バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS あれやこれやの「他人のせい」は、みっともない

<<   作成日時 : 2014/04/23 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

何かが起こった時、責任の回避に「他人のせい」にするのを潔さから
見てみれば・・・。しかしてそれを遂行してしまうと・・・。

画像


行方不明者捜索が続行される中で、事故原因についてのさまが、徐々に
なんとも「他人のせい」に出来ないかの模索が始まったようで・・・。
「他人のせい」は勿論、日本が云々の目くらまし・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
韓国旅客船「復原力」大幅に上回る貨物

韓国で旅客船が沈没した事故は23日で発生から1週間となった。いまも166人
の安否がわかっておらず、徹夜での捜索が続いている。
海洋警察などの救助チームは22日、多数の乗客が取り残されているとみられる
食堂への進入に成功した。事故で死亡が確認された人は136人となり、いまも
166人の安否がわかっていない。
警察はセウォル号の船長らに加え22日夜、新たに1等航海士ら4人を逮捕し、
乗客の避難誘導に問題がなかったかどうかなどを調べている。
一方、野党の議員は去年1月に韓国の船の格付け機関が行ったセウォル号の検
査結果を公表した。検査結果では、セウォル号が船が傾いた状態から元に戻ろう
とする能力である「復原力」を維持するためには積み込む貨物を987トン以下に
すべきだと記されているが、今回は、これを大幅に上回る貨物を積んでいたことが
わかっている。
22日に逮捕された船員は「船に復原力がなかった」と話しており、こうした状況が
沈没と関係している可能性があるのか、事故原因の究明も進められることになる。
(04/23 10:32)

http://www.ytv.co.jp/press/international/TI20138954.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過積載だろうがなんだろうが、自分達の責任は認めずの「恒例の様式美」は、
流石だが、それに加勢するメディアの存在は、いかがしたものか・・・。

画像


このキャプション、何しろのテレビ局、何が何でもの「他人のせい」を遂行し、
悦に入る「印象操作」がばれれば、より信頼を失うものを・・・。




いい訳も見苦しいと、それこそ人間性を疑われるが・・・。


無責任の構造―モラル・ハザードへの知的戦略 (PHP新書 (141))
PHP研究所
岡本 浩一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 無責任の構造―モラル・ハザードへの知的戦略 (PHP新書 (141)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
あれやこれやの「他人のせい」は、みっともない バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる