バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 公共の電波を監視する委員に、不適格な人物がいていいのか

<<   作成日時 : 2015/05/09 12:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

最近テレビ・メディアの捏造やら印象操作が明るみに出て、視聴者からの
不評を買っているが、それを監視するはずの者の物議を醸す言動は・・・。

画像


人を批判するには、それなりの覚悟と清廉潔白な正直さは信頼の証だろうが
それとは相反する言動には、訝しい気分がぷんぷん臭ってくる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
香山リカ氏、乗っ取りは虚言か?番組を降板
[2015年5月8日19時8分]

精神科医の香山リカ氏(54)が、金曜パネリストを担当する生放送番組「虎ノ門
ニュース8時入り!」(スカパー!プレミアム)を降板することがわかった。
香山氏は先月23日放送の同番組で、MCを務めるお笑いタレントのサンキュー
タツオ(38)や経済ジャーナリストの須田慎一郎氏(53)といった共演者たちとと
もに、木曜パネリストの独立総合研究所社長、青山繁晴のファンを「信者」などと
やゆ。
30日放送回で、チーフプロデューサーの山田晃氏が、青山氏のファンに対して
不適切な発言だったとかわって謝罪した。
しかし、その後香山氏のツイッターアカウントには、逆に青山氏を「ホント下劣」と
非難する文章が投稿された。
さらに「つまんない仕事だけど6月までは続けようかと相談してます」とも発言。
今月1日放送回で香山氏は、一連のツイートについて「私が書いたものではない」
と明言し、アカウント乗っ取り被害の可能性も考えて調査中だと伝えた。
そして8日放送回、番組冒頭では山田氏が、香山氏のツイートに関する調査の経
過を報告。投稿された内容には関係者しか知り得ない情報も含まれていたため、
出演者やスタッフを集めて話し合いを行ったのだという。
その場で香山は、「問題の内容は、ファンに向けて書いたダイレクトメールの下書
きだった。その下書きがいつの間にかツイートされてしまった」と説明。
山田氏が「アカウントの乗っ取りなら警察に届けるべきではないか」と指摘したとこ
ろ、香山氏の証言は一転。「乗っ取りではなく、ツイッターアプリの誤作動かもしれ
ない。過去にも同じ誤作動が起きた」と言い出した。そこで山田氏が「それならアプ
リケーションの開発会社に原因を問い合わせましょう」「アカウントではなく、パソコ
ンそのものを乗っ取られた可能性があるから、香山氏の事務所で調査をしましょう」
と提案。あらためて調査を行うと約束された。
しかし後日、香山氏から山田氏のもとに手紙が届いた。そこでは調査の経過には触
れられておらず、スタッフの対応への不満や、番組降板の意思がつづられていたそう。
山田氏は、香山氏降板を発表するとともに、「お手紙の内容は私たちが確認している
事実とは異なる部分もありましたので、この件に関しては、今後香山さんに反論文を
お送りするなどのやりとりをしていきたい」と語った。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1473568.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この時間経過を見ていると、虚言を用いて本人が「バカ発見器」を使ったのは
本人であり、最初の発言と余りにも違っていて、その場限りの「いい訳」を追求
されれば、前言撤回の連続。これは一般的に「病気では?」の疑いとなる。

画像


これが精神科医として、これまでもいろいろ批判を上げていた人物となると、
大概の人は「精神を病んでいる」と見て取れてしまうが・・・。




「ベイスメント 脳内感染殺人」 七十三年未公開作
http://ameblo.jp/django0116/entry-11929120359.html

こんな映画の「精神科医」が「患者」を診る。で、その精神科医も「患者」であった。
ってなオチなのだが、いくらなんでもそれは恐ろしくて出来ない。
何しろ「公共の諮問機関」の委員という役目をしている・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
放送倫理検証委員会

委員

 香山 リカ (かやま りか)
.
テレビと人間のよりハッピーな関係へ

テレビは、今もかわらず人間の心理に最も大きな影響を与えるメディアです。
テレビと人間がよりハッピーな関係を築けるよう、微力ながら私の持てる知識
と経験をすべて使ってがんばります。

1960年生まれ。精神科医・立教大学現代心理学部教授。東京医科大学卒。
学生時代より雑誌などに寄稿。その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で
社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の"心の病"について洞察
を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャー
にも関心を持つ。著作は『しがみつかない生き方-「ふつうの幸せ」を手に入
れる10のルール』など多数。

http://www.bpo.gr.jp/?page_id=799
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

この騒動で見て取れる「委員として適格」かは、どうにも怪しいとなりそう。
ここは勇退をお勧めするのが、公共を保手立てではないのか。


脳は平気で嘘をつく 「嘘」と「誤解」の心理学入門 (角川oneテーマ21)
角川書店(角川グループパブリッシング)
植木 理恵

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 脳は平気で嘘をつく  「嘘」と「誤解」の心理学入門 (角川oneテーマ21) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
公共の電波を監視する委員に、不適格な人物がいていいのか バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる