バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 安保法案成立の裏で、暴力議員の跋扈、謝罪の出来ない未熟な政党

<<   作成日時 : 2015/09/21 23:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

遺伝的疾患というものは、意識・無意識と関係なく発症してしまうのか。
緊迫する場面でも、全く関係ないところで暴行が行われて・・・。

画像


こういった公開の場での蛮行では言い訳も出来ないし、即座に謝罪してしまった方が潔い態度
と取れて、印象も随分違うものだが・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「私を羽交い締めにして引き倒し…」 自民女性議員が民主議員の“セクハラ暴行”を激白!
2015.9.18 17:01、産経新聞

17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大
沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた
上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。
大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる
可能性は少ない。大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非
常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。
大沼氏によると、参院第1委員会室で採決が行われた際、委員席の間の通路に立っていた。
すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に
腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に
乗せた上で床に投げ飛ばしたという。
大沼氏は右手をついた際、薬指と小指を突き指した。すでに医師の治療を受け、診断書も作
成してもらったという。
自民党執行部は、事態を重く見て、津田氏の告訴を含めて対応を検討している。
一方、産経新聞社は津田氏に取材を申し込んだが、18日午後4時までに回答しなかった。

http://www.sankei.com/politics/news/150918/plt1509180076-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
動画で世界に広まってしまう、良識の府の議員の有り得ぬ蛮行・・・。
それも戦争反対、平和がウンタラと叫びながら暴力を使うというなんともな・・・。

画像


映像の事実に対しての言い逃れが、この政党の大部分の議員の遺伝的反発で「絶対に謝罪
しない」すると負けになるってな、どこぞの野蛮な民族と行動様式がそっくりだから、身内への
けじめも出来ずに、日本国民にまたまた議員の品位を疑われる行動に打って出る。
これだもの「凋落の即座は加速度をまして」しまうというのに・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安保採決時に民主党議員による暴力疑惑 自民女性議員が手に包帯
09/21 19:29

大荒れとなったその委員会採決では、ある場面が波紋を広げている。
鴻池委員長の周りに与野党の議員が集まり混乱が始まったころ、委員会室の後ろで、男性議員
が白い服を着た女性議員を後ろからつかんで引きずっているように見える。
引きずられているのは、自民党の大沼瑞穂議員で、引きずっているのは、民主党の津田 弥太郎
議員。
そして大沼議員を助けようとしているのが、同じ自民党の吉川 ゆうみ議員とみられる。
映像をよく見ると、津田議員は大沼議員の前に座っていた男性議員と口論したあと、大沼議員の
肩をつかみ、引っ張った。
そして、引きずられるようにして大沼議員が倒れたあと、津田議員も倒れた。
その後、大沼議員は、吉川議員に抱えられ、委員会室を退室した。
そして、およそ4時間後、参議院の本会議場にいた大沼議員の手には、包帯が巻かれていた。
この件で20日、自民党の稲田政調会長は「わが党の大沼瑞穂議員が、民主党の議員によって引
き倒され、けがをした。これはまさしく犯罪行為ですよね」と述べ、
津田議員の行為を批判した。
これに対し、21日、民主党の枝野幹事長は「内部でいろんなことが起こったことについては、双方
にそれぞれの言い分がありますので、
1個1個取り上げて申し上げるのは適切ではないと思う」と述べた。
自民党は、今回の問題について、連休明けにも対応を検討するとみられる。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00303678.html

画像


大沼議員セクハラ疑惑 自民・稲田氏「犯罪行為だ」民主・蓮舫氏「その話は泥沼になる」
産経新聞 9月20日(日)19時0分配信

自民党の稲田朋美政調会長は20日のフジテレビ番組「新報道2001」で、安全保障関連法案
の参院平和安全法制特別委員会採決の際、同党の大沼瑞穂参院議員が民主党の津田弥太郎
参院議員から暴行を受けたとされる問題について「犯罪行為だ」と民主党の蓮舫代表代行を追及
した。
対する蓮舫氏は「泥沼になる」などと述べ、話のすり替えに終始した。主なやり取りは次の通り。
稲田氏「委員長席の混乱だけではなくて、委員の最後列のわが党の大沼瑞穂議員が民主党議
員に引き倒されてけがをした。これはまさしく犯罪行為だ。
動画で世界中に配信されている。民主主義国家として、法の支配の日本として大変恥ずかしい」
蓮舫氏「その話は泥沼になる」
稲田氏「泥沼じゃない。事実だ」
蓮舫氏「わが党の議員も殴られたり、あるいは私たちの仲間が大きな自民党議員によって、押し
倒されてあざができている」
稲田氏「まったく泥沼じゃない」
蓮舫氏「参院の現場にいなかったあなたは、女性議員が暴力をふるわれたというのは、どこかで
用意した原稿かもしれないが」
稲田氏「違う。動画で世界に発信されている」
蓮舫氏「この部分は公党同士で委員の中で検証すべきだと思う」
稲田氏「しかし世界に発信されている。ユーチューブで。大沼瑞穂さんが民主党議員によって、し
かも委員長席とは別の、委員会室の後部で引きずられて、なぎ倒される。これが第1委員会室と
いうまさしく言論の府の象徴ですよね」
蓮舫氏「私どもの(党の)牧山議員は、自民党の議員によって、足を引っ張られてテーブルから引
きずり落とされた。それはご存じですか」
稲田氏「ん? あのですね、これ(大沼議員の件)は委員長席ではない。まったく委員長席の混乱
とは違う後部でやられたということを指摘している」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150920-00000549-san-pol
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この帰化議員も、少しは日本の美徳を学べばいいものを、恫喝と言い逃れでしか対処出来ない
のだから、日本の政治家の質と品位を落としているとなる。
何しろ反対劣勢となれば、「女性の権利主張」でやり込めようとする気質なのだもの。
行動様式は知れたもの、そこに男性議員の蛮行が加わりでは、支持率上昇など有り得ない。

画像


こういったことを発案をするのでは、口あんぐりな進歩的女性集団。
良い方向に進む気概があれば、もう少し国民の賛同がえられるというのに・・・。




七十年代の学生紛争当時も、全くそんなものに関係なく生きていた人々にとっては、政治は
それこそ「祭りごと」で、日々の生活に追われていた。
それでもどっこい生きている・・・、そんな人々のことも念頭にまつりごとを行うのが政治でなけ
れば、国の体をなさない。面子やらを重んじてではなく、潔い態度を貫けば国民は付いて行く。
それがないのでは、支持は上がりそうもない。




民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか (中公新書)
中央公論新社
日本再建イニシアティブ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか (中公新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
安保法案成立の裏で、暴力議員の跋扈、謝罪の出来ない未熟な政党 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる