バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS メディアの不遜な態度がバレる震災報道の現場

<<   作成日時 : 2016/04/22 13:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

震災にあい、窮屈な生活を強いられる被災者達、それをこれでもかと追いかける
メディアの報道姿勢、「他人の不幸は蜜の味」と比喩されるメディアの醜さがここぞと
ばかり発揮されれば、メディアの選民意識が次々ばれ始めて・・・。

画像


被災者に寄り添いながら、自分達は「食欲も抑えて奉仕」に徹する救助に徹する人々との落差に
誰でもメディアの不遜さに怒りにも似た感情を抱くものである。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2016/04/20(水) 00:47:01.74 ID:DLnwWty8.net

マスコミは弁当を手に入れご満悦
マスコミはホテルで高いびき
なんだよマスコミ!日本のためになってねーじゃねぇーかよ!
被災者の疑問「そういえば自衛隊員がご飯を食べているのを見たことがない…」→衝撃の真実が
明らかに
https://twitter.com/unauna711/status/722386495529574401?lang=ja

どうしても食料と水が不足してしまう被災地にて、食料を持って救助に駆けつけた自衛隊員は被災
者に温かいご飯をつくって配る。
だが、被災者によると自衛隊員たちがご飯を食べているところを一度も見たことがないという…。

一体、自衛隊の人たちは現地にてどこで何を食べているのか?厳しい規則があるようで、子供から
の差し入れも受け取らなかった。


画像


https://twitter.com/tomonurse39/status/721734727607058432

言うまでもなく自衛隊員たちも人間なのだから何かを食べないと活動できない。
ただ、現地でつくった温かいご飯は全て被災者に配ってしまい、当の本人たちの分は全く残らないと
いう。
この疑問について、これまでメディアに取り上げられなかった真実が、4/19に明かされ周囲がどよめ
いた。
そんなことをしていたのか!
  
急いで現場に駆けつけた隊員はすぐにご飯をつくる準備を始め、大きな調理器具を使って数百人単
位の調理に集中する。
そして長蛇の列を長い時間をかけてさばいてから車に戻り、持参した缶詰を冷たいまま食べるのだ。
その様子は部外者に見られることはなく、非常にひっそりと行われる。どうりで食事しているところを見
たことがないはずだ。

▼現地でご飯をつくっていると被災者の列ができる。これでは自分たちは食べられまい。
▼裏方に徹する自衛隊員は辛抱あるのみ。冬場に冷たいご飯を食べるのは特に辛いがこれも仕事。
▼緊急でつくった銭湯はもちろん地域住民が優先で、自衛隊員は基本的に使用しない。入れたとして
も3日に1日ほど。

この他にも、物資の在庫事情によっては缶詰ではなく、レトルトカレーの封を切ってジュースのように喉
に流しこむ日もある。
今までひっそりと誰にも知られることなくそこまでしてくれていたとは涙が出そうになる。
一方でマスコミは呑気なものだ。自分たちの金儲けのために被災地を荒らしてまわる。

▼あろうことか食べ物を持参せずに現地調達し、貴重な食料を横取りした毎日放送の山中真アナウ
ンサー。
「子供ですら満足にご飯を食べられていないのに」と批判が殺到した後、自らの非を認めて謝罪した。

画像


▼ホテルを予約しまくって無断でキャンセルするテレビ局。
おそらく片っ端から予約しておいて最も都合のいいところを選んでいると思われる。

▼報道ヘリの騒音は有益な情報を教えてくれる町内アナウンスを妨害するので有害でしかない。
被災者にとっては何の役にも立たない。

こうしてマスコミと自衛隊の現地での振る舞いの仕方を比較してみると面白い。救援するのがミッショ
ンである自衛隊に対し、民放のマスコミは所詮は金儲けがミッションであり、良い画を撮ることを最優
先に考える。
今回の熊本地震では、TwitterやFacebookが普及していることも相まって、現地での報道関係者の不
祥事が続々とバレ始めているが、一方で自衛隊については現地民からの「感謝している」という言葉
しか見つからないのはさすがといったところ。
日本に自衛隊があってよかったと心から思える。世界の誇りだ。

http://netgeek.biz/archives/71275

画像


4月14日に発生した熊本地震、「関西テレビのガソリンスタンド横入り」や「それをデマで擁護した仙台
放送エンターブライズの社員」、「毎日放送のアナウンサーのお弁当騒動」など、現地マスコミの対応
がなにかと問題になる中、テレビ朝日が放送したニュース動画が話題になっているようである。

4月18日の避難所で70代女性が死亡…ストレスなどが原因か
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000072868.html
(既に該当記事は削除されていました)

というニュース、77歳の女性がトイレの個室で倒れているところを発見され、その後病院に運ばれた
というもの。映像の中に足元が見える和式の女性トイレをローアングルから写したものがあり、個室
で用を足しているのではと思われる人物のスリッパが写っているというもの。

画像



画像



画像



IWJエリアCh(九州緊急特派チーム) ‎‎@IWJ_AreaCh1

【九州緊急取材】8 佐賀駅前でレンタカーを借り、駅前の大型スーパーで支援物資をできるだけ
買いました。だけど、まだまだ足りないはず。いったん鳥栖市の店舗に向かい、10人乗りのミニ
バンに乗り換えます@iwakamiyasumi

岩上安身
✔ ‎‎@iwakamiyasumi

@IWJ_AreaCh1 IWJ特派チームが最初に借りたのは、このバン。IMG_1927.jpeg
これをたくさん支援物資を詰めるハイエースに乗り換えたいと。一週間で12万5千円強。決済を求
められ、すぐOKと返事。IWJは財政危機。申し訳ないですが皆さん、ご支援を!

2016年4月17日 13:07
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今はソーシャルネットでの市井の人の情報が簡単に得られる状態になると、被災地での救助に
従事する人の活躍の様もリアルタイムで知ることができる。

画像


こういった人間の必須の食事一つとっても、訓練された人と単に映像を、それも刺激的なもので
あればよりよいという「不幸は自分達のスクープ」という卑しい職業意識との差は・・・。

画像




東日本大震災の時も、自衛隊は自前の食料で完結して、被災者に最大限の配慮をしていたが、
誹謗・中傷大好きな人々には、そんな態度は許せないとばかり、いや国民に受け入れられてしまう
のに存在意義を失う「国家転覆陰謀好き」は、以下のように「異次元空間の妄想」を呟いて、国民
もまた世界からも「自分達が疎外される存在」として、自ら演じるに躍起なのだから自虐は真性の
ものなのだろう。

画像


画像


権利を主張するのはいいが、義務としてのものも存在する世の中。
こんな人達も災害にあえば、手を差し伸べるのが・・・、災害救援する者達の責務・・・。



通常の感覚なら、救助拒絶してなのだが、権利主張しか頭にない「トンデモ脳」の人々は、
メディアの不遜な態度と似て、自己完結なんてのはどこにもないのだから、国民からの賛同
を得られず、言うことは「自分たちが正しい」という頓珍漢な妄想から出てこれない可哀想過ぎる
面々と認識してやって「無視」が最良、あの「非韓三原則」と同じ処方が日本にはベスト。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
メディアの不遜な態度がバレる震災報道の現場 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる