バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS お気軽政権批判デモ、その裏で過去の悪政に苦しむ庶民の存在

<<   作成日時 : 2015/03/23 12:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

相当に都合の悪い政権なのだろうか・・・。
なにに都合が悪いのか、ありとあらゆる理屈付けでデモ行進、傍から見て
いれば「お気軽チンドン・デモ」に見れるが・・・。

画像


主催者発表の動員数を誇るが、そこに動員の「日当」では自発的とは言い難く
時を同じくして「不法張り紙」を宣伝料を支払い合法の宣伝ステッカーの上に
「貼り付けるテロ」を仕掛ける「やから」は、もしかしてデモ参加のついでに電車
に貼り付けたか?。
「批判は表現の自由」の理解違いか・・・。何とも「トンデモ自由」な日本ではある。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「安倍政権NO!☆0322大行動」〜民主主義を取り戻せ!〜 2015年3月22日(日)
13:00〜 集会@日比谷野音(大音楽堂)/14:00〜 巨大請願デモ・国会大包囲
【主催】安倍政権NO!☆0322大行動 実行委員会

「安倍政権NO!☆0322大行動」

民主主義を取り戻せ!

画像


原発/集団的自衛権/憲法/沖縄米軍基地/秘密保護法/TPP/消費税増
税/社会保障/雇用・労働問題/農業・農協改革

画像付きツイートボタンで拡散を !!

ツイート文:【安倍政権NO!☆0322大行動〜民主主義を取り戻せ!】3月22日(日)
13:00 日比谷野音集会/14:00 巨大請願デモ・国会大包囲 <主催>安倍政権
NO!☆0322大行動実行委員会

画像


【日時】2015年3月22日(日)
13:00〜 集会@日比谷野音(大音楽堂)
14:00〜 巨大請願デモ/国会大包囲

【場所】日比谷野音(大音楽堂)・国会議事堂周辺

※14:00から請願デモと国会包囲を同時スタートします。野音集会参加者は国
会包囲へのご参加をお願いします。

※デモ隊列は、イシューテーマごとではなく整列順に順次出発し、定数(250人)
を目安に梯団を分けさせていただきます。それぞれの梯団の中で、ご自分の
イシューについて存分にアピールしてください。

※デモ出発は14:00に開始し、15:00までに完了を予定しております。
ご協力宜しくお願いいたします。

※国会包囲は、15:00に一回目の包囲完了の一斉コール、15:30〜16:00の間に
二回目の一斉コールを予定しています。この時間帯が包囲 のピークになるよう、
国会周辺にお集りください。二回目の一斉コール後に解散になります。

【主催】安倍政権NO!☆0322大行動 実行委員会
(事務局:首都圏反原発連合/原発をなくす全国連絡会/PARC NPO法人ア
ジア太平洋資料センター)

画像


【実行委員会参加団体】
自由と民主主義のための学生緊急行動(ex.SASPL)/東京デモクラシークルー/
秘密保護法を考える市民の会/若者憲法集会実行委員会 /C.R.A.C. /差別反
対東京アクション/官邸前見守り弁護団/自由法曹団/TPPに反対する弁護士
ネットワーク/国民の食糧と健康を守る運動全国連絡会/日本婦人団体 連合
会/新宿BEER&CAFEベルク/農民運動全国連合会/全日本民主医療機関連
合会/全国商工団体連合会/全国労働組合総連合/東京地方労働 組合評議
会/新日本婦人の会/全国農業協同組合労働組合連合会(3/17 現在)
画像



【賛同団体】
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン/のりこえねっと/ヘリ基地反対協議会
/高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会/高江ヘリパッドいらない住民の会
/沖縄平和市民連絡会/麺屋どうげんぼうず/株式会社鹿砦社・『NO NUKE
S voice』編集委員会/阿佐ヶ谷イネル/私が東京を変える/安倍政権にNO!
東京・地域ネットワーク/アベ NO THANK YOU ! /東京平和委員会/ママデ
モ/東埼玉百人委員会/FB憲法九条の会/ONE LOVE 高江/中野協同プロ
ジェクト/0301 Countdown Live実行委員会/早稲田9条の会/立川平和委員
会/パパママぼくの脱原発ウォークin武蔵野・三鷹/杉並コマまわしの会/み
ん宿ヤポネシア/ふじさ わ・九条の会/ゆんたく高江/日本平和委員会/基
地のない平和で豊かな沖縄をめざす会大阪/平和・人権・環境を守る岐阜県
市民の声/9条の会・おおがき/ 首都圏青年ユニオン/全日本精神疾患民
主患者同盟/U-20デモ実行委員会(3/17 現在)

http://abe-no.net/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
デモも「チンドン」付となると、日本の旋律と違い、胡散臭さが漂うのだが、
あちらの人々は「落書き得意」ときているから、電車の落書きステッカーの
ものも、シンパシィーを感じるか、同一の精神性を保つものの仕業か・・・。

画像


「罰当たり」なんて、全く信心のない人には通じない。

画像


で、原発ウンタラ以前の「悪政」の方は無批判って、おかしいのでは・・・。
物価の上昇に深く寄与している「電気料の上昇」は、これが原因の一因なのに・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今でも月々の電気代が高すぎなのに、これからもっと高くなったら、もうやって
いけない。下手すりゃ廃業ですよ」
こう嘆くのは、月20万円の電気代を払う飲食製造業者。太陽光など「再生エネ
賦課金」が4月から月5000円前後、年間6万円になり前年より3万円前後も電気
代がアップするという。このままだと今後、毎年のようにジワジワと上がり続け
るというのだ。
「再生エネ賦課金」とは何か。
菅直人元首相が首相退陣の置き土産とした再生可能エネルギー促進の「固定
価格買い取り制度」(FIT)だ。
いわゆる太陽光発電などを電力会社が買い取り、それを各家庭、企業などの
電気代に上乗せさせる賦課金額のことだ。
これが今年度は対前年比2倍と高騰、その額が15年度は1兆3000億円に達す
るという。
冒頭のように、各家庭や中小企業に重くのしかかりつつあり、今後大変な社会
問題に発展しそうなのだ。
菅直人元首相は2011年8月、参院選敗北を機に民主党内部からも噴出した首
相退陣論に、退陣条件として再生可能エネルギー固定買取制度を飲ませ特措
法を成立させ、野田佳彦氏に首相の座を譲った。
「しかしこの時、成立させた買い取り制度のkWh単価額を、欧米の1.5倍から倍と
異常に高い額に設定してしまった。
そのため絶対儲かると踏んだ多数の事業者が初期投資の安い太陽光発電に
殺到。今や地方にいけば空地のいたるところ太陽光パネルが張りめぐらされて
いる。
そのため電力会社が買い取る額が年々、倍々ゲーム的に膨らんでいるのです」
(電力会社関係者)
再生エネの国民負担金は標準家庭(月使用料300キロ・ワット時)で12年度は月
87円、13年度は同120円、14年度は同225円、そして今年15年度は同474円で、
年間に換算で5688円、対前年比約3000円も増加する。
「本来原油価格が下落しているので、値下がりする筈が逆に値上がりになって
しまう。
中小企業では電気代が数十万円アップになるようなところも続出。値上がりし
たコストは製造業だったら小売価格に転嫁され、各家庭は自分の家庭の電気代
のアップ、消費税アップ、それに電気代の物価転嫁価格の三重苦に苦しめられ
ることになる」(ファイナンシャル・プランナー)
つまりアベノミクスで物価高に頭を悩ましているところに、民主党政権の置き土
産、電気代高騰に追い打ちをかけられるのだ。
「再生エネの大切さは分かる。だが目の前の生きていく、経営するためのカネを
残さなければ日本の中小企業は全滅する。
FITの法改正を含め何か考えないと大変だ」(経産省関係者)
高額所得者で原発廃止を訴え、今や世界中を飛び回る菅元首相は今年91歳の
母親への怪しげな融資2億円でエコハウスを建設するなど、お気楽そのもの。
首相を辞めてなお庶民を苦しめている。

http://dmm-news.com/article/931900/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この「悪政の置き土産」は、いかがしたものだろう。



「太陽が恋しい」
地球上の生物なら、誰でも平等に太陽の恩恵を受けるのだが・・・。
それでブラック企業が、より悪銭を手に出来る政策は、それこそデモの先陣に
これまでの悪政の糾弾たるものなのに・・・。


太陽光発電システムの不具合事例ファイル―PVRessQ!からの現地調査報告
日刊工業新聞社
加藤 和彦

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 太陽光発電システムの不具合事例ファイル―PVRessQ!からの現地調査報告 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
お気軽政権批判デモ、その裏で過去の悪政に苦しむ庶民の存在 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる