バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「地獄に招待」とは、これいかにな大会運営を学ぶと豪語の頓珍漢リーダー

<<   作成日時 : 2014/09/22 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

国際大会を開催に当たっての意気込みも、どこか頓珍漢な人々は、華美な
催しとするものの準備と細心の注意が散漫なようで、恥さらしなものと・・・。

画像


予想出来る不祥事に、「やっぱりね」の感想と共に、都民のリーダーの間抜けな
「参考にする」の発言の頓珍漢さが、際立って世間離れしたものだったようだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
<仁川アジア大会>初日から大失態、試合中に停電、国旗間違え=韓国ネット
「世界に恥さらした」

2014年9月21日、中国メディア・鳳凰体育によると、韓国・仁川で開催されている
アジア競技大会の初日に運営ミスが続出したことに、韓国のネットでは「世界に
恥をさらした」などと批判の声が集中している。
大会初日の20日、午前中にはバドミントンの試合中に停電が発生。
午後には重量挙げ女子48キロ級の表彰式で、運営側がインドネシア国旗を間違
えて用意し、インドネシア人選手が持っていた国旗を「借りて」表彰式を続けるとい
う騒動もあった。
初日からの運営の大失態に、韓国のネット上には
「世界に恥をさらした」
「信じられない。団地主催の試合ですらこんなことは起きない」
「開会式で赤っ恥をかいたというのに、競技初日にもまたこんな失態。恥ずかしい…」
といった書き込みが相次いでいる。

[レコードチャイナ 2014.9.21]
http://www.recordchina.co.jp/a94541.html

画像


世界一のチームが“アウェーの洗礼”に屈した。バドミントン男子団体が行われ、
5月の国・地域別対抗戦のトマス杯で優勝していた日本は、初戦となった韓国と
の準々決勝で5時間30分を超える激闘の末、2―3で敗れて44年ぶりの表彰
台に届かず。
エースの田児賢一(25=NTT東日本)が出場した第1試合のシングルスでは、
韓国を後押しする不可解な風が会場に吹き荒れた。
21―12で奪った第1ゲームは無風だったが、第2ゲームに入ると、田児を向か
い風が襲う。コートチェンジした第3ゲームは風向きが変わるはずだが、空調が
意図的に操作されたのか、なぜか再び向かい風。シャトルは軽く、風の影響を
受けやすいため、向かい風だと圧倒的に不利だ。1―2と逆転で落とし、「途中
で風が変わるなんて、他の国じゃありえない。事前に打ち合わせしてたんじゃな
いの。だって韓国の選手は面食らってなかったでしょ」と吐き捨てた。
第2ゲーム中に審判本部に抗議した日本代表の舛田コーチは、怒りを通り越し、
あきれていた。「風が明らかにおかしかった。
都合が良すぎる」。隣のコートでプレーし、風の影響を受けて大逆転負けを喫し
たインドネシア選手からも、「おまえらがコートを移動したら風向きが変わった」と
言われたという。日本オリンピック委員会(JOC)に提出する報告書にもこの件
について記載し、問題提起する構えだ。
第2試合以降は風向きは一定となり日本は粘ったが、やはり田児の敗戦が痛か
った。「しようがないっしょ。韓国でアジア大会やってるわけだから。負けたのは
情けないわ。トマス杯でも自分が波に乗せてたんで、これじゃ優勝できるチーム
じゃない」。悔しさを晴らすには、各メンバーが個人種目で“日本旋風”を巻き起
こすしかない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140922-00000078-spnannex-spo
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
しようがないっしょ。韓国でアジア大会やってるわけだから
日本選手の共通認識は、「すべてにおいてスポーツマナーの全くない国」という
ものだが、都民を全く顧みないリーダーの妄想頭脳は、きっと参考になるという
妄想を描いて税金支出して出席したはず・・・。

画像


選手の共通認識を共有しないリーダーは、「地獄へようこそ」に共感を得たのか
いっぱしの言葉を紡いでいるが、残念ながら「その時は、あなたリーダーではない」
ですからのささやきが、都民から漏れているのを、聴かなけりゃ・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
東京都の舛添要一知事は19日夜、韓国での仁川アジア大会開会式に出席した。
終了後、記者団に、会場内外で移動や招待客の誘導がスムーズにできていない
面があったと問題点を指摘し、2020年東京五輪・パラリンピック開催に向け「他山
の石としなければならないことがたくさんある」と述べた。
舛添氏は、ホテルから会場へ向かうバスが渋滞に巻き込まれ、会場入りする際の
セキュリティーチェックにも時間がかかったと指摘。
45の国と地域が参加した今大会の4、5倍の規模になる東京五輪の開催時には徹
底した準備が必要だとの認識を示した。
また開催地の仁川に隣接するソウルで大会の熱気が感じられず、盛り上げなくては
ならないと感想を述べた。
舛添氏は20日に劉正福仁川市長と面会し、大会準備の経験を聞きたいと話した。
日本選手団の支援拠点となる「マルチサポートハウス」や、重量挙げなどの競技会場
も視察する予定で、21日午後に帰国する。
(共同)
http://www.sanspo.com/geino/news/20140919/pol14091920350003-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
都民の九割はうんたらの「デタラメ」発言も、リツプサービスのつもりでも相手は
そんな思慮深い人々ではないのは、以下のようなデモ起こされる「嘘とは分かっ
ていても、金になるなら、なんでもします」な卑劣な人々ってのが、日本人に知れ
渡れば、「九割の嫌悪」と相成ってくるものだ。

画像


この「捏造報道機関」の捏造記事を引用して、それを再拡大してきた人々が、
現に日本に存在して「風説の流布」を行っていたのは事実。
それこそ「人権侵害」を行っていたのは誰かを、検証すべき・・・。
まぁ、兎に角「頭ぺこぺこ」の気持ち悪さは、排除した方が日本の首都の顔
ではないと、こちらも共通認識しないと、またまたトンデモルーピーがやらかす
ことだろう。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「地獄に招待」とは、これいかにな大会運営を学ぶと豪語の頓珍漢リーダー バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる