バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「健康のためなら死んでも構わない」式人命軽視の行動様式

<<   作成日時 : 2014/04/19 23:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

何かに取りつかれたように「健康」にご注進すると、それこそ「健康のためなら
死んでもかまわない」とかの比喩さへでて顰蹙もだが、今回の「海難事故」の
「かの国」の右往左往ぶりは、その滑稽さと変わりなく、人権は大切でも人命は
蔑ろの「行き過ぎた健康」と、良く似た行動様式・・・。

画像


呆れ返る顛末が次々と展開されて、めまぐるしい報道だが、残念なのは「人命」
に関する安否確認の回りでの「騒動」ばかりで、流石に「人命軽視」では現政治
体制も、自国民からの不満続出で「人権」での告げ口があからさまな人命軽視
を見せてしまっては、世界も唖然としてしまう。
何しろ迅速な「一分一秒」を争う人命に、救助の腕が数段上の国の申し出を断り
なのだから、救いようがない。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国の旅客船セウォル号の沈没事故をめぐり、
「船内に残された人の生存時間を伸ばすため、船内に酸素を注入している」との
海洋警察の説明がうそだったなどとして、行方不明となった乗客の家族らが激し
い怒りを示している。
台湾・更生日報の17日付の報道として、環球網が18日伝えた。
報道によれば海洋警察は船が16日午前に沈没して以降、乗客の家族らに対し
て「船内に酸素を注入している」と何度も説明していたが、実際には酸素注入の
設備が届いたのは17日夕方で、海洋警察の説明はうそだったことになる。
このことに家族らは猛烈に抗議し、衝突も起きた。
また韓国・中央日報の報道によると、船には救命ボートがあり、船が沈没するよ
うな場合には自動的に救命ボートが出てくるはずだが、実際にはボートの設備
が作動した形跡はなく、船員が手動で動かした様子も見られなかったという。

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20140418/Xinhua_80254.html

画像


韓国・珍島沖で旅客船「セウォル号」(6825トン)が沈没した事故で、韓国の検察と
海洋警察の合同捜査本部は18日午前、記者会見を開き、同船が16日朝に横転
する直前、操舵そうだ室にいた3等航海士が急旋回を指示していたことを明らかに
した。
同船は横転前、不自然な急旋回をしており、捜査本部は近く、業務上過失致死傷
容疑でイ・ジュンソク船長(68)らの逮捕状を請求する方針だ。
韓国メディアは、3等航海士が入社4か月の20代の女性と報じた。
船長は捜査本部の調べに対し、「危険な所なので自分が直接みるべきだった」と
供述したという。捜査本部は18日の記者会見で、船内の勤務態勢に問題はない
との見方を示したうえで、横転前の旋回や、船の維持管理に問題があったか調べ
ることを明らかにした。
海洋警察庁は18日、乗客乗員は475人、179人が救出され、死者25人、安否
不明者271人と発表した。
船長には船員法で最後の乗客が下船するまでの在船義務があるが、韓国紙・
朝鮮日報は、船長が取り調べで、「船が沈み始めて救助隊が来たので、急いで
乗り込んだ」と供述したと報じた。今回の事故では、案内放送で乗客に待機を求め
た一方、船長が乗員に退避を指示した疑いも浮上。韓国内では乗員の58%が
救助された一方、乗客は35%だったとして、運航会社や船長の対応に厳しい
批判の声が上がっている。

http://www.yomiuri.co.jp/world/20140418-OYT1T50099.html?from=ytop_top

画像


船が沈没していく2時間の間、乗組員たちは一体どこで何をしていたのだろうか。

沈没した旅客船「セウォル号」では大規模な人的被害が発生したが、最初に脱出
した船長をはじめ、最後まで責任を果たさなければならないはずの乗組員たちの
多くが、事故が発生するや否や、素早く脱出していたことが分かった。
事故発生当時、セウォル号には船長のほか、1等航海士2人、2等航海士と3等航
海士各1人、操舵(そうだ)手3人、甲板長と機関長各1人など、約30人の乗組員が
乗っていたが、沈没する瞬間まで船内で案内放送を続けた末に遺体で発見された
パク・チヨンさん(22)を除き、救助されていたことが分かった。
木浦海洋警察署によると、船長(69)は真っ先に脱出した人たちの中にいた。
船長は船が座礁したとの通報が受理されてから約40分後の16日午前9時30分ご
ろに船外へ出て、同50分ごろ、約50人の乗客と共に海洋警察の警備艇に救助された。
機関士や操舵手など6人の乗組員も、この最初に救助された人たちの中にいた。
警察は船長を呼び、事故の経緯について調べるとともに、
船内の事情を把握している船長を救助作業に動員するため、事故が起こった海域
に行かせた。
一方、この船長が、当初運航を任されていた本来の船長(47)に代わって船を操
縦していたことも明らかになり、一部のインターネットユーザーは「問題の船長は
『代理船長』で、真っ先に船を捨てて脱出したのではないか。
無責任にもほどがある」と非難している。

http://news.livedoor.com/article/detail/8745204/

画像


旅客船沈没:操船していた3等航海士、名前偽り脱出か
生存者名簿に本名「パク・ハンギョル」掲載なし
船長も救出時に身分偽る

旅客船「セウォル号」沈没事故が起こった当時、操船権を握っていた3等航海士の
パク・ハンギョル容疑者(26)=女性=が、救助されたとき身分を隠そうとしたので
はないかとの疑惑が浮上した。
パク容疑者に操船権を渡し、操舵(そうだ)室を出ていたイ・ジュンソク船長(69)=
逮捕済み=も、16日午前11時ごろに全羅南道珍島郡の彭木港に到着したとき、
職業欄に「一般人」と書き、身分を偽っていた。
乗客より先に救助されたパク容疑者も、イ船長とほぼ同じ時間に彭木港に到着し
ていたことが分かった。
だが、事故発生から3日がたっても「セウォル号沈没事故生存者名簿」に「パク・ハ
ンギョル」という名前はなかった。その代わり、発音が似ている「パク・チャンギル」
という乗組員の名前が載っていたが、本紙がセウォル号を運航する清海鎮海運
に対し、乗組員の名前を照会したところ、「パク・チャンギル」という名前の社員は
いなかった。だが、検察と警察の合同捜査本部は18日午後7時10分、生存者名簿に
名前がない「パク・ハンギョル」に対する逮捕状を請求した。合同捜査本部の関係
者は「救助された直後に名簿を作成したとき、パク容疑者が自ら『パク・チャンギル』
と記載したのか、あるいは別の人物がパク容疑者の名前を聞き間違えて『パク・チ
ャンギル』と記載したのか、または実務担当者のミスで生存者名簿にパク容疑者
の名前を記載できていないのか、正確には分からない」と説明した。
パク容疑者は木浦海洋大学を卒業後、S国際フェリーで10カ月間実習を行い、昨
年12月に清海鎮海運に入社した。海洋警察の関係者は「入社して4カ月しかたっ
ていない上、慣れていない航路を航行したため、事故を起こした蓋然性が高い」と
話した。

木浦= 金性鉉(キム・ソンヒョン)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/19/2014041900512.html

画像


韓国の旅客船沈没事故をめぐり、安否不明者の家族らが集まる珍島の体育館で
18日、日本政府の捜索支援の申し出を韓国側が拒絶したとの噂があると一人の
男性が韓国海洋警察幹部に質問、館内から非難の声が上がる一幕があった。
小野寺五典防衛相は18日、海上自衛隊の掃海艇やダイバーなどを派遣する準備
を進めていることを明らかにした。
韓国では日本による植民地支配の歴史から、自衛隊に対する拒否感が強い。
韓国側が実際に申し出を拒んだとの事実は確認されていないが、日韓関係が悪化
した状況でも非常事態には柔軟に対応すべきだとの住民側の考え方が示された形だ。
男性は、舞台上で捜索状況を説明した幹部に「日本の捜索支援の申し出を断った
と聞いたが本当か」と質問。
館内では悲鳴が上がったり、ため息が漏れたりするなど、騒然となった。
これに対し、幹部は「初めて聞いた。確認してお答えする」と述べるにとどめた。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140419/kor14041900510002-n1.htm

韓国南西部・珍島沖で起きた客船沈没事故の乗客家族や報道によると、子ども
の生存を願う行方不明者家族の心理を悪用し、「金を出せば救出してあげる」と
持ち掛ける詐欺が横行している。さらに、事故を利用した携帯メールによるハッ
キングも見つかった。
韓国通信社ニューシスによると、民間潜水業者の関係者と名乗る人物が行方不
明者家族に接近し、「1億ウォン(約990万円)を出せば子供たちを船から救い出す」
と誘う事例があったという。家族らは、こうした詐欺に引っ掛からないよう呼び掛け
合っている。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000059-jij-kr

画像


MBNのイ・ドンウォン報道局長が放送を通じてホン・ガヒェ民間ダイバーのインタ
ビュー論争に対する立場を明らかにする見通しだ。
MBN関係者は18日、TVレポートとの通話で「午後1時50分に開始するMBNニュ
ース速報を通じてイ・ドンウォン報道局長が公式立場を発表する計画だ。
午後2時頃、謝罪放送が始まるようだ」と説明した。
ホン・ガヒェ民間ダイバーについては「身元を把握している。一般人なので難しい
部分がある」として「ホン・ガヒェさんの主張を確認せずに放送で流した。
行方不明者の家族らと視聴者の皆さんに混乱をおかけし 当に申し訳ない」と謝罪
の言葉を伝えた。
続いて「MBN公式ホームページを通じて謝罪文を上げる予定であり、公式の立場
をすべて記載する」として重ねて申し訳ありませんと述べた。
これに先立ちMBNは民間ダイバーのホン・ガヒェのインタビューを報道したが、事実
と異なるとする海洋警察の話に続き、ネチズンからは虚言症だという証言まで続出
している状況である。
当時ホン・ガヒェ民間ダイバーは「民間のダイバーたちと関係者の協力が全く行わ
れない状況である。
機器のサポートがほとんど正常に行われず、調査の進行が難しい」と伝えた。
彼女は「政府関係者が潜水しないように妨害するなど14時間以上救助活動が中断
され、民間のダイバーに対して適当に時間でも潰していなさいと言う話を聞いた」と
付け加えた。あわせてホン・ガヒェは「実際にダイバーが船の中に人がいることを
確認して音も聞いた」と伝えた。
これに関連して西海地方海洋警察庁は同日、報道資料を通じて「17日までに民間
潜水士が3回投入された結果、生存者がいるという報告はなかった」として「今日も
民間救助団70人が小型船2隻を利用して事故海域へ出発し、行方不明者の救助
に最善を尽くしている。そして海洋警察は現場での民間救助士の活動を防いだな
どというのは全く事実と異なる」と説明した。

2014-04-18 13:02:32
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=492211

警察は総合編成チャンネルの生放送インタビュー中に「海警が民間ダイバー投入
を阻んでいる」と虚偽発言をして波紋を投げかけて潜伏したホン・ガフェ(26)さんに
対する逮捕状を申し込む事にした。
警察庁捜査局は、ホン氏は捜査着手の消息が伝わると携帯電話の電源を消して
隠れたことから被疑者身分に切り替えて今日中に逮捕令状を申し込んで強制拘
留する方針だと19日明らかにした。以下略

http://news.nate.com/view/20140419n11684?mid=n1006

画像


韓国のエンターテインメント情報発信サイト・Mwaveの中国語版は17日、大型客
船の沈没事故が発生した韓国で浴槽で仰向けに「潜水」する写真を掲載した男性
モデルのSNSアカウントが炎上したと報じた。
記事は、19歳の韓国人男性モデル、ホ・ジェヒョクさんが17日午前0時過ぎ、画
像共有サイト「Instagram」上に黒い服を着て浴槽の中に仰向けに潜水する画像
を「おもしろい遊び」というコメント付きで掲載したと紹介。これを見たネットユーザ
ーから猛烈な批判を浴びたと伝えた。
批判を受けて事の重大さを知ったこのモデルは問題の画像を削除する一方、「ソ
ウルに上京して3カ月足らずでテレビもパソコンもなく、ニュースに触れる機会が
なかった。沈没事件のことを今知った。本当にごめんなさい」と釈明コメントを残した。
釈明に対してモデルを擁護する意見も一部あったが、別のネットユーザーからは
「数日前にノートパソコンの写真を掲載していた」、「スマホで画像掲載できる奴が
ニュースを見られない訳がない」との厳しい指摘が寄せられたようだ。
結局このモデルは、すべてのSNSアカウントを解除したという。

2014年4月18日
http://topics.jp.msn.com/world/korea/article.aspx?articleid=4101059
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
報道の数々を拾い集めても、最善を尽くしているとは思い難く、まして人徳やら
なにやらと「自ら自慢」していた事柄の「いざ」となれば、真っ先に逃げるでは、
あの朝鮮戦争当時の政府の人民置き去りの姿勢と寸分変わらないし、まして
どこまでも「うそが蔓延」する社会では、さてそれ以前の歴史に「嘘」はなかった
かと検証されそうだ。

画像


それでなくとも以下のような事実は、それこそ迷惑なものとなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
熊本県の養鶏場で検出された鳥インフルエンザウイルスは、
ことしに入って韓国で流行しているH5N8型だったことが分かりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140417/k10013826341000.html

アシアナ航空、ソウル―熊本線を週5便に 夏の1カ月間
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO69972730W4A410C1LX0000/

最近の円高修正や韓国人観光客の熊本など九州でのゴルフ人気で、同路線
の利用は増加傾向にある。
アシアナ航空熊本支店の調べでは、2013年7〜8月の2カ月間のソウル―熊
本路線を利用した韓国人ら外国人旅客数は4200人で、12年同期に比べ2倍
強に増えた。
同社は「夏場の週5便就航の需要が好調なら秋以降も増便を検討する」(熊本
支店)としている。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

災害における「人命救助」のノウハウは、普段の地道な反復練習なくして、
いざという時発揮出来ない。そして政治もそのいざの時、それだけの鍛錬され
たリーダーでもなければ、指揮系統もまた・・・。
これは日本でも未曾有の大惨事では、時の政権の無能振りばかりが目立って
しまったが、あちらもまた普段の「歴史認識云々」と「人命軽視」に相関があるか
となれば、正に「嘘に塗れた稀代の国家像」が描かれてしまう・・・。
にしても、現場では真剣に救助をしていると、そして救われる事を祈念する。



権力の道化
PHP研究所
櫻井 よしこ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 権力の道化 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「健康のためなら死んでも構わない」式人命軽視の行動様式 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる