バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ぬらりひょん」並みの報道機関は陰謀好き?で、異見を許さないらしい

<<   作成日時 : 2015/12/05 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

作者が亡くなって、今更な幼少期での思い出から甦る妖怪漫画の中のキャラクターで
抜きん出て醜悪さを表していたのが「ぬらりひょん」という妖怪、これに「ねずみ男」が
加われば、最低の悪さへと昇華して・・・。

画像


で、この「邪まな妖怪」と例えられられるとなると日本ではメディアの中の人に相当数
いるのではないかと思える。
この似非言論機関の「陰謀説」に擁護される人物など、それこそ「ぬらりひょん」並みの
変節漢と読み取れるのだが、同じ狢にすれば、「偏った正義」も自分達の正論となるらしい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アンカーの岸井成格氏(71)に続いてメーンキャスターの膳場貴子(40)まで――今、
TBS「NEWS23」で一体何が起きているのか。番組内の岸井氏の発言をめぐって任意
団体がイチャモンをつけているのはすでに報道の通りだが、膳場の一件とはこうだ。
3日の一部スポーツ紙がTBS関係者の話として「膳場アナから『番組に区切りをつけて
育児に専念したい』と申し入れがあった」ため、来年3月で番組を降板することが決まっ
たと報じたところ、膳場が即座に反応。自身のフェイスブックで「降板申し入れはしており
ません。このような誤報をたいへん残念に思っています」と報道をひっくり返したのである。
このギクシャク、どう見たらいいのか。巷では「TBSは岸井氏の降板を決めたのではないか。
ただし、岸井氏一人を辞めさせてしまうと任意団体のバックに見え隠れする官邸の“圧力”に
屈したのがミエミエになってしまう。そこで、膳場も同時に辞めさせることで“番組一新”を印象
づけようとしている」との臆測が流れているのだが……。
こうした見方について「あってはならないこと」と前置きした上で、放送ジャーナリストの小田桐
誠氏はこういう。
「もちろん現時点で断定はできませんが、選択肢のひとつとして今後そういう方向で進む可能
性も否定できませんね。どうせ辞めさせるなら、2人同時に辞めさせた方が各方面との関係を
リセットしやすい。膳場さんを辞めさせる理由は“長すぎる”(来年で10年目)など、後からいく
らでもつけられます」
前例はある。今年3月、それまで「ニュースウオッチ9」(NHK)のキャスターを務めていた大越
健介氏と井上あさひアナが同時に降板したことだ。大越氏は自身のブログで原発に否定的な
発言を繰り返していたため、官邸からの覚えが悪く、当時、井上アナについては“道連れ降板”
などと言われたものだ。
一連のこうした人事情報についてTBS広報部は「番組制作の過程には、従来お答えしており
ません」と言うのみだが、“膳場騒動”の前日(2日)、TBSの武田信二社長は定例会見で岸井
氏への批判について「番組についてさまざまな意見が寄せられているうちのひとつ」、つまり
“ワンオブゼム”と胸を張った。
その言葉通り、TBSは今こそ報道機関としての矜持を見せなければ、故・筑紫哲也キャスター
がオウム事件の際に発した「TBSは死んだ」の言葉につづき、TBSは“二度死ぬ”ことになる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151205-00000009-nkgendai-ent
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
この元祖東京朝鮮放送と揶揄されたところだけに、その偏向加減に正常な意識を持つ
人々には異様な風景に映るのは、曇らない意識のそれだから、以下のような意見広告も
頷ける。

画像


すると中の人達の相互扶助を目的にした組合という「労働貴族」がなんともな声明を
出すのだが・・・、「意見広告」という宣伝ものに対して意見する異常な行為は、広告収入
を拒否する姿勢なのか・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
意見広告問題:「岸井氏への不当攻撃許さない」JCJ声明
毎日新聞 2015年12月04日 23時16分

TBSテレビの報道番組で岸井成格キャスター(毎日新聞特別編集委員)による安全保障関連
法反対の訴えが放送法に違反するという新聞の意見広告を巡り、日本ジャーナリスト会議(JC
J)は4日、「岸井氏への不当な攻撃を許さない」との声明を発表した。
JCJは「安保法に対する国民の反対の声を伝えたもので放送法違反ではない。岸井氏への不
当な攻撃はメディアの萎縮効果を狙ったものだ」と指摘している。【山下俊輔】

http://mainichi.jp/select/news/20151205k0000m040152000c.html


日本ジャーナリスト会議(にほんジャーナリストかいぎ)は、マスメディア関連の編集者・執筆者、
TA新聞および労働組合機関紙の編集者、フリーライターなどが参加する日本の団体。英語名称
Japan Congress of Journalistsの頭文字を取って、略称JCJ。活動目的は「自由な言論を守り、自
由な社会を実現すること」としている。

概要[編集]
ソ連ブロックのフロント組織である国際ジャーナリスト機構(英語版)[1][2]からの呼びかけにより、
1955年に結成された。
主な活動として、その年の優れた言論・報道活動を行った団体・個人に贈られるJCJ賞(日本ジャー
ナリスト会議賞)の授与、反戦・平和集会の開催などが挙げられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E4%BC%9A%E8%AD%B0
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
意見広告問題
意見広告も広告のそれだし、料金を支払って受け手がいて「成立」する類いの商業行為のはず
だが、それを「許さない」とは、そこで禄を食む人を失業に追いやるのかってな側面もあり、文句を
言ってのが、そこで禄を食む団体の集団って、まるで私企業の運営を邪魔する労働組合という
傍から見ていると、モンスタークレーマを飼っている経営者に同情してしまう。
何しろ「黒は黒」で、黒が白になるはすないし、灰色にもピンクにもなりえないのは、一般的価値観
が独裁者に媚びないからだろうに・・・。



日本の歪んだ社会的に何でも否定のクレーマーは、こんなヘンテコ理論を駆使してしまう
メデイアの劣化加減が影響しすぎているのではないか・・・。
特質するアサヒなる言論機関など、その特徴的クレーマーの用語集までネットに挙がる
くらいだから、それを読めば「クレーマー」を育てているのはメデイアで、それが自分に
ブーメランで頭に突き刺さっているって、笑うに笑えない自業自得のなせる業・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝日新聞の用語集

・「しかし、だからといって」
 ここから先が本音であるという意味

・「議論が尽くされていない」
 自分たち好みの結論が出ていないという意味

・「国民の合意が得られていない」
 自分たちの意見が採用されていないという意味

・「異論が噴出している」
 自分たちが反対しているという意味

・「政府は何もやっていない」
 自分たち好みの行動を取っていないという意味

・「内外に様々な波紋を呼んでいる」
 自分たちとその仲間が騒いでいるという意味

・「心無い中傷」
 自分たちが反論できない批判という意味

・「皆さんにはもっと真剣に考えてほしい」
 アンケートで自分たちに不利な結果が出てしまいましたという意味

・「アジア諸国」
 中国、韓国および北朝鮮の事、それ以外の多くのアジアの国は含まれない

・「ネット上には誹謗中傷が溢れている」
 失語症躁鬱ニート部落民はとっとと首つって氏ねよ。持ち家もない貧民のくせに
  
・「説明責任を果たしていない」
 反対する言い訳がすべて論破され、反対理由は「説明責任」のみになってしまったという意味

・「本当の解決策を求める」
 何も具体策はないがとにかく政府等のやり方はダメだという意味

・「冷静になる、落ち着く」
 自分たちが今は劣勢なので、今は世論と勝負したくないという意味

・「ただ、気になることがある」
 論理薄弱のため心配事の表現形式で、自社主張の「なんくせに誘導しますよ」という意味


言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。
それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。
ジャーナリスト宣言。朝日新聞
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「何でも許さない」と叫べば、社会的に正義を行っているかの錯覚を、メディアが伝えれば
錯覚した人はそれが正義と思うかも・・・、なんて錯覚する人はここまでネットが発達すれば
いないだろうが、許さなかったら、どうする?なんて突込みには暴力で平和を叫ぶのだろうか



「毒には毒をもって制す」なんて言葉もあるし、意見広告には意見広告で対抗すればいいものを
「タダで記事にしてくれるお仲間」の存在が、自分達の錯覚を錯覚のままにしているから、国民から
信頼を失っていってるって、顧みる度量も必要。


メディア症候群
総和社
西村幸祐

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by メディア症候群 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ぬらりひょん」並みの報道機関は陰謀好き?で、異見を許さないらしい バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる