バック・ストリートを歩く影の独り言

アクセスカウンタ

zoom RSS 「折り鶴」に込められた思いと、醜悪な「謝罪と賠償」雲泥の品位

<<   作成日時 : 2016/05/28 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

投下から七十一年目の現職大統領による訪問と慰霊に、淡々と行う日本の姿は、
一部の不逞分子を除いて、それなりの成果といえるのでは・・・。

画像


一方「歴史認識」の欠落した民の「さもしさ」は、東京のリーダーのさもしさの源と解される
いつもどおりの「たかり根性」全開だから、流石に「事大・謝罪賠償主義」の卑しさを再認識
させる、いつもの行動様式。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「オバマ大統領が韓国人原爆犠牲者の問題について初めて言及してくれました。それは初めての
ことですし、ありがたく思っています。
だけど、核兵器をどのように無くすのか、具体的な内容がありませんでした」
27日、バラク・オバマ米大統領の広島訪問を現地で見守った韓国原爆被害者協会のシム・ジンテ
陜川(ハプチョン)支部長(73)の声には、無念さがにじみ出ていた。
「核兵器のない世界を作る」というオバマ大統領の約束が、当初の期待に及ばなかったからだ。
彼はオバマ大統領が「核兵器を無くすのではなく、減らしていくと言っただけだが、スローガンで終
わるのではないかという疑いを抱かせる。
米国は必ず行動を起こし核兵器をなくすべきだ」と語った。
現地を訪問した韓国人被爆者たちは、オバマ大統領が「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」を訪問しなか
ったことについて、残念な気持ちを隠せなかった。
彼らと現場に同行した「釜山(プサン)平和と統一を開く人々」のパク・ソクブン常任運営委員は、
「皆さんは、韓国人被爆者の存在が言及されて不幸中の幸いとしながらも、すぐ横に韓国人慰霊
碑があったのに、なぜ足を運ばなないのか残念がっていた」と述べた。
広島で被爆した在日同胞のイ・ジョングンさん(88)も「今日のオバマ大統領の訪問式典に韓国被
爆者は一人も入れなかった。
今朝、あまりにも悔しいので広島市長に電話して、韓国の被爆者が来ているのに、なぜ入れてくれ
ないのかと抗議した」と話した。
これに先立ち、この日の午前、シム支部長ら韓国人原爆被害者1、2世の6人と、平和と統一を開く
人々など平和運動団体のメンバーで構成された韓国人訪問団は、韓国人慰霊碑前で記者会見を
開き、「原爆について責任を取らなければ世界の平和もない。オバマ大統領はこの碑石の前で、
私たちに謝罪すべきだ」と声を高めた。
記者会見に参加した韓国原爆2世患友会のハン・ジョンスン会長(57)は、脳性麻痺の息子(34)と
撮った写真を見せながら
「息子は今年34歳だが、脳性麻痺で何もできない。私の戦争はその時(1945年8月)で終わること
がなかった。私たちの戦争は生まれた日から始まっている」と語った。
訪問団は、「韓国人原爆被害者の認定、調査、謝罪、賠償を求める」という題した書簡を日本の記
者に配布し、韓国・朝鮮人被爆の問題により多くの関心を持ってくれるよう要請した。

2016.05.28 07:16
http://japan.hani.co.kr/arti/international/24259.html

画像


オバマ米大統領が27日、現職米大統領として初めて被爆地・広島を訪れた。
午後5時40分、安倍晋三首相と並び、原爆資料館から約100メートルの通路を歩き、慰霊碑
へ向かった。
視線の先には原爆ドーム。白い花輪を供えて黙とう。約100人の聴衆に、
原爆が投下された8月6日の「記憶は消え去らない」と語り掛けた。
「(核保有国は)核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければならない」と決意を表明。
一方で、米国内で根強い「原爆正当化論」に配慮し、原爆投下の是非には触れず、謝罪もし
なかった。スピーチは約17分間に及んだ。
続いて所感を述べた安倍首相が話し終えると、約10メートル先に座る被爆者のもとに自ら歩
み寄った。
固い握手を交わし、涙ながらに語る森重昭さん(79)の話に何度もうなずいた。
肩を抱き寄せ、ハグしあう場面も。互いの背中を叩き合った。
伊勢志摩サミット終了後の午後1時50分ごろ、三重県志摩市の臨時ヘリポートからヘリで中部
国際空港へ。
ジェット機に乗り換えて到着した岩国空港で、さらに別のヘリに乗り換え、
広島市のヘリポートに降り立った。3機とも大統領専用機で、日本に持ち込んだ。
広島市内は軍用車並みに厚い装甲板を持つ専用車「キャデラックワン」で移動。
沿道は、戦後71年を経て実現する歴史的瞬間に期待する広島の人々であふれた。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2016/05/28/kiji/K20160528012670380.html
2016年5月28日 05:30

画像


韓国各紙は28日、オバマ米大統領が広島訪問時に韓国人原爆犠牲者慰霊碑を訪れなかった
ことへの不満を一斉に伝えた。韓国外務省当局者は27日、オバマ氏が演説で朝鮮半島出身者
に言及したことへの評価を表明したが、韓国紙の反応は薄かった。
東亜日報は、広島平和記念公園内の韓国人慰霊碑を訪れなかったことに関し「韓日間で均衡外
交を取ってきた米国のバランスが日本側に傾いた瞬間だ」と報道。社説では、今回の訪問が「被
害者イメージを政治的に利用しようとする安倍政権に免罪符を与えた」と不快感を示した。
朝鮮日報は、日本の被爆者らがオバマ氏と交流した一方で「韓国人被爆者はついに招待されな
かった」と伝えた。ハンギョレは、今回は日米の和解と同盟強化を演出する場で「米側は、韓国が
間に入って状況を複雑にすることを望まなかったとみられる」と報じた。

http://www.sankei.com/world/news/160528/wor1605280046-n1.html
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
謝罪もしなかった。
日本のメディアも一部には、あちらにシンパシィーを持つと「同じような思考」しかできないから、
謝罪を求めない日本の姿勢は遺憾とばかり「余計な一文」をわざわざ付け加える卑しさ。

画像


そして南北に分断している半島でも、やはり精神性は同じだから「やることは同じ」で、それに
シンパシィー、いや「染まった人、工作員」と看做せる人も、日本人が眉をひそめる行動様式
を披瀝して「日本人の心証を害する」に躍起となって、嫌われれば「ヘイトスピーチ」とかの
より以上に「嫌悪が増幅」するのに邁進するとかの「情緒欠落」を見せ付けるし、自国民虐殺
国家など、「自分のことは棚に上げて」の口あんぐりな言動だもの、いかんともしがたい救いの
なさで、品格など有ったものではない。
東京のとってもおかしく滑稽な人も、厚顔無恥を晒してなのだから、特殊な精神性を持っている
のは「どこか歪んだ国の人の品位」かと、理解しなければならなくなる。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
オバマ広島訪問反対!すべての核をいますぐなくせ! 日米軍事同盟による 朝鮮戦争=
核戦争阻止!オバマ広島訪問反対
デモ 5月26日(木)午後6時半 
    5月27日(金)12時半  原爆ドーム前集合

被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会共同代表 
 大江厚子(セイブ・ザ・イラクチルドレン広島代表)
 大江照己(国鉄西日本動力車労働組合委員長)
 中島健(被爆二世)
 室本けい子(NPO法人よもぎのアトリエ)
 吉原美玲子(被爆者・キリスト者)

(引用開始)
最高司令官・オバマの下で米軍は、ヒロシマ・ナガサキをはるかに超える朝鮮戦争=核戦争
の計画を練り上げ、実行しようとしているのです。
ようするにオバマは、広島を訪問して核廃絶のために努力しているかのように被爆者と世界
の労働者民衆をあざむき、北朝鮮への核攻撃をヒロシマに認めさせようとしているのです。
このオバマと、「核と戦争は絶対反対」と闘ってきたヒロシマの私たちは、絶対に相いれません。

http://86hiroshima.blogspot.jp/2016/05/blog-post_19.html

画像


原爆ドーム前で在特会とオバマ氏来訪反対のデモ隊が衝突 市民ら困惑
「日本人として恥ずかしい」

オバマ大統領の広島訪問を数時間後に控えた27日午後、広島市中区の原爆ドーム前で
オバマ大統領の広島訪問を反対するデモ隊と在日特権を許さない市民の会」(在特会)の
メンバーらが“衝突”した。
「オバマは来るな!」と語気を強めるデモ隊に、在特会が「頭のおかしい人たち」「エセ平和団体」
と批判するなど、一時緊迫した状態に。
20〜30人の警察官が取り囲む中、攻撃的な言い合いが約30分間続いた。
「目の前の頭のおかしい人たちにだまされないでください。
オバマ大統領を歓迎しないなんて、日本人とは思えない」。
デモ隊が集まる原爆ドーム前の歩道に立った女性(40)が、マイクごしに叫んだ。
デモ隊へ抗議していたのは、在特会のメンバーらでつくる市民団体「行動する保守運動」。
オバマ大統領に歓迎の気持ちを示したいと、広島を訪れたという。
活動に参加した広島市の男性(35)は被爆2世といい、「今日という日が、これから先の
平和を見据えた第一歩になってほしい」と強調した。

一方、デモは
「被爆71周年8・6ヒロシマ大行動実行委員会」が主催。26日夕に続き、2度目の集会を
原爆ドーム前で開いた。
「オバマ来広反対」「全ての米軍基地を撤去せよ」などと書かれたのぼりやプラカードを持った
男女30〜40人が集合。
メンバーの男性が「謝罪なしにオバマが来ることは絶対反対。
再び核兵器を使うに違いない」と語気を強めた。
その後、デモ隊は「広島を戦争に利用するな」などと拡声器で呼びかけながら、市中心部を行
進した。
デモ行進を見ていた広島市中区の女性(83)は12歳のときに被爆したといい、
「オバマ大統領が来るのを皆心待ちにしとるのに、あんなこと言うなんて、日本人として恥ずか
しい」と顔をしかめた。

産経新聞 2016.5.27 16:12
http://www.sankei.com/life/news/160527/lif1605270022-n1.html

画像


中国の王毅外相がクギ「南京も忘れてはならない」「加害者は責任逃れはできない」“広島”注目
に不満?
産経ニュース:2016.5.27 20:08更新

【北京=矢板明夫】中国の王毅外相は27日、オバマ米大統領が広島を訪問したことについて、
「広島は注目されるべきだが、南京も忘れてはならない。被害者は同情に値するが、加害者は
責任逃れはできない」と記者団に語った。
オバマ大統領が原爆犠牲者の慰霊碑に献花し、日米の和解が世界中に注目されたことを中国
は不満をもっている様子で、先の大戦の被害者は中国であり、日本は加害者であると強調した
い思惑があるとみられる。
中国の共産党関係者によると、9月に中国の浙江省杭州で開かれる20カ国・地域(G20)首脳
会議の際、オバマ大統領や安倍晋三首相ら参加する首脳を、隣接する江蘇省南京市にある南
京大虐殺記念館に案内する案を共産党内部で検討し始めているという。
今回の米大統領の広島献花に対抗する狙いがあるとみられる。

http://www.sankei.com/world/news/160527/wor1605270043-n1.html

画像



東京都の舛添要一知事(67)が27日、都庁で行われた定例記者会見で、保育福祉関連の視察
が0回といわれているとの質問に対して、「反省するべきは反省して、しっかりと改めるべきは改め
たい」と自身の否を認める発言をした。
舛添知事の視察の7割は美術関連で、視察の回数は美術館などが39回、防災関連が14回、保
育福祉関連は0回。舛添氏は過去の都知事選で「医療、福祉、子育て関連の充実。待機児童問題
の解決」を公約に掲げていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160527-00000055-sph-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
現職の大統領とすれば、最善な行為をとったに過ぎないものだが、そこはやはり大国の人となれば、
以下のようなものに感銘を受けたとしても、個人的には「悔い改めよ」を自覚しても、言葉には出来
ないものなのだろう。



画像


この一枚の写真も、「言葉に出来ない」思いが写っているとみれば、日本人ならその心情を
汲んでやる度量があるものだが、それを理解出来ぬ精神性の人々にとって、マヤカシ・ウソ、トナリ
ジブンタチノシコウシカシンジナイノダロウカ・・・。

最大権の思いを個人的に示したのが、以下のようなものに集約している。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
5月27日、午後5時25分過ぎ、広島平和記念資料館の前に、オバマ大統領の専用車が止まった。
この日、大統領の訪問を理由に、資料館は正午で閉館した。
改修工事中の東館に展示物を集め、わずか10分の「短い」視察に備えた。
オバマ大統領がもっとも関心を示したのは折り鶴だった。
並々ならぬ思いがあったことは、大統領自身が4羽の折り鶴を持参したことからもわかる。
ピンクと青の2色。千代紙をつかい、丁寧に折られていた。
折り鶴の意味
その歴史は、広島で被爆した一人の少女の死から始まった。佐々木禎子さん。当時12歳だった。
禎子さんは2歳のとき被爆した。外傷もなく、順調に成長したようにみえたが、1954年、白血病になる。
すぐ入院したが病状は思わしくない。回復を願って鶴を折り続けたが、原爆投下から10年後、1955年
に亡くなった。
禎子さんの死をきっかけに、原爆で亡くなった子供たちを慰霊する「原爆の子の像」ができ、そこに折
り鶴が集まるようになった。
オバマ大統領の折り鶴も、そのひとつに連なるだろう。
オバマがスピーチで触れた子どもと原爆
オバマ大統領はこの日、スピーチで子供と原爆の関係に触れた。
「世界はこの場所で一変しました。しかし今日、この都市の子どもたちは平和な日々を生きています。
なんと貴重なことでしょうか。
これを守り、すべての子供たちに広げていく価値があります。これが私たちが選べる未来です。
広島と長崎が核戦争の夜明けではなく、私たちの道義的な目覚めの始まりだったとして記憶される
未来です」
広島平和記念資料館の志賀賢治館長は、オバマ大統領と折り鶴についてこう話す。
「特に禎子さんの折り鶴に関心があったようで、ご覧いただいた。
そのあと、被爆を伝える資料をご覧いただいた」。事前に勉強していた様子が伺われたという。
資料館を運営する広島平和文化センターの小溝泰義理事長も続ける。

画像


「佐々木禎子さんの折られた千羽鶴の実物を見たあと、大統領を出迎えた小・中学生2人に折り鶴を
手渡していた」
オバマ大統領の広島訪問をどう見るか。国際原子力機関(IAEA)で事務局長特別補佐官を務めた経
歴がある、小溝理事長はこう強調する。
「オバマ大統領は全能者でも救世主でもない。核廃絶の主役は、我々市民。オバマ大統領が一緒に
やると言ったことは評価したいと思う。
我々がどう進めるのかが問われている。意味のある訪問にする責任は、我々にある」
オバマ大統領の直筆メッセージ、添えられた折り鶴
オバマ大統領は、10分程度の資料館視察のうち約3分を費やし、直筆のメッセージを残した。
「私たちは戦争の苦しみを経験しました。共に、平和を広め核兵器のない世界を追求する勇気を持
ちましょう」
書き終えたオバマ大統領は、そこに、そっと二羽の折り鶴を置いたという。

BuzzFeed Japan 5月28日(土)11時31分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160528-00010005-bfj-soci
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなやり取りを知れば、それだけで大統領の個人的見解が理解出来るというもの。
もっとも、単なる日当目当てや動員させられる人々には、プラカードをかざして恥ずかしげもなく
デモをしているのだから、人の品格も金銭には勝てないのかも・・・。

画像


その昔の商業主義に侵される前の楽曲には、作者の心情が色濃く出ているなんてのが
多かった、特に難解な歌詞のうちに「戦争に対する思い」が滲むと・・・。



これで終わりだ 美しき友よ これで終わりだ ただ一人の友よ 僕らが立てた緻密な計画は
これで終わる すべての戦いも終わる 安全もなく驚きもなく終わる
僕はもう二度とアナタの瞳を覗き込むことはないだろう

無制限に自由に何でも描いていいって言われても 一体何が描けるっていうんだ?
誰かの手がどうしたって必要なんだ この絶望的な土地では 容赦ない痛みに愛も夢も見失って
子供たちは気がふれてゆく まるで夏の雨を待つように

街外れは危険に溢れている 王様のハイウェイに乗りなさい 金鉱の中の不可思議な風景
王様のハイウェイに乗って西の国へ 蛇にまたがって 湖へ 古代の湖へ その蛇の長さは7マイル
年老いて、冷たい皮の 蛇にまたがって 西の国はとても暮らしやすい
土地を手に入れて そこで休息をとろう

青いバスが僕らを呼んでいる 青いバスが僕らを呼んでいる 運転手さん、さぁ連れて行ってくれ
夜明け前に殺人者は目覚め、ブーツを履いた 彼の顔はまるで古代人の面のようで

彼は姉妹の住む家にたどり着き 彼の兄弟と、そして彼自身に対面した それから
ドアの前に立ち中をのぞきこむ 父さん あんたを殺したい 母さん あんたを犯したい

今こそそのとき 今こそそのとき 青いバスの裏で僕と会いましょう
青いバスに乗ってブルー・ロックを演ろう

コロス コロス コロス コロス コロス

これで終わりだ 美しき友よ これで終わりだ ただ一人の友よ 自由はアナタを傷つける
アナタは決して僕にはついて来ない 柔らかなウソも微笑みもこれで終わる
僕らが死のうとした夜もこれで終わる これで終わる


ハートに火をつけて
ワーナーミュージック・ジャパン
2005-08-24
ドアーズ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ハートに火をつけて の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「折り鶴」に込められた思いと、醜悪な「謝罪と賠償」雲泥の品位 バック・ストリートを歩く影の独り言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる