:42

吉田茂氏がマッカーサーに宛てた「在日朝鮮人に対する措置」文書(1949年)

朝鮮人居住者の問題に関しては、早急に解決をはからなければなりません。
彼らは総数100万にちかく、その半数は不法入国であります。
私としては、これらすべての朝鮮人がその母国たる半島に帰還するよう期待す
るものであります。その理由は次の通りであります。
(1)現在および将来の食糧事情からみて、余分な人口の維持は不可能であります。
米国の好意により、日本は大量の食糧を輸入しており、その一部を在日朝鮮人を
養うために使用しております。
このような輸入は、将来の世代に負担を課すことになります。
朝鮮人のために負っている対米負債のこの部分を、将来の世代に負わせることは
不公平であると思われます。
(2)大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません。
(3)さらに悪いことには、朝鮮人の中で犯罪分子が大きな割合を占めております。
彼らは、日本の経済法令の常習的違反者であります。彼らの多くは共産主義者
ならびにそのシンパで、最も悪辣な政治犯罪を犯す傾向が強く、
常時7000名以上が獄中にいるという状態であります。
--中略--
さて、朝鮮人の本国送還に関する私の見解は次の通りであります。
(1)原則として、すべての朝鮮人を日本政府の費用で本国に送還すべきである。
(2)日本への残留を希望する朝鮮人は、日本政府の許可を受けなければならない。
許可は日本の経済復興の貢献する能力を有すると思われる朝鮮人に与えられる。 
上述のような見解を、原則的に閣下がご承認くださるならば、私は、朝鮮人の本国
帰還に関する予算並びに他の具体的措置を提出するものであります。

敬具 吉田 茂
(田中宏「在日外国人」より)

画像



「中坊公平・私の事件簿」(中坊公平2000.11.22)の中に、一つ在日の犯罪が
載っている。

借金を返済しない在日韓国人を法律的に追いつめたところ、中坊弁護士が暴
行を受けたのである。後頭部を打ち付けられて怪我した中坊氏。
「お前こんなことしていいと思ってるのか。こっちは頭に傷を負って出血してるん
やぞ。」すると、彼の連れてきた暴力団風の男は予想もしない行動に出ました。
私の目の前で「お前、俺をやったな」と言いながら、自分で自分のカッターシャツ
を両の手で力任せに引き裂き、ばーんとボタンを弾き飛ばしたのです。
そして、「俺かてお前にこうしてやられてるやないか」と言う。
その後、警察に行くと在日側の弁護士に暴行で訴えられた。幸いにも証拠と証人
があり、冤罪が証明されたのですが、街宣車が家まで来て「民族差別を許すな!」。
これじゃあ、弁護士もいやになるだろう。



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大多数の朝鮮人は、日本経済の復興に全く貢献しておりません
に代表されるような実態が、その当時の日本人の「災い」だったのだろう。
そして「帰り船」で帰還してきた人々は、なんとな境遇に更に憎悪を深めた
のは、察して余りあるものだろう。
先人達の苦難は、忘れてしまうには忍びなく、それこそ1千年非難して
良い類のもの。
被害者面した加害者が、そこには確かに存在していたは「歴史認識」でなく
「歴史の事実」である。



悪韓論 (新潮新書)
新潮社
室谷 克実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 悪韓論 (新潮新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沈没寸前でも「援けない、教えない、関わらない」は、国民の安寧・安全の鉄則 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる