バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS どこかズレている「ジャーナリスト意識」の自己責任批判

<<   作成日時 : 2015/02/11 15:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

本日は「建国記念日」

画像


自分のバックボーンは何かとなれば、祖国のありようで誇りにも恥辱にもなりうる。
そんな中、民意というものを代表していなければならぬ媒体は、積み重ねた信頼
を失って久しく、今回の騒動でも「スレ過ぎた意識」を披露して、メディアとしての
役割でなく、広報誌としての役割しかないかのようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
中東の危険な地域に自ら赴き、その結果テロリストに誘拐され被害に逢った人
たちについて「自己責任」という言葉を使う論議が取りざたされています。
ある調査によれば83%の人が「自己責任」と言っているという。目を疑いました
が実際そのように印字されていました。
これはいったいどういうことか、考えて見なければ、と思った次第です。
身の危険を顧みず、戦闘地域に入って取材する従軍記者、カメラマンなどの職
業があります。彼らは自己の判断においてそうした仕事に就き、私たちが行くこ
とのできない危険な地域の1次情報をもたらしてくれます。
それらの情報は、様々な判断を下すうえで時に決定的な意味を持ちます。
情報であれば報道ですが、諜報であればスパイ、捕まれば命はありません。
そういう仕事は「自己責任」で行われるものなのでしょうか?
私たち情報を得る側は、徒手して平和な日本にとどまりつつ、日本語ベースで
中東の凄まじい状況を手に取るように知りながら、いざ何かあると「自己責任」
でことを済ませてしまうのか?
日本語には「湯水のように」という表現がありますが、情報は湯水と同様無料な
のでしょうか?
欧州では水道水が硬水のため、飲料水は必ず買って飲みます。「湯水のように
(惜しみなく、ただで、無駄に)使う」という表現はフランス語にもドイツ語にもあ
りません。
これと同様に情報もまたいくらでも放っておけば天から降ってくるとでも思ってい
るのでしょうか?
似て非なる例をもう1つ挙げてみましょう。例えばA国の閣僚や外交団がB国を
訪れたとして、テロリストの爆弾で命を落としたとしましょう。
このとき「バカ大臣の自己責任で勝手にやられた」という表現が成立するでしょ
うか?多分そういう話にはならないですね。
では、民間人なら自己責任で、内閣総理大臣の個人的な意思であれば国の責
任にさせられるのでしょうか・・・?
だんだん話の本筋が見えてきたと思います。自己責任「論」なんて阿呆な話が、
こういう文脈で出てくること自体がネット的というか、そもそも水準以前であるこ
とが垣間見えてくるでしょう。
全く別の例を挙げてみましょう。毎年のようにゴールデンウイークなどに、登山な
どで行楽地に赴き、そこで遭難する事故の報道があります。
あれこそ、まさに自分の責任で観光などに赴いてトラブルに巻き込まれるわけ
ですが、そういう文脈で「自己責任」という言葉が使われるでしょうか?
遭難者の救助には、地元レンジャーはじめ多くの人が協力し、税金も少なから
ず投入されます。
「自己責任だ。税金の無駄遣いはやめよ」といった議論が捲き起こるのは、あ
まり目にしないように思います。
中東と観光地、どちらが「自己責任」か、改めて言うまでもないでしょう。
自分の楽しみのために行く観光と、何であれ仕事として戦地に赴くのでは重み
が全く違いますし、社会全体が享受する価値の性質も全く異なる。
ところが、世論というのはかくのごとく無責任で、気分で右にも左にも流れてしまう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/42874
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この稚拙な論理はいかがしたものだろう。
たとえがズレ過ぎて、結論的には「国民はバカである」と批判しているようで、
自分の思考法の「頓珍漢さ」に自省するだけの器量もないを表明して、結果的に
読んだ人に「せせら笑われて」悦に入っているとなれば、究極の「自虐」である。

画像


なにより自分の意見と違うとなれば、バカの一つ覚えの如く「、「物言えぬ空気」
とかぬかすのだから、自分達が孤立している顧みる矜持を持つべき・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
過激派「イスラム国」による日本人人質事件が起きてから、
政権批判を自粛する雰囲気がマスコミなどに広がっているとして、ジャーナリスト
や作家らが九日、「あしき流れをせき止め、批判すべきことは書く」との声明を発
表した。
ジャーナリストの今井一さんらがまとめ、表現に携わる約千二百人、一般の約千
五百人が賛同した。
音楽家の坂本龍一さん、作家の平野啓一郎さん、馳星周さんら著名人も多い。
今井さんは、国会で政府の事件対応を野党が追及したニュースの放映時間が一
部を除き極めて短かったと述べた。
声明は、人質事件で「政権批判を自粛する空気が国会議員、マスメディアから日
本社会まで支配しつつある」と指摘。
「非常時に政権批判を自粛すべきだという理屈を認めれば、あらゆる非常時に批
判できなくなる。
結果的に翼賛体制の構築に寄与することになる」と警鐘を鳴らしている。

九日は中心メンバーの七人が会見。慶応大の小林節名誉教授(憲法学)は
「今回の事件で安倍晋三首相を批判するとヒステリックな反応が出る。病的で心
配している」と語った。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2015021002000146.html
http://www.alterna.co.jp/14532

元経済産業官僚の古賀茂明さんは「いまは相当危機的な状況に至っている」。
1月下旬、コメンテーターとして出演するテレビ朝日の番組で人質事件に絡み
「アイ・アム・ノット・アベ」と話したところ、ネット上で「政権批判をするな」などの
非難が殺到。神奈川県警から自宅周辺の警備強化を打診されたという。
声明では、「物言えぬ空気」が70年前の戦争による破滅へ向かった、と指摘
している。

http://www.asahi.com/articles/ASH295SB8H29UTIL039.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
権利に相対する義務となれば、単に「知る権利」を声高に叫ばれても、知りたく
ない人にとっては、とってもおせっかいな婆さんと同一。
何より70年前の戦争による破滅の合言葉を
繰り出されると「胡散臭さ」が人物評になって来るのを、これらの人は自覚して
いないのだから、批判も出て来ておかしくない「正常な意識」が国民に広まった
と見るべき・・・。

画像


権利と義務となれば、日本にとっては「相対的関係」であり、国民意識は
義務のあり方と、権利のあり方を大概な人はそれなりの理解をしている。
一部特定の民族にとっては、都合よい解釈が横行して上の人々と似通った
「権利義務意識」を持っているようである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大阪朝鮮学園、社会保険料2億円超滞納 私学事業団は強制徴収せず
2015.2.10 07:00

大阪府内の朝鮮学校10校を運営する学校法人「大阪朝鮮学園」(大阪市)が
平成24年度以降、日本私立学校振興・共済事業団(私学事業団)へ納付が
義務づけられている社会保険料の掛け金を滞納していることが9日、関係者への
取材で分かった。教職員給与・賞与からの天引き分と法人負担分を合わせた
未納額は2億円超に上るという。事業団は強制徴収などに踏み切らないまま、
教員らに健康保険や年金の給付を続けており、批判の声が高まりそうだ。
大阪朝鮮学園の社会保険料の掛け金は、私立学校教職員共済法に基づき、
教職員の給与・賞与の約22%を教職員と折半で負担。学園が給与・賞与を
支払った翌月末までに、事業団に一括して支払う義務を負うことになっている。
一方、複数の関係者によると、大阪朝鮮学園では数年前から掛け金をたびたび
滞納。24年度以降は滞納額が急激に膨らみ、現在は2億円を超えているという。
事業団によると、加入する全国の学校法人からの保険料の徴収率は99・9%以上で、
1年を超える長期滞納は極めてまれ。事業団は「個別の納付状況は答えられない」と
した上で、滞納を理由にした教員らへの給付差し止めは「教職員個人に不利益を被ら
せることはできない」として、一切していないと説明している。
事業団が長期滞納した法人に対し、資産の差し押さえなどで強制徴収できるとの
規定はあるが、「政治案件で手を出せない」(関係者)とみられる。滞納理由や今後の
納付計画について、産経新聞は大阪朝鮮学園に質問状を出したが、期限までに
回答はなかった

http://www.sankei.com/west/news/150210/wst1502100009-n1.html

画像


2013年2月に断行された朝鮮学校「高校無償化」不指定処分を前に、大阪と愛知
で国を相手に「無償化」裁判が提起された。現在、大阪と愛知
に加えて広島、福岡、東京の5つの地域で裁判が行われている。

■国側の論理は破綻

各地における裁判は、開始時期や請求内容などに差異があることからその進度や
論点は少しずつ異なるが、被告である国は、朝鮮民主主義人民共和国や総聯によ
る朝鮮学校への「不当な支配」を否定できないということを「無償化」除外の根拠の
一つとする姿勢を示している。
その資料として裁判所に提出したのは、自らが「厳密な意味での真実性まで主張す
るものではない」と述べている一部のマスコミの記事や某団体などから出された朝
鮮学校「無償化」除外を求める要請文、公安調査庁の報告書など、根拠の乏しいも
のばかりだ。

朝鮮新報 2015.02.10 (10:51)
http://chosonsinbo.com/jp/2015/02/20150210ilk/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
健康保険に入れる権利と、それの料金たる保険税の義務を「政治案件」とかで
の「特権化」してしまうのでは、相応しい「住民」としても失格であり、無償化云々
の前に「義務を果せ」がね日本国民からの反応となろう。
それについて「義務は無視、権利だけ主張」は、ズレてるジャーナリストなら、
通用する案件・・・、その人たちにとっては「世論は冷たい」と非難するかも・・・。

画像


ジャーナリズムを標榜するなら、「自浄作用」というものも存在して、過ちに対する
処分もそれなりにないと、「権利義務」を履行している国民には理解されない。
日本以上にメディアの信頼度の落ちるアメリカでは、それでも自浄作用は
あるようで・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
米NBCテレビは10日、夕方のニュースを担当する看板アナウンサーのブライア
ン・ウィリアムズ氏を6カ月の停職処分(無給)にすると発表した。03年にイラク
戦争を取材していた時の様子について「乗っていたヘリが撃たれた」などと、事実
と異なる発言をしていたことが原因という。
ウィリアムズ氏は、米国で最も有名なテレビアナウンサーの1人。NBC幹部は発
表で「何百万人もの米国人がNBCに寄せている信頼に危機をもたらした」と停職
の理由を説明した。
同時に、ウィリアムズ氏が「深い反省をしており、皆さんの信頼を取り戻すことに全
力をかけている」とも述べ、処分終了後には復帰する方針を示した。
問題の発端となったのは、1月30日の放送。ウィリアムズ氏がイラク戦争の取材時
に交友が生まれた米兵について「一緒に乗っていたヘリコプターが砲撃された」と述
べた。
他の機会にも同様の発言をしていたが、同じヘリに乗っていた別の米兵らから「事
実と異なる」と指摘を受けた。
ウィリアムズ氏は2月4日の放送で謝罪し、「砲撃を受けたヘリではなく、それに続
くヘリだった」「感謝の気持ちを示そうと、12年前の出来事について間違えた」と
説明。9日からは自主的に降板していた。
他の取材状況についても、ウィリアムズ氏が誇張していたという指摘も出ており、
NBCが調査中という。(ニューヨーク=中井大助)
(記事の続きや関連情報はリンク先で)

2015年2月11日11時43分
引用元:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASH2C3HPDH2CUHBI00C.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

これだと某番組のキャスターなど、それこそ永久追放処分が妥当となって来る
が、伝える媒体が「捏造得意のメディア」というところが、なんともな・・・。
伝えながら自省もなら、見識の高さを見直す国民も多いだろうが、そんな良識
のなさは皆無だから、上の批判を上げる人々と同じで、表面立たなくともこころで
「せせら笑われて」今後も活躍するなら、「世も末」となりそう・・・。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
どこかズレている「ジャーナリスト意識」の自己責任批判 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる