バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 出た「民意」に不満たらたらな人々の「言い分」に、いつまで経っても「支持拡大」出来ないのを納得

<<   作成日時 : 2016/04/27 00:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

野党連合で臨んだ「補欠選挙」。
そこで出た結果は、それこそ「民意」のはずだが、思惑はずれで不満たらたらなメデイアは、
血迷ったような言論を展開して・・・。

画像


敗戦の分析をして、そこに「反省の色」でも滲めば、まだ民意に結びつける選挙に対する真摯
な態度として、以後もそれなりの脅威となるものだが、やってることは「国民の民意」は無視して
の我流の意識押し付けでは、今後もこの人達の「暗黒時代」は続いていきそうである。

〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
社説
衆院北海道補選 組織力でしのいだ自民
毎日新聞2016年4月25日 東京朝刊

参院選の前哨戦と位置づけられた衆院北海道5区、京都3区の補欠選挙が投開票された。
与野党の全面対決型だった北海道5区では、自民公認の新人候補が当選した。
安全保障関連法が施行された直後の国政選挙だっただけに、安倍政権はひとまず安堵(あ
んど)した形だ。だが、野党系候補に追い上げられた。安倍晋三首相は選挙結果を謙虚に受
け止める必要がある。
北海道5区補選は町村信孝前衆院議長の死去に伴うもので、町村氏の次女の夫が後継候補
に担がれた。民進や共産など4野党が推薦する無所属の女性候補との一騎打ちだった。
この補選が注目されたのは、夏の参院選で民進、共産両党が1人区で進める選挙協力のモデ
ルとなるためだ。野党側は安保法廃止やアベノミクスによる格差拡大などを訴えた。
自民党は組織中心の戦いで激戦を乗り切った。公明党や地域政党・新党大地などの支援を得
たほか、首相が自ら地方議員に電話を入れるほどの力の入れようだった。
ただ、政党支持率に示される基礎体力ほどの票差はつかず、自民にとっては厳しい戦いとなった。
毎日新聞の出口調査では当選者に取り組んでほしいことに「医療や福祉の充実」をあげた人が
最も多かった。
待機児童、介護問題など生活に身近な課題についての現状への不満の反映とみられる。
北海道5区の結果は首相が衆参同日選に踏み切るかどうかの判断材料としても注目されていた。
だが、補選の告示後に熊本地震が起き、与党内にも慎重論が広がっている。
同日選論は参院で改憲賛成派を3分の2以上にするため、政権選択の選挙である衆院選を重ね
ることで、参院選での議席上積みを目指そうというシナリオだ。前回衆院選からまだ1年半程度し
かたっていない。強引に持ち込むのは無理がある。
今回、野党共闘が政権批判票の分散を防ぎ、自民を脅かしたことは確かだ。だが、自民が「野合」
批判に重点を置いたこともあり、政党色を出さない戦術を取った。民進党が政権の担い手を目指
すのであれば、選挙協力で目指す政策や、政権構想との関係をより明確にする必要があろう。
勝利に結びつくほど支持が広がらなかった要因には結党直後にもかかわらず、民進党に有権者
の期待が高まっていない状況がある。参院選の戦略を再点検すべきだ。
京都3区補選は自民党に所属していた議員の辞職に伴い実施された。与党は候補を立てず、民
進党候補が6人の戦いを制した。おおさか維新の会も候補を擁立したが伸び悩んだ。
大阪以外への浸透力不足という課題を示したといえよう。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2016042502000145.html

画像


善戦じゃダメなのだ 衆院補選・野党共闘「惜敗」の絶望

北海道5区の選挙結果は、参院選に向け共闘を加速させている野党にとっては、悔やみきれない
ほど残念な現実だ。
野党統一候補だった池田は中卒、シングルマザー、生活保護というドン底から、一念発起して北海
道大学の大学院にまで進んだ苦労人でタマもよかった。
共産党が独自候補を降ろしたことで、自公をビビらせ、大接戦に持ち込めた。
野党としては、民進、共産、社民、生活の4党が統一候補を立てて戦うモデルケースとして是が非で
も勝利し、参院選に弾みをつけたいところだった。
勝っていれば、俄然、野党共闘が盛り上がり、有権者の期待も高まっただろう。逆に、今回野党が負
けたことで、共闘への期待感は萎んでしまいかねない。
野党各党は今後、敗因分析をすることになるが、生活の党の小沢一郎代表が
「共闘が十分でなく、安倍政権に代わり得る選択肢になっていないと国民に映った可能性がある」と
の談話を出していた。
その視点は重要だ。政治評論家の野上忠興氏もこう言う。
「野党は悔しいでしょうが、落胆することはない。町村さんの弔い選挙という自民党が圧倒的に強い
はずの選挙で、野党はここまで接戦に持ち込んだ。
やり方次第で安倍1強を苦しめることができる。1歩後退した後に2歩進めるべく、むしろ野党は粛々
と共闘を深めるべきです」
確かに地震発生まで、安倍自民は追い込まれていた。
京都3区補選はゲス不倫のスキャンダルが原因だったし、甘利前経済再生相の口利き賄賂疑惑は
特捜が事件として着手した。
チンピラ議員による失言・暴言も枚挙にいとまがなく、政権の待機児童問題を軽視する対応に女性
の怒りが爆発。
今月に入っても、TPPの黒塗り文書や西川元農相の暴露本騒動など、不祥事が山ほどあった。
5月に発表される1〜3月期のGDPもマイナスが予想され、経済もガタガタだ。
安倍政権を追い詰めるこれほどのチャンスはなかったのだが、それでも野党は勝てなかった。
自民が逃げ切れたのは、長年培った組織選挙の盤石さや震災利用が背景にあったが、それに有権
者がコロリとだまされてしまうことも問題だ。
「どうも日本人は情緒的で流されやすい。安倍政権はそうした日本人気質を見越した世論懐柔の戦
略がうまかったということでしょう」(野上忠興氏=前出)
「勝利は勝利」と今後、安倍首相は、今まで以上に政権運営に自信を強めるだろう。負けていれば難
しくなっていた衆参ダブル選挙も、その可能性が残った。
「ダブルに踏み切る怖さはこれまでと変わらないとは思いますが、判断は今後の環境次第でしょう。
外交や1億総活躍プランなどに対する世論の支持を見て、悲願の憲法改正のため、参院で3分の2
の勢力をどうしたら取れるのか見極めることになる」(政治ジャーナリスト・鈴木哲夫氏)
憲法を踏みにじる暴力政権が、この先も我が物顔でますますのさばる理不尽。
このままでは暗黒国家になってしまうという恐怖と危惧を抱いている国民は、絶望的な気持ちになら
ざるを得ない。
だが、諦めてしまっては、さらに安倍首相を付け上がらせるだけということも、また事実である。

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/180218/4

画像


敗れた無所属新人の池田真紀氏は、北海道江別市の選挙事務所で
「権力に負けたがこの確かな一歩を希望に変えていきたい」と敗戦の弁を述べた。
安保法制廃止を旗印に、市民と政党が連携する新しい形の選挙戦を展開したが、
自民、公明両党の固い組織票を崩せなかった。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042400264&g=soc

画像


「ひるおび!」で放送トラブル 菅義偉官房長官の会見で字幕スーパーにミス
25日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、菅義偉官房長官の会見中、北朝鮮国営放送用の字幕
スーパーを使用してしまうミスが発生した。
番組内の「JNN NEWS」コーナーでは、北海道5区で行われた補欠選挙の結果を取り上げた。
この選挙では、与党推薦の和田義明氏と野党が推薦する池田真紀氏が激しい戦いを展開し、和
田氏が僅差で勝利を収めた。与党側は今夏予定の参院選に向けて引き締めを図っているという。
そして、管官房長官が記者会見の席上、「今回の結果におごることなく」と発言した場面で、致命的
ミスは発生した。
管官房長官は「謙虚に、国家国民のために、政府与党としては一致して一層の緊張感を持って、
有権者の付託に応えられるよう…」と続けていたが、それまで正しく「今回の結果におごることなく」
と表示していた画面下部のテロップが「南朝鮮の傀儡(かいらい)らとアメリカの後頭部をいつでも
攻撃できる刀を刺せるようになった」と切り替わったのだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/11453992/
〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
権力に負けた
落選した候補者の分析がこれであれば、勝った相手は安泰だろうし、負け惜しみのメディアの
「支離滅裂な言動」と「悪ふざけの嫌がらせでは、どこぞの国に似て日本国民はゲンナリ。

画像


そういった市井の意見は「民意」に対して、真っ当に受け入れる矜持を持っているのだから、
ますますメディアの世迷言に耳を貸さなくなる・・・。

〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
池田まき氏敗戦の弁。 「今回は補欠選挙です。【権力】に負けました」 だめだこりゃ。
負けるはずだわ。 アンタが負けたのは権力じゃないよ。有権者だよ。
2016年4月24日
名無し
@press_your_name

@mollichane いや、むしろ「無用に敵を作り出して自滅した」としか見受けられないのですが…。

ぱ@広島
@pa_sann
20 時間
@mollichane 民意という名の権力に負けた、ならまだわかりますが、そうは言ってなさそうです
もんねえ

qiaorong
@qiaorong32
20 時間
@mollichane共産党 の ペットになった 民進党 は、 ただの「 ピンクの党 」です。 ピンクと言って
も限りなくアカに近い これからも、絶対に負けられないイケマキ #池田まき #池田真紀 #北海道
#補選 #5区 #経歴詐称

ノリスケ
@nori197607
20 時間

@mollichane @MARINA89583987 権力に負けたって何此奴、アホだなアホだから負けたんだよ

空人
@sora5298
19 時間
@mollichane @matometemitayo 次が有るとでも思っているんですかねぇ・・違反で逮捕されれば
次は無いですよ!やっぱりどあほですね。

@kyo4649
19 時間
@mollichane 殿!殿ォ!!選挙で負けた理由が権力に負けたとは一体どういう理由でござるか?
!殿ォ!!拙者には全く理解出来ませぬぞ!!一体…どうゆうことじゃ〜!!

画像


Toshi kita
@Paraiso3567
18 時間
@mollichane @nanashinoyukoku 性懲りもなく、参議院選に出て来たら、又、確実に落選させてやろう。
日本には要らない。

ドリフ大爆笑'78
@Drif78
13 時間
.@mollichane @sakanaya701 ある意味権力ですけどね。 この方々国民主権の意味解ってらっしゃらな
いからこうやってナチュラルに国民に喧嘩売るけど。

ぼん。
@4_catnip
12 時間
@mollichaneぼんの母が北海道に移住したため色々見聞きした中で、やはりこの土地での鈴木宗男
先生の影響力というのは未だ絶大であります。今現在実際に何をしてくれているのか?は別として
道民が昔ながらの政治家のもつ「権力」に期待しすぎていている感は否めません。

猿ゴルファープロ
@sarumaru_gti
10 時間
@mollichane 天国にいるいかりや長介さんから一言・・・ pic.twitter.com/idFJZaJ8W3

お猿さん(ex武具馬具×3
@mamachari3_Jpn
1 時間
@mollichane @kuins 昭和枯れすすきの世界ですね。甲「けんりょくに、まけたー」乙「いいえ、世間
にまけたー」

画像



選挙プランナー松田馨
@MATSUDA_Kaworu

選挙においてやたらと「市民」を強調し、与党を批判する人たちを見ていて思うのだけど、
自民や公明の支持者も「市民」では?なんとなく排除の論理で動いているように見えてしまう。
投票率が上がらず支持が広がらないのはその辺に原因があるような気もします。
2016年4月24日

逢坂 憲吾 Kengo Osaka
@Kengo_Osaka

18 時間
@MATSUDA_Kaworu ほんと、それだよね…。

Key_skyclea
@Key_Skyclea
10 時間

@MATSUDA_Kaworu 自分にとって都合の悪い存在は市民でも何でもない、ただの馬鹿だっていう
感覚が、そもそも狂ってますよね。 そんなんだから、井の中の蛙であんだけ騒げたんでしょう。
まぁその結果がこれですけど。 都合の悪い現実から目を背けすぎてるからこうなるんでしょうね。

ういち
@AnjelPet
10 時間

彼ら見てると「日本人」と見た目日本人みたいだけど日本人ではない人達とに分けてるように思える
んですよねえ。 自らを「日本人」と呼べない人が自称市民なのではないかと。
twitter.com/XSeijikisha_bo… @MATSUDA_Kaworu @XSeijikisha_bot

在尾張:秘密法廃棄・極右日本会議は非合法
@manatowari3_2
9 時間

@MATSUDA_Kaworu いやいや、イカサマ開票マシン「ムサシ」と電通の捏造支持率拡散による
不正選挙が全ての原因ですよ。まさか選挙プランナー氏が不正に加担しているとは思いませんが、
不正が行われているという前提の下、詳しく調査されることを熱望します。状況証拠は真っ黒ですよ。

kou@ベルスネ嬢崇拝勢(自称)
@kou32251241
9 時間

画像


鈴木信之 @nobu02231 18時間前
補選のあと、自分のところに「市民連合@埼玉へ協力したい」って連絡が凄い来てるんだよね。
それもまったく知らない人から。やっぱあれで火がついた人多いのかな。そうだとしたら、
あの市民の闘いは全く無駄じゃなかったし、自分も無理しても器作ってよかったと思える。
完璧にポジティブに作用してる。
https://twitter.com/nobu02231/status/724595092053356544

鈴木信之 @nobu02231 18時間前
DOMMUNE、ちらっとだけ見たけど、SEALDsの「選対に入った」感がハンパなかった。
野党共闘のお題目と、地元の意向をどう摺合せるかとか。補選の前後で言葉のリアル感が
3割くらい増してる。これ自民党が聞いたらビビる内容。SEALDsが本気で選挙を覚えたと
したらちょっと怖いよね。
https://twitter.com/nobu02231/status/724593611539505154

298 :名無しさん@1周年:2016/04/24(日) 23:02:11.55 ID:XCEySyHc0
志位ルズすげえwwwwwwww

SEALDs (共産党) 連敗記録 ,,,,

山形市長選挙
大阪府知事選挙
大阪市長選挙
宜野湾市長選挙
岩国市長選挙
八王子市長選挙
府中市長選挙
京都市長選挙
前橋市長選挙

北海道5区補選 ←NEW
〜〜〜〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
与党議員が当選すれば難癖で、自分達の応援方法や「国民受けしない集団」を駆り出しても、
それこそ一般常識の備わった有権者には、電話ウンタラなんて「迷惑しかなく、電話が掛かって
くれば、その候補には投票しない」という行動様式になって来るのを、旧来の方式から学ばない
上層部というものも化石な代物。
そこに「応援は真っ当だった、それが有権者に響かないのは、有権者の見識が・・・」
という手前勝手な論理は通用しない。
こういった一方的思考法の人は、以下のような「市民をうたった人」に学ぶべきだろう。



さすれば「少しは振り向いてくれる人」が増える可能性は皆無ではない・・・。


国民国家と市民―包摂と排除の諸相
山川出版社

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 国民国家と市民―包摂と排除の諸相 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
出た「民意」に不満たらたらな人々の「言い分」に、いつまで経っても「支持拡大」出来ないのを納得 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる