バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 震災時のテレビ・メディアの狂騒、救える命を無視する姿勢は批判されるべき

<<   作成日時 : 2016/04/17 09:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

震災時、建物崩壊での「生き埋め」犠牲者救助には「被災した人の助けの声」を無視出来
ないはずで、救助する人も「その声や小さい叫び」を聞漏らさない細心の注意をはらって捜
索するはずで、そこに狂騒のメディアの報道姿勢を見ていると、か細い声はかき消されて・・・。

画像


伝えることが至上命題はそれなりに理解するが、なにも競って報道する類いでなく、被害自体
報道各社によって変化するでなしとなれば、これこそ画一でも良しで、捜索の妨げや救助の邪魔
になる上空からの映像など、変化なくても良く、その手間があれば報道メディアも救助に当たれと
視聴者はテレビ画面に叫んでいるだろう。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
辛坊治郎氏「学者は東海・東南海地震のことばかり」 地震学者が反論

2016年4月16日 13時48分
16日放送の「ウェークアップ!ぷらす」(日本テレビ系)で、地震学者が、辛坊治郎氏の指摘に意見
する一幕があった。
番組では熊本地震の被害状況について伝える中、専門家として元京都大学総長で地震学者の尾
池和夫氏に話を聞いた。
辛坊氏は「『えっ、熊本で(地震が発生)?』っていうのが、住民の皆さんも我々も感想なんですが、
学者の皆さんのイメージはどうなんですか?」と尋ねた。
すると、尾池氏は「熊本から大分というのは典型的な地震帯だ」と述べ、専門家の間では地震の発
生が予想されていたことを示唆した。
これに対し辛坊氏は「おっしゃることはよく分かります。ただね、これなかなか言いにくいんですが、
地震学者のみなさんは常に東海、東南海(地震)ってことばかりで、熊本はイメージ的にものすごく
手薄になっていますよね」と、学者の発信内容に苦言を呈する。
この発言に尾池氏は「それまずいですよね」と一定の理解を示した上で、
「学者だけじゃなくて、マスメディアもいつも東海地震と言うんだけども」と、マスコミの地震報道の取
り上げ方にも問題があったと指摘したのだ。
スタジオで失笑が起こる中、さらに尾池氏は「首都圏直下地震と東海地震ばっかり言うから、それで
全国の人が惑わされる」とマスメディアと学者への不満を語ったのだった。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/11421571/

画像



熊本県の蒲島郁夫知事が「現場の気持ちが分かっていない」と反発した。

熊本県庁であった松本文明副内閣相との会談で述べた。

地震が発生した14日夜に益城町や熊本市の中心部で屋外避難をする人が目立ったことを受け、
政府は屋内に避難させるよう自治体に求める方針を決めた。
松本副内閣相によると、「河野(太郎)防災担当相に『今日中に青空避難所というのは解消して
くれ』と強く言われて参った」と力説したところ、知事は「避難所が足りなくてみなさんがあそこに出
たわけではない。余震が怖くて部屋の中にいられないから出たんだ。
現場の気持ちが分かっていない」と不快感を示したという。

http://mainichi.jp/articles/20160416/k00/00m/040/150000c

画像


192 :名無しさん@1周年:2016/04/16(土) 17:23:04.02 ID:QDw7VTXj0
単なる親韓知事でしたwww


熊本県立劇場 次期館長に姜尚中さん「アジアアートを身近に」 
http://mainichi.jp/classic/articles/20151127/mog/00m/200/020000c

熊本県立劇場(熊本市中央区大江2)を運営する公益財団法人・熊本県立劇場の評議員会と
理事会が26日開かれ、次期理事長兼館長に内定していた熊本市出身の政治学者、姜尚中(カ
ンサンジュン)さん(65)の就任が正式に決まった

不忘広子 ?@hirokolove_1 4月3日
おっしゃるとおりで、本当は不法残留なのに「両親が強制連行された」という嘘を公言していた姜
尚中が、なんと熊本県立劇場の館長に就任しました。
抗議の質問メールに、再選された蒲島知事は「適切な人選」と胸を張っています。情け無い事です。
https://twitter.com/hirokolove_1/status/716771390985076738

民進党(偽)の熊本県議会議員5名は、この地震の最中、
香港だのシンガポールだのを視察と称して豪遊中。
HPに被災者への見舞いの一言も無い。
http://www.hamada-daizo.jp/diary.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなコメントを紹介する報道機関になど、災害も政権批判に結び付けたい歪んだ体質が
滲んでいるようで、ゆがんだ体質の人々は政党もメディアもどこか「災害も他人事で、それを利用
して政権批判」に勤しむ人でなしの批判もありとなる。

画像


実際は室内避難は、天気予報の降雨に対してのものであるだろろうは、この経験なき知事も
理解しているだろうが、感情的になれば「現場知らずが現場を語る」てなもので部下は理解して
いたなんて、単なる軽い御輿。日本の首都の者と同じで「口だけの無能」なのかも・・・。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安倍首相、今日中に屋内避難場所の確保を指示

安倍晋三首相は15日午前、河野太郎防災担当相と官邸で会談し、熊本県を震源とする最大
震度7の地震を受け、天候悪化に備えて屋外に避難している被災者のため、同日中に屋内の
避難場所を確保するよう指示した。
河野氏が会談後に記者団に明らかにした。河野氏は避難者の最新状況を確認して、午後の早
いに時間に再度、首相に報告する。
.
http://www.sankei.com/politics/news/160415/plt1604150042-n1.html

画像


野党幹部のオフレコ流出 「自然災害が起きて首相官邸が対応できなかったら議席増」
2014.12.02
連載:激突!!師走決戦

野党幹部が、記者とのオフレコ取材の席で、衆院選の苦戦を認めたうえで、「自然災害が起き
て首相官邸が対応できなかったら、(議席増の)自信はある」と語っていたメモが永田町の一部
に流れ、波紋を広げている。これが事実ならば、政治家としての資質を問われそうだ。
この取材メモは、与党幹部や官邸周辺も入手し、情報当局などで分析が行われている。
メモによると、野党幹部は衆院選の現状について、「かなり厳しい状態になっているのは事実」
「まだ状況は変わる」などといい、選挙の潮目が変わる可能性として、以下のように語っている。
「安倍晋三首相の失言が最大のチャンスだ。党首討論でイライラしてくれたらベスト。そうしたら
雰囲気は変わる。うちのトップにもできるだけのネタは仕込むつもりだ」
「閣僚の失言。これは決定的なものがいい。期待するなら麻生(太郎副総理兼財務相)さんくら
いか。麻生さんはテレビに出る機会はあるの?」
「マスコミの世論調査報道の後。これは君らマスコミに期待だ。ここで自民党がさらに強くなるのか、
それとも風がこちらに吹くのか。本当に期待している」
野党幹部と記者の昵懇(じっこん)ぶりがうかがえる記述だ。
そして、野党幹部は「これは完オフ(=完全なオフレコ)だ」といい、こう続けている。
「自然災害とか何か大きな現象が起き、これに官邸が対応できないことだ。菅義偉官房長官も地
方に相当出るんでしょ? 万が一、2人(安倍首相と菅氏)が官邸にいない時に、こういう現象が
起きれば、『官邸は選挙だけに夢中で、政府として最も大事な時に対応ができなかった』となる。
こんな事態となり、それだけを攻めれば、(議席増の)自信はある」
いくら選挙とはいえ、悲しすぎる発言だ。

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141202/plt1412021140001-n1.htm
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
古い記事にもある「トンデモ議員の戯言」だが、今回も「バカ発見器」ではその非常識ぶりは
健在だった名を変えた政党やら、以下のような日本語も理解していない国会議員を擁する
政党など、よほどの「クズ」ぷりは、災害時でも遺憾なく発揮されている。

画像
.

「安らか」ってな言葉の理解力もないから、素で使い指摘されて、その言葉の意味を理解して
では論争など出来ようもないから、「ドンチャラ・ドンチャラ」のへんてこリズムでの一方的な
「ヘイトスピーチ」をわめきたてるしかない。これが一応国会議員、災害がなくとも日本が
終わりの雰囲気に覆われるはずだわな・・・。




音で救われる人心、響かないメディアや議員の狂騒・・・。
必死に救助に当たる人々の邪魔はしてもらいたくない。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
震災時のテレビ・メディアの狂騒、救える命を無視する姿勢は批判されるべき バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる